FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今、選択のとき。


PCモニターを買い換えました。

色々考えた結果、Amazon限定モデル

「KG251QFbmidpx」



に。

画質、リフレッシュレート、ベゼルの少なさと何より価格を最大限加味してコレに。

心配していた不具合もなく、以前のモデルと比較しても144hzの恩恵をしっかり感じます。

細かいレビューはまたいつかしようかなと。


さて。


実はPS4を売ろうかと最近真剣に考えてます。


なんというか少しずつ起動回数に格差が出てきてまして。
今や全体の9割近くがPC起動になっています。

一番の理由はやはりsteam。
メインプラットフォームと化しました。

残りの1割もぶっちゃけXbox oneで。
PCとのクロスプラットフォーム的な部分と下位互換性で箱はなんとか繋ぐ感じ。
もっと言えばメタルギアピースウォーカーが遊べるから。
あとフォルツァかなぁ。


【ただ先に言っておくと】

基本、PCで遊べるゲームはPS4やXbox oneと共通のものが多いです。

コンシューマー機と比較すると驚くのですが両機ともPCのグラフィックと並べても気にならないくらい画面が綺麗なんですよね。

だからPS4がダメだというつもりは毛頭なくて。

ただ、細かい部分だったりリフレッシュレート(ざっくり言えば動画の滑らかさ)の部分で違うのと、同じ本体で様々なゲームが遊べるという点でついsteamを起動してしまうというか。


そして、steamゲーは安いんですよ。





そんなわけで(どんな訳だ)

steamサマーセールですよ!

様々なゲームがお安くなること期間。
ウィッシュリストに集められたゲームの数々を消化するときが来ました!
(ウィッシュリストの消化=積みゲーの増加)

今回は出費がかさんでいるのである程度スルーしています。

シャドウオブウォーやってるのもあるし。


steamのセールは最近割引率が低くなっていると言われていますがそれでも充分低価格です。

また、様々な名作、大作を扱っていることやコンシューマと同じゲームでもマシンスペック次第でより美麗で滑らかなゲーム体験が出来ます。

あとはスクリーンショットからブログまでの便利さもあります。

「printscreen」キーとクラウドアプリ「one drive」を紐付けしてあるので、気になるシーンはすぐブログに載せられるのがいいというか。まぁ個人的な事情ではありますが・・・。



【見た感じ】

黒猫がさらっと見た感想。

結構な大作がやっぱり安いんですよね。

定番のスカイリム、グラセフ、ウィッチャー。あとはウォッチドッグス2。
このへん全部が2000円台(説明ガバガバ)。


あと黒猫が推したいのは「ダイイングライト~エンハンスドエディション~」



ゾンビ系ゲームと言えば様々ですが、個人的にはその中でも最高峰の作品だと断言します。


【一つ注意を】

これ、steam版では日本語対応していますが、表記では「日本語対応はしていません」となってます。(=steamで購入したら日本語版で遊べるということ)

ホラーだしグロ有りなので人を選ぶのは間違いないのですが、一人称視点でのアクションサバイバルゲームとしての完成度はここしばらくの中では屈指の出来です。

また、高低差があるハランの街や中東を思わせる旧市街の景色は極めて美麗で、「景色を観る」だけでも購入する価値はあると思います。

ゲームの特色であるパルクールアクションも「遊んでいて楽しい」と思わせる内容で、中盤以降にはグラップリングフックによる立体的な移動が追加されより楽しさに磨きがかかります。


あとは「選択肢がある戦闘」が楽しい。
ナイフやマチェットは静かに戦えるがすぐ壊れるし間合いが狭い。
銃やライフルは強力だが銃声が狂暴なゾンビを引き寄せてしまう。
昼間はゾンビの動きが鈍く比較的安全だがデスペナルティが激しく失敗のリスクが高い。
夜間は死んでもペナルティが低めで翌朝まで生き延びれば莫大な経験値が入るが代わりに街を「アイツ」が徘徊する・・・。


何を選び何を捨てるのか。
リスクとリターンを考えながらのサバイバル。

他にも様々な思惑が交差するメインシナリオや、定期的な補給品の争奪戦など世界観に魅せられる内容がたくさん。


今ならDLC全部入りで2000円くらいだったかな。
先日「2」の発表もあったので今のうちに1を遊ぶのも手かと(ワーナーの手先)


【再開のタリオン】

シャドウオブウォーを再開しました。
ようやくシステムが分かりはじめた感じ。

前作と違い、タリオンのみが戦うよりも支配したウルクにガンガン指示を出して戦わせることに主眼を置いたほうがいい感じ。

現在は2つめの攻城戦。



事前に対象の砦の守りを固める軍団長とその取り巻きである小隊長たちを支配。

首領以外を無力化してあります。

決戦前に砦の前に集まるタリオンの軍勢。
支配した小隊長達で攻撃部隊を編成。
敵であるウルクもこういう時は頼りになります。




敵の首領はホルザ。
ぱっと見は弱そうですが区分は最高ランクである「レジェンド」です。油断は出来ません。



侵攻開始。

まずは城の要所を制圧することから開始します。

事前に軍団長を無力化しているため、攻略は容易になっています。

ゲージがたまるまでその地点を死守し、表示が出たら支配を示す旗を突き立てます。





4箇所ある制圧ポイントを全て手に入れると首領の待つ広間への扉が開きます。



待っているのはもちろん首領ホルザ。



呪い付き遠距離攻撃など苦戦する要素は大きかったもののどうにか撃破。


タリオンが勝利を宣言し、砦とそのエリアを支配。









そして、タリオンの砦を守るウルク達の再編成。

今回も働きのよかったウルクを新首領に任命。



更にエリアにいる敵の残党の掃討。



特に今回の攻城作戦の直前に裏切りを働いたウルクには刺客を送り込んでいます。


厳しい対応ですが今回のシャドウオブウォーはタリオン自ら動くクエストと攻城ミッションなどやる事がかなりある為時間がいくらあっても足りません。

次の砦への攻撃準備に、サブクエスト。
レアアイテム収集となかなか忙しくなりそうですね。







スポンサーサイト
  1. 2018/07/02(月) 20:51:02|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<雑談ついでに。 | ホーム | 新しい画面を求めて。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/680-ff210053