FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

【ガジェット報告】VRツールのこと。


まずは、ざっくり「VR」の状況についてのご報告。

画素数とかスペックのような専門的な話は色々ネットにあるので、今回はむしろ自分が感じていた「素朴な疑問」の視点から。

ただベースとなるパソコンは、前回報告した構成です。
念のためこういうパソコン性能の指標によく使われる「ベンチマークスコア」を調べてみました。



【ファイナルファンタジー14 紅蓮の解放者】ベンチマーク

1920×1080「最高画質」

15384 【非常に快適】

でした。

これを前提にしたお話として受け取って頂けると幸いです。






①どんな風に見える?

視界の100%が画面という訳ではありませんが、相当近くまで覆われます。
一般的なメガネのフレームくらいの範囲かなと。
フレームの範囲外が真っ黒なため最初は気になりますが、ゲームなどをプレイしていると段々気にならなくなります。
これが没入感ってやつかな?



②「VR」って結局どの程度のもの?

所謂「立体的」というレベルの話ではありません。
直接触れられない以外は距離感、質量感など現実とほとんど差がない感覚です。


viveのホーム画面では専用コントローラがそのままトレースされて視界に登場しますが、位置、形など全く変わらないため現実にそこにあるように感じます。
(映像と実物がリンクしているため現実にそこにあるのは間違いないのですが)

コントローラーを体の前で振ると、仮想現実の中のコントローラーも同じ距離、同じ位置で動きます。


リアルさ、といえばホーム画面で外庭に出たあと、しばらく何もしないとコントローラーに蝶がとまることがあるのですが、黒猫は蝶を見ても何とも思わないので

「おお、蝶すげえ!」

と造形のリアルさに喜びましたが、蝶が苦手な方の場合は「うおっ!」とコントローラーを落としてしまうかもしれません。




③重さは気になる?

全く気にならないといえば嘘になりますが、頭部のベルトの重心分散がうまくいっているのか2時間くらいなら気にせず遊べます。





④噂のVR酔いは?

リンク先のJoeさんからのリクエストにもあった、VRの最大の問題点であるVR酔い。

まだ数本しか触っていませんが、ある時とない時があります。


原因は2つあると思います。
謙遜しても仕方がないのではっきり書きますが、マシンスペックの不足がある場合。

もう一つは、ゲームキャラクター(自分)の移動方式がfpsのようなもの。

つまり、実際の自分の身体の状態と視界の追従に齟齬がある場合に酔います。それはもうマーライオンの様に。

移動だけなら大丈夫かなと思っていましたが、身体にGがかからないので脳が移動しているとごまかせないとかそんな感じでしょうね。


黒猫は古くはキングスフィールド、HALOなどfpsも結構プレイし、酔いませんでしたがこれはやられました。

しかし、酔わない場合もあります。
VR固有の移動方法です。

VRゲームでよく採用されているのが、いわゆるワープ方式。

コントローラーで任意の場所を指定すると唐突にその地点までワープするように移動するもの。
これは酔いにくいです。
ワープが戸惑うかなと思いましたが、自分でポイントを指定するのでそこまで違和感はありませんね。


あと、ゲーム内で90fpsを維持できている場合。
ゴーグル内の映像が滑らかに顔の向きや身体の向きに追従するんですね。
自然に近い感覚ですのでこれは酔いません。


今日は「グーグルアースVR」を触ってみたのですが、これも凄い。

大きさの対比は思っていたのと違い巨人視点みたいになってましたが、世界の有名ポイントを360°見回して見られる新鮮さ。

あと、空方向に視点をコントロールすると宇宙から地球を見る形になるのですが、プラネタリウムを独占しているような、非常に贅沢な気分になります。



⑤粗いって?

レンズ内の都合だとは思いますが、目前にごくごく薄いガーゼがあるような、そんな感覚です。


ただこれもゲームを始めれば段々気にならなくなります。
発色のいいゲームならそもそもそれ自体気にならないですね。

ゲーム関連はまた近い内に。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 00:31:17|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<そこに立つのはかつての妄想。 | ホーム | 現世は夢、夜の夢こそ・・・。>>

コメント

お邪魔します~!

黒猫さん(・∀・)ノこんにちは~!
どうも!国際A級ゲロリストのJoeです!
リクエストのレビューありがとうございます♪

僕なんてHALOは最初のドックから外界に出る最初のステージでダウンでしたけど!?(^q^)
3D酔いは全くしない!って人でも酔っちゃう事があるようなので条件が悪い方にマッチした場合はキツそうですねw(^q^)

フレーム落ちが原因のVR酔いを考えると
CS機はソフトがある程度最適化されてると期待できますけど、問題があった場合の改善は、ほぼメーカーの腹一つって事になりそうですね~

グーグルアースVRは僕も気になってたソフトなんですよ!!
観光ガイドにあるようなミニチュアを見てるような感じなんですかね??
だとすると僕の想像とも違ってたようですけども(´゚∀゚`)w

「プラネタリウムを独占」とかたまらんですわ~~~~~♪
環境的なソフトが増えるだけで買う価値がある気がします♪

自分の投資分が使用感向上に繋がるという意味ではPCのVRの利点なんでしょうね~!

では次回!「黒猫さんの『DMMで裸VRに挑戦してみた(R18)』」で会いましょう!
(`・ω・´)ゞ
  1. 2017/07/15(土) 11:03:14 |
  2. URL |
  3. リビッちょズ Joe #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!

Joeさん〉返信遅くなってすみません!

調べていくうちに色々分かってきたのですが、グーグルアースの等身大視点はありました!

今のところ世界でも有名な場所が20箇所くらいしか対応していないみたいですが、エッフェル塔を見上げたり、マンハッタンのビジネス街の真ん中に立ってみたり、有名なハリウッドの看板を見たり。

観光気分がかなり満たされますよ~。

その視点で空を見上げてポインタを黄道に合わせてスライドすると、自転を自由にコントロール出来るため同じ景色でも時間帯ごとに明るさが変わってホントに綺麗です。

あとはやはりグーグルアースならではの地球を宇宙から眺める視点。

まさに神の視点です。

HALOの最初のステージと、後半のステージの一部(何番目かは忘れたw)はかなり酔いやすいステージなのでゲロリストは忘れていいかもしれませんよw

コスト面のお話はそうですね、やはりかなり思い切った投資が必要になるとは思います。ゲーミングPCとか普通は買いませんからね…。

ただオキュラスがかなり大幅な値下げをしたり、グラボ市場の進化で以前は30万円クラスのPCが今は半額くらいになっていますので、しばらく様子を見て一番勝ちハードに行くのもいいかもしれません。

黒猫はエロゲ上等なんでもアリなゲーマーを自認していますが、VRのR18はちょっと二の足を踏んでいます。
ここまで体験したゲームがほとんど「経験」というより「体験」だった為、このクオリティでそっち方面に行ったら現実に戻ってこれる気がしないですw
もし体験したらまた報告しますが、なにぶん内容が内容なのでddon内のtellとかで報告させて頂ければとw

season3が始まったらまたまったりと一緒に遊びたいものですね!
  1. 2017/07/18(火) 00:59:14 |
  2. URL |
  3. 真夏の黒猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/627-06b5063e