FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

そんなに違和感がないという違和感。


STEAMにログインしたらオススメゲームのトップに「ぎゃるがん2」が上がる黒猫です。

悪かったよ。
ぎゃるがんVRは楽しめたよ。

STGとして。

いや、マジですよ?






さて。


デイズゴーンはスタッフロールのあと、消耗したアイテム補充にあっちこっち走っていたらエピローグのような話が追加されて、ようやく真エンドらしきものを見ました。

あれをどう解釈するかですよね。

続編への布石なのか、それとも余韻を残すためのイベントなのか。

もしどなたかクリア済の方がいらっしゃったら解釈をお伺いしたいですね。



【キムタクが如く、始めました】

とりあえずデイズゴーンを離れ、次なるゲームを開始しました。

「JUDGE EYES~死神の遺言~」

通称キムタクが如く。

龍が如くチームが開発し、俳優の木村拓哉氏を主人公に据えた作品。
龍が如くと同じ神室町を舞台としており、見た目もよく似ているが龍シリーズとは全く別の作品。





【第一印象】

キムタクじゃん!



まず思ったのはこれ。

黒猫はオタなので、キムタク=リア充の権化の印象ですが、実はそんなに嫌いではありません。

むしろ隠れオタ時代に木村拓哉氏が出演しているドラマなんかは結構見てました。
周囲の友達との話題合わせのつもりがいつの間にか先が気になったりして。
もちろんSMAPも全盛期でしたし。

さて、そういう印象を持っているためかAmazonレビューなどで言われている

「主人公が棒読み過ぎて萎える」

といった印象は受けませんでした。

これは人それぞれだとは思いますが、
「俳優キムタクの演技」感がよく出てるなー、くらいの印象です。
むしろシェンムーの棒読み舐めんなよと


【骨格】



さて、パッと見た全体的な枠組みはやはり龍が如くの印象が濃いです。
龍シリーズを遊んでいれば神室町はもうミニマップが不要で目的地に行けるくらい馴染み深いマップ。
登場人物の肩書にも東城会などよく知った名前が出てきます。
(ある地点の状態と人々の会話から、時系列としては龍が如く6の後のようです)



おまけに三人称視点でケンカアクションとくればこれはもう主人公を木村拓哉に変えただけの続編でしょと思いました。





【しかし】

進行していくにつれ、確かに龍シリーズとは違う感覚を受けるようになります。



殺人事件の被害者、証拠、アリバイ。
聞き込みに裁判。



更に主人公「八神隆之」の過去と現在。

舞台や人物こそよく似ていますが、間違いなく推理アドベンチャーのイメージに切り替わっていきます。




要所要所で入る調査パートと、対象となる人物に証拠をつきつける逆転裁判ばりの追及。
ドローンによる偵察など探偵物としての楽しさも。



【最初からグイグイ来る】

ゲームでも魅力ある推理モノ。

初代龍が如くも「誰でもカッコいいケンカアクション」と銘打ってありましたが、一方で空白の10年で裏切る親友や100億の少女といった謎が散りばめられており、「先が気になる物語」となっていました。

黒猫も今第1章を終えたところですが。




いやコレ、滅茶苦茶面白いんですけど。


先が気になる気になる。
木村拓哉がどうのとか言うのは最初の1時間くらいで慣れました。
それよりもどんどん物語に引き込まれてます。

これぞ大人のエンターテイメントですね。

「龍が如く」とよく似た手触り。
しかしながら中身は全く違う。

各レビューの評価が高いのも納得です。

推理モノゆえにネタバレは控えますが、遊ぶ価値ありですよと早くも言いたくなる作品です!
スポンサーサイト



  1. 2020/03/25(水) 06:13:12|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<黒猫は今日も踊る。 | ホーム | 流れ者のバイカー。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/795-a96919d7