日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

なんだこれ。

今期アニメはややクールダウンかなと。
前回羅列した作品に、「桜trick」「となりの関くん」「そにアニ」を加えて視聴中。
・・・充分かもしれない。


PSO2ですが、レビューのシビアさに驚きました。
つか、ゲームに何を求めているんだみんな。

個人的な現段階での批評としては80点くらいです。

①難点:導入までの敷居がやや高い。

据え置きゲーム機からのスタートが出来ないのはなかなか大変ですね。
そのあたりはマイナスポイントかと。
もちろんVITAでも良いですが、チームの方の話では本格的なプレイにはちょっと厳しいとのこと。
VITAテレビはどうなのでしょうね。

②プレイ感

そこまで言うほどもっさりはしていないかと思います。
ジャンプやダッシュなどもあり、結構快適に思いました。
職業は選択式、しかもスタートした後も任意でいくらでも変更可能なので、自分に合った職業を選べばいいと思います。

③オンラインゲームとして。

シリーズの伝統である、少人数パーティと吹き出し型のチャットは非常に相性が良いと思います。初心者があちらこちらに気を配る必要もなく、話かける相手も限定されるため、むしろオンラインが苦手な方向けだと感じます。

難易度ノーマルだと、適当にガチャガチャやっても敵を倒せますし、それじゃあヌルイしレアアイテムも欲しい、という方には高難易度モードもあります。

ちなみに、回復してもらったときやレベルアップ時など、挨拶やお礼が必要なシーンで焦らなくて良いよう実装されているオートチャットの存在が地味に有り難い。
実際コントロールが忙しくてお礼を言う暇がないため、かなり助かってます。
(自分が操作しなくても、回復してもらった時などに設定した台詞 (例:「ありがとう!」など )が吹き出しでピコっと出る)

④レアの出現と運営

これについてはオンラインゲームという性質上、ある程度は仕方がないのではないでしょうか。
オフラインのゲームをがっつりやりこんだり、シビアなゲーム性を楽しむタイプの方にはあんまり向いてないかも知れません。

さらにレベル上げが苦痛、という話ですが、それについては好みの問題もあるかと思います。
自分の中のRPG観によります。
1ヶ月で最高レベルに到達して、ゲーム自体をクリアしたい。そういう形が好みであればかなり厳しいと思われます。

気の合った仲間とわいわいやりながら少しずつ進めればいいや、という方のほうが向いています。1週間に2~3回くらいのペースで、リアルと兼ね合いながらのプレイ、というのでしょうか。

元々自分はTRPGプレイヤーでしたので、一つのシナリオが終わるまで1ヶ月、キャンペーン終了まで1年くらいかかる場合もあり、あんまり焦りませんでした。
TRPGと現代のゲームを比較するのはナンセンスかもしれませんが。

どちらが良い悪いではなく、自分のプレイスタイルに合わせれば良いと思います。


あとソロプレイとチームプレイの両方を経験しましたが、いわゆるギスギス状態はまだ経験していません。

こちらからきちんと挨拶して、初心者であることを説明すれば皆かなり親切でした。

中には自分のクエストを中断して、チュートリアルよろしく一つ一つ丁寧に教えてくれる高レベルプレイヤーもいました。この時はまだチームに所属していなかったので、仲間だから教えた、ということでもないと思います。
高レベルキャラクターが低レベルキャラクターに難易度を合わせてつきあっても得られるメリットはほぼゼロです。
まだまだ親切なプレイヤーがいる、とちょっと感動したくらい。

むしろギリギリまでボスの体力を削って、自分は盾になりながら止めを譲ってくれるプレイヤーもいたほど。


たまたま仲間に恵まれた、と言うには確率が高過ぎるため、おおむねマナープレイヤーが多い、ということで合っていると思います。

総合的にみて、オンラインゲームに不馴れな方や興味のある方がためしに経験するには丁度良いのではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 20:51:57|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いざ、次のステージへ。

PSO2 続き。
レベルもそこそこ上がり、自分の力である程度立ち回ることが出来るようになったので、某チームに入れていただきました。

最初から入れて貰っても良かったみたいですが、一文無しでクレクレ君みたいなのはやだなぁ、と勝手に考えていたのでとりあえずハードモード挑戦の手前までは育ててみました。

さすが社会人サーバらしく、親切で操作方法やチャットテクニックなども色々教えてくださりました。
アドバイスに従い、今はブレイバー一本に絞ってプレイ中。

唯一難点をあげるとすれば、

全員、変態紳士でした。

レベルや経験によって左右されない、昔のPSOのマナーを思い出すことの出来るいいプレイヤーの方々に出会えたと思います。

さて、こうなるとゲームの雰囲気ががらりと変わります。
昔からPSOのチャット機能の優秀さは定評がありましたが、それは今回も同じです。

文字を打ち込むと、任意の種類の吹き出しが画面に表示され、それにカットインや感情エフェクトなどの効果を加えることが出来るため、漫画のようなビジュアルで読みやすく、また感情的にも誤解を生みにくいシステムになっています。

騒動の種になりやすいレアアイテムも各プレイヤー毎にアイテムが表示される(自分の画面に出ているアイテムはすべて自分で取って良い)ため、純粋に共闘の楽しみのみを享受できます。


今のところ、無課金によるデメリットは無いように思います。
衣装がノーマル限定になることくらいでしょうか。
武器はそれなりにレア品がでるようになっています。

笑ったのはチームの方に「まどかマギカコラボ」のまどかとほむらの衣装の余りをいただいたのですが、顔がホームベースでないと実に恐ろしい外見になります。


とりあえずこの状況で攻略することになりそうですが、クリアというかだらだらずっとプレイしそうになるのが恐いですね。
  1. 2014/01/24(金) 17:05:47|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬場の旅人。

冬アニメは割と緩めに。

・生徒会役員共*
・キルラキル(継続)
・ダイヤのA(継続)
・弱虫ペダル(継続)
・のうりん
・最近、妹の様子がちょっとおかしいんだが






・・・継続か、いかがわしい作品かの完全二極化ですね。



さて、仕事の傍らでPSO2も順調に推移しています。今作ではNPCの登用が比較的楽&お利口さんなので、野良プレイにはなかなか重宝しますね。
ネットマナーが良いためなのか、社会人が多く集まるShip5では皆仲間内チャットを使用しているようです。


人はいるのに無言のロビー。







ぼっち感が3倍増し増しです。




とはいえ、ある程度レベルと装備が整うまではソロで頑張るつもりです。
同時にチームメンバー募集のサイトをハシゴしながらどこに行こうか考えるということで。

時おり乱入プレイで楽しんだりしていますが、本格的な旅はこれからになりそうです。
  1. 2014/01/20(月) 20:34:20|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

人生の音速打撃。

色々やってます。
仕事したり、PSOったり。
勉強したり、PSOったり。
休みの日は体力回復、部屋の片付け、PSO。

と書くと遊んでばかりみたいですが、実体としては仕事70、私用(炊事洗濯読書含む)25、遊び5くらいですが。


ともかく生存報告でした。

最近はアニメは録りだめしながらドキュメンタリーを見るのがブームです。

偽装食材事件の火種というか戦後最悪の偽装食材事件(ミート○ープ事件)を今この立場で見ると、本当に驚きます。
「想像の斜め上」とはこういうことだと思います。YouTube見ながら「マジか」と言葉を出したのは初めてでした。

都知事選は笑えますね。
とりあえずツギハギ感はぬぐえない。
それぞれの主張を比べても、「消去法」でしか選べない気がします。
都民ではないので選挙は関係ありませんが、亡霊に首都を任せるほど今の日本人はアレではないはず。
というか金銭がらみならまさしく「おまいう」状態やろー!と突っ込んでやりたい。


風邪で寝込みながら書いているため、後で後悔するかもしれない文面のままアップします。
  1. 2014/01/17(金) 22:04:07|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

天空への走り幅跳び。

最後の大一番を終了し、主戦力の皆は進学や就職前の準備に大忙し。

アルバイトもシフトに穴が空かないよう協力してくれるので助かってますが、やはりどこか寂しいものがありますね。

社会人になるメンバーは特に不安のようで、要所要所でその話をしてきます。












そんな話の中で思い出した、企業戦士YAMAZAKIという漫画のネタ。

このブログでも幾度となく出して来ましたが、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。





バブル景気、昭和から平成にかけての時代。
ビジネスマンたちのことを「企業戦士」と呼ぶ時代がありました。
「24時間戦えますか」を合言葉に世界中を日本のビジネスマンが駆け抜け、団塊の世代が産み出した史上類を見ない好景気。
このバブル景気がはじけた直後あたりの物語です。


話の構成は至ってシンプルで。

①売り上げに伸び悩む企業がNEOSYSTEM社にヘルプを依頼。

②特A級派遣社員(今の派遣社員とは違い、「経営コンサルタント」の様な位置づけ)山崎宅郎が到着。起死回生のアイデア提案。

③ライバル社の妨害または身内の裏切りなどにより、アイデアが奪われる危機。
必ず敵側の「企業戦士」が現れる。
ビームやら銃やの先制攻撃で、山崎宅郎が被弾。サイボーグであることがバレる。

④山崎怒りの変身。
心の折れかかった同僚をときに叱咤、ときに鼓舞。
毎回違う必殺技で敵を葬り去る。

⑤山崎去る。残された企業の人間たちは自分達で戦う(仕事的な意味で)意思を取り戻す。


この流れを最終話まで延々続けます。

なんて下らない、と言ってしまいそうですが、毎回の人間ドラマが素晴らしい。








切ない設定。

1巻1話のエピソードなので書きますが、
実は山崎宅郎はかつて過労死した商社マン。脳細胞のみを機械の体に移植したため、拒否反応により1年ほどしか生きられません。



妻と娘に財産を残すため、たった一年間の孤独な延長戦。
最終話の感動といったら。








魅了される「名言」

「企業戦士YAMAZAKI 名言」でググっても出ますが、出来ればきちんと原作に沿って読んで欲しいです。

いくつかのみ抜粋。







漫画だけれど、漫画だからこそ、今のビジネスマンの胸を打つ。そういう作品だと思います。

ちなみに今もこの漫画はしっかり家の本棚に入ってたりします。

古本屋なら多分格安で手に入る気がします。



面白い、というか心に残る名作。

そんな訳でうちの社会人予備軍の子達の間で、10年以上昔の漫画がブームです。
  1. 2014/01/11(土) 16:03:12|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

着地地点での妄言。

とりあえず、久々のオフ。

昨年末に出来なかった車のメンテ、部屋の模様替え用の内装を見ながらあちこち動き回っています。

友達のリーマンたちは仕事はじめで多忙なご様子。
まぁ、のんびりあちこちマイペースで見て回ることに。

ところで、かなりショックなニュースが。

・やしきたかじんさん、死去。

便乗ネタみたいで申し訳ありませんが、これは関西の人間にとってはかなり衝撃でした。
テレビに出ている近所のおっちゃん、そういう印象の方で、テレビをつければどこがしかに映っている、馴染みの深い芸能人でした。
ある意味不世出の天才ですね。
残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。


あとは近況。

・PSO2、再始動

年末にパソコンがクラッシュして以来触れていませんでしたが、再起しました。
深夜にフラフラしています。
メインはいつものレンジャー。アクションが派手になった分使いやすい。トレーナーキャラクターがなんかドSっぽいのが気になりますが。

サブには新職業ブレイバー。近距離も遠距離もこなす攻撃型万能戦士で。
使いどころさえ間違えなければかなり楽しいキャラクターになりそうです。
一歩間違うとサマルトリアの王子のようですが。


・今期はどうしよう。

あまり食指の動く作品がない。
生徒会役員共のみ確定で、あとはざっと見て面白かったら拾う感じでしょうか。
割となんでも面白いと思うタイプですから一月たったら「豊作やん」となるかも知れませんが。

とりあえず一週間くらいは様子見です。
  1. 2014/01/09(木) 19:48:24|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

突き抜けた先に。

新年、明けましておめでとうございます。
昨年同様いろいろと酷いブログになるかとは思いますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて、ようやく繁忙期を抜けました。
これから卒業のシーズンです。ここからの戦いが厳しい。


年末年始、ひたすら営業の日々ですが全く何も情報がなかった訳ではなく。
以下いろいろ雑感。


①紅白の凋落、ネットに現れたラスボス。

動画で見たのですが、「進撃の巨人」opテーマソングが流れたんですね。
正直なところ、演出はアレだと思いましたが歌手そのものについてはそこまで酷いと思いませんでした。
ただ紅白にあの歌詞はなんというかどうだろう。豚て。
視聴率のために呼んだのでしょうが、アニソンのみの別番組を作ったほうが良かったのでは。

こたつで紅白を見ていたお茶の間の凍りつき具合が気になります。


また、ニコニコ動画で小林幸子さんが初音ミクの曲「千本桜」を歌っていました。

スキャンダラスな話題で色々あった方ですが、当たり前ながら紅白オオトリの女王だけあって素晴らしい声で。
歌手に対して歌詞が力量負けしているような気すらしました。
プロフェッショナルの歌手、というのは素晴らしいと思います。


以前ブログに書いたように同曲の歌詞は理解がちょっと無い自分ですが、つい聞き入ってしまいました。
※あくまで個人の感想です。「千本桜」が好きな方は申し訳ありません。

②はじめの一歩、2期

出勤時間のBGV用に、はじめの一歩2期を借りて見流してます。
今はゲロ道戦のあたり。懐かしい。
なんというか、まだ声に慣れてません。
そのうち慣れるとは思いますが、一歩の声が。

③今年こそは。

色々整理しようと思います。
断捨離、でしたか。
ついでに部屋の模様替えでしょうか。
ビジネスとオタが両立するようなカオスな生活のベースを、なるべくすっきりスタイリッシュな内装になるよう研究したいと思います。
あと部屋を再構築する際、寝具などの買い替えも視野に。
ハードな仕事に対して体力まかせに突っ込むのは卒業し、ダメージコントロールと作業効率を考える方向に舵を切るようにしようと考えています。
まぁ、アルバイトの卒業があるので多少無理はかかりますが。

あとは本社出勤用スーツの購入に車のメンテ。

なんだかんだと今年も忙しそうです。
  1. 2014/01/06(月) 10:55:17|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0