FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

使用感あれこれ。【umidigi F1】


使用開始から1週間たったのでざっくり感想を。




【格安の定義とは何だったのか】




正直、批判の言葉が見当たらない。
「コスパ的に」とか「値段の割に」といった枕詞が不要。普通に快適。




動作といい反応といい、フラッグシップ級のスマホと比較しても遜色ない気すらする。



元々ヘビーユーザーな使い方をするが、それでも問題ないほどのタフさ。
がっつり使っても2日半は充電が必要なかった。



「必要充分」とはこういう事かと思う。


【通話】

通常の発信、アプリのBIGLOBE電話、ライン電話とも特に問題なし。
格安simといえば貧弱な通話音声と掴みにくい電波という印象だったがそのイメージからはほど遠い。

電池持ちもいいので、個人的にはついにガラケーの役割は終わったかなと。

好みは分かれるだろうが、イヤホンジャックがついているのもポイント。
黒猫はついている方が好き。



水滴型ノッチによる通知も分かりやすく良い印象。


とりあえず現状の感想はそんなところ。





【多分気になるポイント】

mvno黎明期から使用しているが、ここまで来ていたのかという点。



①初期設定

simとセットで販売しているスマホが普通なので、mvnoを使用していないと最も不安なポイントではないだろうか。

かつては説明書に従って自分でAPNやユーザー名などを入力していたが、本機種ではsimを差し込んだらそのまま認識し繋がった。
SDカードばりのお手軽さである。

なおsimはBIGLOBEモバイルのnanosim。

挿入後5分程度は3G表示が出ており、放置していたら4Gに表示が変わったので最初の電波の掴みのみ時間がかかるのかも。

simカードの大きさと、対応バンドには注意が必要ながら今後はかなりお手軽に機種変を考えられそう。



②各種引き継ぎ

最近はGoogleアカウントに大体紐付け出来るのでそれほど苦労はなく、手順片手にラインも履歴含めすべて引き継ぎ完了。

仕事でラインを使用するので履歴が消えると困ったがバックアップでなんとかなるんだと感心。

もう若い子はラインなど使ってないらしいが。


【あえて苦言をあげるなら】

微妙な差ではあるが、ほんの少し重い気もする。
バッテリー容量を考えると当然ではないだろうか。


【アクセサリ】

初期カバーが最強過ぎる。
元々ついていたカバーのしっくりくる感覚が気に入りもうこのままでいいやと使用中。



【残る問題】

どうしても気になる点があるとすれば、おそらく中国製という点ではないだろうか。

黒猫の判断基準は

①セキュリティ

iPhoneを含め、インターネットを介する端末ならば情報漏洩の一定リスクは否定できない。

情報管理はコントロールする人間の管理だと思うので、社外秘の情報は当然会社支給の端末でのみやりとりする。

例えば情報を抜かれても、「明日の会議何時だっけ」という大したことがない情報を知って何になるのか。会議参加する!?

心配なのはクレジットカードなどの金銭情報だが、心配なものには入力せずネットマネーを利用するなどでもいいし、仮に悪用されても保険が適用される内容なら問題ない。



②中華スマホ(笑)

かつてはクソ端末の代名詞であったが、時代は大きく変わってきていると思う。
本端末を触って思うのは国産でこの価格とスペックを、大手キャリアのセット割引なしで実現出来ているメーカーはあるのかという点。残念ながら。

また、umidigiについて調べてみたが、アメリカ、イギリス、ドイツ、スペインなどの主要国やモロッコ、エクアドルなどの国20数ヶ国を相手に取引をしている。

大手といえば大手。



【結論として】

価格と比較するまでもなく、とても良いスマホだと思います。
目立った不具合、致命的な不具合があれば報告しますが今のところ全くそんな気配もなし。

ガジェット好きな方にも一度手にとってもらいたい一品かなと思いました。




スポンサーサイト



  1. 2019/09/09(月) 02:22:19|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<その物語の裏側に。 | ホーム | 合間にワラワラとした話題。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/764-dc96b3d9