日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

残念ながら君の冒険はここで終わりだ。


さて。ドラゴンクエストを始めとする一連のファミコン作品。
これを他の業界が黙ってみている訳がありません。ゲームを題材にした様々な関連商品が出てきます。

とりわけ自分がハマったのは、ゲームブックでした。


確か最初はA4サイズの用紙5枚くらいの非常に短いゲームだったと思います。
内容は忘れてしまいましたが。

まだまだコンピュータの力が低く、人間の創造した細やかなエンターテイメントを表現するのは紙媒体の領分でした。

ゲームブックをご存知でない方もおられるかもしれませんので補足しておきます。

小説形式で文章を読み進めると、要所要所で選択肢が出てきます。






あなたは扉の前に立っている。扉を開けて中に入るなら→2へ。開けずに引き返すなら→3へ。






といったような感じです。

後々、「かまいたちの夜」に代表されるサウンドノベルはこれに映像と音楽、効果音を足して臨場感を増したものですね。

初期の頃は双葉社から発売されていた、ファミコン原作のゲームブックを友達と買い、お互いに貸し借りしていました。
選択肢を選ぶだけなので、簡単に読める作品でした。
ゲームソフトと違い安価というのもポイントが高かったです。





「ドラゴンクエスト~甦る英雄伝説~」一番最初にプレイしたゲームブックです。
よく画像があったなぁ。

とりあえずドラクエというタイトルならなんでも良かった時代に購入したものです。

(後程書きますが、当時は病的なまでの「ドラクエ厨」でした。後年長く発病する中二病の前触れだったんだと思います。痛い。痛すぎる)








ドラクエ2。
性能と立ち位置から仕方がなかったのか、書籍でのサマルトリアの王子はどの作品でもとにかく不遇です。
まぁ、主人公はどう見てもローレシアの王子。
ムーンブルクの王女のことが好きなのに、3人の関係から身を引いたりフラれたり。
ひどいものだと死亡フラグの後にメガンテ(!!)という展開もあるという。
髪型も変だし。
嗚呼、可哀想なサマルトリアの王子。

まぁゲームでも器用貧乏なだけですが






変わり種だとこのあたり。
「所さんのまもるもせめるも」というゲーム自体は存在するのですが、このゲームブック、なんと著者が所ジョージさん自身。
本当に多芸な方です。


さて、ゲームブックも色々プレイしていくうちに、もっと奥深い、複雑な作品をプレイしていきたくなります。

凝ったものではステータスシートを書くもの、フラグにチェックを入れるもの、アイテムカードがあるものなどもありました。

学年が上がり、一般書の読書量が増えるとどんどん難しいゲームに挑戦したくなったものです。
その内海外作品(もちろん翻訳版)に手を出していき、様々な作品をプレイしました。





多くをプレイしましたが、国内外を含めて自分のベストオブゲームブックはこの3冊。







ご存知な方なら「おおー」と言って頂けるのではないでしょうか。


「ザ・タワー・オブ・ドルアーガ三部作」

一冊あたり20階。ガチで60階の塔を攻略する名作です。
勿論、小説なのでオリジナル展開も満載です。

最大の楽しさは、「マッピング」にあると言って良いでしょう。
(この時身に付けたマッピングの癖が、ファミコンゲーム「女神転生」の時に役に立つのですが、それはまた別の回で)

このゲームにハマっていた数人の友達と、普段は全く興味のない方眼紙を買って文房具屋のおばちゃんに不思議な顔をされたものです。

第三部「魔界の滅亡」だけなかなか見つからなくて、近所の本屋さんが面倒な顔をするのも構わず取り寄せてもらいました。
やっと完結編を手に入れた時の感激と興奮といったら!

「単なる本」のはずなのに、あんなにワクワクしていた時代が懐かしいですね。

表題の「残念ながら~」は、難易度の高い海外版のゲームブックによくあった表現です。
何度この文にぶつかったことか。


スポンサーサイト
  1. 2014/06/07(土) 16:06:24|
  2. ゴールデンオールディーズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2