FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

行動を起こせ。


ウォッチドッグス2、クリアしましたー!




【総評】

85/100


ウォッチドッグス「らしい」作品でした。
スタートした時に「とっつきが悪い」とした設定ですが、結局そのまま押し切った結果なんとか理解できた感じでしょうか。


【現代の「石川五右衛門」】



例えるならそんな感じかも知れませんね。
主人公であるマーカスとデッドセックのメンバーは、その方法はさておき現代の大切な資産である「情報」を「持たざる者」である市民に自分たちの力によって「ばら撒いて」いきます。

決して自分達の利益にはならない内容ながら、弱い市民たちや自分達を知らず知らずの内に搾取する世界が「ムカつく」という若者らしい理由で強烈なカウンターパンチを食らわせていきます。

一つのミッションが終了する毎に、デッドセックは人々に企業や政治家の悪事を暴きながら、必ず最後に一言告げます。

「行動を起こせ」


この一言一言が次第にムーブメントとなり、最後には巨悪を討つという内容。


とっつき悪いと思って最後まで遊んでみたら非常にシンプルな内容だった

というストーリー。



【ゲームとして】

とにかく、バカでかい世界が印象的でした。
しかもそんな巨大な世界でありながら、手抜きが一切無い。

「こんな所絶対立ち寄らないだろ」というフィールドに行ってもそこには必ず「しっかり作られた風景」があり、特に目的がなく歩いても景色を楽しめます。

この世界の広さは流石に「お見事」の一言です。

操作も直感的にまとめられているため特に混乱することなく遊べました。


【考える楽しさ】

新しいミッションが始まったらまず地形を確認する。
ドローンを飛ばして敵の数や武装をチェックする。
侵入するか戦うか。それともラジコンで掠め取ってしまうか。

攻略方法をネットなどで確認せず、自分で考えて遊んでみたのですがそれ‎が大正解でした。

逆にクリアしてからサイトを見たら自分が考えた方法よりもあっさりクリア出来る方法が書いてあって衝撃を受けたりするのがとても楽しかったですね。


【難易度】

結構高いとは思います。
ただ、ラスト周辺の難易度は単に敵の耐久力が酷いという問題な気も。
(アサルトライフルとはいえヘッドショット7発決めてダウンしない敵とか)

微妙っちゃ微妙だったのは、前作ラストみたいな「驚天動地のラストバトル」みたいな展開は無かったのがちょっと残念。
普通に難しい戦いだったなー、と。



いずれにせよ、次回作「ウォッチドッグスレギオン」の前にクリア出来て良かったと。


【ちょっと考えさせられることも】

先に書いた、「行動を起こせ」は常にゲーム内とはいえ、リアルに描かれた巨大企業や政治に対して人々が無関心であることへの警告として放たれている言葉なんですよね。

さて、我々の現実の社会においても無関心であってはいけないな、と。
その意味においてこのゲームから

「デッドセックは真実を示した。行動を起こせ」

というメッセージを受け取れるのでは、と。

(もちろん選挙への参加などそういう意味で)

さて。

行動を起こさねば。


スポンサーサイト



  1. 2020/05/16(土) 12:34:27|
  2. ウォッチドッグス2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<5980円で手に入る幸せは。 | ホーム | プレイスタイル。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/808-8fd16cda