日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今、旅を始める方々へ。


ちょっとばかりいつもと毛色が違う話題。

ニュースによると、栄養ドリンク「リゲイン」のキャッチフレーズが現代にそぐわないと変更になったようです。

かつては「24時間戦えますか」を声高に歌う牛若丸三郎太というCMで一斉を風靡したドリンクです。

確かに日本人のオーバーワークと、それによる生産性の意識の欠如、ワークライフバランスの問題を考えれば仕方のないことかもしれません。

しかしながら一方で、日本人の大切な「何か」を失っている気がします。
欧米人にはまるで理解できないと言われながらも日本人のみが持ちうる独自の矜持といいましょうか。

所謂「社畜」は駄目です。
しかし、社畜は「飼われている」から社畜なんです。
そのあたりに今の「ビジネスマンの失った誇り」を感じてしまうように思います。

店で就職活動に勤しむアルバイトの子たちにももっと自信を持つように伝えたいものです。

かつて「24時間戦えますか」を合言葉に世界を駆け巡り、メイドインジャパンを世に知らしめたビジネスマンの末裔なんですよ、とか。



何だかオタ風情が気恥ずかしいことを書いていますが、この分野でしか学び得ない名言もあります。
以前から挙げていますが、「企業戦士YAMAZAKI」は自分にとって大変思い出深い作品で、是非読んでもらいたいです。
下記にその名言を。
ネタバレなので注意。










●生まれた時から答が出ているくらいなら…最初から老人として生まれてくればいい!!

●都合の悪い愛などあるか!!

●人生”は決して人を裏切らないしかし 多くの人は”人生”を裏切る

●現実を直視し、それを打ち破れない人間にどんな夢が持てると言うのです?自分をごまかしている限り本物の夢はつかめない!

●性急でなくて誰が感動する
人は感動によって動くのです
ならば人を動かそうと思えば自分自身が感動的な存在になる以外ない
その時初めて”徳”と”得”は一致する!

●もしも、もう一度生まれ変われれば…そうすればワタクシも今度は間違いのない人生を送れるのでしょうか
いや ワタクシは多分……同じ道を行くような気がするのです
そしてまたここでこうやって戦うような気がする!

●”道”というのはね 倫子さん
いつもふたつに分かれているものなのですよ
どちらの道を選ぶかはその人が何を重んじ 何を捨てるかで決まる

●愛するという事は束縛し 束縛されるという事ですよ
どんなに自分をごまかしてみたところで断ち切れない想いもあるのです
それに気づいてもなおごまかし続けるとしたらアナタは一生敗北者のままでしょう


●確かに我々の世代は挫折したかもしれない!しかし誇り高き理想に燃えた瞬間をアナタ方は一度でも持っているのか!!

●あなたは何かカン違いをなさっているようだ。この世に生まれて来てしまった事が、すでに“結論”なのです。そのあと笑おうが、泣こうが、のたうちまわろうが、特に意味は無い。ワタクシはただ―――この生命が何の価値も持たなくなってしまう事のみを恐れ、生き続けているのです。

●古いものはただ古いというその事だけでとりあえず否定しなければならないそうでなければ若者にはもう……なにもすべき事が残されていない事になってしまう――

●なぜキチンと現実を改善しようとしないのです
自己改善の意志もないないつまらん人間が楽しく生きようなどとナンセンスの一語に尽きる!

●その人が持っている優しさ 夢 理想 価値観 喜び 悲しみそして苦悩や努力を見ようともせず肩書きだけで他人を判断する――そんな浅薄な人間が自分の何に対して自尊心を抱くというのです

●過ぎ去ったあれもこれもすべての事が…輝く未来の為にあったはず
そう信じなくて人生に何の意味があるのでしょう
目指すべき自分の姿にたどりつくために今 なにを為すべきか―――正面から過去を見つめる勇気を持つ物だけが…その答を得るのです!

●不可能を可能にする作業を”ビジネス”と呼ぶのですよ

●過去のオトシマエをつけるために未来はあるのです

●一瞬一瞬を真剣に生きていくなら人生はそれ自体壮大な冒険活劇となるはず!仮想現実などに酔い牙を抜かれてしまっては人生はもはやそれまでです!!

●感情の入らぬビジネスなど”やっつけ仕事”にすぎん!!

●現状維持など退屈なだけ!”生命”は危険を犯すためにある!!

●自由とはすなはちすべてのオトシマエを自分で見つける事です
そのためにまず自分で作り上げなければならないものがあるはずです

●"パワー・オブ・ドリーム"!鳥が空を飛べるようになったのは偶然ではありません。彼らは空を飛びたいと強く願い続けた結果、自らをそのように変えていく事ができた。命はその望んだ方向へと歩んでゆくもの――大切なのは、想う心の強さでしょう。

●"人"が"動く"と書いて――"働く"と読みます。お互い"人"として生きたいものですね。


●倫子さん――でしたね。あらかじめ用意された居場所なんて誰にだってありませんよ。甘ったれてはいけません。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 05:42:02|
  2. あなたの知らない外食産業。|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

万策尽きた!


分かる人にはわかるタイトル。

さて、2015年上半期に「お!」と思ったゲームの総集編。
ゆえに、万策尽きたという台詞。

例によって、あくまで個人的な感想であり、また今年黒猫が触れたというだけで発売日が今年という訳ではありません。また、ウィッチャー3はまだプレイ中なので除外しています。

さて。

今年はなんといってもPS4が(個人的に)大躍進。

そんなわけで、第5位。



●WalkingDead















まぁ、Vitaからなんですが。






同名海外ドラマのスピンオフ。
ブログではあまり紹介出来ませんでしたが、ラストシーンはかなり泣けます。
間違いなく、思い出に残る名作でした。
Vita持ちならやらないと損です。絶対。




続いて第4位。


●龍が如く0~誓いの場所~








堂島の龍、序章。
シナリオもですが、ゲームとしてかなり良く出来ていました。
システム周りはもとより、サブゲームもよく出来ており、安定して楽しめた作品です。



第3位

●ジンコウガクエン2




高度な技術を惜しげもなく注ぎ込むイリュージョンが凄いのか、いやむしろイリュージョンだからここまで到達できたのか。
hentaiの無限の可能性を感じさせた逸作。
きっとヘッドマウントディスプレイが一般化したら、真っ先にこの分野で活躍してくれるメーカーだと思うのです。


そして第2位。

●グランド・セフト・オート5








箱の中に世界がある。
驚くほどのリアルさと快適さと、溜息が出るほどの作り込み。
名作はやはり名作でした。
食わず嫌いはいけませんね。


そして、上半期黒猫的ゲーム第1位!


●シャドウオブモルドール









ゲームの認知度からいけばグランド・セフト・オートの方が当然上です。
しかし、とにかく「一番ハマった」のはこのゲーム。
なんというか、刻一刻と変わる情勢が「生きた世界」を感じさせるといいますか。

クソ寒い冬なのに、空が白むまでプレイしてしまったことも。


というわけで、上半期ベストでした。

やはりというかなんというか、上半期を通じて思ったのは「PS4最高」の一言。

今のウィッチャー3をもう少し早くクリアしていたら、順位が大きく変動していたと思いますが、それは下半期の楽しみにしておきたいと思います。

皆様のベストは如何でしたか?

ではまた次回に!
  1. 2015/06/25(木) 21:17:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビーナスの両腕。





シェンムー3きたああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!



テンションだだ上がりです!!!!!



待っていた。

そう、あの伝説の続編。

キックスターターと呼ばれる開発資金を募るプロジェクトで、僅か数時間で2億を集めるという快挙。


やっぱりみんな、シェンムーを待っていたんですよねぇ。

14年。14年ですよあれから。


発売日にはゴリゴリやりこんだのはいい思い出。


まさかこんな日が来るなんて。





だが、待ってほしい。



シェンムーは当時には考えられなかった自由度と、魅力的なシナリオ。
贅沢なシステムをが売りとなり、また誰もが気になる終わり方で「未完の大作」となったことからファンの飢餓感を煽り、そのまま伝説となった作品です。




さながら、ミロのビーナスの如く見えないパーツを皆が想像するように、ファンそれぞれの「期待」かあります。


ここが怖い。

「伝説の作品」を掘り起こし、伝説を汚してしまったというケースは多々あります。
「かまいたちの夜」しかり「俺の屍を越えてゆけ」しかり。

よく、よーく前作と前々作をやりこみ「核」と「魂」を継いだスタッフの作品でなければ、同人モドキとなる可能性が。

期待半分、不安半分で状況を見守りたいと思います。





シェンムーのテーマ。
「胡弓」の響きがなんとも言えないもの悲しさと、ゲーム全体の壮大なスケールを物語っています。
好きなゲーム楽曲の中の一つですね。

  1. 2015/06/17(水) 00:54:28|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

こ、これは。


色々と停滞して申し訳ありません。

さてウィッチャー3。

まず何より冒頭に語っておきます。

ブログをご覧頂いている皆様で特にPS4をお持ちの方。

即買いですよ即買い。


以前、ドラゴンズドグマについて書いていた時に、「理想的な世界観はスカイリム、戦闘アクションはドラゴンズドグマ」と表現していましたが、(付け加えるならシャドウオブモルドールの全体的なアクションも体験して頂きたいとも思います)

「ウィッチャー3」はまさにそんな両方の長所を持っている良作です。

良質なアクション、広大な世界、重厚なストーリー。

キャラクターの造形は比較的美形で、イベントシーンの会話はムービーかと思うほどの完成度。

映画系の実力派声優陣。

驚いたところを挙げればキリがありません。

これは手も目も離せなくなってきました。


さて、タイトルにもなっている「ウィッチャー」とは何者なのか。

人間をおびやかす「魔物」が世界に登場した際に、人間が魔物に対抗するために作り出した戦闘のエキスパート。

単に戦士という話ではなく、尋常ではない手段で創られた身体に忌むべき魔力を加えて作られた超人のような存在です。

冒頭に登場するシリというウィッチャー見習いの少女は、目隠しで細い柱の上を飛び回りながら、自分の身体より大きい刺のある振り子を相手にチャンバラをして鍛えていました。


ちょっと何を言ってるのか分からない。
そんな男塾のような訓練をガッツリして育つ人々。
それがウィッチャーです。

魔物との対戦時には皆に喜ばれ、英雄視されたウィッチャーでしたが、その能力ゆえにやがて野蛮な存在として蔑視の対象になります。


オープンワールド、ではあるのですが主人公とメインシナリオは一定のようです。

こちらが、主人公のゲラルトさん。



物凄いおっさんキャラクターですが、皮肉った言い回しが癖になる渋めのナイスミドルです。


CVは映画系の、とかなんとか言うよりは龍が如くの伊達さん。




とにかく渋くて格好いいです。

次回はシステム周りについてなどを。

  1. 2015/06/15(月) 19:38:46|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これからと、それから。


先日、父が急逝した。

先週まで普通に話をしていたのに、気がついたらあれよあれよの内に小さな箱の中。

正直、葬儀の流れや最中は「忙しい」という感想しかない。

こうやってしばらく間が経って、兄弟親戚がそれぞれの生活に戻ってからようやく落ち着いて色々と思いかえすことが出来るようになった。

父はそれほど大人物というわけではない。
割と小心ものだったし、酒癖も悪かった。

なのにどうにも憎めない性格で、父を知る友人や親戚からの評判はすこぶる良かった。
家庭を大切にし、家族の為にどんな苦労もいとわず何でもしてくれた。


棺に最後のお別れをする際、全くの無意識に出た言葉は

「ありがとう」

の一言だった。

親戚の手前で格好をつけた訳でもない。
勿論、ブログのネタという訳でもない。

悲しいには悲しかったが、どちらかというと感謝の気持ちの方が大きい。


今思い返すと、父は「そういう人物」だったのだと改めて思った。

自分も最期の時に誰かから感謝されるだろうか。


父のそういう人間性を継いで、これから生きていきたい。


ブログのネタにするなよという話もあるかもしれないが、特に日記をつけている訳でもない自分としては、どこかに書いておきたかったので書いた次第。

少しして落ち着いたら、また元のオタブログに戻ります。

  1. 2015/06/12(金) 10:34:22|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

再び舞い込んだ冒険。


品薄だったところを偶然見つけてついゲットしてしまいました。

やる時間あんのかよ、と自問自答しつつ。







画像が小さいですが。

ウィッチャー3~ワイルドハント~


です。

スカイリム、ドラゴンズドグマ、シャドウオブモルドールに続くハマりゲーになるのか否か。

今回は初回特典なのか画集とサウンドトラックも入手。大切にとっておきます。


まだファーストインプレッションと言えるほどプレイしていませんが、ざっくりした感想としては「Z」指定方面で様々な方向に頑張ってるなぁ、と。
残酷描写や性的描写など、家庭用についてかなりギリギリなのではないでしょうか。

勿論、ファンタジー作品なので無駄にグロい場面や無駄にエロい場面という訳ではありません。

ハリウッド映画のような演出のなかで、必要性に応じて「これまで避けていた表現を攻める」感じでしょうか。

ゲーム自体は三人称視点のアクションRPGのようです。



各方面の評判も良く、上記のお気に入りゲームの仲間入りを果たしてくれるよう期待しています。
  1. 2015/06/02(火) 16:24:42|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0