日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

ゲームオブザイヤー黒猫版 2015(前編)


下手をすれば年内最後の更新になりかねない状況。さて、やはり一年のラストといえばこちら。






【ゲームオブザイヤー、黒猫版】







今年は黒猫的にゲーム大豊作の一年でした。
振り返ると常に何がしかの攻略をしていたような気がします。

ともかく、年間を通じて「これ!」というものを挙げてみようかと思います。


例によって、「黒猫が今年プレイしたゲーム」の話であり、「今年発売されたゲーム」ではありませんのでご注意下さい。





【シナリオ部門】

ウォーキングデッド(PSvita)



同名海外ドラマのスピンオフ作品。
主人公は原作と違い、リーという名の黒人男性視点でシナリオが進行。

クレメンタインという小さな少女と出会い、彼女を守りながらゾンビのいない世界を求めて逃げ続けるお話です。





最大の特徴は、「常に取捨選択を迫られるシナリオ」

単にホラーとしての演出だけではなく、また安易なハッピーエンドも存在しません。
場面場面で「誰を救い、誰を見捨てるのか」を常にプレイヤーに問いかけてきます。



ゾンビに襲われている二人の登場人物のうち、どちらを救うのか。





限られた食料を誰に配るのか。





言い争う二人の登場人物のどちらを信用するのか。





結末については是非ともプレイして欲しいのですが、胸の奥にずっしりと深く残る印象深いシナリオでした。

トゥーンワールド風な画像ながら、
はっきり言って涙腺にきます。

このシナリオはきっと忘れないだろうなぁ、という点において、この作品は間違いなく名作です。




【オープンワールド部門】

GTA5




これは間違いなく「グラセフ」に軍配が上がります。
作品自体は「今更かよ」と突っ込まれてしまいそうですが、PS4のグラフィック処理と作品の作り込みによって、「そこにある世界」が体験出来ます。



黒猫もそもそもは「えー、あれってクライム(犯罪)ゲームでしょ、ちょっとなぁ」という口でしたが、いざプレイしてみるとその世界の精緻な作り込みに一気に魅せられました。





都市、郊外に海中、空の上。
どこまでいっても自由でリアルな風景には本当に驚かされます。





オープンワールドとはかくありき、というお手本のようなゲーム。
PS4のマシンパワーを思い知った脅威の作品でした。
PS4があるならやらなきゃ勿体ないレベル、と断言します。




【ゲーム部門】


ゲームセンターCX 有野の挑戦状




同名テレビ番組からテーマを抽出したミニゲーム集。



ミニゲームとはいっても一つ一つの内容はかつてのファミコンゲーム一本分に相当。


テレビ番組をモチーフとしている=クソゲーの図式にはならず、むしろ「当時のゲームに対する愛情」を感じ取ることの出来る名作でした。

また、「ゲームの面白さ」は「グラフィックや演出」のみにあらず、という証明のような作品が多数収録されています。

とりわけ

アクションゲーム

「からくり忍者ハグルマン」




シューティングゲーム

「スタープリンス」



RPG

「ガディアクエスト」




の三作品は秀逸で、ファミコン時代に発売されていたら購入していたかも知れません。
勿論、当時の名作を下敷きにしたからこその作品なのは分かってはいます。
とはいえ、そう思わせるほど面白かったのも確か。

来年には確実に続編を買います。
評価も高いようで楽しみにしています。










スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 17:02:13|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

他のあれとかこれとか。




ドラゴンズドグマの1.2が始まりました。
前回予告の装備を絶賛開発中。
ドラゴンズドグマ無印の武器が当たるとかいうアレはドラゴンズワンドなる杖が当たりました。細かい話は次回に。



今回はまたちょっと別の話題を。



【ガルパンOVA】

やっと観ました。

なんと言いますか、アンチョビがアホの子かわいい。







なかなか見応えのある作品でした。ノリと勢い的に。

まだ試聴されていない方にはなかなかオススメです。
勿論、本編を知っていることが前提ですが。







【ロマサガ2出るの!?】

Androidとvitaで今年冬発売予定だそうです。

ロマサガ2は数あるRPGの中でもかなりやりこんだ思い出深い1本。

これは買ってしまいそうだ。











【プロジェクトクロスゾーンは?】

勿論プレイ中です。
ややゆっくりですが現在第8話。



シナリオは相変わらずですが、逆転裁判の綾里真宵ちゃんが面白すぎる。


ストリートファイターシリーズのベガを見て開口一番、






















「アゴ割れてる!!」



















見るとこそこかよ!と突っ込みそうになります。

他にもいよいよ芭月涼が登場。

ちょっと声優さんが成長し過ぎていてやや違和感が。
昔の棒読みスレスレが懐かしい。

必殺技に「裏芭月」を選んでいるあたりからまだ秀瑛さんには出会っていない頃か。












いい感じに熱くなってきたので、次回また記事にしたいかと。





【アチーブメント:とんとおぼえが】


先週、忘年会がありまして。
久々に飲んだのと盛り上がったのもあって記憶が飛びました。

ショートカットがメイン画面から二つずれていた為昨日気がついたのですが、





スマホにドラクエ4が。










一瞬、アカウント乗っ取りかとビビったのですが。


財布にミネラルウォーターとGoogle Playカードを購入した、近所のコンビニのレシートが。









100%真っ黒です。本当にありがとうごry






それにしても、酔って記憶を無くした時に「いかがわしいお店のライターや名刺」ではなく「ゲームのアプリ」って我ながらお前・・・。



まぁ、本当にちょくちょくになりますが出先などでチマチマプレイしてはみようと思います。
ドラクエ4自体は好きですし。


さて、年末が近づいてきました。
仕事が詰まってくるのでどこまでやれるか分かりませんが、今年もあと少し。
色々やってみたいと思います。












  1. 2015/12/16(水) 15:51:44|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

個人的ロードマップ。


グランエント戦の目標をどうにか達成。






ぶっちゃけ寄生ファイターと言われても仕方のない内容でしたが



ともかく必要なポイントを入手。
今回様々な方にお世話になった分、後続のお手伝いも頑張ろう。

攻撃力と守備力の目安はどうも1000くらいだったようです。

この点を見誤っていた感じ。

グランエント戦のお話はさておき、様々な成長材料が揃ってきたので一時的に本編から離れてキャラクター強化に挑みたいと思います。



【基本方針】

メインジョブはやはりファイター。
いわゆる盾型で、攻撃はかわすのではなく防いで踏みとどまる。
攻撃は凍結+斬撃を基本にする。
スキルとの組み合わせでダメージと足止めを同時に行うキャラクターへ。


【武装】

兎にも角にもスティングレイ、フェンリル装備を制作。
目下の最優先事項として、攻守のステータスを1000以上に。
シナリオを進めるにしても、イベントに参加するにしても「主ジョブ」は必要不可欠。
46レベル以上の武器に目欲しいものがあればチェックするが、やっぱり苦労して素材を集めたのだから一度は作っておきたい。
後は今シーズンの終盤に感じていた、打撃用サブ武器の作成を検討に。
普段が氷と斬撃なので、炎と打撃を用意しておくように出来たらいいなと。


【スキルとアビリティ】




隠れてコソコソ育てていたシールドセージ、エレメントアーチャーとファイター、ソーサラーの混成型に。
「堅牢」「壮防」「見極め」で盾の効果を高めつつ、「攻氷」「氷襲」で徹底的に凍結を狙うスタイル。
「氷襲」は仲間の構成次第で付けたり外したり。
凍結管理がしんどくなりそうなので。



主砲の「円月」「天蓋」に「弐段」は変更なし。
最近命中率が上がってきたので「一閃」と、やはり有力なアビリティの予感が消えない「チャリオット」も捨てがたい。
このあたりは1.1から変更なし。
「流剣閃」も格好良いとは思いますが、ちょっと様子見。


【ポーン】


折角の仲間なので、ポーンの育成もしっかりしていきたい。
特にmimiのプリースト、yamatoのシールドセージを。

まぁ、無理なくゆっくり育てたい。
強制的に強くしても愛着がわかない気がするので。







さて、いよいよ1.2の開始です。



しかし


ダウンロードが長いんだよなぁ・・・

















  1. 2015/12/15(火) 16:44:25|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グランエント、逆転への布石。


さて、ここまで積み上げてきたレア素材集めの最終局面。

「グランエント」討伐です。




前回は何が起きたのか全く解らないまま時間が過ぎました。

正直、ファイターでは無理なのではないかと思ったのが感想です。



ネットでもグランエント戦の近接ジョブの評価は芳しくありませんが、動画などを見て対策を練った上でチャレンジしてみたいと思います。


他職のレベルを上げて再挑戦も悪くは無いですが、やはりファイターで戦いたいのも事実。

ただ、闇雲に戦うのではなくある程度策を練らないととてもじゃないですが勝てそうにない。
そこで、少し研究してみましょう。



①傾向

装甲が非常に固く、一定のポイント以外には全くといっていいほど攻撃が入らない。
モゴック戦のようなバリバリの戦闘というより、理詰めのパズルのようなものかも知れない。

コア(弱点)は頭部、胸部、両手、両足の計5箇所。

頭部はファイターには届かないと見るべき。(身長が高すぎるため)


②考察


【武装】

グランエントの属性は巨人。
弱点属性は打撃、炎。
耐属性は斬撃、氷。

このことから普段使用しているコンクラーズブレードの氷属性は論外。

ただし打撃属性の45武器を作成するには素材が不足。

対応1
一時的にコンクラーズブレードのクレストを全撤去。巨人殺しと炎延焼×2をつける。斬耐性には目をつぶる。

対応2
43打撃武器を今から作成しフル改造。
同じく巨人殺しと炎延焼をつけて対抗する。

しまったなぁ。
もう少し早く研究しておくべきだった。

武器は上記の二つから選択。
最悪両方を試す。


【アビリティ】

ソーサラーアビリティ「攻炎」は確定。
あとはファイターアビリティから「狂刺」
最近手に入れたシールドセージ「堅牢」「壮防」も出番か。


【アイテム】

とりあえず薬類は当然として、「石化下し」「万能薬」あとはブースト用に「絶品肉炒め」「希少肉のパテ」を持てるだけ。
このあたりはyamatoの得意分野。今回もフル稼働です。


【立ち回り】

今回参考にしようと思ったのはこれ。



右足コアに天蓋から入って左手コア、最後に頭部円月みたいな感じか。

常時ブーストを掛けることを考えると肉類はやはり必要か。


【緒戦は】

対策をいくつも練ってはいますが、果たして上手くいくかどうか。

近接お断り部屋なども増えそうな予感。

そこで一計。
「部屋が無いなら自分でどうにかしよう」作戦。

とりあえず最初の参加でめぼしい部屋が見つからなければ、「勝敗不問の練習部屋」を自分で作ってみようかと思います。
特に深夜組はガチガチのプレイヤーさんが多いので、なかなか練習できそうにない。

普段のGMと違い、グランエント戦は「勝つためのロジック」を構築しなければ難しそう、という黒猫のような感想を持つ方は少なからずいると思います。

なら練習部屋自体にそれなりのニーズは見込める筈。


さて、後はどうなりますか。
やれるだけの事はやってみたいと思います。

















余談ながら。



先日、大阪人らしい言い間違いを他のプレイヤーさんにしてしまい爆笑されてしまいました。あいたたた。


他プレイヤー(大阪人)「来週はいよいよですね」


黒猫「そうそう。グランシャトー戦


他プレイヤー「節子、それ京橋や」














※グランシャトー
大阪の京橋にある老舗レジャービル。
色々いかがわしい地域にあるが、未だに昭和から続く「耳に残る謎テーマソング」とともに佇んでいる。

ちなみに現存。
大阪の不思議ポイントの一つ。








ほんっとどうでもいい話だ。

























  1. 2015/12/10(木) 15:56:58|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そして旅は再び。


ゲームが二つになってやや時間配分が難しくなりましたが、相も変わらずドラゴンズドグマは続いています。




【深夜の死闘、るつぼへ】




週末イベントである「グランドミッション」への参加は仕事柄どうしても日曜日深夜から月曜日早朝になってしまいます。

前回「白翼輝章」を獲得した以上、今回
を譲るわけにはいかない、と日曜日深夜にまるで取り憑かれたようにプレイ。
最終的に7万ポイントを奪取し、無事レスタライトの量産体制が整いました。

また後日報告しようとは思いますが、るつぼはフィールドの関係上「一閃突き」と相性がいいようです。
今後のジョブポイント配分に悩むところ。







【ダウ渓谷を歩こう】


るつぼが終われば今度はダウ渓谷のエリアポイントを獲得に向かいます。
本来なら丁度レベルが整ってきたソーサラーで行きたかったのですが、どうしても急ぐ必要があるのでファイターで。

来週の頭には「ダウ印記章」を6つ入手する必要があります。
比較的手早く達成し易い「風切り洞窟」のミストファイター狩りを中心にポイントを上げていくと、エリアマスターから「エリア試練」の通達。

忘れてた・・・。

今までダウ渓谷にはあんまり用が無かったので、エリアレベルが8で止まっていまして。


エリア試練:歌姫ローレライ討伐。




レベル40で、とりわけ睡眠効果の攻撃に定評のあるスフィンクスです。

これは流石に厳しい。
まぁ、rainとmimiはどうにかなります。
しかし流石にyamatoの手に負える相手ではありません。

ここで編成を変更。
mimiをソーサラーに戻し、39レベルソーサラーであるたろいもさんをクランポーンから雇用。
更にフレンドポーンからラミアさんというソーサラーも雇用。

ファイター1、ソーサラー3という超攻撃型の布陣で勝負しました。


結果は大勝利!!
見事なワンダウンキルに。
ダウンをとるまで少し大変でしたが、一度膝を折らせてからは早い早い。

勿論、先日のファイターの立ち回りをしながらでしたがポーン次第で強敵相手でも速攻が成立するんだ、となかなか感心。

yamatoも頑張ろうね。

ポイントはまだまだ必要なので、もう少しこの仲間たちと珍道中を続けます。






【新たな戦いへ】

このままタラタラとソーサラーを育てるつもりでしたが、丁度「トータルレベルキャンペーン」を実施中だったので、兼ねてからの計画だったシールドセージのレベル上げに着手。
200は無理でも100には乗るようにしようと頑張ってみました。




ん、シールドセージ?
敵をあのライトみたいなのでぺかーっと引っ張って、あとは盾で防御したり殴ったりするんだよねー。









と軽く考えてました。











シールドセージ使いの皆さん、マジすんませんでした。










以前のようにクランのシールドセージメインの方に、「賞金首サイクロプス」いわゆるテルサイを相手に手解きを受けました。
優しく丁寧に教えて下さったので大分理解が出来ましたが、敵の種類や数によっても戦略が変わるそうなのでまだまだ。

あくまで感覚的にやってますー、とは言っていたのですが、



・戦闘開始からパーティと敵の位置関係を確認。
特に魔法職の詠唱開始地点と属性。



・魔法職と敵の対角に走り、「魔法の効果範囲を外さず、かつ魔法職に攻撃が当たらない地点」に敵をアトラクトで誘導。



・盾の属性を敵に合わせてチェンジしつつ、ガードでシールドセージ特有のゲージを上げ、スローライトで敵に遅延効果を蓄積。怒り直後に発動。



・味方が揺さぶっている間に敵の前に躍り出てアトラクト&ガードでゲージを貯める。
ゲージが少なければ積極的にジャストガードを狙いにいく。
ゲージに余裕があればバーストでスタミナを削りにいく。ただしゲージの残量の使い道を頭にいれておく。



・敵のスタミナ切れと同時にエンチャント発動。
敵のコアと同じ色の属性が弱点なので合わせる。



・ダウンした敵の頭部などに張り付き、ロッドで凍結効果を蓄積。
凍った場合はシールドブロウでフォローへ。




と、サイクロプス戦だけでもこれだけの立ち回りをする訳です。







みんな平然とこんなことしてたの!?













いやほんと凄い。
かなり頭を使うジョブです。

テルサイのお陰でレベルは30まで上がりましたが、ちょっと面白いので研究してみようかと。

他の敵とも色々やりあってみたい。

色々回り道をしていますが、最終的に全てファイターに集約するつもりです。
まだまだ時間はかかりますが、これからが楽しみです。














  1. 2015/12/09(水) 16:18:00|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう一つの扉を。



最近気がついたんですが、このままいくと延々ドラゴンズドグマの話になってしまうんですよ。

これは(ネタ的に)よくない。

自分は面白くてもちょっと本来のこのブログのスタンスから離れてしまいます。


勿論ドラゴンズドグマは続けますが、併行してもう一本。


このブログの閲覧者様で言うと、「らぶかげさん」ならスプラトゥーン、「あずまさん」ならゴッドイーターのような、魅力的な一本をサブに持ってきたい。

定石なら時期的にモンハンなのでしょうが、ちょっとゲームが被るため、今回はスルー。
何よりメジャー過ぎて黒猫には似合わない。


もっとB級の雰囲気を醸し出す、出来れば新作を、と探していたのですが、

ありました。ありましたよ。

うってつけのやつが。








プロジェクトクロスゾーン2



ナムコクロスカプコンをクリアし、続編であるプロジェクトクロスゾーンもクリアしたのですが、微妙な出来のため記事にしていませんでした。

今作の体験版をプレイしたところ、

「・・・有りだな」


と思いましたので購入。攻略スタートです。



※ナムコクロスカプコン、プロジェクトクロスゾーン

知らない方の為に書いておくと、ナムコ(バンダイナムコ)とカプコンのキャラクターが登場するスパロボ的なやつ、と思ってください。
尚、プロジェクトクロスゾーンとタイトルを変えてからはセガも参戦。余計話がややこしくなりました。



【現在】

プロローグ1~5
第1話「鎖の街のアリス」
第2話「その男、龍が如く」

までクリア。

ここまでの雑感

①とにかく喋る。携帯機とは思えないレベル。キャラクターの掛け合いが楽しい。

②操作周りは今のところ良好。
まだサクサク進んでいます。

③ドットでも絵がグリグリ動く。カットインアニメもかなりいい感じ。





【シナリオ、設定他】

・プロローグ1~5は全部合わせて1時間くらいのプレイ。

おそらく後半出場組の顔見せ。

「なんだ、あの敵は」「(倒して)待て、逃げるな!」「一体この世界に何が」的な話が5セット続く。



ここまでの備忘録。

・絵師が変わった。
零児がカッコ良く、シャオムウが可愛くなった。









・任天堂「ファイヤーエムブレム~覚醒~」から特別参戦の二人(クロムとルキナだっけ?)が面白い。原作が気になる掛け合い。杉田智和氏の演技のせいもあるかも。





・ゴッドイーター2から参戦、アリサの格好はもうワザとやっているようにしか見えない。PTA上等。可愛いけど。








・サクラ大戦、大神一郎は今回はエリカとのユニット。
さくらはジェミニとのペアとなっている。前作でさくら×大神だったことへの配慮か。必殺技「二剣二刀の儀」「ふたりは桜色」が出来なさそうなのは残念。
エリカがぐいぐい大神に迫り、さくらが嫉妬して突っ込むのが鉄板ネタに。







・第2話で逆転裁判からなるほどくんとマヨイちゃんが登場。声が「逆転裁判特別法廷」シリーズの声を担当している方で良かった。個人的には一番この声が好きなので。オバチャンも出ないかなあ。




・第2話で早くも桐生一馬、真島吾郎の二人が登場。
設定が「龍が如くof the End」からなのが嬉しい。巷でクソゲー扱いされているが、個人的には大好きなもので。







シナリオ的な話。

・現状、分かっているのは「世界に現れた謎の黄金の鎖」

・鎖にはナムカプのラスボスである沙夜が関わっている。

・神室町を中心に、謎のウイルス「タナトス」が蔓延。ゾンビ街に。

・バイオハザードの二人はタナトスを追う。

・なるほどくんとマヨイちゃんは三島平八の弁護をするために神室町で待ち合わせていた。

・神室町で怪物にかこまれていたなるほどくん達を救ったのが三島平八とその後追いついてきた真島吾郎&桐生一馬。
なお、過去に真島吾郎はなるほどくんの弁護を受けたことがあるとのこと。


・・・もうカオスだ。

しかし、出来は悪くないです。
なかなか楽しめそうな感じですね。















  1. 2015/12/02(水) 16:16:18|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0