FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

夜猫とカラスの仮面。


ブラッドオーブの特典目当てと、プレイ感覚を取り戻すために夜な夜な数十分。

少しプレイしたらすぐ寝落ちしてしまうような残念な状態ながら何とか連続ログインを維持しております。

50000もくれるのは有り難いけど、ぶっちゃけそれだけプレゼントしなくちゃらならいシステムはもう破綻していませんか運営さん。


【レベリング】

まぁ流石にそろそろ80ジョブが1つはないと厳しいだろうとチクチクレベル上げとエリアランク上げに勤しんでおります。

今はなんちゃら古道をプラプラしていますが、帯同している我等がポンさんズのレベルがゴリゴリ上がって逆に困る始末。




【流盾翔】

以前使いどころが難しいからと避けていた流盾翔。
こういうヘンなスキルこそ自分の出番ではないかと考え直して頑張って研究中。

飛び上がった後に某兵長の如く回転しながら急降下するのはなかなかにカッコイイ。

一つ「お」と思ったのは間欠泉型の魔法(地面から魔法円がでた後、バンッという音とともに魔法が噴き出るやつ)の攻撃判定に合わせることが出来たこと。

これが安定して出せるようになれば、魔法をジャンプ台にしてホワイトグリフィンに捕まったり出来るのかも。
あとはウィッチ系をたたき落としたり。


・・・まぁ今は失敗してのたうち回るパターンがほとんどですが(笑)

あとは当たり判定の多さが気絶系攻撃に適しているのか、結構な確率で気絶を誘発します。
大型には斬り崩しでウホウホやるより積極的に流盾翔を狙った方が実はいいのかも。
又はクレストで調節して別の拘束攻撃を狙うか。

もしかして空中版弐段突きの登場か。


そして修練に必要な75狂侵ベへが居ない。
ネットで調べたクエストが週替わりなのか見当たらず。ちっ。




【カラスの仮面】

クラメンさんが「クランダンジョン」に連れて行って下さり初挑戦。
一番簡単なやつらしいのですがタイムオーバー連発。
とにかく敵が堅い。いやこちらの火力が無いからか。

とはいえ、クリアすると何と例の重量0ヘルムをGet!

強化無しでも今の装備より守備力があるんですよね。しかも重量0でスロットは3つ。
なんというチートアイテム。


ありがたやありがたや。

またいつか自力で挑戦したりクラメンさんの助けになるように鍛えて来よう。

スポンサーサイト



  1. 2017/06/20(火) 20:19:38|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

残念は残念でも。


【ドラゴンズドグマオンライン】

今回のキャンペーンでやっと「強附」を入手。

長かったー。


まぁランサーのレベル不足でまだ実用化はしていませんが。



【あれ?】

season3のティザームービーを初めて見ました。

何となくさらーっと眺めていたのですが、

声優一覧の中に井上さんの名前がある。


下に羅列されているだけなので回想なんかの可能性もありますが、イリスが多少は登場するのかも知れませんね。

それかseason1からひっくるめての表示なのか。

ドラゴンズドグマ無印とDAのクリア経験者の方は皆さん「世界観についてのある可能性」を感じているとは思いますがどうなのか。






【超今更】

Amazonプライム特典の映画の中に

実写映画版「僕は友達が少ない」




を発見。

仕事の合間にちょっと視聴してみました。

さらっとした感想を言えば、

「クソ映画」


と一言で割り切るにはなんだか惜しいような、そんなモヤモヤが残る映画でした。


いや、ぶっちゃけ序盤の30分くらいは見ているのが苦痛なくらいなんです。

つかみの部分で小鷹は不良に絡まれるし、コスプレ大会みたいな格好で原作とほぼ同じ展開。

こりゃ駄目だー、と諦めてしまいそうになります。

いや、キャストの皆さんは凄く頑張ってます。役者の方は役者の方なりの解釈で精一杯「はがない」やってるんです。

以前、こんな見た目だからと











酷評してしまいましたが、俳優さんたちには罪はありません。




ただそれが逆に痛々しいと言いますかー。



それでもマリアはどうにかならなかったかと


ただ、この映画の核にして最後のエピソード。

これが少し良かった。

原作の最後はハーレムラブコメみたいな展開ゆえに、主人公が誰を選ぶかが焦点となり結局グダグダでファンから叩かれまくるという結末を迎えています。

恋愛の方に偏りまくった原作とは違い、あくまで友達作りと残念な登場人物達にフォーカスした話と言いますか。


以下ネタバレ。







理科がVRで自分たちの思い通りの生活が体験できるゲームを作る



小鷹や夜空、ゲーム内で友達にチヤホヤされて有頂天


 
バグ発生で強制ゲーム終了
修理不能に近い状態に



ゲームでの体験が忘れられない星奈、部室からゲーム機を盗み勝手に使用



自宅で廃人寸前までのめりこむ星奈を発見、隣人部がゲーム内に救出に向かうが説得失敗



再びバグ発生、強制ゲーム終了して安心かと思いきや、戻ってきた現実世界の様子が変わっていく。



変わっていく世界、実はある人物の願望がゲームから現実に干渉をしているのだが・・・




という流れなのですが、意外と悪くない。

いや、乱暴な言い方をするなら、

「このエピソードを着地地点に原作が構成されていたら、原作も叩かれなかったかも」

と思いました。


他には、微妙なタイミングでちょいちょいお色気的なシーンが挟まれるのでそういう話じゃないだろと。
石原良純は何やってるんだと

柏崎家や、なんかよくわからないオリジナルキャラクターの生徒会長もアレ過ぎて色々残念な部分が多かったのですが、まぁとりあえず見ることは出来ました。









  1. 2017/06/14(水) 08:48:01|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うわははは。


今回はドラゴンズドグマオンライン、エピソード2のネタバレが(今更)盛大に含まれています。未見の方はご注意下さい。








馬鹿な。



みんなアレ平気だったんですかと。

突っ込み所満載なイベントな気がしたんですがー。







【エピソード2】

確か覚者サマって、

「これまで白竜覚者隊を率いてきた統率レオの後継者と目される部隊長」

って認識でいいんですよね?




①メイリーフが小鳥を探している。

ジョセフ「うってつけの人物がいる」




































②メイリーフ

「籠から逃げちゃって。さんざん探したあと戻ってきたんだけど」


























































③メイリーフ

「南に向かって鳴くの」


知らんがな!











④リズ「南でなんか異常が発生してる件と関係あるかも」





要約:南に向かって鳥が鳴くし嫌な予感がするからお前ちょっと行って見てこい





最初からそれを言え!
ていうかホントにレオの後継者って思ってくれてる?
便利屋扱いになってない?









⑤異常発生地点


まさかの。





帰ってきたモゴック



















適当か!














そもそもおまえ、最期に

「命が、漏れるー」


とか言って倒れてたやん!


じゃああの時漏れてた赤いキラキラは何やねん!?


あれか。


血尿か。




次回からもうお前アレな。

称号は「ムーニーマン」な。



あ。



あと、重大な忘れものが一つ。



ごめん。














キースヒルトって誰だっけか。












  1. 2017/06/10(土) 01:09:23|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ちょっと進めてみた。


ちょっと日常のバタバタの隙間が取れたので、やーっとこさ軽くddonをプレイ。

以下浦島的雑感。




【エピソード】

第1話をクリア。
イメージとしてはエリオット回でいいのかな?
新キャラクターとして登場した割には影が薄い立ち位置なので、season3からはもうちょっと成長物語的なものを足してあげて欲しいなぁ。
ていうかお前ハンターだったのかよと。


【コインの行方は】

竜彫りかゴールドかBOかどれも迷うところ。
竜彫りのアビリティは魅力に欠ける。
Boはちょっといいけれど一枚あたりが1000。
ゴールドは10万なのでなかなか。

成長のために使うか、season3のために貯金するか。



【至高ジュエリー】

腕輪2種とクエストのおかげで3枚ゲット。
ソロメインなら「戦徒」がいいんでしょうが、好みで言うと「夜帝」なんですよねー。戦力的な話はもちろんですが、近接系アタッカーとしては「速離」も結構魅力。
たまに大型に掴まれたりする際に有り難い。


がっつりプレイはまだまだですが、とりあえずはメダルとエピソードを軸に進行していこうかなと。


個人的にseason3は凄く楽しみ。
オフドグマ感がする。

リミテッドについては現在検討中。

  1. 2017/06/07(水) 15:04:14|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2