FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今ふたたび勧めよう!


ちょっと最近、一周回って飲食店の社員ってコロナウィルス関係に強い気がしてきた。

まあ不特定多数の方が来店する以上、リスキーな部分は間違いなくあるのですが大きいのは


①満員電車に乗ることがない

ほぼ自家用車で通勤なので、極端に他人と接近したりはしません。
接客中が一番人と接近しますが、満員電車ほどの近さでもないためリスク的には幾分マシかなと。


②手洗いはいつものこと

一緒に働く従業員含め、業務用手洗い洗剤で手を洗うのが日常業務のため、自分や周囲の人間が必ず「業務としての手洗い」を実施しています。
サボるサボらないという次元の話はないですね。日常の挨拶感覚で手洗いをするというか。
つまり、毎日決まったタイミングで自分や従業員の手は必ず消毒されます。
一般洗剤ではなく、逆性石鹸など業務用の洗剤というのもよく考えれば頼もしいかも。

なので、外部から菌が入る確率はそれなりに低いのかなと。
もちろん従業員やお客様に保菌者が出たらアウトかもしれませんが。

ただこの2点、意外に重要なことではと思います。








さて。

色々と人が集まるところに行くことに抵抗がある昨今。

黒猫としては改めて「VRデバイス」を勧めたい。
もっと言えば、「オキュラスGO」を勧めたい。



【理由】

VR体験はもちろんですが、持ち歩く映画館と言ってお釣りがくるほど贅沢なデバイスだからです。
というか、オンデマンドアプリのおかげで「映画館の代替品とは違う」新しいエンタメかなと。

そして、最大のメリットは自宅から出ずにこのエンタメを非日常的クオリティで楽しめるという点。

不特定多数の集団に近寄らなくてもリッチな動画体験が出来るというのが最近の事情と照らしてもオススメだと思います。


「VRなのに動画だけじゃちょっと勿体ないなー」

と思うかもしれませんが、オキュラスGOのアプリは試す価値アリです。

特に日本人の多くが利用しているであろうAmazonプライムビデオが最近オキュラスに対応しました。

アカウントがあれば誰でも無料で大画面視聴が出来ます。
画質もかなり綺麗で、長時間の視聴でもそれほど疲れません。

以前オキュラスGOといえばネットフリックスがこのVR視聴の先駆者でしたが、Amazonプライムビデオを導入後黒猫はネトフリを解約してしまいました。
それほどの完成度と思います。





【YOUTUBEも】

YOUTUBE VRも登場しています。
画面と薄暗い背景だけのシンプルな構成ですが、両手を広げても届かないほどの大画面でYOUTUBEを視聴できます。

口で言うのは簡単ですが、想像以上に大きな画面です。
また、画面の位置を自由に変更出来るので仰向けになりながら動画を見るといったことも。

Vtuberなどに興味があればなおのことオススメ。「歌ってみた」系動画はちょっと感動するレベルで楽しめます。


【ついでに】

好きな動画をいくつか。

サントリー公式Vtuber、燦鳥ノムさんの歌ってみた動画「アスノヨゾラ哨戒班」

企業所属だけに光る豪華なPVと、それにひけをとらない歌唱力。




「PPH✕銀河アリス~泥沼の底でお互いの足を引っ張りあうような対決」

Vtuberが分からないとイマイチかもしれませんが、天然の答えを繰り出しながらボケとツッコミが冴える二人。
一本の漫才みたいなノリで笑いました。



もちろん、上位機種であるオキュラスクエストもあるけど、価格がちょっとなぁ、という方にも充分オススメできます。

他の特徴として、やはり頭にかぶるだけで即座に起動するスタンドアローンタイプであること。

黒猫はHTC viveも所持していますが起動率はオキュラスGOの方が圧倒的に高いです。
というかオダメが無かったら最早viveは起動してない説もアリ



【他の使い方として】

寝る前にアクアリウムや星座アプリを使用して癒やされる使い方も最高です。

現代ではなかなか出来ない、地平線の彼方まで見える大地に寝そべり夜空を眺める使い方、実際には不可能な青い海底に寝そべり泳ぐ魚をただただ眺める使い方も。


ちょっと色々外に出にくくなりましたが、こんなデバイスで楽しむのもアリかもしれませんね。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/26(水) 16:38:20|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

屍との鬼ごっこ。


【オレゴンの人々】

アウトブレイク後に生き残った人々。
それぞれがそれぞれの生き方を選ぶ中、衝突や和解、葛藤などが描かれます。












デイズゴーンはそういう人間関係の物語がメインとなっていますね。

なのでメインシナリオは海外ドラマを見ている様で非常に楽しめます。





【ゾンビ】

フリーカーと呼ばれるゾンビです。
他のゲームでの慣れもあるのか単体だとそこまで怖くない印象。
そもそも主人公のディーコンが結構強いので一対一ならゴリ押しも出来ます。



ただ、フリーカーの恐怖は別のところにあります。
仲間を呼びながら全力疾走や段差越え、飛び掛かりなどを駆使する「運動性全振り系ゾンビ」なのです。

ぶっちゃけ生前より運動能力上がってんだろお前、というパターンも。

走り方は丁度「進撃の巨人」の奇行種みたいな感じ。

とりあえずバイク以外では引き離せないため、3体以下にならない限り正面から挑まない方が今のところ無難。


【いよいよ】

まだ直接の激突はありませんが、ゾンビの大群が物語に絡むように。





今の段階では見つかれば100%やられるため、非常に緊張感があります。

これはデイズゴーンならではですね。



これも、単なる難易度調整のためではなく

「奴らは一体なんのために、何故群れるのか。どこから来てどこへ行くのか。そして一向に数が減らないのはなぜか」

というシナリオ上の謎として配置されています。


【戦闘】

上に挙げた通り、ディーコンはそれなりに強いです。
相手が1体なら格闘戦でも充分戦えます。

戦闘に必要な物資はマップのあちこちで入手が可能です。



ただ、フリーカーは群れで現れることが多く、野盗やリッパー(狂信者的な集団)は銃火器を持っていることが多いのでやはり遠距離戦の強化が必要かなと。

こちらも銃を、と言いたいところですが序盤のせいか妙に銃の威力が低いんですよねえ。
フォーカス(tpsでお馴染みの相手がスローに見える能力。大抵時間制限がある)を駆使してヘッドショットを狙ってギリギリ倒せるケースが多く、また当然銃声が響くためこちらの位置がバレたりフリーカーを呼び寄せてしまうのが難点。

まあ野盗の拠点ではあえて銃撃戦に持ち込み、フリーカーが集まるのを見計らってどこかに隠れて壊滅するのを眺めるという戦略も有りですが。

また、サバイバルな世界なので銃弾を入手する機会も限られます。
乗り捨てられているパトカーや敵の拠点などで手に入りますが、気軽にぶっ放せるほど多くはありません。

ショップでの購入も手元のお金と相談するとイマイチ。


総合的にみてクロスボウが便利な気がします。
ステルスの遠距離攻撃なのでフリーカーにせよリッパーにせよ、少しずつ数を減らすのに向いています。

欠点はボルト(弾数)と、連射がきかないこと。

そのあたりはスキル取得でカバー。




【スキル】



最近ブログや他のゲームそっちのけでデイズゴーンを遊んでいた理由がまさにこれ。

スキル取得タイプのオープンワールドアクションって、「このスキルから劇的に面白くなった!」というスキルが必ず用意されている気がします。


たとえば「シャドウオブモルドール」シリーズならやっぱりブランドの能力、「ダイイングライト」ならワイヤーを使える、などでしょうね。

デイズゴーンの場合は結構地味ですが、



①健脚



持ち歩ける素材などの総数を倍加します。
特にスクラップや杉の木といったボウガンがらみの素材やビール瓶などの火炎瓶用の素材などがそのままサバイバリティの向上につながるため非常に重要な要素になります。


②ノックアップ

ボウガンの威力を飛躍的に向上させます。
先の健脚とあいまって、ステルス戦闘がとても楽になります。




【シナリオ】

今のところ、「凄くスロースタート」な印象です。

序盤に物語の中心人物であるディーコン、ブーザー、サラのシナリオがしっかり描かれているため、見方によっては地味に感じるかもしれませんね。




ただ物語自体が非常に丁寧に語られること、オープンワールドの舞台装置が非常に美しく仕上がっていること、ギターを基調としたサウンドがしっかり盛り上げることもあって作品としての完成度は高いと思います。



今はこの湖が美しいロストレイクで過ごす毎日です。

ゲームとしても、レベリングをわざわざしなくてもメインシナリオやサブイベントをガンガンこなすことでレベルがサクサク上がるので、色々気にせずやりたいことをやれる印象。

ここしばらくのゲームの中ではなかなかキラリと光るゲームかも知れません。
  1. 2020/02/21(金) 01:52:03|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

拳で語る神話集。


デイズゴーンの合間に、先日の福袋で購入した「聖闘士星矢」をちょいちょい挟んでいきたいと思います。

福袋開封のときに「最後」といっていたのですが前言撤回するのはいつもの通りとはいえ

①デイズゴーンが想像していた以上に面白くて長期戦になりそう。

②他の2作もハマりそうかつ長期になりそう

③聖闘士星矢はステージクリア型の格闘ゲームなので区切りやすい


という理由です。



【聖闘士星矢】

ちょっと復習。



原作は車田正美。

週間少年ジャンプにて1985年~1990年連載。
ゲームの下敷きとなっているアニメ版は1986年~1989年に放映された。
確か原作の進行とアニメ、ゲームなどのマルチ展開の連動が上手くいかず、無かったことになっている設定が多数存在する。
スチールセイントだけは許さない

当時女の子の星占い程度の知識しかなかった男子たちに星座を強く知らしめた作品。
なお本人たちには何の責任もないが聖闘士星矢のせいで謎の星座カーストが生まれ、全国の蟹座の少年が虐げられ、ドヤ顔で乙女座は目を閉じ、双子座は悪人にされた。(黒猫主観)




【ストーリー】

うろ覚えなので原作をブックオフあたりで買おうかな。

神話の時代から世界の危機の度に現れる女神アテナの化身とそれを守護する少年達の物語。

彼らは聖闘士(セイント)と呼ばれ、聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏い、身体の中の小宇宙(コスモ)を爆発させて人間離れした能力を発揮するという族顔負けの謎単語が多発する力を持つ。

単語がアレだが、当時の少年たちの中二心をくすぐるには充分なパワーワードだった。
なお、現在グーグル検索で「せいんとせいや」を変換すると「聖闘士星矢」が出てくる。すげえ。


原作は確か

プロローグ
→銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)編
→暗黒(ブラック)聖闘士編
→白銀(シルバー)聖闘士編
→聖域(サンクチュアリ)十二宮編
→ポセイドン編
→ハーデス編


の順で進行する。

それにしても難読単語の多さが凄いですな。





コレを思い出した。



このゲームではプロローグから白銀聖闘士編までは大胆にカットし、

十二宮編
→アスガルド編
→ポセイドン編
→ハーデス編


の構成。
完全におっさんをターゲットにしているので「設定は知ってるでしょ?」的な話

アスガルド編はアニメ版オリジナルストーリーで、原作には1ミリも登場しない人物が多数出てくる。

なおPVを見る限り、ハーデス編のスピンオフ的な形で黄金聖闘士の後日譚のような話がある模様。


【ファーストインプレッション】

色々書きましたが意外にもゲームは良くできています。

様々な都合で声優は何人か変更されているが、結構いい変更だと個人的には思います。

スクショだと凄くチープに見えますが、動きが加わるとなかなかどうしていい感じ。



【聖域十二宮編】

多分聖闘士星矢のなかでも最も人気があり、一番有名なエピソード。

色々あって、

①城戸沙織という少女が戦いの女神アテナの化身ということが発覚。
星矢たち5人の青銅聖闘士は様々な敵から沙織を守ってきた。

②聖闘士の総本山、聖域を守護する12人の黄金聖闘士たちは、女神を語る偽の少女を守るため他の聖闘士たちと私闘を繰り広げる青銅聖闘士の抹殺を教皇から命じられる。

③一方でこの戦いの中、現教皇はいつからか偽物になったのでは、と疑う黄金聖闘士も出始める。


アテナと教皇、本物と偽物をめぐりギリシャの聖域にやってきたアテナと青銅聖闘士たち。




そこに現れた白銀聖闘士。
矢座のトレミーが放った黄金の矢が沙織の胸を貫いてしまう。



矢が心臓に達するまで12時間。
矢は教皇しか抜くことが出来ないのだという。




火時計の12の火が消えるまでに教皇を連れてこなければ女神は死ぬというタイムリミット付きの戦いの火蓋がきって落とされるのだった。


と、いう始まり。


このまま今回の攻略へ。


【白羊宮】



第一の宮、白羊宮。

守護者は牡羊座の黄金聖闘士、ムウ。

普段はジャミールの奥地で聖衣の修復師をしている。


初手から教皇裏切り



いきなり青銅聖闘士たちの聖衣を修理をするというムウ。

黄金聖闘士はそのまま戦ってどうにかなる相手じゃないと伝え、とりあえずいいから聖衣をよこせとばかりに修復を始めます。



時間がなくなり焦る星矢。



ようやく修復が完了。



蘇った聖衣に喜ぶ星矢たちに、ムウがおもむろに伝えます。

聖闘士の優劣は身につけた聖衣では決まらない、より小宇宙を燃やした方が勝つ

さっきと言ってることが違う気もするが

ムウは小宇宙の究極である「第七感」(セブンセンシズ)を星矢たちに伝えます。





【初バトル】

第二の宮、金牛宮。










★褒めたところで手加減はしてくれない。



いきなり吹っ飛ばされ倒れた星矢に三途の川から語りかけてくるお嬢。

ちなみに負けた時は連打しないと起き上がれないという鬼仕様。しかも連打量が結構必要なので大変。



★星矢の周りの女性はドSしかいない。



薄れる意識の中、星矢は修行時代に師匠の魔鈴がおしえてくれた「居合」の話を思い出す。

アルデバランの腕組は実は居合の構えだと直感する星矢。



★沙織さんと時間はいいのか



何を血迷ったか、

そのツノをへし折ってやる!

と叫ぶ。





★ごもっとも。



だからどうしたと自信満々のアルデバラン。


だが。





星矢は第七感、セブンセンシズに目覚めアルデバランを押しはじめる。


【初車田飛び】



必殺技を決めると格闘シーンでもこういった構図になる。

漫画を見てたらニヤリとする構図。


【ついに】

予告通りアルデバランの角を折った星矢。




★大男にありがちだよね。







なんで少しずつズームした。

豪快に笑い星矢を認めて金牛宮を通すアルデバラン。



黄金聖闘士の強大さを知り、次の宮へ向かう星矢でした。


というのがここまで。


次回は第三の宮、第四の宮について攻略していこうと思います。

ちょっといつになるかは分かりませんが、何とか早めにやりたいと思います。
  1. 2020/02/06(木) 22:40:33|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

終わらない悪夢の中で。


「デイズゴーン」大分慣れてきました。



【DAYS GONE】

メニュー画面を開くと、こんな感じになります。



ゲームを進行するとこの数字がどんどん増えていくことから、おそらく妻と離れ離れになったエピソードからの日数を示しているのかな、と思います。


【触り】

印象としてはゾンビの恐怖よりもそこで生きる人々の人間ドラマのイメージが強いです。






派手な戦闘より重厚な人間ドラマがいいですね。


【束ねる者】

すでに合衆国が崩壊してしまった中で、人々は身を寄せ合って生きています。

いまのところ確認しているのは2つの集落。

①コープランドの集落

集落名は分かりませんが、コープランドという人物を中心に成り立っている集落。



森林の中の集落で、そこに住む人々は疲れ果てていました。





集落内を歩くと、元々教師だった人が教室内での悲劇を話したりしています。

長のコープランド。
非常に高圧的で、政治的発言も多い癖のある人物に見えましたがゲームを進行しているうちに彼なりの正義があっての態度だと思うようになりました。




特徴としてはメカニックがいることからバイク関連の整備に向いた村です。




②ホットスプリングスのキャンプ





タッカーという女性が長をしています。

森林の多いコープランドとは対象的に、荒野の平地にあるキャンプです。



ここのキャンプでも同じく心に傷を負った人々が身を寄せ合って生きています。





コープランドと比較するとバイクのカスタマイズは出来ませんが、銃器はこちらのほうが充実しています。


バイクのコープランド、銃のホットスプリングスといったところでしょうか。


【それでも、生きる人々は】

コープランド、タッカーはそれぞれ集落の人々を働かせて報酬を渡し生活する小さなコミニュティを作っています。
ただ法律がない分各々のルールには厳しく当たることで集落の規律を守っています。

例えば、旅先で少女を救助したディーコン。



両親を亡くし辛い目にあった彼女は働かせるべきではないと言うディーコンをタッカーは一蹴。


「甘えたこと言ってんじゃないよ!」

と一瞥。

どんな辛い目にあったとしてもルールはルール。

厳しいように思えますが、終末世界では仕方がないことなのかも知れません。



地図を見る限りまだまだ序盤だと思いますが、この先どうなるか楽しみです。

  1. 2020/02/04(火) 23:56:26|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0