FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

2019年のゲームキッズ。


PCエンジンミニきたー!


黒猫にとってはまさに思い出のゲーム機。
発売日のズレなどでスーファミを買えず、クラスの主流派であるスーファミ勢の中でたった一人コソコソ楽しんでいたゲーム機。

それゆえに思い入れがすごく詰まった名機なんですよねえ。


今のところの発表では、

①PC原人
②ダンジョンエクスプローラー
③イース1&2
④悪魔城ドラキュラ~血の輪廻~
⑤THE 功夫
⑥スーパースターソルジャー

が確定しています。

この時点でも購入確定でいいと思いますが、折角なので少し考察を。

注意。【考察とは言いつつ嬉しさのあまりの妄想に近い憶測で、信憑性はゼロと思って頂きたい】


【ラインナップ】

メガドライブミニの直後なので本数は何本だろうというあたりが気になりますが、CDromのゲームが入っていること、初回の公表が6本であることからおそらく20本~30本の間くらいでは。

また、あえてイースとドラキュラを入れておき、「CDrom2」と「SUPERCDrom2」の対応を提示していることから、全体の3割くらいはCDメディアから出るのではないでしょうか。



【おそらく確定】

公式HPをよく見ると、背景に

「R‐TYPE」
「エイリアンクラッシュ」
「高橋名人の新冒険島」

の画面があります。この3本は確定とみていいと思います。




【タイトル予想】

初期発表のゲームのメーカー、本体の販売元、当時の流行りや売れ行きなどを考えた上で。


【PCエンジンの象徴的なゲーム枠】

①桃太郎伝説ターボ




看板タイトルとして長期に渡りPCエンジンを支えた桃太郎シリーズ。
ジャンルが多岐に渡るので、他のラインナップ次第では「活劇」「電鉄」などに変化するかも。
最大の名作は「2」だが、天外魔境との兼ね合いを考えるとジャンル的に厳しいか?


②天外魔境2~卍MARU~



これだけは入れて欲しい、
という期待値が大きいゲーム。
ただ容量と、RPGというジャンルの性質上他のゲームとの兼ね合いによって消えるかもしれないが、多くのユーザーが望むゲームであることは間違いない。
ドラクエやFFを有しない少数派だったPCエンジンユーザーのプライドを支えた超名作。


③ボンバーマン



元はアクションゲームだったがボンバーマン複数人対戦の中毒性は高く、中期のPCエンジンの主力を務めた。
今みんなが知っている「ボンバーマン」の流れを作った作品。
なお、マルチタップの操作可能を示唆していることからダンジョンエクスプローラー以外のマルチプレイ作品、と考えてもこの作品が出る可能性は高い。



【ナムコ枠】

主力枠と被るところもあるが、「アーケードと遜色ないゲームが楽しめる」というのがPCエンジンの売りの一つだった。
その中でも特に輝いていたのはナムコ作品。




①ワルキューレの伝説



PCエンジンの名作を集めたときには大抵このタイトルが挙がるというゲームの代表格。
今回もラインナップに望む声は多いと思う。




②妖怪道中記



こういう「ファミコンに移植されたゲームのPCエンジン版」はマシンスペックの違いがモロに出るため、最早別物と言える完成度。




③源平討魔伝



妖怪道中記とも共通するが、このタイトルを名作アクションとして想像するか、ボードゲームの付いたRPG風パーティゲームを想像するかでその人のゲーム履歴が分かる。



【AAA枠】

可能性は大いにあるタイトル。




①改造町人シュビビンマン



特撮ヒーローをモチーフにしたアクションゲーム。
ナムコ枠の内訳次第で「ベラボーマン」が来るかもしれないが。




②モトローダー



上からの視点で描くカーレースゲーム。
独特のラジコン操作と容赦のない報酬格差、装備をとるか妨害をとるかの駆け引きなど、シンプルながら奥の深い対戦が楽しめる。
地味な画面からは想像出来ないほど熱くなれるゲーム。




③定吉七番~秀吉の黄金~



東郷隆原作のスパイコメディADV。
セリフの全編を大阪弁で繰り広げ、登場人物もコッテコテの関西人ではあるが丁寧な作りで名作の誉高いゲーム。




④ニュートピア



誰が見てもゼルダの伝説のパクオマージュ作品だが、実はかなり完成度が高く遊んでみると制作陣の情熱がうかがえる作品。
今遊んでも十分楽しい。





【あれば嬉しい】

①ビックリマンワールド



そもそもの作品としては「モンスターワールド」だがキャラをビックリマンに変更してある作品。
ただし内容はよく出来ている。
初期PCエンジンの名作としては外せない。





②最後の忍道



「ゲームセンターcx」でも登場した名作忍者アクション。
軽快な操作性、武器の選択、適度な難易度と爽快感。
巨大なボスと美麗なグラフィックと当時のアクションゲームとしてはかなり優秀な作品。





③ドルアーガの塔



アーケード版から高い難易度とパズル要素の強いゲーム性で知られるアクションゲーム。
PCエンジン版はキャラが大きく描かれ、難易度変更によりステージ毎にヒントが提示されたり成長要素が追加されている。
個人的にはドルアーガの塔の完成形だと思っている。




④スナッチャー



メタルギアで有名な小島監督作品。
ネオコウベシティを舞台に、人の姿を乗っ取る(少し語弊があるが)アンドロイドの事件を追うサイバーパンクアドベンチャーの名作。
パソコン版では削られてしまい、別ジャンルで発売された完結シナリオを追加し「完成」させた作品。
PCエンジンミニはコナミからの発売とのことで、出来れば入れて欲しいが小島監督との確執的にどうか。




⑤カトちゃんケンちゃん



もはや説明する必要もないコメディアンの大御所が繰り広げるマリオ型アクション。
「いや、顔よ」と突っ込みたくなるグラフィックや散りばめられたギャグ、意外にも軽快な操作性。
しかしクリアには相当な腕が必要な高難易度のゲーム。



【まとめ】

①期待はするが紹介したいゲームはまだまだまだまだあるがキリがない。
「天使の詩」「ドラスレ」などや「スプリガン」など。また機会があれば追加したい。

②発売元のコナミが権利関係をどこまでまとめ束ねるかがポイント。

③続報マダー?


以上、今回はこんなところで。

スポンサーサイト
  1. 2019/06/18(火) 06:38:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<生存報告というよりも。 | ホーム | 伝説のゲームふたたび。>>

コメント

あら~~ダンナ!
お久しぶりぃ~! えっ…? お忘れですかい?
あっしですよ~ 足下…! 足下Joe大夫ですよぉん!

そうですねぇ~! 当時のナムコットには名作が山盛りでしたよね~!
いやね?あっしも源平討魔伝やらスプラッターハウスやら思い浮かんだんですよ?
PCエンジンっていやぁ~ ちょっとしたお色気路線なんてぇのも特色だったですが
その辺の要素は時代を考えると、ちょいとばかし難しいかなぁ… なんて!
そうしたら どうでやしょ!
大変な行数になっちゃって!

仕方ないから、あの始末だったんですよ~
あの小波屋が版権だけ握ってまーったく商売仕込んでくれないから
いい加減腹が煮えてきてたんですが…
いや~! ダンナも取り上げてくれて良かった良かった!

とりあえず、ま!PCエンジンミニの発売を祝して乾杯しましょうや!!

かんぱーーーい!!
…  …  …

黒猫丸は眠くなった…


【ポケットの1000両が無くなった!!】
【コツコツ貯めたTポイントカードが無くなった!!】
  1. 2019/06/18(火) 20:52:46 |
  2. URL |
  3. 足下Joe大夫 #-
  4. [ 編集]

ただいま黒猫ランド。

Joe太夫さん、こんにちは!
とりあえず文面が全てcv矢尾一樹さんで聞こえました。

あのキャラはそのまま第四の黙示録まで受け継がれていてビックリでw

今回のミニはいい感じですが、収録本数はおそらくメガドライブミニを下回りそうな気がします。
あの本数はかなりセガが頑張ってると思いますが、PCエンジンは中身で頑張って欲しいなと。

コナミが発売元で一つ抜けてたのですが「ときメモ」も最初はPCエンジンでしたね。
もしかしたらあるといえばあるかもです。

路線的に絶対に無理があるのであえて挙げませんでしたが、当時のゲームの事情で言うなら「卒業」も欲しいなぁと。
所謂「育成系SLG」の草分け的存在なので。

個人的にもう一つ言うなら「シャーロックホームズの探偵講座」ももう一度チャレンジしたいw
ミシシッピ殺人事件を超えるク○ゲー(以下自粛)

なのでやっぱり宣伝は大竹まこと氏が(以下略)
  1. 2019/06/19(水) 09:46:40 |
  2. URL |
  3. 真夏の黒猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/742-e486225a