日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今季アニメ雑感

なんかやたらスカイリムに偏ったため今季アニメの寸評を。


5位:とある科学の超電磁砲S

やはり安定していて面白い。
特にシリーズファンという訳ではありませんが、それでも綺麗な作画と有名な声優陣に満足。あと後期opがまさかの小室。
ただ難を挙げるならやはり前半のエピソードが長い。
個人的には後半のエピソードをメインにして欲しかった。
私的ベストヒロインは御坂妹。

4位:サーバント&サービス

役所という珍しい舞台ながら、楽しい掛け合いと恋愛模様が良かったです。
しかし課長は一体何者なんだろう。
私的ベストヒロインは千早さん。

3位:恋愛ラボ

とにかく登場人物全員が可愛い。
学園日常モノで斬新なネタはなかったのですが、それを補ってあまりある可愛さ。
実は大がかりな仕掛けは何もないのですが、ただ見ているだけで何だかニヤニヤ。
私的ベストヒロインは榎本先輩。

2位:進撃の巨人

とにかく作画班頑張った。
ちなみに原作を知らないため、巨人の謎についてはかなり魅せられました。
メインヒロインがあそこまでヤンデレなのも珍しい。ヤンデレというか猟奇的というか。
私的ベストヒロインはペトラ。

1位:犬とハサミは使いよう

とりあえず糞アニメです。それは視聴者皆分かってました。なのに気がついたら毎週見ている。何故かオープニングを飛ばせない。
コメントには毎週、「来週見たら切る!」の嵐。そして最後には「最終回見たら切る!」と変化。
かろうじて分かるのはシャイニー可愛い。
犬が可愛い。それだけ。
なのにラストでは、「二期やんないかな」とコメントしている奴も。
何故面白いか分からないのにハマってました。
私的ベストヒロインは秋月マキシ。

番外

メジャー(第6シーズン)
バンダイチャンネルを切らなかったのはこの作品の為と断言してもいい名作でした。
まさに野球大河ドラマ。考えたら2クール×6シーズンって凄いですね。それだけでも人気が伺えます。熱いドラマと素晴らしい〆でした。
原作読みたくなってきた。

来期も色々つまんでみようと思いますが、以外と今期も豊作でした。
ありがたやありがたや。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/26(木) 17:55:15|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

となりのはじめ人間。

ヤバい。
完全にスカイリムが生活を侵食しつつあります。

とりあえず近況ですが、ちょっとややこしい感じになりました。

基本的には「ストームクローク」という帝国側と敵対する反乱軍に所属していながら、各地方のイベントに首を突っ込むときは結果として帝国の首長たちを助けてしまう。

ストームクロークに所属するのは理由がありまして。オープニングで帝国に処刑されかける際のエピソードがあるためここは反乱軍だろうと考えたためこうなりました。
コウモリ男のメインストーリーや如何に。

さて、今回の依頼はホワイトランの市民から頼まれた依頼、「マンモスの牙」の入手。



え?




いや、無理無理。


マンモスは巨人と同じく普段は温厚ながら、一度暴れだしたらもう止まらない。
巨人同様これは勝てない、と思った相手の一つです。


もしかしたら近隣で交易などを行えば良いかもしれませんが、探し回ったところ見当たらない。

今回ばかりは戦うしかない。

しかし、以前一戦交えたときは相棒もろとも瞬殺されました。

持っている最高の装備で挑みましたがおそらく30発くらい攻撃を当てる必要がありそうです。あと、相棒はすぐやられる為かえって邪魔になります。

また、マンモスは群れでいることが多いため一匹に攻撃をすると群れで報復してきます。

結論として、正面突破は無理。

相手をよく観察するのはサイレン以来です。

・索敵範囲は標準程度。
・前方への突進力はドラゴン以上。ただし左右への動きは鈍い。
・こちらが逃げた場合、見た目で50メートルほど離れると諦めて帰っていく。
・ある程度離れない限り際限なく追ってくる。
・障害物は簡単なものなら回避しながら走ることが出来る。

これらの事から、平地で戦うのは極めて不利と判断しました。



ここで一つ案が。


ただし下準備が必要です。

地図を広げ、目的に近い地形を探し出します。

次に大量の矢が必要になるため、やはり近隣の山賊を片っ端から壊滅に追い込み、鉄の矢を150本ほど準備。いつも有り難う山賊。

いよいよ決戦です。

遠間からマンモスに矢を当てる→マンモス怒る→走って逃げる、を繰り返し、一頭のみを群れから引き剥がします。

少しずつ逃げながら、向かった先は壊滅した山賊の砦。

全力ダッシュで門をくぐるとズガッ!という体当たりの音。
予想通りマンモスは体格以下の通路を通ることが出来ません。

あとは砦の城壁にのぼり鉄の矢を乱射。
時間はかかりましたが何とか倒すことが出来ました。

方法的に合っているかどうか解りませんが、自分なりの攻略が出来るのがスカイリムの良いところです。
  1. 2013/09/14(土) 20:56:45|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

剣士の旅は終わらない。

スカイリム、ホワイトランでの冒険が続きます。

敵のレベルが自分のレベルに応じて上昇するため、段々ゴリ押しが効かなくなってきました。

先に身につけた同胞団の力で戦っても、相手が複数だとなかなか上手くいきません。

そこで当分、冒険者としての基礎の能力を上げにかかります。

まずは片手剣のスキル「アームズマン」
上げれば上げるだけ攻撃力が向上します。

次に重装のスキル「ジャガーノート」
同じく基礎の防御力が上昇。

更に汎用スキルとして錬金術、回復、鍛冶を選択。あとは魔力附与を繰り返し、魔法のダガーをショップで売却。

これで比較的楽に冒険出来るようになりました。
戦士系プレイなので剣と鎧をマスターしましたが、魔術師なら代わりに破壊と変成か幻惑あたりを鍛えるのがいいかもしれません。

次に、「従者」です。
各地方の首領あたりに気に入られると与えて貰えるパートナーです。

ホワイトランではドラゴンズリーチの首領からリディアという女戦士が与えられます。
言葉使いも綺麗で、スカイリムにしてはなかなかの美形です。

とりあえず従者の利点は、戦力もさることながら持ち物を持って貰えることが大きいです。
山賊狩りにしても洞窟アサリにしても、重装備だとどうしても重量オーバーになりやすいためです。

また、戦ってダメージを受けるとうずくまってアピール、おまけに敵の標的から外れるという親切設計。

最初は煩わしく感じてましたがなかなか良いです。


今回の冒険は北のほうにある砦である組織の戦士を救出すること。
町の人から頼まれるクエストで、それほど苦戦しませんでした。

ただ一つ難点が。

見知らぬ土地の場合、最初は徒歩で行くしかありません。
千里眼という魔術で時折方角を確認しながら、従者リディアと二人旅。

道中山賊やらサーベルキャットに絡まれるも撃退しながら順調に旅を進めていると、途中に巨人とマンモスが。

イベント以外なら巨人は剣さえ抜かなければすぐ近くでもやられることはないため、一人旅の時には単なる背景くらいの認識しかありませんでした。むしろ相変わらずのどかに歩いてるなー、くらい。

ところが。





リディア「でやーっ!」







全力で切りかかる声。



何やってるのリディアさん!




慌てて剣を抜き、錬金術で精製して売却予定だった非常に高価な薬でドーピング。
やはり一撃でうずくまるリディアさんを横目に持ってきた回復薬のほとんどを使い果たし巨人を撃破。

魔力の回復薬ももう無くなったので自然回復した後、魔術「回復の手」で従者を回復。

すっくと立ち上がり、何事もなかったように主人公の後ろにつくリディアさん。



おとなしいキャラクターの癖に巨人に斬りかかるのだけは勘弁してくれ。
変なドジッ娘アピールをする困った娘さんです。


それにしても久々の大ヒットです。
休みの日に5時間やっても苦じゃないゲームっていつ以来でしょうか。

中毒にならないか心配ですが。
  1. 2013/09/12(木) 12:58:26|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

予測しえない旅人。

スカイリム同胞団クエスト進行中。

えらいことになりました。
とんでもない状態になりました。

前回同胞団を大丈夫かと笑っていたら、色々な意味で同胞団の仲間入りを果たしてしまいました。

いや、アリといえばアリなのですが。
ひとまず事態の進行を見守ります。


気を取り直して。

同胞団クエストのショートエピソード
「一族の家宝」にチャレンジ。

同胞団の部隊長の一人、スコールからの依頼。
スコールといってもFF のイケメン兄ちゃんではなく、筋肉ダルマのハゲたおっさんです。

とある遺跡にある「鉄の剣」を取ってきて欲しいと町の人から依頼を受けた。
新人だし代わりにお前行けよ。とのこと。

依頼を丸投げかよ!

しかし主人公の今のところの立場は新人戦士くん。下手をすればバイト戦士です。

仕方なく依頼を受けました。
ってか鉄の剣なんかそこらに売ってるやろ、と思っていたらその剣は依頼人の家宝らしい。

マップによると、以前冒険したダンジョンのすぐそば。
スカイリムではゲームの構造上、以前いったことのある土地なら地図を指定すればそこまで歩いたことに出来る「高速移動」が出来ます。
デフォルトで「ルーラ」が使えるといえば分かりやすいでしょうか。

高速移動終了後地図を開き、マーカーで目的地を指定。
件の遺跡まで徒歩。
幸い道中での戦闘もなく、こりゃ楽勝のお使いクエストだなと油断していたら、



のしーん。


のしーん。












巨人がおるやんけ!
というか、目的のアイテムをめっちゃ見張ってるやんけ!







普通に考えれば判ること。
あんなデカイやつに勝てる筈がない。





以前戦闘を挑み、絶望的戦力差があったことを覚えていたので、ここは戦略的撤退。
しかしクエストである以上、避けては通れません。

今一度現実を分析。
考えられる限りの対策を試みます。

・多少良心が痛みますが、近隣の山賊のねぐらを片っ端から襲撃。
山賊長クラスがもつ鋼鉄シリーズなどのちょっと良質な武器防具を強奪。同時に金貨を回収。

・更に回収した金貨で鋼鉄のインゴッド(金属ののべ棒。武器防具の強化に使える)を購入、ホワイトランの鍛冶屋で鋼鉄シリーズの武器防具を強化。

・スキルは戦士系のみに絞り混み、魔法は回復と防御のみ。
メインの片手剣以外には遠距離用に弓矢を強化。



さすがにこれだけやれば、大丈夫。


そう思い込んでいた自分は国産RPGに慣れすぎていました。


さあ行けとばかりに巨人に特攻。
間合いを一気に詰め、鋼鉄の剣を振り上げた瞬間




ゴッ。




鈍い音とともに、崩れ落ちる主人公。


たった一撃。


勝負にすらなっていませんでした。


おまけに、一瞬カメラワークが三人称視点になって分かったのですが、




巨人は


二体


いました。






勝てるわけがねェ!






さて、直前のセーブポイントに戻って戦略の練り直しです。
洋ゲーだけあって、攻略方法なんて町の人々が判るわけがありません。
そこで事実のみ分析します。


①巨人には勝てない。あと2~3時間育てたとしてもまるで届かないと思われる。
武器防具はおそらく現時点で最強。あとは魔力附与くらい。

②このクエストは、同胞団の新人である主人公に与えられた依頼である。

③クリア条件は、「鉄の剣を取ってくること」


・・・巨人との戦闘は多分回避が正解か。
FF 2の悲劇を繰り返すところでした。


さて所は変わって先ほどの遺跡。
相変わらず巨人がのしーん。とほのぼの歩いています。


調べて分かったのですが、

①巨人は敵意を見せなければ襲ってはこない。

②問題の剣が入っている宝箱をじっと見張る巨人が一体。その周囲をウロウロしているのが一体。



そこで妙案。

武器は狩猟の弓矢。
射程ギリギリまで離れた後、シャウト(ドラゴンの言葉でとなえる魔法。メインシナリオで覚えていく)の「疾走」をスタンバイ。

弓矢で巨人二体を攻撃。

当然怒りながらこちらに走ってくる巨人。

はやっ!
こわっ!

相手の攻撃が届くか届かない位置でシャウト発動。「疾走」は短距離ながら攻撃力のある超高速移動が出来るので、そのまま巨人の間を強硬突破。

振り返らずに宝箱に一直線。剣を入手後そのまま戦闘圏外へ。

なんとか目的のものをスコールに渡すと300ゴールドの報酬。

命がけにしてはやっすいなぁ。

という感想とともに本ミッションを終了。





後日。
次の依頼は何かな、と同胞団のメンバーに話をすると、皆一様に「スコール」が呼んでいる、と言ってきます。

スコールを見つけると、彼と女戦士がなにやら言い争っています。
相手はスコールと同じく部隊長、「戦いの女神」ことアエラ。
まぁ、外見は女神というかザ・アマゾネスという感じでしたが。

気にせず割って入り、スコールに何か用かと聞くと

「話をしたいことがある。今晩ある場所まで来てくれ」

と言われます。

これが冒頭に書いた「とんでもない」切っ掛けです。

現在、同胞団にまつわるある「能力」を身につけました。
非常に強力で、この力を開放すれば巨人も倒せるかもしれません。
えらい中二病くさい話ですが、何分ゲームがゲームです。ノーリスクとは考えにくい。

しかしながら同胞団クエストの中枢となるシナリオっぽいので、おっかなびっくり進めてみます。
  1. 2013/09/07(土) 21:50:06|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

当たり前のような、当たり前ではない冒険。

スカイリムを開始してから8時間経過。

購入直後からパッチ導入済みなので、噂されている不具合の様子は微塵もありません。

セーブデータの容量が増えていく形式なので今後も注意が必要ですが、念のためネット接続とオートセーブをオフにしています。

スカイリムの魅力は今さら誰かが語ることでもない、そう言いながらも語りたくなるゲームです。

まさかコンシューマーRPGに出会って20数年でこれほどの進化を見せるとは思いませんでした。

壮大な世界と、人々との会話から束ねられるストーリー。驚くほど美麗なグラフィックと困ってしまうほどの自由度、ボリューム。

既にスカイリム最大の特徴であるドラゴンと2戦ほど交えましたが、テーブルトーク型RPGやそれを題材にした小説で創造した通りのいかつい空飛ぶ巨大トカゲ。
空中を素早く飛び回り、手の届かない位置からファイアブレス。
王道そのもののドラゴンに思わず見とれる出来です。

主人公もごく自然にドラゴンとの戦いに巻き込まれていきますが、町の人々の主人公に対する評価が行動によって変化する課程も楽しめます。
最初はそれこそ「お前誰だよ(笑)」状態。
それがミッションをこなし、地元で有名になるにつれて英雄として称えられていくプレイ感覚はまさにRPGの醍醐味です。

たまにオンラインゲームと比較されますが、スカイリムをはじめとするこのシリーズの良い点は、オフラインであるが故に世界観がリアルであることが挙げられます。

勿論オンラインゲームは死ぬほど楽しいです。
PSO無印やFF11は実に危なかった。
廃人になるところでした。

それはそれで素晴らしいのですが、どうしても会話のなかにどこか「リアル」を感じてしまう。
極端な例を挙げれば「明日出勤早いし今日は寝るわー」みたいな。
勿論リアル世界で遠いところにいる別のプレイヤーと繋がっている、という別の魅力ではあるのですが。

しかしながらオブリビオンやスカイリムの住人たちはあくまでその世界のルールに従い生きている。AIですがそう感じさせる行動をし、プレイヤーを世界観に没頭させる重要なファクターとなっています。

とりあえず9時間程度ではまだ序盤も序盤。
ヒヨッコピヨピヨ状態です。

オブリビオンのプレイヤーだったので経験者ぶって調子こいていたら、雪山でビックフットみたいなトロールにボコられました。

あと段々荷物が増えすぎていよいよ身動きがとれない。
今は世界の平和より目先の金策です。
ホワイトランという都市で売られいる5000ゴールドの一軒家。それを購入し荷物整理と旅の足掛かりを作ることが目的です。

クエストも重要な収入源になるため戦士ギルドのような「同胞団」に入団。
そこの入団テストでまた驚きのイベント。
オイオイ何者だよ同胞団。大丈夫か同胞団。

たまに田舎の村を歩いて村人の悩みを解決したり、拾った材料で鍛冶の真似事をしたり。
と思ったら田舎の民家にあった樽に一時保管しておいたアクセサリーがなくなってる!

やっぱり家の外に置くと盗られてしまうようです。早いとこ家を確保しないと。

とりあえず今のところ楽しめてます。
もし未プレイの方は是非。
パッチ関係の一連の事件のせいで価格がかなり落ちている今がチャンスだと思います。
パッチが当てられるネット環境なら安価で豪華なゲームを入手できるのですから。
  1. 2013/09/05(木) 20:32:41|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

俺妹終了と長い道のり。

「俺妹。」二期ラストまで視聴終了しました。
ニコニコ動画での最終日にすべりこむ形でギリギリでしたが間に合ってよかった。

色々ありましたが、なかなか面白いラストだったのではないでしょうか。

賛否両論あるのは判る気がします。
結局バカ兄妹のドタバタに周囲を巻き込んだだけと見るか、それとも一応すべての決着をきちんとつけた、と見るかは人によって変わるとは思います。

どちらにせよブランクを含めて約3年、深夜アニメを見るきっかけになった作品のラストを楽しませていただきました。


さて話は変わりますがスカイリムが止まらない。
オープンワールドはこれだから困る。

オブリビオンと比べて街道で色々なことが起こりますね。
歩いていたらいきなり火柱が上がってビックリ。何かと思えば見知らぬ魔術師みたいなやつが山賊相手に攻撃してたり。
遠近法がおかしいパンツ一枚のおっさんに近づいたら実は巨人族で微妙な進撃の巨人に。

今さら自由度については語るべくもありませんが、それでも日本語対応になっただけで印象が随分違う。非常に入り込み易く、また町の人々の話が自然に耳に入るのは大きい。

あとは、とにかく自由。
色々なロールプレイングゲームで

「いや、それならこうした方がいいんじゃない?」

といったネタは殆ど出来ます。

例えば宝物を悪党から取り戻した後の行動も自由。

きちんと持ち主に返すもよし。
誰も見ていないところで持ち主を・・・。もよし。

グラフィックも綺麗で、本当に豪華なゲームです。
止め時が難しくて大変なのが難点ですね。
  1. 2013/09/03(火) 13:28:21|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0