FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

何事も・・・なかった?


やー。

とりあえず48時間。
多少余震はありましたが


結局何事もなかったかのように。



仕事も休みが消えただけで普通に進行。

朝テレビをつけたら小倉さんが開口一番




日本がコロンビアに勝ちました!




・・・えぇ・・・(困惑)



あれ?
何も起こらなかった?



まぁいいや。
日頃から防災の意識を持とう、といういい教訓になりました。


緊急避難パックも用意出来たし。

仕事はブラックですが、上層部はそうでもないことも分かったし。

最初の揺れがおさまったあと数分して

「店に確認」

と思って電話したんですよ。
店自体は少し離れたところにあるので幸い何事もなく営業出来たんですが、黒猫が電話した直後に上司から電話が。

黒猫の安否確認、従業員の安全確保は出来ているか、被害はなかったかといった連絡のあと、

「もし無理だと思ったらお前の判断で店を閉めろ、責任は俺がとる」


という台詞。

なるほど。緊急時にこの方はこんな台詞を言う人なんだと。

大体のことは店で決着をつけるので上の方に判断を仰ぐことは稀なのですが、今回は流石だと思いました。


最後のあたり(まだ確定はしてませんが)はカラ騒ぎになりましたが結果オーライってことで。

次回あたりからまたゲームネタなどの話に



・・・



・・・・



・・・・・・







モニター割れとるやんけ!






えー、




次回は「モニターどうしよう」



からということで。




  1. 2018/06/20(水) 13:33:03|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4



地震、皆さん無事でしたか!?









・・・




















【断捨離は人命を救う】





ヤバかった。
今回は洒落にならん。




元々ゲーム類の整理をするために本棚や机などの片付けをしましたが、以前のままの間取りだったら位置関係から考えて確実に○んでた。

今回はhtcvive のルームスケールセンサーが落ちたのと、PCモニターが倒れて木っ端微塵という被害でしたがその程度っちゃその程度。リビングの食器10枚くらいやられましたが、トータルの被害では壊れかけてたモニターが一番かな。

ルームスケールセンサーは少し傷がついたものの機能は無事。よかった。



【二台持ちならではのジャスティス】


あと今回ほんと感じたのは、もともと携帯代を安くするためにガラケーと格安スマホのペアにしてたのですが、ガラケーの充電です。
スマホとは比較にならない。
一応予備バッテリーも持ってはいるのですか連絡用として凄く頼もしいんですよ。
けっこう年代物のはずですが、もう全っぜん減らない。

解約しようかとおもってたけど、しばらくそのままいこう。
ガラケー=災害アイテムという発想はなかったわ。


【本震あるか】

東日本や熊本のことを考えるとまだまだ安心できない。
泥縄もいいとこだけど今から色々揃えておこう。




  1. 2018/06/18(月) 12:30:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

世界はかわりて。


【オキュラスGOレビュー、続。】

さて、連日絶賛使用中のオキュラスGOですがレビューの続きを。

動画に適している、とは書いていますが実際どんな風に見えるか、という話。

実はレンズの解像度の関係でVR空間そのものの見えかたについてはHTC vive よりオキュラスGOのほうがスッキリしています。

また、視界の広さ(左右の広がり)についても同様です。


ただ空間内のオブジェクトについての造型は以前お伝えした通り、割りと荒削りな感じ。

もちろん360度画像やVR動画など「あらかじめ決まって見えるもの」に関しては非常に綺麗に見えます。

なので、VR機器というよりは

①アニメ、ドラマをよく視聴する

②ネットやYouTubeを大画面で視たい


という層にスポッと需要がおさまる感じです。


【Netflix】

唯一公式でアプリが対応しているNetflixですが、デフォルトの「雪山の別荘にあるテレビ」風な画面の大きさについては、

よく電機屋などの入口に見本として置いてある「誰が買うんだこんなバカでかいテレビ」というサイズです。

あとは専用コントローラーでスクリーンの位置やサイズは変更可能なので、映画館なみのサイズにするもよし、視界におさまる丁度いいサイズにするもよし。


【欠点】

動画アプリがNetflixしか対応していない。

Amazonプライムやdtv、dアニメなどはあくまでブラウザ経由の「視聴できなくはない」だけというレベル。
スクリーンの大きさはブラウザの制約を受けるし、シークバーも対応していないので途中から視たりも出来ないし。そういう意味ではまだまだ未対応アプリも多いです。

YouTubeはPC扱いなのでシークバーやフルスクリーンも使用出来ます。

あとは充電が厳しい。
フル充電から動画の視聴を開始して、もって2時間半くらい。
機能を考えれば充分以上なんですが、持ち歩くときはバッテリー必須ですね。

自宅なら長めに使うときは充電しながら使用してたりもします。

画質もなかなか悪くないので、暑い夏場は外に出ず、エアコンをつけながら自宅で動画視聴、というのも悪くないかも。


【箸休め中】

ちょっと最近は「よゐこの○○で○○生活」の影響を受けてsteamでインディーズゲームをプレイしてます。
大体2時間くらいでクリアできるものを中心に1日30分~40分。

高橋名人もまっ青だ。


で、今回「ノスタルジックトレイン」という素敵なゲームに出会ったので少し紹介を。


主人公が目を醒ますと、見知らぬ駅にいた。

何故か記憶はなく、あたりに人はいない。
誰かいないかと主人公は駅から村に歩き出した、といった流れ。

なんかホラーっぽく見えますがそんなことはなく、井上陽水の曲が似合いそうな「あの日の日本」を再現した村の中を旅するストーリー。














これ、全部ゲームプレイ中のスクリーンショットなんですよ。

一枚絵ではありません。
ちなみに赤い一両編成の電車は村をぐるっと一周するのですが、中に乗って村を巡ることも出来ます。

ゲームとしてはこの中を歩き、画像にもあるちょっと光っているポイントにいくと小説のようにシナリオが表示されます。

そこで村人がいない理由と記憶を失った主人公の話が進展していきます。

サイレンプレイヤーの黒猫にとっていつ襲われるかヒヤヒヤしましたが優しい世界を散歩するように読み解いていく、素敵なゲームです。

シナリオが終了したらフリーモードで歩きながら、もう少しこのレトロな村を散策しながらスクリーンショットを撮影してみたいかなと思います。


ってか


これこそVR にしようぜ。





  1. 2018/06/15(金) 15:58:00|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

近況。


【真ガジェット伝説】

オキュラスGOのベビーローテーションがヤバい。
こういうガジェット系はある程度使ったら色々落ち着くのですが、もう毎日使ってます。
「お手軽」な手順に比べて得られるものがあまりにも大きい。
動画は大画面で視聴するのが普通、みたいな似非セレブっぽいことが言えるという生活。

まさに未来ガジェットですね。
基本的にNetflix中心なので容量32GBでも全く問題なしです。
帽子をかぶる程度の労力で自宅がリッチな空間に。
wifiリンクでスマホ内動画も視られることが分かりら益々便利に。


なんか上手く使えばユーザー同士でVR空間で会って会話できるとかできないとか。

資料のPDFとかが提示出来たり、セキュリティ的な問題がクリア出来るなら仕事なんかでも使えないかな。

外食みたいに店舗勤務の正社員は定期的な本社召集とかあるので・・・。

む。

いかんな、考え方が社蓄だ。




【仕事・・・】

ddonとか別ゲーに関係なくちと仕事が忙しい。なんというか会議的なものとか新人の訓練とかそんな感じ。

とりあえず寝る前に数十分~一時間程度動画やら何やらを視聴するので手一杯。
サブカル的な部分よりやたらリアルに重心がかかってます。

手があいたらシャドウオブウォーの続きがプレイしたいところですが、今モニターが不調なんですよねえ。

まぁ型落ち中古をありえないほどの低価格で手に入れたジャンク品でしたので仕方ないか。

ただ120fpsからテレビに繋ぎ変えたときに気がついたのですが、PCモニターの威力がやはり凄い。

もしかしたは新しいモニターも検討するかもですが、折角なのでPS4の積みゲーも並行しようかな。(とらぬ狸のなんたら)


【動画】

がっつり映画やらドラマやらアニメやらを見る体力がないときに重宝するのが今流行りのバーチャルユーチューバー。

黒猫の界隈でVtuberの話題といえばらぶかげさんのところですが、今回は黒猫推しのバーチャルユーチューバーさんたちを少し。


①輝夜月


言わずと知れた四天王の一角。
別に古参ぶるつもりもないが昨年末に怒濤のようにバーチャルユーチューバーが増える前から視聴してました。
良くも悪くも独特なノリと勢いで笑わせに来てくれます。



②田中ヒメ&鈴木ヒナ

元々は田中ヒメのみだったが最近鈴木ヒナというキャラクターが合流。
とにかくゲラキャラだった田中に対してやや落ち着いた鈴木。
後付け設定のコンビとは思うものの、二人まとめて視聴すると「ああ、もともと二人ペアのコンセプトだったんだ」と思えるほどまとまりがいい。
田中だけでは派手過ぎて、鈴木だけでは大人しい。二人合わせると楽しさ倍増なペア。今後が楽しみです。





③静凛

色々と問題発言が有名な月ノ美兎でおなじみ「にじさんじ」一期生の一人。
にじさんじ勢の中では一番落ち着いて見える。ゲーム実況が多い。
ちなみにマッチョ好き。腹筋に目がないという「らしい」属性持ち。
黒猫としてはキャラ云々より、彼女が実況するゲームの選択のセンスが好きなので視聴しています。
数ある実況者の中で「デッドライジング」をチョイスするというのは称賛に値します。サイレン無印とかやってくれないかな。
主役がマッチョじゃないから無理か。



他にも色々お試し視聴をしていますが、安定して視ているのは上記の3キャラクター。
にじさんじ勢でももう数本追いたいなぁ、と探してみたのですが、「歌が上手い」「外見が落ち着いている」鈴鹿詩子というキャラクターの動画を観たら一番ダメな子だったというw



たらたら動画を楽しむのにこのバーチャルユーチューバーさん達の動画はとても良いですね。



【嘘吹き替え、BBCでバーチャルユーチューバーがとりあげられたようです:下品なため閲覧注意】





  1. 2018/06/09(土) 06:06:15|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まさかの!


このところのリメイクラッシュがほんと素敵すぎます。

【シルバー事件】



須田剛一作品を知ることになったきっかけ。
殺人鬼ウエハラカムイと24分署の面々。
タイトルである「シルバー事件」とは。


PS1の頃はじめてプレイした須田作品。

さらに須田作品は連続で移植される模様で、秋頃には「キラー7」が予定されているとのこと。





時期は不明ですが、「花と太陽と雨と」も移植確定



これは期待せざるをえない。


花と太陽と~は黒猫がこれまでプレイしてきた中でもかなり好きな作品です。
ローポリゴンで出来た主人公がとある島の中を走り回る。
登場人物は皆一癖も二癖もありどこか皮肉っぽい言い回しが楽しい。
さらに「一見喋っている風」なホニャホニャ鳴る効果音がまたいい雰囲気。

一種独特なセンスのユニークさでシナリオの中盤まではちょっとギャグっぽい雰囲気ですが、後半から少しずつ歯車が狂うようにシリアスな方向に傾いていく。

何故かループする毎日と、爆発する飛行機の夢。怪しいホテルの客。

事前にシルバー事件をプレイ済みだとより楽しめます。


で、「おー、須田作品ラッシュいいねえ」と色々ネット記事をあさってたら、たまたま引っ掛かった記事。



バレッチ来てたの?!


マジか!



【バレットウィッチ】






Xbox360で発売されたTPS。
ベヨネッタよりも早く「銃×魔女」のコンセプトを取り入れていた。

とにかく「攻略方法を知らなければ即死」レベルの異常な難易度で、一歩間違えればク○ゲーと評価されてもおかしくないが、逆に「攻略方法を確立する楽しさ」があり「好きな人はすごく好き」なゲーム。

ちなみにアクションを知らなければスタート地点にて5秒でゲームオーバーになる。

ガンダムに乗ったばかりのアムロばりに

「何か、何かないのか!」ともがいて戦う。

ただ、ステージクリア報酬などで使用出来るスキルを増やし、敵の索敵範囲を体感で覚えると一気に攻略方法が分かるようになり、

「目の前の敵にカラスの群れをけしかけ混乱を呼び、横の敵には駐車場にある車を吹き飛ばして一網打尽に。奥からの狙撃には古代の呪いで作った障壁で防御」など、スタイリッシュな戦い方が出来るようになると「バレットウィッチの真の楽しさ」が分かるようになるのだが、大体は理不尽なまでの猛攻の前に心が折れる。

「やっぱりクソゲーじゃん」

とコントローラーを置いた3日後、どういう訳か再びプレイしている自分に気がつくという謎のスルメゲーのような側面がある。

先に挙げた須田作品と違い、自信をもってオススメができるかと言われれば微妙だがかつてバレットウィッチに触れたプレイヤーは何故かこの作品を悪く言わない。かくいう黒猫もである。


【残念なのは】

日本語音声収録していてくれよ・・・。
ゲーム内容と同時にあの「ミステリアスなアリシアの声」が好きだったのに。

字幕と難易度調整はついてるみたいですが・・・。

【余談】

steamにて「悪魔城伝説」のようなゲームが販売されています。

拘りのドット絵とアクションで、シリーズが好きな方にはたまらない出来。







こういうの、凄くいいですよねえ!

  1. 2018/06/01(金) 16:17:27|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ