FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

古い話をしましょうか。







今回はゲームについての回顧録です。
結構ガチでマニアックな話ですので、そういう話が苦手な方はスルーしてください。











「ロードス島戦記」について少し触れましたが、皆さんは「テーブルトークRPG」はご存知でしょうか。

RPG=ロール・プレイング・ゲーム。



海外で生まれたこの遊びの発端は、元々は「ルールのついたごっこ遊び」でした。




黒猫がそのゲームに触れたのはもう20年以上前。携帯電話はおろかポケットベルすら存在しなかった頃です。


当時、家庭用ゲーム機はスーパーファミコンが主流で、プレイステーションとセガサターンが出ようかというあたり。

「ドラゴンクエスト」で初めて剣と魔法のファンタジーにハマり、その後Wizardryやファイナルファンタジーにハイドライド。果ては伝説のクソゲー、覇邪の封印まで遊ぶだけでは飽きたらず、ゲームブックを読みあさっていた時に出会ったのが「ロードス島戦記」です。

角川スニーカー文庫からの発売で、今でいうラノベのハシリのような作品でしょうか。

もう、剣と魔法さえ出ていれば何でも良いみたいな、かなり偏っていた時期でした。
(Wizardryの「隣り合わせの灰と青春」とか今知っている人いるのかなぁ)

毎日毎日学校の帰りに大きな書店に立ち寄っては新刊の発売日を探していました。

今は信じられないかも知れませんが、これほどマニア方面に足を突っ込んでいても学校でいじめのようなものは受けませんでした。
運動部に所属していながら文化系にも友達がいるという不思議な状況でしたね。

(私見ではあるのですが、そういう「嫌悪」はテレビに出ていた「オタク」の語源となったマジックハンドの某芸能人評論家や犯人が死刑に処されたあの凄惨な猟奇事件が発生した頃に助長されていった気がします。)

そんな感じでマニア方面にドップリハマっていたので、「ロードス島戦記」本編の小説以外も色々と手を出しはじめます。

そこで目を惹いたのは

「ロードス島戦記、リプレイ」

と銘打たれた一冊。



本を開いてみると、中に書いているのは演劇の台本のようにト書きがつらつらと300ページほど。

試しに購入し、読み始めて内容を知り衝撃を受けました。


【テーブルトークRPG】

本の中で描かれていたのは、テーブルトークRPGの進行の内容を紙に書き起こして本にしたものでした。

このゲームは、複数のプレイヤーと1人の語り部(ゲームマスター=GMと呼んでいた)で行う会話式のゲーム。



GMが現在おかれている状況を説明し、プレイヤー達が行動を決める。
難しい行動や戦闘行動などは予め決めておいたルールにのっとり、主にサイコロで判定する。



そういう内容でした。
普段使わないような、「8面体」や「12面体」のダイスなどを使うのも特徴です。



つまり、GMが用意すれば剣と魔法、ドラゴンに英雄。どんな世界も思いのまま遊ぶことが出来ます。

スーパーファミコンも技術が進歩して、画面が綺麗になってきたりはしていたのですが、この「テーブルトークRPG」の持つ自由度と衝撃はあっという間に黒猫の心を鷲掴みにし、「一回プレイしてみたい」とひたすら思うようになりました。

そこで、当時「ゲーム仲間」だった友人達に声をかけ、集まることに。

勿論、最初は皆初心者なので事前に購入していた「ロードス島戦記、ルールブック」に書いてあった既存のシナリオから遊ぶという話に落ち着きます。





おっかなびっくりプレイしてみたのですがこれが思いの外楽しく、展開はどんどん拡張。
ゲームのルールも次へ次へと複雑化し(ロードス島戦記は比較的初心者でも遊び易い、分かりやすいルール設定だった)ソードワールドRPGや海外翻訳のダンジョン&ドラゴンズにいたるまで、学校を卒業するまでの数年間毎週のように集まっては遊んでいました。

黒猫がGMの担当になった時には何故か剣と魔法ではなく、「ラプラスの魔」で有名なゴーストハンターシリーズを展開していた覚えが。


最初は一回で完結するような短い話でしたが、だんだん慣れてくると三話や四話と長いキャンペーンに。

ゲーム機も進化し、オープンワールドに代表される自由度の高いゲームやオンラインRPGが当たり前のように手に入る時代になりましたが、当時は当時で「空想の中の自由度」を満喫できたいい時代だったと思います。

机の引き出しには、当時使っていた8面体ダイスが今でもしまってあったりするんですよ。

技術が進歩し、なかなか今のゲームファンの方々にはプレイする機会は無いかも知れませんが、原点を知っておくのも面白いかも知れませんね。

というマニア話でしたが、これを「黒歴史」と言って恥ずかしがるのはちょっと違うかなと思うので、少しブログのネタにしてみました。

ゲームに縁のない方も、かつてのゲームファンの姿を知っておいて頂けたら幸いです。










スポンサーサイト



  1. 2016/02/20(土) 01:55:08|
  2. ゴールデンオールディーズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<番犬は闇を狩る。 | ホーム | テイクダウン!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/448-6ed85ca7