FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

考古学者の冒険。


前振りからかなり経ちましたが、「トゥームレイダー」をクリアしました。

全体的に非常によくまとまったアクションです。

アンチャーテッドとほぼ同系統ですが、こちらの方が戦闘に幅があるような気がしました。

「邪馬台国」の伝説を追った研究チーム。
主人公ララ・クロフトの主張したポイントに一行が向かったところ、嵐に巻き込まれ船は座礁。
流されついた島でララたちは何者かに襲われて・・・。

というシナリオ進行。
シリーズの位置づけとしては、後に冒険家となるララの「最初の冒険」となっています。
道中の演出が割とグロいところもあり、耐性のない方は注意が必要です。

高所の表現も多々あるのですが、不思議とアンチャーテッドよりも怖くは無かったです。カメラワークのせいでしょうか。



一定区間ごとにキャンプを張るポイントがあり、そこで攻略中に手に入れたポイントを使用してララを成長させるのですが、個人的にはとにかく序盤は「サバイバル」の項目を重視しました。
敵の死体から銃弾、矢などを補充出来るようになれば、ある程度立ち回りが楽になります。
武器は好みにもよりますが、弓矢〉ハンドガン〉マシンガンの順で強化しています。
ショットガンも必要ですが、ララの代名詞である弓矢がなかなか強力です。

この手のゲームでよくある「背景がリアル過ぎてどこに何があるか判らない」というケースは「インスティングション」ボタンで防ぐことが出来ます。
(押すと画面が白黒になり、攻略に関係するオブジェが黄色く輝く。ちなみに交戦中の敵は赤く光る)
地味ですがかなり便利な機能です。

シナリオは全体的に暗め。
ちょっとホラー寄りです。

PS4ならではのポイントとしてはやはり画質と60fpsで処理落ちなし。
どうしても文面では伝わらないのですが、これが如何にユーザーにとってメリットのあることなのかは、ヘビーユーザーであればあるほど判るポイントだと思います。

しかし、やはり面白かった。
映画に匹敵する演出とシナリオ。
軽快なアクションとゲーム性。

アンチャーテッドのネイトのような「ちょっと軽いノリ」は無く、

「生きる、なんてしても生き残る」

という悲壮感漂う空気の作品ではありますが、プレイする価値は十分あると思います。

スポンサーサイト



  1. 2015/02/19(木) 20:45:53|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<荒野の黒きレンジャー。 | ホーム | 新たなる旅路。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/337-1624f0f3