日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

深夜の激闘、砦の大騒ぎ。




今回のグランドミッション、「グリッテン攻防戦」




以前は体験参加のあのミッションです。




以降、ちょくちょく参戦していたのですが今回は本気も本気。
がっつり参加してました。

目的は大きく分けて3つ。


①最高ポイントの奪取。

これから先は、このミッションの報酬素材「白翼輝章」がどうしても必要になります。
最高ポイントである50万ポイントを奪取し、今後に備えたい。



②ジョブポイントの加算

レベルでジョブポイントを稼げなくなっているため頭打ちになっているスキルとアビリティの底上げ。
とりわけ「敏動」「弐段突き」は上げておきたい。





③「モゴック」との対戦

グランドミッション中、グランエントを除けば最強の敵との対戦。
勿論、1on1なんてもっての他でミッションの成功を優先しますが、どの程度戦えるか試してみたい。

45レベルの戦いだと、すごく上手なプレイヤーさんがたくさんいるんですよね。

プリーストの上手な方は、こちらの進行ルートに合わせてエナスポを先に配置するという離れ業をやってくれたり。



で、ちょっと考えさせられた次第。



ステータスやレベルは長くプレイすれば少しずつ上がっていきます。
それも大切ですが、やはり上手なプレイヤーになりたい。

で、「いいファイター」とは何なのか。




・・・これはもう、戦闘一択しかない。




モゴックは比類なき攻撃力で、「バランスブレイク」と評価もされているとんでもないキャラクターです。



でも、ファイターには近接攻撃しかありません。
お互いの攻撃が届く間合いでやり合うしかない訳です。

でも、ある意味そこが燃えるのですが。



で、あの馬鹿げた攻撃力とどう立ち合うのか研究してみようというのが今回の目的。




目的①

50万ポイントに向けて。
土日の深夜二回×4時間しかない自分にとって、これはもう、アレしかなかった。

以前課金したお釣りとの組み合わせで捻出した「グランドミッションサポート」を発動。
結果、72万ポイントを奪取。

一戦あたり約45000ポイントと、2500ほどのジョブポイントを入手。


②スキルの向上

弐段突きが6→7にアップ。
その他、盾使いファイター必須アビリティ「受○」シリーズを強化。「受得」が5で他は全て最高の6に向上。

あとは後述のモゴック戦の中で必要を感じ始めたスキル、巷では地雷と評判の「チャリオットムーブ」を2まで。
まだまだ使い物にならないですが、黒猫の読みが正しければ、きっと自分にとって有力なスキルに化けるはず。


③モゴック戦。




【観察と推察】
モゴックの戦力分析。

・脅威の攻撃力。ほぼ全てが一撃必殺で、防御力900では防具は意味をなさない。

・武器は棍棒が2本。
2本を同時に使用した攻撃はジャストガードが狙えない。
時間差で二回攻撃判定が出るからだと思われる。

・種族特性で、怒り状態からの揺さぶりが逆効果になるよう設定してある。
プリースト等の弱点露出からの攻撃などでしかスタミナを削る手段がない。

・攻撃モーションに入るとスーパーアーマー状態となる。こちらの攻撃で割ってはいることが出来ない。


攻撃モーションを観察。

①棍棒一本の振り下ろし攻撃
②体当たり攻撃

モーションなし。いわゆる通常攻撃だと思われる。
この攻撃に限ってはダメージもそれなりで、もしかしたらジャストガードも可能なのかも知れないが、読み辛く出が早いためかわすか盾で防ぐのが無難。


③両手を広げて雄叫びのようなポーズ→両手の棍棒で攻撃。

ガード不能。初弾が入ると太鼓を叩くような二次モーションに入る。
初弾を外した場合棍棒が地面にめりこみ、2秒ほどしゃがみ状態の隙が出来る。



④片手を下げて腰を低く構える

かなりの確率で衝撃波を放つ。
ガード不能。
魔法職はこのポーズを見たら詠唱をやめて回避するほうがいいと思われる。


⑤棍棒一本を前に突き出す

全方位に棍棒を振り回す、無双攻撃のようなモーションに入る。
ガード不能。戦闘圏外に逃げる以外の対処が無いと思われる。
この攻撃が終わると二秒ほど棒立ち状態になり大きな隙が出来る。


何度もやられている内に、上記のようなモーションが判明。





攻略としてはこんな感じかなぁ、と。





【ファイターとしての立ち回り、黒猫版】


・使用スキル
弐段突き、天蓋斬り、溜め強斬り
(ダウンのみ)円月斬り

・特性
凍結系クレスト、アビリティ「攻氷」
(いずれは「氷襲」もいいかも)


攻撃はほぼ防げない。ならば半端な盾による防御は放棄という「あ○たのジョー」戦法。

3~4キャラ分の間合いを保ちながら、正面には立たず常に背中側に回る。通常攻撃はこれでかなり出にくくなるため回避。

背中側から3キャラ分の距離で弐段突きを突き刺していく。

目的は凍結値の積み上げと、弐段突きでの足止め。

足止め=突き刺した後の「捻り」モーション中はモゴックの動きが一瞬止まること。
優秀な味方がいれば、その隙を見落とさず攻撃してくれます。

また弐段突きは中距離での当たり判定が強く、ヒット時はこちらの硬直モーションが早く解けるため。
格闘ゲーム「鉄拳」の崩拳を使う感じかな、と。(わかりにくい例え)


ヒット&アウェイを繰り返し、上記③と⑤のモーションに入れば全力回避。
棒立ち状態になれば溜め強斬りや天蓋を当てて、凍結と気絶値を上げていく。

③の攻撃で味方が捕まった場合は敵が太鼓攻撃に入るため、申し訳ないがそのまま攻撃。心の中で手を合わせて後で生き返らせましょう。ちーん。



【まとめ】

グランドミッションのモゴックは一人では倒せません。仲間の攻撃力を信じながらしつこく張りつき、モゴックの攻撃を妨害していく。
近づけさえしなければ、大火力の仲間の攻撃がきっと当たります。

やはりというかなんというか、カプコンのゲームキャラクターらしく凶悪でなかなか思うようにはなりませんが、

「無茶な相手に一人で飛びかかる勇者」

こそファイターの醍醐味ではありませんか。


余談ながら、「シャドウオブモルドール」に登場する最強のオークキラー、タリオンならどうやって倒すのでしょうね。



彼もファイターっぽいし。教えてタリオンさん!

シャドウオブモルドールの記事







あと、嬉しい誤算の報告。

今回のGM中、黒猫が毎日巡回しているブログ「らぶかげ遊戯日記」の管理人、らぶかげさんと共闘することが出来ました。

ブログの管理人さんとドラゴンズドグマの世界で会うという驚きの展開。

早速フレになって頂こうと依頼したら快諾して下さいました。ありがとう、らぶかげさん!

使用されているキャラクターがダンディでカッコいいです。「KOF」のルガールをベースとされておられるようです。

ステータスもそれに負けない凄まじさ。
強え。マジ強ぇ。





よし、ポーンを借りよう。












スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 18:23:15|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ここから、始めよう。








いよいよシーズン1.2の開幕が近づいてきました。

ウォリアーも楽しそうだなとは思っていますが、ちょっと後回しになりそうな感じ。

最近夢中で更新していたので、黒猫の記事や他のブログを見ている方にとって、随分ドラゴンズドグマオンラインが遠く感じてしまいそうなので少し補足を。




①今から始めても遅くない?

そんな事はないかと。
レベルだけなら2ヶ月あったら社会人でも1ジョブカンスト出来ます。
それよりも大切なのは、ポーンを育てながらゆっくり様々な経験を積むことです。




サイクロプスに吹っ飛ばされ、スフィンクスの顔の気持ち悪さに戦慄し、トロールの攻撃力に圧倒され、ドラゴンに「勝てねー」と思って下さい。
きっとその経験が後で役に立ちます。

強い仲間プレイヤーは、装備と数値もさることながら戦闘経験が多く、操作が上手なんですよね。


ぶっちゃけ効率のいい経験値稼ぎなんて、二つ目のジョブからでいいではありませんか。





②Amazonでパッケージ版レビューをみたら、クソゲー認定されてたんだけど。




感じ方はそれぞれです。
揺さぶりばかりに注目されがちですが、戦略ポイントは他にもあります。
スキルやアビリティ、プレイヤーの装備に相性など。
作業ゲーというほどでは無いと個人的には思います。
遊び方次第ではないでしょうか。





③課金は結局いるの?いらないの?



全く必要無いとは言えません。
倉庫の問題の解決が見つからない限り、何とも。
ただ、課金するかどうかの判断を待つために充分な無料期間はあると思います。




④ボスが堅くて無理ゲーくさいが。

色々なレビューを見て思っていたんですが、そもそも「魔界村」「ファイナルファイト」の会社ですよ?
一筋縄でいかないのを工夫して倒すのが醍醐味だと思うのですが。

とはいえ、バランスの問題は気長にやるしかないでしょう。
正式サービスからまだ半年もたっていません。しかも基本無料なのですから。





⑤イベントが多くて消化出来なさそう。

黒猫がそうなのですが、オープンワールドゲームとして遊べばいいと思います。
まず先に「自分がどう遊びたいか」があって、その目的に合致していれば参加すればいいし、「今は関係ないや」と思えばスルーすればいい。

例えば次の1.2では「ウォリアー」が実装されますが、黒猫は今ソーサラーを育てていますし次はシールドセージに決めていますからしばらくは放置です。

巷でウォリアーが大流行しようがそんなのは全く気にとめません。
それよりも、目下の目的の為に今はソーサラーです。

始めたばかりの頃ならグランドミッションは「グリッテン攻防戦」意外は全部スルーしてもいいでしょう。
あとはレベル帯毎で賞金首モンスターがいれば狩ったり狩らなかったり。

参加するしないは自分次第でいいと思います。




⑥対人がめんどい。

このゲーム独自の要素として、「ポーン」の存在があります。



プレイヤーよりはアレな動きも多いですが、一人でもパーティが組めるのが面白いところ。
対人もお勧めですが、オフライン風に遊んでもなかなか面白いです。

シナリオがまだ完結していないのが難点ですが。


もし対人に興味があれば是非遊びましょう。








  1. 2015/11/26(木) 16:30:58|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

そこに立つあれこれ。









【近況】

「光の紋章の盾」が出来た!


やっとです。
強敵しか落とさないようなレア素材やら、ある地域で一週間頑張った人に送られる記章というちょい面倒なアイテムも
手に入れつつ。


次は鎧か。





さて、パーティ近況。

【rain】

アビリティ「攻○」シリーズの奪取とソーサラーmimiのスキルレベル修練の為に苦労しながら魔術師修行。
時々杖で直接殴りたい衝動にかられるが我慢している。
パーティの資金が枯渇した時やメインポーン達がクラフトで忙しい時には夜な夜な青い鎧を着て某所に消えていく。

1 on 1がマイブームで、各地の怪物達に一人で挑むことも多い。
先日は36レベルリンドブルムを撃破しご満悦。
もはや無理ゲー挑戦になりつつあるとは気付いていない。
次はコカトリス、お前だ。

【mimi】

rain小隊のエースポーン。
ソーサラーのジョブポイントが96000と飽和状態に達したことと、スタミナドリンクガブ飲みの覚者の為に「エナジースポット」を覚えようとプリーストになるが、どうしても回復より攻撃スキルを乱射してしまう。
こんなことでエナスポを使いこなせるのか。

性格は「スマート」
パーティで一番冷静に見えて実は一番戦闘マニア。



【yamato】

二人目のメインポーン。性格は「シャイ」

名前は某これくしょんとは何も関係がない。
黒猫が作るキャラで運送屋の名前が浮かんだとかそんな話は一切ない。

最近まで忘れられていたが、シールドセージにてデビュー。
お詫びとばかりにあらゆる資金とブラッドオーブを投入しメキメキ実力をつけた結果、レンタルでも借りられるようになり一安心。


敵の攻撃を引き受けながら涙声で

「なんともない、なんともない」

とこちらの罪悪感を煽ってくる。

また魔法詠唱中のrainの背後に現れてアトラクト(敵の惹き付け)を行うというトンでもな行動をする。
よくある事らしくあちこちでシールドセージは覚者の命を狙うという話になっているが、彼女の場合は単なる天然にしか見えない。

前髪ぱっつんの黒髪、瞳は常に閉じているという珍しい外見。

「奴の目を開かせてはならない」








・・・500円かかるから。







某小説に、「RPGはまだパーティが弱い時にいろいろやりくりしているの時期が一番楽しい」とありますが、そう思います。
レベルがカンストしているrainの装備やスキルを詰める行程も好きなんですが、30レベル帯の覚者とポーンでおっかなびっくり戦うのが物凄く楽しい。


yamatoのクラフトスキルに消耗品を選んでいますが、巷のトレンドは装備強化と知って焦りました。

が、ことファイターメインの自分の場合は正解だったように思います。
各回復薬は勿論、強敵相手やGMで便利な肉類の製作までかなりの活躍。
装備強化も資金節約能力ですが、長い目で見れば消耗品も決して悪くない。

mimiともども成長が楽しみです。




























  1. 2015/11/23(月) 21:40:47|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ここまでの青騎士。


何とか45腕防具の目処がつき、来週頭には防御力920位には持っていけるかなと思う黒猫です。


さて、他ジョブはともかくファイターについては多少分かってきたつもりなので以下感想。
あとは今後プレイしてみようと思われる方への(個人的な)成功と失敗について。


【ファイター】

片手剣と盾を装備した、スタンダードなバランスタイプ。
シナリオ上での代表キャラはレオ、ヴァネッサなど。







勇猛果敢なリーダータイプのキャラに多いですね。
他にはおっさんとか名前も知らないモブとか。




パーティ内の役割はアタッカー。最前列に飛び込み敵の攻撃を凌ぎつつダメージを与えるのが仕事。



【ソロプレイでは】

通常技には癖がないため、比較的進行しやすいキャラではあると思います。
使いどころさえ間違わなければ各スキルもなかなか。
きちんと装備を整えてレベルも上げていけば、メインシナリオの現在の最終戦「友の来訪」も戦えます。




【レベル帯別感想】

レベル1~20・・・持ち前の攻守のバランスと操作性の良さで、特に苦労せず戦える。
ポーンの戦力は大して気にならず、独力でどうにかできるためサクサク進む。


レベル21~35・・・バランスの良さにまかせてごり押ししてきたツケなのか、何かにつけて「器用貧乏」を感じるようになる。
火力ではハンター、ソーサラーに劣り手数でシーカーに負ける。
おそらくファイターの限界を感じるとすればこのあたり。
メインポーンのレベルと装備を整えて、他のプレイヤーとの共闘でなんとかやりくりする。
技能に怪しさを感じ始めたため、ジョブポイントを節約。情報収集を開始。




レベル36~40・・・ここで手に入れた情報を精査し、使う技能を絞り混む。
また、装備を厳選した上で長期的に攻守を上げるように路線変更。
スキルを幅広くとることをやめ、二つだけにして限界まで引き上げる。
また、クランの上手いファイターに戦い方を聞きながら立ち回りを変えていく。
結果、雑魚殲滅の後、気絶からの凍結に勝機を見いだす。


41~45・・・絞りこんだ技能と敵別に攻撃パターンを決める。
馬鹿げた労力の対価に揃えた装備がようやく機能し始める。
エルダーやアングルス(平たく言えばやたら強いドラゴン系)の不意の一発から生還したときにはちょっと感動。
火力の向上と特殊効果から「あれ?ファイターいけるんじゃないか?」と思い始める。


【スキル】

色々あるので自由にやっていいとは思うのですが・・・。
スキルについては諸説あるため、「いや、こっちの方が強いって」という意見はあって当然で、それぞれ尊重されるべきと思います。
あくまで以下は黒猫の主観です。



①天蓋斬り
ジョブポイントに迷ったらまずはこれからで良いのではないかと思います。
対空攻撃としての用途を紹介してきましたが、体力を失って屈んだ巨人の頭を直接斬りつけたり、ベヘモットなどの頭の位置が低い竜の牙を直折りしたりなど活躍の場面は意外に多いため、ファイターの最優先スキルだと思います。


②円月斬り
ファイターの最大火力として有名ですが、最近は二段突きの強力さなども判明してきたため、「選択肢の一つ」になりつつあります。
しかしやはり優秀な技には間違いありません。
大火力もいいですが、雑魚のど真ん中で繰り出して壊滅させた時の無双感は最高です。



③弐段突き
弐段突きと言いながら思いっきり刺してから抜くというグロい技です。
対一匹ではかなりの攻撃力を誇り、また多段攻撃となるため敵の状態異常を引き起こしやすいというメリットがあります。

「あー、これ上げておけば良かった」

と思ったスキル代表。




この三つを軸に、後はお好みでどうぞ。
黒猫は一閃突きを選んでいますが、センチュリオンスパイクやチャリオットムーブがいいよー、という噂もよく聞きます。


上記スキルは勿論ですが、レベル1~5と6以降ではまるで性能が違うものが多いため、スキル取得の前に動画などで確認しておくことを強くおすすめします。


【立ち回り】

ファイターの最大のポイントは「何でも出来る」ということです。
中途半端なことも否めませんが、武装とスキル次第で万能感が増すためプレイヤー次第で強弱が大きく別れます。

盲点だったのは「溜め斬り」の重要性。
効果に気がついたのは実は40を越えてから。
それまでははっきり言って「ナニコレ?」状態。隙は多いわ破壊力ではスキルに負けるわ。

この技の最大のポイントは「気絶値」を上げることが出来るということ。
技を当てる度に敵の隠しステータスである気絶値が上がり、一定量に達すると巨人だろうとドラゴンだろうと気を失う(格闘ゲームで言う「ピヨり」)状態になります。

ただ、溜め斬りでひたすらぶった斬るのではなく、この「気絶」を敵の「怒り状態」に合わせていかにコントロールするかがファイターの腕の見せどころ。

巨大な敵はある程度ダメージを与えると「怒り状態」となり、攻撃力と守備力が跳ね上がります。
更に攻撃パターンも変化して厄介極まりない状態になるのですが、このパターンになると敵の体力ゲージの下に「スタミナゲージ」が出ます。
この「スタミナゲージ」を通常の攻撃ではなく、敵につかまり「ゆさぶる」ことやプリーストなどの補助で露出した弱点を攻撃することで減らしていき、スタミナが0になれば敵はダウン、無力化して攻撃を畳み掛ける大チャンスを迎えることが出来ます。

要はスタミナゲージが出ると同時にピヨらせて、パーティ4人が同時に飛び掛かって揺さぶることでスタミナを一気に奪いダウンまで持っていく訳です。

・・・なかなか実際には上手くいかないことも多いですが、このパターンに入れることが出来れば大抵他のプレイヤーに称賛されます。


ダウン後もファイターの仕事は続きます。

片手剣に属性型クレストをつけておけば、弐段突きやセンチュリオンスパイクで特殊効果を狙うことも出来ます。
前半は火力の補助と、火属性が弱点の敵が多いことから「延焼」系クレストがいい感じ。

後半はプレイヤーの好みでまちまちです。
気絶効果を高めるために「卒倒」をつけている方もいますし、黒猫は「氷凍結」を好んでつけています。
全体的に、ダメージとは別に敵の行動を制限するようなクレストが人気のようです。


【剃らしか、ジャスガか】

ファイター使いのロマンポイント。
どちらも敵の攻撃を「ギリギリまで引き付けて」使うことで敵からのダメージを0にし、おまけにダメージを与えることが出来ます。

黒猫は剃らしを切ってジャスガを重視していますが、単にジョブポイントの残量からの都合と過去プレイしていた「キャッスルヴァニア」でパーフェクトガードという似たような技を好んで使っていたからです。

カッコいい使い方は「予想外のタイミングでソーサラーやプリーストの方に向かった敵の攻撃に割ってはいる」こと。ヒーロー感が半端ないです。


まぁ「間に合わないと思いつつガードしたら何かダメージを受けなかった」場合も多いのですが。



【ファイターとは何ぞや】

レベル30前後の時に、実はファイターに限界を感じて乗り換えようと思っていたのですが。

カッコいいプレイヤーには憧れるものです。

この二人に会ってファイターを続行することに決めたエピソード。


・ディナンの勇者
ディナンという森林フィールドのボス、「モルトロール」というモンスターがいます。
当時の黒猫の実力では一撃食らえば体力の90%を奪われるような絶望的な戦力差。

これがなんと二体現れました。

「いやいやいや、無理」とチャットに打ち込む黒猫。

ところが黒猫を連れていたファイター、クランの先輩格の方が一言。



「左は引き受けますから、皆さんは右をお願いします」






そう言って宣言通りたった一人でモルトロールを沈める先輩ファイター。



なにこの人、超かっけえ!





ファイターを育てきるとこんな真似が出来るのかと驚愕。
最近ようやく黒猫もこれを出来るようになりました。


・SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)
これは見知らぬ方とグランドミッションで共闘して見かけたファイターの方なのですが、とにかくガード、ガード、ジャストガード。
巨人の攻撃が一発も通らない。

勿論間でステップや位置取りを変えていたりもするのですが、要所要所では必ずジャストガードが入る。

「なんだこいつ・・・(失礼)」と敵に斬りかかるのを忘れて魅入ってしまいました。



ここで思ったのは、ファイターに限らず頑張って育てていけばどのキャラでも活躍出来る、ということ。


・・・結果夜な夜なレア素材を求めてさ迷い歩く亡霊のようなファイターが一人誕生した訳ですが

とにかくファイター、個人的には大好きなので今後もメインとして使っていきたいと思います。















  1. 2015/11/19(木) 02:21:22|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

疾走リザルト。


前回、お気に入りの狩場を報告しましたが今回はそれを利用した「報酬サポート」の効果を試してみました。

無料で配布していた1時間限定のチケットです。


ではまず、前提から。

【目的】

・今回はゴールドの取得を最大の目的とする。エリアポイントやブラッドオーブはついでに程度。


【ステータス】

攻撃力:891

防御力:872

コンクラーズブレード(LV45弱武器、氷凍結のクレスト×3)

防具は割愛。装備重量は372ミディアム。


【コース】

白竜神殿→グリッテン砦前にワープ→砦内の覚者(足りない報告書)→リズ(リズの落とし物)→グリッテン砦前にワープ→神殿前のローグ系倒して報告書拾う→神殿内不浄の地下水道→魔女マリヴェラ撃破→グリッテン砦にワープ→砦内の覚者に報告→リズに落とし物を届ける→ヴァネッサに報告→白竜神殿にワープ(クエストのリセット)

このコースを60分で延々と繰り返しました。
移動は全てダッシュ。
スタミナ切れはガラエキスと薬効で処理。
(勿体ない気もしましたが、得られるであろう資金とタイムを考えて使用)

なお、時間がかかるためエイプなど道中のブラッドオーブエネミーはほぼ無視。
地下水道では鉱脈2つを掘り、宝箱1つ(リズの落とし物がある部屋)を開けるだけ。

ボスの部屋ではまず壁際の魔法使い2体を倒した後に真ん中にいるファットアンデッドを円月でなぎ倒す。最後に魔女に天蓋連打で終了。



【道中のトラブル】

まさかのサーバー落ち一回。多分5分くらいやらかしてます。
他にも見込みが甘くて二回ほどガラエキスを買い増し。こちらは砦内のよろず屋から買ったのでそこまでロスしていませんが。


【リザルト】

周回数:6
体感では1周8分くらいです。
サーバー落ちが無ければ7周行けたか。

エリアポイント:15000(バートランド。概算)

これは今回の特典、「W発動キャンペーン」による補正が入っているので「報酬」だけだとかなり下がると思います。


以下素材。細かいのは割愛。
高額品のみの報告。
()内は当日バザーでの落札価格

・魔の水薬×2(142000)
・ピジョンプラッド×8(248000)
・ミスリル鉱石×11(加工して売却、150000)
・銀のインゴッド×5(25000)

他にカーズドクロスなど細かいものを全て売却して64万弱ほど。

魔の水薬があと一回出てくれれば化けたのになぁ、と思いつつも1時間の戦果としてはまぁ悪くなかったのではないかと。

ただ、今回はピジョンプラッドの価格が儲けの下支えとなっている印象。
バザーの状況や入手確率次第で儲けはもっと少なくなるかもしれません。


感想として。

報酬サポート、というだけの効果はあると思います。
使い方はそれぞれですが、なかなか入手出来ないレア素材をワンチャンスで2つというのは大きい。

ここ一番程度に割り切って楽しむ分にはいいのではないでしょうか。



  1. 2015/11/16(月) 18:18:42|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

傭兵から青騎士へ。


かなり間が空きましたが、ドラゴンズドグマオンラインを続けています。

むしろプレイしているからブログが更新出来ていないとか




レベルが上がるにつれ戦闘は激しさを増していきます。
自ずとジョブの装備や立ち回り方を各プレイヤーが考えるように。

勿論自由に楽しくやっていますが黒猫の現状。


【氷剣+二段突き】
基本的な戦略は天蓋と円月、というのは変わっていませんが、最近6レベルまで上げた二段突きと剣に付けている氷凍結のクレスト×3の相性がすこぶるいい。

二段突きが想像していた以上に使えました。
特にモーションが変化するレベル6以上が素晴らしい。
多段攻撃になり、特殊効果の蓄積が発生しやすくなるんでしょうね。
ザクっと刺してから捻って抜くという見た目ヤ○ザのドスというか必殺シリーズに出てきそうなモーションがアレですが。

便利なので今後はこのスキルを重視していきたい。



戦い方としては溜め強斬り連打で失神させ、ゆさぶり→屈んだところに天蓋→ダウンからの二段突きを連打。丁度ダウンが解ける頃に相手が凍結。

で、凍結の後ラストに円月連打というのが強敵相手の立ち回りになってきています。






高レベル帯のモンスターは攻撃力が高いので、無条件でダメージを与えられる時間は多ければ多いほどいい。


【ソロでは】

最近はセカンドジョブのソーサラーを育てながら、ずっと放置していた二人目のメインポーン、yamatoを育てています。
mimiの限界突破と、自分のアビリティの為にソーサラーをプレイしていますが結構楽しいです。一発の破壊力の魅力がなかなかいい。

ただファイター歴が長いせいで、敵の前でL1を押したまま棒立ちになってしまい殴られることも多々あります。(ファイターはL1で盾を構える)

・・・修行が足りないなぁ。



お金稼ぎはバートランド、不浄の地下水道がお気に入りです。

グリッテン砦で「足りない報告書」と「リズの落とし物」のクエストを同時に受け、道中のブラッドオーブエネミーを倒しながら魔女マリヴェッラで締める。

エリアポイントとブラッドオーブ稼ぎも兼ねながら、途中の鉱脈ではミスリル鉱石(単体で15000、インゴッドに加工すれば50000くらい)を拾った上で希に魔女が魔の水薬(75000位)を落とすというコース。
「リズの~」のクエスト報酬もたまに高いものが出るため、MAXなら一周で10万近い稼ぎになります。

何よりボスの魔女が弱いことが大きい。
炎の範囲魔法と大ダメージの収束炎魔法を放ってくるのですがハッキリ言ってテレフォンパンチ。

「当たらなければどうということはない」

を地でいくレベル。

おまけに下水道の床の深さがまちまち、というトラップを仕掛けてあるみたいなのですが、そのせいでこちらの天蓋斬りの範囲から殆んど逃げられない。
往復ビンタラッシュが成立してしまいます。

魔女自体の防御力もそれほど無く、倒すのに5分もかからないという快適さ。

なので同コースはポーンの護衛も他のプレイヤーとの共闘も必要なく、割とサクサク進められるといういい感じの場所。

調整が入らなければ、あと魔の水薬の価格が下がらなければ以前の銀鉱脈のような安定した資金供給源になりそうです。

  1. 2015/11/11(水) 08:39:21|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さまよい歩く青い暇人。

さて、最近は皿ことソーサラーのプレイを主としてます。

ファイターレベルも現時点でのカンストである45に上がりました。

頼みのスキルである円月斬りもようやく10レベルに達し、一応それなりの戦士として立ち回ることは出来るようになりました。

ただ、問題がいくつか。

火力が足りない。

いくらスキルレベルを上げたといっても、武器が貧弱では話にならない。

現在装備しているストレイトソードもそんなに悪い剣ではなく、攻撃力も800近いのですがドラゴンなどを相手にするときにはやや力不足。

となると新たな武器を求める必要があります。

理想は現在のレベルである45武器。

しかし・・・。

45レベル帯の武器は二種類あり、「弱」「強」とプレイヤーに呼ばれています。

弱だろうと強だろうと今の武器より遥かに強力なのは間違い無いのですが、問題はどちらの武器も気が遠くなるような素材が必要で、特に強武器は相応の強敵と戦う実力と、素材を入手する運が必要です。

ソーサラーで遊ぶ傍ら、コツコツ素材を集める毎日です。

【似非投資家の結末】

こほん。

暴落しました。

っかしいなぁ。

と思っていたのですが、根本的な勘違いがあったことを教わりました。

あの時点では黒猫の予想した武器の材料が揃わなかったというオチ。

他に情報収集したところ、巷のトレンドは攻撃力アップのクレストよりも眠りや凍結、遅延などの状態異常が主だったようで。

なんてこった。

で、実際の値動きですが。

4万ゴールドで購入したクレストは一時1万9000ゴールド台まで価格を落とし、その後3万ゴールドまで上がったところで上限だと判断、手持ちの7つ分を全て手放しました。

案の定2時間後には2万3000ゴールドあたりで落ち着いた模様。

・・・ゲームの話で良かった。

ある意味勉強になりました。

その後、白猫ことホワイトキメラやシルバーロアという巨大な猿を仲間と倒して回り、入手したレア素材を売却。

50万ゴールドの利益を得たことで資金繰りは元に戻りました。

その50万ゴールドをベースに今度の新武器を手に入れようと現在画策中。

とはいえ、その金額をもってしても素材の半分程度しか入手出来ないため、長い長い旅になりそうです。

BGMが「ガンダーラ」になりそうだ・・・。

ちょっと「龍が如く 維新!」のレア武器「夢龍砕」を手に入れた時に似ている気がします。

  1. 2015/11/06(金) 15:19:42|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天駆ける端末にて。

スマホを機種変更しました。

MVNO黎明期にデータチップを購入。

1日170Mの毎日リセット方式。

前回は三世代ほど前のGALAXY S3を1万8000円で購入、毎月のランニングコスト1400円をベースにやりくりしてきましたが、先日端末を落としてしまい破損。

端末破損したの初めてですよ、なんてこった。

で、これを期にこのMVNOについて再考することにしました。

一番の特徴である、料金メリットは充分にありました。

その意味ではキャリア携帯からの変更は大成功。

ただし。

やはり音声通話が扱いにくいために結局キャリアガラケーの最低プランを併用するなど問題もありました。

また、ヘビーユーザーの自分にとって、端末の劣化はかなり厳しいものがありまして。

充電がすぐに無くなるようになって困っていたのも事実です。

で。どうせならまたやってしまいましょう人柱第二弾。

キャリアに戻るか、MVNOを続投するか。

初期コストとランニングコスト、自分の趣味嗜好と月あたりの支出との兼ね合い。

全ての条件を精査して、撰んだのがこちら。

Asus Zenphone2 

やたら縦長の画像になりましたが、

5.5インチの大型スマホ。

OCNのMVNOの中で、ゲオスマホの商品です。

月当たりのコストは通信費込みで3500円。例によって170M/1日です。

やや高めではあるのですがそれでもキャリアよりは安く、新品かつかなりの高性能であることに惹かれました。

操作感も良く、これからが非常に楽しみです。

ちなみに、この端末のベンチマークがこんな感じ。

HTC ONEを上回る上、RAMが4G。

普段のブラウジングは画像が瞬時に出るレベルで、家の無線LANを組合せた際の動画視聴もかなり満足しています。

あとはブログの更新に慣れないとやや大変。

月額が1000円くらい上がりましたが、今の所大満足。

細かい話は後日に。

  1. 2015/11/02(月) 12:46:15|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0