日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

猫男(にゃーまん)。

スカイリム、まだまだ絶賛プレイ中です。

さて、この作品に「ホラ吹きのムアイク」なるキャラクターが登場します。

あちこち旅をしているようで、何故こんな所に、という場所にぽつん、と立っていたりします。

種族はカジート(猫型獣人)だと思うのですが、
とりあえず何を言っているのか判らない。

ムアイクさんの勇姿





初見はどこかの山の中だったと思います。
低レベルでホラアナ熊に襲われ、回復アイテムを使いつくし命からがら撃退。
目的地を諦め退却のための高速移動しないと、と思ったときに、視界の中に入ってきました。

回復アイテムはない。
ローブ姿なので魔法近い系と思われる。

遠間から魔法を撃たれればほぼ勝ち目なし。
かといって射程圏内から逃げなければ高速移動は使えない(ムアイクは敵ではないのですが勘違いしていた)
ここはダッシュで間合いを詰めて一発勝負だ!


・・・・!?
反応なし。

ここで敵ではないことにようやく気がつき、剣を下ろして話しかけます。








「ムアイクは先日マッドクラブをみた。おぞましい生き物だ」












オブリでもたいがいなキャラクターでしたが、日本語で喋ると一味ちがいます。

慣れてくると長旅の中に現れる天然ボケ猫野郎にとても癒されます。


それにしてもここまでがっつりやりこむゲームは久々です。

次回あたりで中盤戦をまとめてみたいと思います。




関係ないですがまどかの劇場版、見たいなあ。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 23:45:53|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

多分観客が少ない。

先に述べておきますが、仕事を引き受けられた原作者の方や、演じる役者の方に責任は無いと思います。原作は好きですし、役者さんは普通に綺麗でイケメンです。




その上で申し上げますが、




何故実写にしたー!?









はい、ご存知「はがない」です。
すでにあちこちで出回っているため驚かないかもしれませんが、この人物たちが実写になると、こうなります。
















何かでかいメイドとゴスロリがいる。


遠近法的に間違ってないか?
とりあえずごつい。





ちなみに、人気キャラクターである肉こと柏崎星奈。







こちらは、この方が演じるようです。




蝶の髪飾りしか合っていない気がしますがまあ、特に問題ない気がします(棒)


更にこの二人。






志村、右ー!


色々すごいことになってきました。


これをどうアレンジするんでしょうか。
そもそもはがないに劇場映えするエピソードってありましたっけ。


ネタか!!?!?

むしろ「残念映画」なのか?

とりあえず動向を見守りたいと思います。
  1. 2013/10/25(金) 16:13:18|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

フリージングがヤバすぎる。(画像つきブログ試作回)

オタネタに戻ります。

フリージングヴァイブレーション、予想外に熱い。
そしてエリザベスさん格好いい。










1期ではサテライザー達が所属する学園内のイザコザがメインでしたが、2期では謎の研究所内でのお話。

今期もやたらあちこちに現れる無駄なエロシーンの集まりかと思ってましたが、ちょっと毛色が違う。

二期が始まって早々、Eパンドラというキャラクター達が登場します。



パーティーの中でサテライザー達を睨み付けるあたり、改造人間的な新たな敵キャラクターだと思ってましたが違うようです。

あくまでサテライザーたちパンドラの量産型、という位置付け。




量産型だけにオリジナルには敵わず、パンドラvsEパンドラによる模擬戦では1戦目、2戦目ともEパンドラ達は秒殺。試合にすらなりません。










三戦目、Eパンドラのリーダー格であるアミリア登場。



対するはサテライザーが所属する日本ゼネティックスから、ランキング2位のエリザベス。



というかエリザベスの強者っぷりが半端ない。




そういや一期では黒幕っぽい台詞を言うか裸でプールを泳ぐシーンしか記憶にないよこの人。






試合前の会話でエリザベスがアミリアとの力量差を確認するために一言質問。

「あなたは、前の二人よりどの程度強いのですか?」

これに答える強気のアミリア。



「3倍といったところか」

この発言を聞いても自分の武器すら出さないエリザベス。






アミリアの攻撃を難なくかわし、



「たかが3倍、でしょう?」




もう駄目だこの人。戦闘力53万とか言い出しそうだ。




激昂するアミリア。
他のEパンドラには使いこなせない大技、超高速移動攻撃ダブルアクセルを使用。









これにも余裕で

「まさかダブルアクセル程度で私に勝てるとでも?」

あっさり追い付きビンタ一発。







ここでアミリアが限界状態に。
1期でサテライザーたちが簡単に使っていたダブルアクセルも、量産型にはすさまじい負担になるようです。





アミリアの異変に気がついたエリザベスは主催者に試合の中止を要請。
返答はデータが不足しているため相手が動けなくなるまでやれとの指示。


やむなくエリザベスはアクセルの派生技、テンペストターン(分身)による連続攻撃でアミリアの失神を狙う。
少しでも試合を早く終わらせるように。







結果、最後の気力を振り絞り立ち上がるも立ったままアミリアが気絶。試合は終了。



その後は省略しますが、エリザベスが上級生としての度量を見せてパンドラとEパンドラの間をとりもち、大団円状態に。

ところが主催者たちはそれを見て苦悩する。







なんだこれ。
こんなにいい人だったっけエリザベス。

とりあえず原作を知らないのでなんとも言えませんが、引きからみて鬱展開もあるのか。

ともかく、フリージング二期が意外にきちんとバトルしてます。

もしかしたら、個人的には今期1番かも知れません。
  1. 2013/10/22(火) 22:21:45|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伝えられない感覚。

仕事上、様々なアルバイトを採用することがあります。

今回は某大学の学生をキッチンとして採用したのですが、

・・・不器用にすぎる。

休憩中、とてつもない量のレシピ勉強をしたり、アルバイトの当日に随分早く出勤してタイムカードも押さずに食材を使わず素振りだけで練習している。
はっきり言って今まで採用したどのアルバイトよりも努力家なのですが、何故か実戦に結び付かない。練習量だけは人一倍なのに追い付かない。

こちらも直接的な指導はもちろん、観察からの課題抽出やアドバイスなどを可能な限り試みているのですが、これも体現できない。

素直な性格もあって、なんとかしてやりたいと思うのですが、こちらも営利団体。
いよいよ彼について人件費の警告が上からおりてきます。
今までは自分の権限の中で防いできましたが、さすがにもう抑えきれない。

ファミレスの複合調理は、ざっくり言ってしまうと複数の料理を自分の頭の中で把握して1つの料理のように同時進行してしまうかにかかっています。

誇張やドヤ顔抜きで、この把握力を特化させて店長職をもぎ取った自分ではあるのですが、どうしても初心者の頃の感覚が思い出せない。さすがに10年以上前、漠然と不安だったことしか判らない。

同時に進行中する料理を3つまでに落とす、他のアルバイトに声をかけさせる、動作を手直しする。なるべく今自分の持っている技術を縮小、簡略化して伝えて教えるも伝わらない。

言葉のトーンに気をつけて、荒っぽいことは言わない。目線を合わせて丁寧に。
それでも出来ない、伝わらない。

彼は努力しているんです。故にここはそれを信じてあげたいのですが・・・。

今回ばかりは厳しいかもしれません。

この仕事の中で最も苦痛なことがあるとすれば、それは長時間労働でも上司の暴言でもなく、

真面目なアルバイトに引導を渡す時です。
  1. 2013/10/22(火) 12:04:34|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

秋アニメはどうでしょうか。

とりあえずざっくり見た感じ、

「能力バトルもの」が多いなぁ、というところ。中二っぽいのは嫌いじゃない、どころか大好物なのですが、多すぎるとこんがらがるなぁ、と。

今のところの視聴確定(今後増減あるかも)

・キルラキル
これ反則でしょう。ノリといいテンポのスピード感、永井豪が書いたのかと思うような昭和っぽい構成、熱いドラマがありそうな展開。
即決でした。

・弱虫ペダル
スポーツものは元から大好物です。
熱いシナリオなる方向性に期待。

・フリージングヴァイブレーション
誰も期待してないみたいですが個人的には好きな作品。物語は男塾そのものです。
でもそんなことはどうでもいい。サテライザー先輩がどれだけデレるかにかかっている、そういう作品。

・機巧少女は傷つかない
これは全く情報なしでしたが、今期能力バトルものではなかなかいいのではないか、と。

・ぎんぎつね
モフモフしてはる。

こんなところです。
今期は手元に情報がない分手探りの楽しみがありますね。
なお、インフィニットストラトス2はニコニコ動画では有料なので諦めました。
またレンタルが出てから視聴しようと思います。

しかし寒くなりました。
いよいよ苦手な季節です。
  1. 2013/10/18(金) 22:04:43|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

生き残るべきは。

スカイリム、大体攻略の方向性が見えてきました。

シナリオ的ネタバレは避けます。

・万能型勇者は作ることが出来ない。

主人公のレベルアップは

行動に応じたスキルレベルが上がる→一定数のスキルレベルを獲得する→総合レベルが上がる→PEAKというポイントが手にはいる→PEAKを使用して技術を手にいれる、というシステムが採用されています。

レベルの上限を考えると使用できるPEAKは無駄に出来ません。

戦士か、魔法使いか、盗賊か、暗殺者か。

ある程度絞らないと非常に半端なキャラクターになってしまいます。

・売って壊して作って附けて。

鍛冶、附術、錬金術、話術は地味ながらかなり重要です。金策、戦力向上とあらゆる場面で役に立ちます。
序盤はとにかく鉱石を掘り、武器を作り、魔法を附与し、店で売る。
シナリオで手にはいる武器もすぐ使用するものと固有名のあるもの以外は解呪(魔法の武器を破壊して、附与魔法のみを抽出する。附与魔法は以降ずっと使用可能になる)してしまいましょう。
とりわけ、追加効果「聖者の息吹」「魂縛」「鋳造術の~」「錬金術の~」が附与されている武器防具はなるべく早く入手しましょう。店で見かけたら購入してでも解呪しておくべきです。

・ホワイトラン最強伝説

慣れてくるとアイテム保管に自宅が必要になってきます。
何件か各国の家を購入してみましたが、やはり隣が武器屋で内部には錬金術設備があるホワイトランの家がもっとも使いやすいです。
戦士系プレイヤーならジョルバスクル(戦士ギルドみたいなもの)も近いですし。

・デイドラクエストもお早めに。

総合レベルが10を越えたら、デイドラクエストに挑戦したいところです。
通常のクエストと似ていますが、ボスが強力でユニークアイテムを貰えます。
特に片手剣ドーンブレイカーはなるべく早く欲しい。攻撃力は大したことはありませんが、炎の追加効果と、対アンデッド戦で大ダメージを与える光の爆裂が強力です。
メインクエストではアンデッドがやたら登場するので、ボスもろともザコを一掃するのに役にたちます。

もし、ジョルバスクルに所属するならハーシーンの指輪も手にいれましょう。
中盤戦からは役に立たない能力ですが、追加販売クエストではかなり強化されます。
小才は伏せますがなかなか楽しみです。

・盗賊は後でも可?

扉や宝箱の解錠に使うスキルはあまり必要ないかも知れません。
オブリビオンとは違い、今回はロックピック(解錠ツール)が大量に手にはいる上、それほど解錠アクションが難しくありません。
無理して解錠にPEAKをさく必要はないでしょう。

・シナリオもレベルもどんどん先に。

サイドストーリーをもりもりクリアするのがスカイリムの楽しみの1つですが、シナリオで貰えるアイテムやレベルアップで中身が豪華になる宝箱のことを考えれば、メイン、サブともにバランスよくクリアするのがいいようです。


とりあえずこんなところでしょうか。
なんにせよスカイリムどハマり状態。危険です。
  1. 2013/10/16(水) 16:54:19|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遠い遠い記憶の中で。(更新)

最近ネット環境の敷居が低くなったせいか、割と気楽にMMOなどを始められるようになりましたね。

ただ、凝ったゲームが多くなってきた為かプレイヤーのレベルによって様々な軋轢があるようです。

一見さんお断りとか、京都の老舗かよと。

かつてプレイしていたPSOでは、たまたま運が良かったのかそれとも時間帯(パケホーダイ)の為かマナープレイヤーが多かった印象。

そもそもの前提条件として、そこまで難易度が高くないことがあったのだと思います。

ただ、比較的ライトなゲームでも排他的な印象を受けるのはいただけない。

初心者や弱キャラクターのプレイヤーを、ベテランや高レベルプレイヤーがフォローする構図がやはりオンラインの醍醐味、というか中毒性だと思うのですが・・・。

以前PSOで所属していたギルドがあった頃は携帯サイト乱立時代。

携帯の掲示板で交流、約束をしてオンラインで合流、というのが主な流れでした。

サイト内で事前に交流が出来たことと、そこの管理人だったアズ%(あずぱー)さんの性格もあってか非常にモラルの良かった印象があります。
代表例としては「やさしさリレー」なる言葉で高レベル者が初心者や低レベル者のレベルアップなどのサポートを勤め、それによりレベルが上がったプレイヤーは次の初心者を受け持つ、などの非常にありがたいイベントがありました。
もちろん、参加するもしないも自由。
そもそもレベルアップはオフラインでも出来ましたが、これに参加することで交流が深まり、低レベルキャラクターのフォローの方法を体感的に覚えたり、仲間が苦戦する敵を一掃することで俺強えええ!と優越感が味わえたり。
またそうやって育まれた仲間同士なので必然的にチーターが嫌いになったり。

そういう意味では恵まれていましたね。

難易度はもう少し低くしても良い気がします。
あとはマッチング次第でしょうか。
ギルド制がどうなっているかは解りませんが、せめてプレイする方向性くらいは選びたいものです。
結果的にそれがゲームの寿命を延ばすことになると思うのですが・・・。
  1. 2013/10/04(金) 16:32:46|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0