FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

犯人はヤス。


「スターソルジャー」以降も様々なゲームが登場します。

ただ、この頃の特徴としては、アクション、シューティング、スポーツなどの「直感的にキャラクターを操作するゲーム」がメインとなっています。

子供たちが遊びやすいジャンルだからでしょうね。







・・・しかしマジで懐かしいなこれ・・・。






そんな中、ゲームファンなら誰もが知っている表題のネタバレ発言を生んだ「ポートピア連続殺人事件」が登場します。



ちなみに、ヤスの本名は真野康彦(まの やすひこ)って言うんですよ。知ってました?



罪状はおろか被害者や手口も知られていないが何故か犯人だということだけは皆が知っているという稀有な犯人です。



元々パソコンでのアドベンチャーゲームでしたが、キーボードで「イドウ シロ」など直接打ち込まなくてはいけなかったコマンド方式を、写真のような矢印形式に変更するなどの工夫が加えられて登場したそうです。

ご存知かも知れませんが、「ポートピア」は子供たちに「文字を使うゲーム」に慣れさせ、後にエニックスが出す予定の「ドラゴンクエスト」を販売する為の布石だったそうです。ゲーム黎明期の伝説的な販売戦略です。
プロデューサーの千田さんマジ有能。





そして、日本の子供たちにRPGというジャンルを深く浸透させ、おそらく自分のオタ道の初の分岐となる、「ドラゴンクエスト」が登場するのです。







ちなみに、ドラゴンクエスト誕生秘話を綴った「ドラゴンクエストへの道」という漫画がありました。今も古本屋などにはあるかも知れませんが、見かけたら一度読んでみてください。
何故か○○誕生秘話って凄く面白いんですよね。オススメです。


ところで、「ドラゴンクエスト」はテレビCMもセンスが良かったんですよ。

真っ黒な画面に、一瞬ドラゴンが現れて
「ド・ラ・ゴ・ン・ク・エ・ス・ト」と野太いおっさんの声で言うだけ。

子供心に「なんだか分からないけど、格好よくて面白いゲームが出たみたい!」って。

後年色々分岐しましたが、これが今でも愛されている「国民的RPG」との出逢いでした。



スポンサーサイト



  1. 2014/05/30(金) 01:10:45|
  2. ゴールデンオールディーズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<次の山を。 | ホーム | かつて見た熱量。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/274-f58c7e04