FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

ログインダッシュとかコウモリダッシュとか車ダッシュとか。


んー。

ちと色々バタバタしている黒猫です。

例によってオムニバス的な。


【極・快走のピアス】

今回も白竜祭で極ジュエリーをさっさと強奪して離脱。

「極・快走のピアス」を入手しましたよ。
極シリーズでは楽装と快走の2つに興味があったので満足。

実際、見た目で分かるくらいのスピード向上と風を切るエフェクトがなかなか気持ちいい。

厳しいのはどれもピアスなんだよなぁ。




【バットマン】

大分操作になれてきました。
特に街中をスピーディに動くためのアクションをスムーズに繋ぐことが出来るようになると某巨人アニメのような動きが出来るようになります。
猫娘もしかり。

ただグロすぎる敵などの関係でちょっとブログに掲載するのを躊躇いますね。


【車の祭典】

まだ積みゲーも沢山ある自覚はあるのですがアレは、あの売り文句はあかん。


・全世界で200万人がプレイ
・シングルプレイ時もネット環境が繋がっているなら同一マップを常に60人が疾走している。

という「フォルツァホライゾン4」

Xbox one Xはありませんが、PC環境をせっかく整えていますのでやらないのは勿体無い。

オート設定にしたら「ウルトラ」になり万歳です。



レースゲームの金字塔、フォルツァシリーズの派生作品「フォルツァホライゾン」の第4作になります。

いやね?

これが本編ナンバリングタイトルならスルーの予定だったんですよ。

ただホライゾンだったと。

レースゲームは正直、黒猫はそこまで詳しくないです。
だから他に知っているタイトルはグランツーリスモか、リッジレーサーか、デイトナUSAか。

シリーズ毎にファンがいるでしょうし、どの作品が上かは分かりません。

ただフォルツァシリーズは名作だと思います。


【名物?痛車も健在】

早めの購入は痛車デザインも動機のひとつに含まれます。

痛車のデザイナーさんはどれも素晴らしい腕の持ち主なのですが、共有は最新作に移行していく傾向にあります。
旧作に残っているのもとてもいいものばかりですが、欲しいものが残っていなかったり。

ここは作者様に感謝しつつデザインをいただこうと。
















どこをどう切っても絵になるイギリスが舞台。
日本と同じく四季が切り替わります。

もちろん季節でマシンコンディションを調整しなくてはなりませんが、不得意なら全てゲーム内で調整がききます。

このゲームの最大の特徴はオープンワールドのレースゲームということですが、本格的に車のチューンを楽しみたい方にはサスペンション一つからいじることが出来ます。

そのあたりについてはまた。
  1. 2018/10/19(金) 09:36:53|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3つの話題。


【鉄拳7クリア】

いや、クリアといっても「シナリオモード」だけなんですけどね。

鉄拳は毎回格闘ゲーム部分以外に面白いモードをぐっと豪華に入れてくるんですが、今回は正統派で来た。
鉄拳1から順に振り替える、三島家三代にわたる親子喧嘩。
デビル因子に古代神、人型兵器に「拳を極めしもの」の参戦もあってもう何がなんだかわからないストーリーを、「エースコンバット4」のように第三者視点で映画風にみることが出来ます。

今回は三島平八、三島一八、風間仁、リー・チャオラン、ラースあたりを中心としたシナリオで、ポールなどその他血筋に関係ないキャラクター(一部アリサやニーナなどは登場しますが)をばっさりカット。

中でも今回初登場となる八条一美が切ない。
一八の母にして、三島平八の妻。
ある意味今回最大のキーマン。

様々な人々の運命を狂わせ、世界の覇権をも左右した平八と一八。
最後に立っているのは、どちらか。

もちろん後付け設定のオンパレードなのは解ってはいますが面白かった。

美麗なCGをふんだんに使い、さながら鉄拳・ザ・ムービーのような14章からなる壮大な物語です。

もちろん、シナリオ的に粗はあるし内容的にどうかという部分はあるものの、少なくともこの長い長い物語のラストとしてはなかなか。






【気になるかも】

かなり遠ざかっていたddonですが、先日シーズン3.4のティザームービーが出まして。

うん。

まだ正直システム的な部分ではちょっと気分がアレなのですが、このティザーが示す方向性が気になってます。

レオがこうなることは大体皆読んでたとは思うのですが、その内容。

「世界を、壊す」

これがもし、オフドグマの終盤と同じような展開を意味しており、レオが○○の役割になろうとしていて、シーズン4以降があのもの悲しい世界観の流れにそっていくならちょっとどころじゃないくらいやる気になるかも。

バットマン終わったら久々に冒険パス買うか。




【ちなバットマン】

やばい。面白い。

アクション自体も軽快で、独特のシステムも楽しい。
世界観もいい感じに寂れていて、海外ゲームお得意のスキル解放&オープンワールド。










なかなかのアタリかも。



【それはそれとして】

最近この曲がなんかやたら頭に残って中毒気味。
皆さんも聞いて中毒になってください。
是非。
このワケわからん感じは好きです。






  1. 2018/09/26(水) 00:20:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ちょっとあれこれ。

やあ。
スカイリムは只今作業プレイ中。

鍛冶スキル、錬金術スキル、付呪スキルを上げる例のターンに突入しました。

その間に衣装を変えたり



ハイフロスガーに繋がる七千階段を踏破したり



リフテンでイーナというNPCに会ったり。



色々ありましたがそのあたりは後日。








【リアルにて】

人生は決してクソゲーではない。






けど難易度設定おかしくない?




by 真夏の黒猫






先日の店舗立て直しが一応形になったのですが、報酬がわりに多少のランクアップが待っていました。

一度地獄をくぐらないと出世できないって、ヤ○ザ屋さんと同じじゃね?


なんだよリアル自慢うぜー、と思った方

安心してください。

外食産業の社員はモレなくリア重(リアル重労働)です。


カイジで言えば石和がハンチョウに化けた程度の出世です。


プリーズ1日外出券!!












【気をとりなおして】



ゲーム的な話題。

鉄拳7が2160円なら、買わざるをえない。

元々価格改定版が出ていたのですが、steamの週間割引でさらに半額。

格闘ゲームは最近あまりプレイしていないのですが、鉄拳だけはいつかプレイしてみたいと思ってました。

初代プレステで友達と対戦にあけくれ、一人用のエンディングムービーで「父が息子を崖下に投げ落とす」シーンに衝撃を受け、

2で家庭用ゲーム機とゲームセンターの差が無いことに驚き毎日やりこみ

3で対戦台に初挑戦。

4、5で一旦鉄拳から離れ、

PSPのダークリザレクションにハマり6を購入。


こういう履歴の黒猫が通用するのか。

なにより、史上最大の親子喧嘩に決着がつくとのことでそれが楽しみです。




一応持ちキャラクターはリー、アーマーキングあたり。

珍しく男性キャラクター使いです。


といっても全く別モノくらいゲームが変化しているのでついていけるかどうか。






【聞いてくれ】


で、オマケというべきポジションで同時に購入したゲームがほんとにやばい。

みんな、VRゴルフはスゴいぞ!


実況動画。
海外の方ですが、イメージは伝わるかと。



VRコントローラーを使用して、ゲーム内でクラブを手にとり、仮想のボールを打ちます。

プレイしている本人にはゴルフ場の景色、コントローラーの延長線上にクラブが見えています。

クラブをスイングしてボールを打つとインパクトの瞬間コントローラーが「コッ」と振動するため、実際に「何かを打った」臨場感が伝わります。

時計を見るアクションで距離や風が。
ポケットからものを取り出すアクションでマップ、スコアカードが。
コントローラーの穴を覗けば目的ポイントへの距離計測機になります。

また、初心者アシスト機能も充実しており、ボールインパクト時にボールが飛ぶ方向や曲がり方補正、パワーアシストなど気楽に遊ぶ機能も満載。

「打ちっぱなし」はやったことあるけど「コース回り」は無いなぁ、と言う方や黒猫のように完全なる未経験者でも楽しめます。


なにより、「ゲームはここまで来た」感が凄い。

これが未来。これがVRですね!
  1. 2018/09/18(火) 04:59:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

災害系ブロガー。

皆様、大丈夫でしたか!?

台風ですよ台風。



・・・。



何?






今年なんでこんなに西日本やられっぱなしなの!?




黒猫の自宅もがっつり停電しました。

冷蔵庫も全滅。

お店も強制休業という。

コレハマイッタ。





【現在復旧待ち・・・】


その間に少し。

今回は、前の地震の時に用意した防災グッズが大活躍でした。

おかげで停電中も結構落ち着いて行動出来たのですが・・・。


オススメ

防災グッズとしていい感じだったのが
食糧などを省けば


①ガラケー

今回もやはり、これが最強でした。
ただ電池が長持ちするというだけでなく、これに通話&メールの連絡関係を任せることで、スマホの電源をネット系に全振り出来るのが大きい。
災害ニュース系はもちろん、なにかと手持ちぶさたになるのでスマホの電源はやはり維持したい。


②imuto Taurs X4

以前紹介したモバイルバッテリーです。
たまたまフル充電状態で持っていたのですが、やはり20000hmは凄まじい安心感でした。

停電中に4~5回は充電したはずなのですが、それでも残量表示は「37」です。

もう1~2回くらい充電出来そう?

暇にあかして使いまくってしまったのは反省点ですが、とりあえず結果オーライでした。



③LED懐中電灯

何気に夜めっちゃ怖かったのでかなり重宝しました。
セブンイレブンなどで売っているありきたりなものですが通常の懐中電灯より光量があり、発熱もあまり無いためかなり使い勝手がよかったです。



④biglobe sim

正確には「エンタメフリー」オプションですが。

ある程度状況が落ち着いたら人間勝手なもので、とりあえず暇つぶしをしたくなります。
さらっとYouTubeを視聴するだけでも「ギガ」を気にする必要がないのが大きいです。

例のソフトバンクのアレよりも個人的には魅力があると思います。


さあ、
今日は復旧作業に追われることになりそうです。

頑張ってきます。

  1. 2018/09/05(水) 11:32:41|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

未来への旅路。


さて、例によってお盆期間に入るのでただでさえ少ない更新が更に途絶えがちになりますが今後の方針について。


【ゲーム系】

とりあえずシャドウオブウォーのお話はおしまいです。
ただサンドボックス的に第四章「影の戦争」は少しプレイしておきたい。



★ちょっと誤解を解いておきたい。

ブログだけで判断すると、「シャドウオブウォーはアクションだけのシナリオはクソゲー」と思ってしまいそうなので。

確かに「シャドウオブモルドール」→「シャドウオブウォー」の流れでタリオンの願いを追っていたプレイヤー的にはアレですが、「指輪物語」全体からの視点では非常に興味深いシナリオでもあります。

そうですね、決して正史には出ないがこの戦いがもたらしたものは大きい、と考えればガンダムでいうところの0083に似たイメージです。


「中つ国」の状態は誰が、どのようにして作ったのか。
「墓を歩く者(グレイブウォーカー)」タリオンがどれほど凄まじい戦士だったのか。

映画「ホビット」と「指輪物語」がより楽しく視聴出来ますよ、と。



さて、別のお話。

【dmm20周年セールが】


微妙っちゃ微妙な品揃えなのですが、エロい動画やゲームでお馴染みのdmmが20周年ということで、様々なゲームが半額となっています。

タイトル的には・・・








このすば、ダンガンロンパ、イース1&2、イースオリジンあたりは気になるところですが、これだけ積みゲーを抱えている状況でわざわざ買うほどかどうかは・・・。





【これからどうする】

次回から挑戦しようと思っているのは「スカイリム」です。






ま た か よ !





ハイ。

今回はガチmodパターンです。



PS3版、箱○版ときてmod本来のフィールドであるPC版。

スペック的には問題ない筈。

今まで様々なサイトで見て美化されたスカイリムの世界に魅せられたものですが、今回はmod素人の自分がどこまで近寄ることが出来るのか試したいと。


【その先にあるもの】

今回色々と下調べをしているのですが、まずは当面の目標として

①NPCの美化
②UIの変更
③キャラクター成長バランスの変更
④宝箱の中身向上




箱版で出来たことにUI(ユーザーインターフェース。雑な言い方をすればメニュー画面)変更を加えたもの。まずはここまでやってみる。

で、

⑤ENB(景観の変更)
⑥キャラクターモーションの追加
⑦フォロワー帯同関連



に挑戦。

ここまでを一応の「プレイ準備」として、

⑧武器追加、魔法追加
⑨オリジナルNPC追加

をプラス。
(確か武器や人物の追加はそこまでmod構成に影響を与えなかったような)



【ラスボス】


⑩スカイリムVRのmod化


に挑戦。

むしろこの為のmodチャレンジ。



【ゴール】

VRでク・ネルニャとク・ノムニャを連れて美化セラーナに会うこと。



これを今回のゴールにしようかと。



コンシューマー機じゃ出来なかったことを新目標に。

とりあえず今後の方針でした!

  1. 2018/08/08(水) 11:45:56|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ