日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今期は。

もう3~4話まで来ているので今更感が凄いですが、今期アニメはこんな塩梅。

ちなみに、「ガンダムビルドファイターズトライ」は環境がないためとりあえずスルー。全話放映直後の月にバンダイチャンネル1ヶ月だけ課金、一気に見ようかなと。






①HisCoool!セハガール

とりあえずこれ。
世代的に凄い楽しいです。当時を知る人間にとっては宝箱のような作品。
High Schoolではないです。











②寄生獣

結構いいじゃないですか!
原作レイプと言われてましたが全くそんなこともなく。
鬼門だった平野ミギーも凄くいいです。
原作にそっているので、ラストまでそのままならかなりの名作の予感。









③デンキ街の本屋さん

なんか安心して楽しめるテンポの良さ。
背景に反してかなり恋愛寄りの作品なんでしょうか。でも面白い。









④旦那が何を言っているかわからない件

なんというか、ホノボノなのに勢いで3分突っ切る感じの作品。
つい見てしまうというか。









⑤異能バトルは日常系のなかで

デンキ街同様、いい意味で安定。
見てて「あいたたたた」なネタも楽しいです。









⑥俺、ツインテールになります

なんというか、いろんな意味で逝っちゃってる作品。
むしろどこまで行くのか是非見届けたい。





とりあえず、今期はこんな感じです。
ある意味ガンダムは後回しでよかった。
これ以上は忙しすぎて見れないし。

というわけで、今期ピックアップでした。




スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 16:46:32|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

死闘からの出会い。


さて。

マシリト博士ことルークの案内によって砦に辿り着いた二人。

ポーンであるルークは、砦の最奥にある石板を調べるよう促します。

言われるがまま石板に触れると、どこからともなく声が。

声の内容をまとめると、

「あなたが真の覚者なら我々は従う。それを証明してくれ」と。





証明してくれ、というのは今まさに砦にやってくる怪物を倒してみよ。という意味らしいです。

しばらくレベル上げにいそしみ、装備を整えた後(このあたりが和製ゲームっぽい)いざ怪物と対決!












うん、無理。







一つ目の巨人、サイクロプスが相手でした。

馬鹿でかい棍棒で、砦の兵士たちがつぎつぎに吹き飛ばされていきます。

こちらの武器は錆びた剣1本。

隙をついて斬りかかりますが、ほとんどダメージがありません。



そのとき、ルークが叫びます。



「足を狙って下さい!」







サイクロプスの武器モーションを読み、空振りした隙に足にダッシュ。
足にしがみつくと攻撃ボタン連打。

足を狙う→振りほどかれる→また足を狙う、という攻撃を繰返して3回目くらいでしょうか。

ついにサイクロプスが倒れます。

(もちろんルークも炎の魔法などで攻撃していましたが)


「今です!」

ルークの掛け声と同時に、片手剣の特殊技「一閃突き」を当てると今度はなかなかのダメージ。

なるほど。
こうやって相手に合わせた戦い方をする訳ですね。

こうして、強敵サイクロプスを攻略することが出来たのでした。



石板に戻ると、「我らポーンの民はあなたに従います」と忠誠を誓われます。



ここで、大切なパートナーが現れます。


メインポーンが登場。




ゲームシステムの話ですが、

●パーティは覚者を合わせた4人までで編成可能。

●覚者、メインポーン、サポートポーン2名の4名構成。

●メインポーンは、覚者と同じくレベルとジョブの概念が存在。
装備も変更可能です。
メンバー変更不可。常に一緒に旅するパートナーです。

●サポートポーンは、レベル固定、装備変更不可、ジョブ固定のため、次から次に出会いと別れを繰り返します。
ちなみに、ネットワーク環境があれば他のプレイヤーが作ったポーンを雇うことも可能。
自分よりレベルの高いポーンを雇う場合、リムという特殊なアイテムが必要。
レベルに差があればあるほど、沢山のリムが必要になります。



大切なパートナー。
キャラメイク画面に入って色々考えた結果、

「主人公の妹分のようなキャラクター。主人公が戦士系なので、魔法使い系」

一周まわってそんな結論に。


イメージはこんな感じで。







声は少し高めで。
名前はミミ。(そのとき耳が痒かったため)




そんなこんなでキャラメイクが終了し、目の前に現れました。



「覚者さま、よろしくお願いします」









なんだその「プライバシー保護の為に音声を変えたような声」は。




面白いからいいけど。






こうして、4人での冒険がスタートしたのでした。






  1. 2014/10/28(火) 17:01:13|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

波乱の幕開け。アレな感じで。


さて、旅立ち編です。

ドラゴンに派手にやられた主人公。
心臓を取られているのですから、本来ならば即死のはずです。
しかし、何故か傷は塞がり出血も止まっています。

胸元には心臓を取り出された傷痕。
紋章のような模様のそれが輝くと、rainは目覚めます。

どうやら村長の家のベッドに寝かされていたようです。
カーテンの向こうで、親友と村長が何やら話をしています。




心臓の鼓動が聞こえないこと。
村長には心当たりの伝承があること。




そんな二人の声を聞きながら、rainは部屋の隅にあった武器を手に取ります。
心臓を取り戻すために。







武器は3種類。

どうやら手に取った武器で職業が決まるようです。




・ファイター
剣をとると、戦士になれるようです。





・ストライダー

なんだそれ。

飛竜か?
(分かる人は少ないだろうなぁ)



ナイフや弓矢主体のトリックスターのような職業らしいです。




・メイジ
杖なら魔法使い。これは分かり易いですね。




まぁ、初見ですし代々の主人公らしくファイターを選択。


村長と親友のところに行き、別れを告げるといよいよ旅立ちです。



とりあえず村の中を散策していると、村の人々のからさまざまなトラブルを持ち込まれます。

・山賊の退治。

・無くしたものの相談。

いや、こっちは心臓を無くしたんですが。








なんとか解決し、やっと村の出口に差し掛かったところで

空からおっさんが降ってきました。


キメぇ!


なんで女の子じゃないのよ!
ジ◯リなら何とかしてくれたよ!





おっさんはこちらをしばらく見つめたあと、右手をあげて手を開きます。









客観的に見て、事案発生だろこれ。




ところが。開いた手のひらにあったのは、
胸元の傷と同じような光。

「覚者様」

彼の名前はルーク。
そこに村長が現れ、ポーンとは何者か話してくれます。

どうでもいいけどルークのマシリト博士みたいな風貌は何とかならんのかと。




様々な話の後、最終的に北にある砦に向かい旅の支度を整えるべし、とルークが進言。砦に向かうことになります。


ここで主人公rainはある運命の出会いを果たすのですが、それはまた次回に。





  1. 2014/10/25(土) 22:22:05|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう一人の勇者。もう一つの物語。


ドラゴンズドグマ、スタート。

とりあえず今分かっているのは、



・舞台は中世ヨーロッパ系。
・独特の世界観として、「ポーン」の存在があります。



ポーン=異世界から突然やってくる、人類とよく似た存在。感情が希薄。
人類には協力的で、とりわけ彼らが「覚者」と認めた者には何故か忠誠を誓う。




ゲーム開幕直後は謎のイケメン騎士を使用したチュートリアルです。

誰だこの騎士。


まぁ、それはさておき。
ゴブリンやハーピーなどを倒しながら遺跡の奥へ進み、巨大なキメラを倒すまでの構成になっています。

操作感は良好。
ボタンに小気味よく反応してくれるサクサク感。



チュートリアルの間に攻撃や防御の操作、「ポーン」を呼び出すことの出来る石版の使い方などを学ぶことができます。


一体どこの、何の場面かは不明ですが、
なんとなくこのチュートリアルは後のシナリオで意味を持ちそうな気がします。

よくある過去の話か、それとも並行して冒険している別の勇者か。










さて、謎のイケメン騎士の戦いが終了した後。



キャラメイクに入ります。

実はドラゴンズドグマを始めるときに考えていたこと。


今作では女性主人公にしよう。



スカイリムでは割とゴツいおっさん戦士を操り、仲間も戦士ギルドのイカツイやつらを従えてタコ殴りにする生活。
スカイリムは一人称視点でプレイしていたのでまだ耐えられたのですが、ドラゴンズドグマは三人称視点。

どうせなら、と気合を入れてキャラメイクに入ります。

ただ、あんまり萌え萌えせず。
1980年代のハリウッド女優のようなイメージで作成。


スカイリムではkainと名付けたキャラクターでしたが今作では女性なのでrainと名づけました。


名前などどうでもいい、とミギーも言っています。





一通りキャラメイクが終わると、海に面した小さな村が画面に広がります。

楽しそうに生活する人々。

そこに、水平線の彼方から一匹のドラゴンが飛来します。

爪、牙、ブレス。

あらゆるものを使い、村に攻撃するドラゴン。

逃げ惑う村人たちも容赦のないドラゴンの餌食となってしまいます。



ここで、主人公であるrainは兵士が落とした一本の剣に気が付きます。

何を思ったのか剣を拾うと、ドラゴンに向かって走るrain。


剣を構え、気合とともにドラゴンに斬りかかります。


当然、一撃で吹っ飛ばされるrain。








・・・星矢みたいな飛び方したけど大丈夫か?






ところが、指先に何かが刺さっていることに気がつくドラゴン。


見れば、件の剣がほんの少し刺さっている。





・・・ドラゴンマジ切れ。





いやいやいや、短気すぎやろと思う間もなく、倒れているrainに近付くドラゴン。


何かの呪文とともに、ドラゴンが巨大な爪をrainにかざすと、爆発音とともにrainの体から何かが飛び出す。


rainの心臓。


爪の先にひっかけた心臓を飲み干すと、彼方へと飛び去るドラゴン。



こうして、物語は始まるのでした。



いやー、本当に面白いです。
レベル18まで上がりましたが、噂通り戦闘が多彩で面白い。

多数の技、巨大な敵に色々な攻略法。
ポーン達との連携。

徒歩で冒険せざるを得ない場合が多いのですが、それがまた独特のリアルさを醸し出しています。
夜間になると露骨に狼や野盗に襲われることが多く、「何とか日が落ちる前に森を抜けなければ全滅してしまう」といったファンタジー物の小説なら一度は見たことのあるそんなシーンも体験できます。

あと、この「ポーン」が絡むアクションが本当に楽しいです。

内容については後日に。




















  1. 2014/10/22(水) 22:49:10|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もげぇ。


マイッタ。

スカイリムなんですが、前回紹介した自宅武器庫のマネキンに飾っていたユニークアイテム(いわゆるレアアイテム)の「仮面モロケイ」が消えた。消えました。













セーブデータは割とこまめに取っているため、ドーンガード中盤からやり直し。

ちなみに、ネットで調べたところ、自宅に重要アイテムを飾るな、というのは割とメジャーな話らしく、今後は注意しなくてはなりません。

が。



さすがに10時間近いデータ戻りは萎えました。

まぁ、ゲームの内容を考えたら10時間程度で気がつけてラッキー程度なのでしょうがしばらく休戦です。

スカイリムの場合は放置の心配はないので、ちょっと他のゲームをやった後、「ドラゴンボーン」をやり直したいと思います。

と、いうわけで。

何か繋ぎを探そうと思って購入してみました。





「ドラゴンズドグマ・ダークアリズン」







このゲーム、Amazonで検索すると結構な低評価です。
ただ、内訳をざっくり見てみると、

●無印は神ゲーなのに、日本語化とこれっぽっちの追加で定価は高い。

●完全版商法は◯ね。



という話に集約されていました。

つまり、今から買う分には何ら問題は無いわけです。



スカイリムと比較して、残念という評価も目立ちますが、比べる相手を間違っています。




公平に見て、スカイリムは剣と魔法のファンタジーを題材にしたゲームの一つの集大成です。
規格外にも程があります。





ちなみに、後に気がついたのですが、スカイリムとドラゴンズドグマはほぼ別のゲームと思いました。


ただ、旅立ちからもうワクワクします。
また楽しめそうな予感。


詳しくはまた後日に。

  1. 2014/10/17(金) 21:51:29|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

いようし。

スカイリム、「ドーンガード」編をクリアしました。

うーん。なんといいますか。


日本よ、これがDLCだ。


といわんばかりのボリュームでした。

詳しい話は横に置きますが、メインとなる拠点が2つ、まさかの別ワールドが2つに新キャラクター多数。

これなら2400円と言われても納得でした。

中でもやはり新キャラクター「セラーナ」とラストに登場するユニーク武器の弓、あとはドーンガード側についた際に開発可能になる「クロスボウ」が素晴らしい。


今装備しているのはユニーク武器ではなく、途中で開発可能になる「ドワーフの強化型クロスボウ」なのですが、これの攻撃力が非常にいいです。
当初の目論見通り、強力な長距離砲が出来ました。


あと、手に入れた霊馬を呼び出す召喚魔法「アルヴァク」がやたら便利です。
必要な時に馬が呼べるし。何故か街の人は怖がらないし。






さて、同時に進行していた「ハースファイア」によるレイクビュー邸の開発です。





こんな感じ(画像はネットで拾ったイメージですが)の何もないところから




こうなって




で、こうなると。





開発中に分かった事なんですが、
この建物、9つの施設の中から3つ、オプションで増築出来るんです。

例えば図書館や寝室、武器庫に保管庫など。
厳密には、北、東、西にそれぞれ3つずつ候補があり、その中から選択するので組み合わせられないものもあるのですが。

色々悩みましたが、とりあえず3つ選んでみました。

●武器庫

武器開発も出来るのですが、4体の保管箱つきマネキンが秀逸で。

コレクション用でもあるのですが、目的に応じたコーディネートにより武器防具が整理し易いです。

今は

①強敵決戦用デイドラの重装
(片手剣強化、重装強化、各種属性防御を施し、戦闘以外の一切の要素を排除した戦闘装備。ドラゴンの骨の重装備も良かったのですがずっと使っていたため愛着があり、こちらにしました)

②長旅用の軽装
(軽装はあまりパークをとっていないので油断できないですが、ドラゴンの鱗で作った高い防御力でカバーし、所持重量強化、弓強化、消音、隠密で戦闘より長旅に特化した装備。通常の冒険ならこちらの方が適しています)

③作業着
(錬金術と鍛冶の強化付呪を施した装備。室内で装備品や薬剤を作るときに使用。ただ、基本は皮の鎧や兜なので、間違って外出したら瞬殺されるという情けない装備)

④魔術師用の装備
(まだ予定です。パートナー用にしようかと考えてます)

と、飾るだけでもなかなか楽しいです。


●温室

好きな植物を植えることが出来ます。
摘んでからのリスポーン率が非常に高いため重宝します。
特に回復が薬品頼みの脳筋戦士には回復薬を作る材料の安定確保が非常に大切で。
今は小麦、ブリスターワート、木椅子キノコ、スノーベリー、光るキノコなど、回復薬と鍛冶、付呪をメインとした薬剤の材料を集めて植えています。

●錬金術実験塔

これはほとんど趣味でしたが、付呪設備と錬金術設備が同じフロアに出来るということ、塔の最上階からの眺めがいいという、謎の理由で決めました。
確か「北」カテゴリだったと思うのですが、あまりピンときませんでした。

いよいよ次です。
ラストシナリオ「ドラゴンボーン」

何が待っているのかワクワクです。
  1. 2014/10/10(金) 23:47:14|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日常いろいろ。





①ちょっと立ち寄った古本屋で、「ハイスコアガール」を読みました。

なんというか、この作者は分かってる。

特にPCエンジン押しとか。

そういう作品でした。
当時のゲームセンターや家庭用ゲームの流れを紹介しながら、恋愛モノとしてなかなか楽しい。


でもこれ、確か版権トラブルの関係で打ち切りになったんですよねぇ。

著作権と手続きは大事です。
が、ゲームへの愛情が伝わってくるいい作品だと思います。
何とかならないものでしょうか。惜しい。









②さて、話は変わりますが今日はなんとなく某回転寿司屋に行ってみました。

回転寿司、巷ではちょっと小馬鹿にされた印象がありますが、自分にとっては小さな頃から「寿司」が身近になる気軽なお店という印象があります。

しかし。


平日のアイドルタイム(ピークを外した時間)のせいでしょうか。


寿司が回ってねえ!


何これ。


ゴウンゴウンと虚しくレーンが流れ、ごくたまに、3分くらいに1皿エビやイカがひっそりと流れてくるだけ。


戸惑ってあたりを見回すと、タブレット型の注文端末。

食べたいものを打ち込み送信すると、専用のトレーに乗せられてレーンを流れてきます。

いやー、マイッタ。

これなら回らない寿司でも同じ


勿論、仕方がないのは外食産業として分かるんです。
客足が見込めない時間に寿司みたいな原価の高いものをバリバリ回せばそれだけロスが出てしまい商売にならない。
故に暇な時間は注文対応をメインに営業する。

とはいえ、かつての回転寿司ブームのような「回ってくる寿司を好きに手に取る楽しみ」が透かされた格好になってしまい、ちょっと寂しくなってしまいました。
仕事柄土日のピークに来ることは出来ないので、かつての隆盛を取り戻して欲しいなぁ、と思います。


③今期アニメも始まりましたね。
今のところ、「寄生獣」「デンキ屋」の2つは視聴確定。
ちなみに「寄生獣」は思っていたよりいいです。改変が心配でしたが、現代風に細かいアレンジをされているだけで、大筋では本編そのままです。
ミギーの声がちょっと可愛すぎる気もしますが。
ニコニコよりhuluのほうが配信が早くて驚きました。


他にも「弱虫ペダル」もあるし、なかなか期待出来そうなシーズンです。











  1. 2014/10/10(金) 03:58:26|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

飛び回る近況報告。


いやー、トンデモナイ毎日です。

平たく言うと、上司が変わった為に仕事のアレコレが色々変化しました。

世間的には無名ですが、社内ではレジェンダリーな方です。

そんなこんなで何かとても忙しい毎日を送っております。



さて、秋アニメも終わりましたね。
思っていたより良作が多かったです。
全体的には「女の子可愛い系」アニメに集約された感じでしたが。

中でもやはり「ハナヤマタ」「ろこどる」は別格でしたね。
両者とも顔となる楽曲があって、なおかつそれがなかなかにいい曲で。

とくに「ろこどる」ラストの「流川ガールズソング」は非常に良かったです。
たまに聞き返したくなる曲。

ゲームはなかなかプレイ出来ないんですが、それでもチクチクスカイリムをやっております。
現在ソウルケルンなる魂の世界を彷徨ってます。
平たく言うと霊界みたいなんですが、これが脱出出来なくて。

敵には勝つんですが、謎解きで立ち往生。
おまけにこちらは眠気アリアリでプレイ。

とりあえず今日は無理。
そんな言葉とともに電源を切ってます。

休んだらしっかりやろう。



  1. 2014/10/06(月) 19:51:29|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0