日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

伝えられない感覚。

仕事上、様々なアルバイトを採用することがあります。

今回は某大学の学生をキッチンとして採用したのですが、

・・・不器用にすぎる。

休憩中、とてつもない量のレシピ勉強をしたり、アルバイトの当日に随分早く出勤してタイムカードも押さずに食材を使わず素振りだけで練習している。
はっきり言って今まで採用したどのアルバイトよりも努力家なのですが、何故か実戦に結び付かない。練習量だけは人一倍なのに追い付かない。

こちらも直接的な指導はもちろん、観察からの課題抽出やアドバイスなどを可能な限り試みているのですが、これも体現できない。

素直な性格もあって、なんとかしてやりたいと思うのですが、こちらも営利団体。
いよいよ彼について人件費の警告が上からおりてきます。
今までは自分の権限の中で防いできましたが、さすがにもう抑えきれない。

ファミレスの複合調理は、ざっくり言ってしまうと複数の料理を自分の頭の中で把握して1つの料理のように同時進行してしまうかにかかっています。

誇張やドヤ顔抜きで、この把握力を特化させて店長職をもぎ取った自分ではあるのですが、どうしても初心者の頃の感覚が思い出せない。さすがに10年以上前、漠然と不安だったことしか判らない。

同時に進行中する料理を3つまでに落とす、他のアルバイトに声をかけさせる、動作を手直しする。なるべく今自分の持っている技術を縮小、簡略化して伝えて教えるも伝わらない。

言葉のトーンに気をつけて、荒っぽいことは言わない。目線を合わせて丁寧に。
それでも出来ない、伝わらない。

彼は努力しているんです。故にここはそれを信じてあげたいのですが・・・。

今回ばかりは厳しいかもしれません。

この仕事の中で最も苦痛なことがあるとすれば、それは長時間労働でも上司の暴言でもなく、

真面目なアルバイトに引導を渡す時です。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/22(火) 12:04:34|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<フリージングがヤバすぎる。(画像つきブログ試作回) | ホーム | 秋アニメはどうでしょうか。>>

コメント

僕がそうなんですが・・・

もしかしたら、真面目系クズの可能性もあります。
もちろん、真夏さん所の従業員がそうだとは言いませんが・・・。
努力は店の中でするものじゃなく、外で誰にも見られないようにするもんだし。
フライパンとかレシピとか、店じゃなくても出来る努力は店ですることじゃないと思ってます。
もし、彼が家でやっているなら店でやる必要がありませんもん。
僕だったら、店に居るときは店でしか出来ないことをしますね。食材や食器の種類とか、場所とか覚えたり・・・。
  1. 2013/10/29(火) 13:04:35 |
  2. URL |
  3. よっしー直行 #-
  4. [ 編集]

真面目系クズ、単語はよく聞きますが今回初めて調べてみました。
彼の場合は少し違うようです。
帰ってから努力も相当なもので、独自にレシピノートなどを作ったりしているようです。その量が半端ない。
今回は上司にそのことを伝えて猶予をいただきました。

その後自分が鬼訓練を担当してます。
訓練時間は自分も付き合うから止まらず調理の動作を繰返しする、というもので、寒くなりつつあるのに終わったら二人して汗だくという。

あとは対人的にかなり不器用なところがあります。よっしーさんのブログのように楽しく友達とに話す技術がないみたいで、固すぎるところを直すよう同年代のバイトに指示を出したところです。

これで何とかなればいいのですが。
  1. 2013/10/30(水) 21:56:00 |
  2. URL |
  3. 真夏の黒猫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuronekodesuyo.blog7.fc2.com/tb.php/211-96b36669