FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

生き残るということ。


部屋の清掃を機に、ずっと積みゲーにしていた山を切り崩しています。

今プレイしているのはこちら、



ラストオブアス。

今さらかよ、という声が聞こえてきそうですが、何故か放置してしまっていたのを引っ張り出してきました。


製作は「アンチャーテッド」シリーズのノーティドッグ。

流石に画面の綺麗さと操作のしやすさについてはよく出来ています。大きいTVだと映画を観ているようです。

舞台となるのは、バイオハザードのような病原体によるアウトブレイクで崩壊してしまった後の世界。

今まさに病気が蔓延していくのではなく、もう全てが終わってしまったあと。


事件の解決というよりは、そんな最悪の世界で何とか生き延びようとする人々の物語です。


主人公はこの二人。
ジョエル(右)とエリー(左)。



今はまだ色々分からないことだらけなので何とも言えませんが、人間やクリーチャー、様々な敵を相手にある目的地を目指して二人で歩いているところです。




とにかく舞台となる世界の荒廃が酷い。








敵となるのは、クリーチャーだけではありません。

法も秩序も崩壊しているので、時には人間が、場合によっては軍人さえも相手にしなければなりません。

主人公ジョエルは、同メーカー作品の「アンチャーテッド」シリーズ主人公であるネイトのようなスーパーマンではなく、体力的に少し優れているだけの普通の人間です。

銃を手に戦うといっても、相手が大勢だったり、武装した軍人だった場合にはまず勝てません。

基本的に物陰に隠れて不意打ちを狙うか、他のルートを探して逃げるか。まともにゴリ押しできるゲームではありません。

おまけにクリーチャーはゾンビとは違い、視覚を失って聴覚を強化したという特徴があるだけで運動能力は人間の頃と同じままか、それ以上です。

段差は飛び越えるし、障害物は回り込んでダッシュしてきます。
捕まって噛まれればその時点でゲームオーバー。銃も一発では倒せないため、必然的に隠れて見つからないように進むことが中心になります。

途中見つかる資材や薬品などを駆使して、どうにかして生き延びる。
そういう、サバイバル色の強いゲームです。
その分、アンチャーテッド的なド派手なアクションを期待すると肩透かしかもしれませんが、このもの悲しい世界観にはそれを補って余りある魅力があります。

アクションゲームとしては、バイオハザードというよりサイレンに近い進め方となります。

敵との力関係で言えばアランウェイク以上サイレン以下。
やはり見つかればほぼアウトのクリーチャーという部分と、実は意思を持った人間が一番強敵という両者のバランスが、独特の緊張感を呼んでいます。


頑張れば何とかクリアできるゲームバランスがなかなかいいですね。

ともかく攻略したいと思います。

スポンサーサイト



  1. 2014/05/13(火) 21:56:46|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0