日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

逃亡の異端審問。

前回星矢がらみの記事を記入していたのでちょっとタイムリーな話を。


知り合いのベテラン店長との会話。
元上司で、過去死ぬような目に合わされたり公私ともお世話になったオソロシイ人。
ビジュアル的には寄生獣に出てくる後藤に近い外見。
それに入社して8年目になる元教え子で仲の良い社員(特に似ているキャラクターが居ないので田中(仮)とします)の3人で飯に行きました。

後藤「なー黒猫」

猫「なんでがしょ」

後藤「お前の店、人はどないや」

猫「正直いって厳しいですね。マトモに人が揃っていること自体マレです」

後藤「なかなか難しいよな。しんどい職場なんは解るけどな」

猫「ですよねぇ」

田中「うちも危ないす」

猫「へぇ。どのあたりの時間帯?」

田中「全般的に。分かっているだけで5人、来月末で辞めます」

後藤「それはキツイな」


外食の社員が集まると、大抵人不足の話題がメインになります。外食あるあるってやつです。


後藤「しかし、なんでやろな」

猫「気のせいかもしれませんが、男の子の退職が多いですね」

田中「あ、解ります」

後藤「あー、あるなあ」

あくまで体感と、自分の店舗データだけの話で根拠は薄いのですが。

後藤「黒猫、なんでやと思う?」

でた。自分も分かってないのに何故か追及口調。
勢い的には「私、気になります」とか言いそう。
昔からのこの方の癖です。

猫「あー・・・」

ヤバい。特に答えが見つからない。
この場合、仕事がハードである、というのは前提になっているので答えにならない。
怒られることはないが、話題がループすると面倒です。

猫「どのくらい叱ったりします?」

仕方ない。一般論から。

後藤「割と激しくやなあ」

田中「逆に僕はあんまり」

猫「多分なんですけど、中間がベストですよね。必要なときにはスパッと。ねちねち言わずに。言わなさすぎると舐められるから、程々に言うと」

後藤「まあ、せやろな。ただ、最近の子は割とそのスパッと、で辞めるで」

ぐっ。蒸し返された。

後藤「なんでかなぁ(ため息)」

うぜえ。また出たよ。
あと酒くせぇ。

田中「精神的に脆いとか?」

猫「いんや、その論理はパワハラに繋がるわ
。強権は使う側の人間がセーブせんと」

田中「なら説得ですかね」

猫「大体はそうかな。でも、何というか、猟犬としてのポジションも忘れたらあかん気がする」

田中「猟犬て」

猫「なんやろな。イメージとしては群れが間違った方向に向かったらこう・・・わんわん、と」

田中「迫力なさすぎ」

猫「うるさい黙れ」

後藤「最終的にはどうやろ。得意の謎論法は無いんか」

謎論法て。
もういいや。かの有名な折木奉太郎氏は言いました。流すかと。

猫「きっとアレですよ。思春期に見たヒーロー像が無いんですよ」

後藤「でた謎論法」

猫「(無視)例えば後藤店長の次代はスーパーロボットがありましたよね。あと仮面ライダーも藤岡弘のやつがやってましたよね」

後藤「お、おう」

猫「彼らは明確に正義を叫んで戦ったわけです。特に状況を疑う訳でも他に頼る訳でもなく。自分の力で熱く戦ったわけです」

後藤「?」

猫「自分の時代はどちらかというと、限界まで戦ったその先に、まだ振り絞る力がある作品が流行したわけです。火事場のバカ力とか、セブンセンシズとか」

後藤「あー、何となく解る」

やべ。適当に色々捲し立てたら食いついた。

猫「で、最近は物凄く凝った作品が世に出る分、世界の側にもなにがしかの原因がある、と考える訳です」

もうこの辺りから自分が何を言っているか分かりませんでしたが、勢いで続けます。

猫「つまり彼らは、仕事が上達しないのは自分の能力不足ではなく、世界設定に誤りがある、つまり店が悪い、となるわけで」

アホの三段論法。参ったか!

田中「でも黒猫店長ってエヴァンゲリオンど真ん中ですよね」

余計なことをッッ!

猫「お、俺はGガンダム派やったから・・・(震え声)」

後藤「結局人それぞれにあわせて俺らが頑張って教えなあかんちゅう話やな」

なにそのドヤ顔。
なに勝手にまとめてんの。

後藤「それにしても参ったわー」

以下タイムリープ。

早朝4時、自分の頭の中にシュタゲの鈴羽の声で

「(飲みにいったのは)
失敗した失敗した失敗した失敗した」

と連呼する声が聞こえていました。

おしまい。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 22:31:20|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魂の熱血全力送りバント。

まだまだクリアしなくてはいけないゲームがあるのについ積んでしまう。

というわけで近所のショップにて聖闘士星矢戦記を購入してみました。
最近は見かけない個人の店なので1280円というお得プライスです。

感想としては、B級ゲームとしては及第点。
無双ゲームはあまりやったことがなかったのですが、暇なときにチラッとプレイするにはなかなか素敵なゲームです。

ただ中盤以降雑魚戦にやや飽きがきます。
地形や種類が聖域編に限定されるため、同じようなシーンの繰り返しになるためだと思われます。
このあたりはマイナスポイントですね。

ただ、やたら強力な黄金聖闘士が使用出来るようになるとかなり爽快です。
特に獅子座のアイオリアが鬼すぎる。
原作準拠のライトニングプラズマを使用すれば
一撃で画面内の雑魚を一掃できます。
ある意味無双すぎる展開でした。
あと地味な筈のムウがやたら強い。
あんなに強力なやつでしたっけ。

シナリオは本当に懐かしい。
当時ジャンプを読みふけっていたころのシナリオそのままです。
しかし車田漫画の特性か、

「な、なにい!」
「ば、バカな!」

の回数の多いこと多いこと。
お前ら何回驚くんだよと。

とりあえず、ファミコン以来の聖闘士星矢は暇潰しに最適。そういう感想でした。
  1. 2013/07/30(火) 23:13:11|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

続編は誰のもの。

聖闘士星矢戦記が安くなっており、買おうかどうかプレイ動画で判断してやろうと動画を見てみたら、

主要キャストの声優が違うことより

「もっとも神に近い男、シャカ」の声がなんかスケベそうだったこと

に一番衝撃を受けた黒猫です。

あれってどんなパンチを受けても真上に吹っ飛ぶのがお約束ですよね。どんな原理だ。

さて、それはさておき「アヌビス」のhd版修正パッチが配信されました。
当初のバージョンがあまりにも酷くほぼ作り直しだったようです。素晴らしい修正版スタッフに乾杯。

常々続編を叫ばれながらアヌビスの続きが出ないのは、シナリオの完結以上にビジネスとして成立しえないからだそうで。

思えば同じような事件でシェンムー、ハード移籍でアイマスなどがありますね。

シェンムーはおそらく一生日の目を見ることはないでしょう。
あれは当時なればこそ、斬新な作品として世に認められました。
仮に今出たところで龍が如くの亜種扱いが関の山です。

ジュピター事件でハードがPS3に移った今、アイマスの続編が箱○で出るのも難しいと思われます。

何にせよ、制作側とユーザー、両方が揃って初めてシリーズが成立するのだと思いました。
当たり前ですが、難しい問題です。
レンタヒーロー2はいつになったら出るのでしょうか(来世を見つめながら)

追記:はがない実写版、マジでやるみたいですね。やめてほしい。
多分痛いから。きっと痛いだけだから!
  1. 2013/07/25(木) 19:34:12|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地味な奇跡と返り討ち。

運よく他店ヘルプが借りられるようになり、少し生活環境が改善した黒猫です。

寝る前に少しだけ時間が使えるようになったので、蒼魔灯を再開。

あと、ネット接続レベルが思った以上に高いようなので鉄拳レボリューションの通信対戦を始めましたが、・・・勝てない。まるで勝てない。
元々リーとアーマーキング使いで今のところ使用出来ないから勝てない、と言いたいところですが全くそんなことは無いです。
それ以前の問題。かわせない当てられない。
こりゃ錆び付いた腕をなんとかしないと対戦相手にも失礼だわ、と一時対人戦から撤退。

当面のメインキャラクターとしてリリを採用。
空中コンボの構築しやすさと対人での要となる強力な中距離砲で決めました。
鉄拳に関してはオタ的なセンスはいれたことは無いですが、性能で女性に決めました。

あとはせめてオルレアンソード(中段アッパー系パンチ)とエーデルワイス(下段回転蹴り)からの空中コンボはマスターしておきたい。
内容いかんですが、どちらもコンスタントに3割削るコンボがあります。
カウンターと壁系も入れれば5割コンボもいけるとは思うのですが・・・。
練習あるのみです。
もしブログの閲覧者の方で詳しい方がいれば是非色々教えてください。
組手もお待ちしています。(下から目線で)

今期アニメ現状。
「犬とハサミは使いよう」いけるじゃないですか!
ドSヒロイン、ドM編集者、ナルシストライバルに病み系妹。ほら、魅力的なキャラクターばかりですよ!(白目をむきながら)
  1. 2013/07/20(土) 15:57:16|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

手のひらの中の絶望。

うわぁ。
うわー、ないわー。

と、いう訳で「トガビトノセンリツ」、1週目をクリアしました。

色々鬱なシナリオですが、なかなかのクオリティでした。

ただ、物語に引き込まれるのは間違いないです。誰がいつ死ぬか分からない状況で考え憂い怒り悲しみ絶望する。
絵柄は昔のエロゲみたいな感じですが気がついたらページをめくってました。

ネタバレは避けますがいくつかの死に疑問が残ります。
少なくとも二名、お気に入りのキャラクターの死の原因が不明。

エンディング後のためなんとなく目星はつくのですが、当たっていたら嫌だな、という内容です。

とりあえず解ったのは二周目に別視点からのエピソードがあるということ。
真相はそこで解るかもしれません。

あとはオマケエピソードで「もしも事件が起きなければ」というものがありましたので、そこで多少癒されたいと。

一応一周したので色々探ったらいつの間にかAndroid版シュタインズゲートが出ているではありませんか。
無料の冒頭部をプレイしましたがよくもまあここまで、という画質と音質。
流石の一言ですが3000円というのは考えます。箱○版でプレイ済みなのでしばらく様子見です。

身動きがとれないとどうしてもモバイルに走ってしまいますが、最近のモバイルはコンシューマと比較しても遜色ないレベル。
様子見はしますがシュタインズゲートは一見の価値があります。

色々楽しみです。
  1. 2013/07/18(木) 09:57:40|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

豆腐とワインに旅をさせちゃいけない。

とりあえずFF4が凄いです。

何が凄いて一体いくら掛けたというほどの声優陣。
それも含めた内容については後日。

さて、それはそれとして、バイトの子に勧められたAndroidアプリのゲーム「トガビトノセンリツ」が面白いです。
まだ途中なので何とも言えませんが、着地地点いかんではかなりの名作になる可能性があります。

ジャンルはADV。バトルロワイヤル、ダンガンロンパなど、何故こんなもんがジャンル化しているのかは知りませんが「子どもたちを一ヶ所に監禁、互いに殺害させる」系です。

途中の選択肢はあらかたバッドエンド。
しかしながら複雑に張り巡らされたルールによって「誰が犯人かは解らないが一人、また一人と犠牲者が増え、そのことにより不信感が増大、互いに疑心暗鬼になっていく」過程の緊張感がよく出ています。

現段階で分かっているのは

・建物からは脱出不能
・少年たちは「プリズナーゲーム」なるルールに強制参加、ルールを破ったり脱出しようとすれば殺される。
・プレイヤーは「看守側」「囚人側」に振り分けられる。

・「囚人」には個別の性質がある。内訳は不明だが、最初の犠牲者は主催者側の本気度を示すため「死刑囚」のカードが割り当てられており、問答無用で処刑された。

・ゲームの目的は「囚人」に割り当てられた「殺人鬼」を探すこと。

・期限は現段階で不明なため、殺人拒否も可能ではあるが脱出不能、犠牲者はすでに一人。(死刑囚)

・「看守側」は全員の意見が一致した場合、毎日一人を処刑指名可能。また個別に警棒型スタンガンが与えられる。

・「囚人側」には基本的に権利関係はなし。

・「殺人鬼」にのみ看守を殺害する能力が与えられる(超能力的なものではなく、物理的なルールとして)

・「看守側」が全員死亡すれば「囚人側」全員が勝利。

・「殺人鬼」を先に当て、処刑すれば「看守側」の勝利。
この場合は殺人鬼のみ処刑、あとは生存する。

・夜22時以降は強制的に寝室に入れられる。部屋は仕掛けによって毎日ランダムに変更され、壁一枚を隔てて「看守」「囚人」が隣どうしで休む。

・「看守」はこの際、部屋のマイクを使用し「囚人」に尋問が可能。
ただし音声は機械変換され隣が
誰かは不明。

・「囚人」は「看守」に名前を言っても構わない。
「殺人鬼」以外の「囚人」はこのタイミングで自分のとるべき行動を考える。
「殺人鬼」に協力、囮の証言をするか、「看守」に協力して自分の罪状を説明、消去法的に「殺人鬼」特定の協力をする。

・ただし、誰がどのような「嘘」をいつつくか分からないため看守側にもなかなか特定出来ない。
殺人鬼自身は看守を全滅させるしか勝利条件を満たせない。死の恐怖から殺害に走ることは十分考えられる。


今のところ「殺人鬼」は不明です。
どちらかというと「かまいたちの夜」の全滅モードみたいな絶望感。
ゲームはカイジの危ないゲームのような感じ。
この後どうなるのか、気になります。
とりあえずプレイしてみたいと思います。
  1. 2013/07/16(火) 14:18:00|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やはり俺の青春ラブコメは間違っている。感想他。

ようやく7巻まで読了。

トータルの感想として、

「うん、・・・アリだな」

という一言でしょうか。
物語そのものについてはかささぎさんのところで書いてある通りだと思います。
彼ら彼女らの立ち位置と心理的変化を楽しむ分には非常に優秀で面白い作品です。
台詞回しといい、要所要所に痛快なエピソードを仕込んであることといい、面白いです。

ただ、根底の部分に筆者の学校、友達関係というコミューンに対する価値観、もしかしたら自信のトラウマを含めた「ぼっち」の在り方についての再確認のような、非常にネガティブ、というかもう悟りにも似た諦観が見え隠れしています。いやもう隠れてないです。前面に出まくり。八幡というキャラクターの性格を通して見た世界だとしても、独特の世界観です。

個々のキャラクターたち自体はよく見ると現実離れしているような、しかし確かにこんなやつ居たなあ、という妙なリアルさ。

はがないよりも、現実の人間関係の歪みのほうにガッツリ踏み込んでいるというかなんというか。

特に原作は軽快な文章ながら単に楽しい話だけでなく、ズッシリ重い内容も多いです。
その為○○というキャラクターがお気に入り、というだけでは済まない気がします。学生時代にトラウマがある方は要注意。

ぶっちゃけた話、材木座こそが筆者の学生時代の立ち位置、八幡は現時点で振り替える当時の自分の理想像ではないのだろうかとさえ思います。

さて、最新7巻まで読みましたが、あの引きはないわー、と戸部のように言ってしまいます。次の巻が早く読みたい。


と、読み返すとグダグタで「評論に向いてねぇしきめぇ」と思いましたが要は一言、面白かった。

ところで今期アニメも順調にスタートしましたね。
気になるのはダンガンロンパ。
さすがに面白い。声優の演技もいい。作画もイメージも2話までの展開も原作通り。
ただ証拠品や現場検証が苗木のモノローグとパッパと表示される画像のみ。
原作未見の方でアレについてこられた方がいるかどうか。
「壊れた水晶」「焦げた制服の一部」「ダイイングメッセージ」など、一瞬だけ出て終了しましたが覚えられるでしょうか。

ちなみに原作では舞園事件の裁判で1章が終了です。次回3話Aパートで裁判が終了したとして、2.5話で1章進めたとしても1期ではどうしても間に合わない。
「こうして犠牲者が増えていき・・・」みたいな中略をやるくらいなら二期を完結編にして、きちんと全章をやって欲しいものです。

私モテは予想通りというか予想の斜め横でした。なんだあのOP。面白いですが。

何にせよ意外と見るものが多くて助かります。
  1. 2013/07/15(月) 15:50:11|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無理だと思うから無理なんですよ。(カッコワライ)

はい、クローズとモーニングが同時に欠けるというレアケースに陥った黒猫です。

怪我と不幸とか、本人たちの事を考えるととりあえず踏ん張るしかないのでブログにたらたら書くという。

今から1か月くらい、週の半分は店に泊まることになりそうです。
カプセルホテルも考えましたが月に3万は痛いしなあ。

ってことで、店のソファが当面の寝床か。
コインランドリーやら風呂屋やら、いらんものは充実している神仕様な土地なのが幸いです(皮肉)



それはさておき、そんな状況でも魂だけはオタでいたい。

そんな訳でオタ的近況。

蒼魔灯は、というか据え置きハード自体をプレイしている暇がないためしばらく休業。
ただ、復帰したら再開したいとは思ってますので積むことはなさそう。

手慰みに、Android版FF4を購入プレイ中。相変わらず完成度が半端ない。
4の冒頭はRPGのオープニングとしては屈指の出来だと今でも思います。
まだレビュー出来るほどやってないので詳細は後日。

今期アニメは進撃と電磁砲の続き、ダンガンロンパでおしまいと思っていたのですが、何でだろう。ネットで最悪の糞アニメと評判の「犬とハサミは使いよう」が個人的に好きです。犬描写が可愛い。

「俺ガイル」、6巻まで読了。
電子書籍だとなかなか先が出ないから大変ですが、常に全巻持ち歩いているようなものなのでそのへんはOKかと。

まだまだ今期も始まったばかりなので、食わず嫌いせず見ていくと意外と楽しめるかもしれませんね。
  1. 2013/07/12(金) 10:21:00|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

悲劇への脱出。

そんな訳で、蒼魔灯をスタートしました。

久々の感想としては。


ポリっポリやないかい(驚愕)

流石に今見ると辛いなあ。
とはいえ、ゲームとしての楽しさ、悲劇的でダークなシナリオは健在。
むしろ画面で勝負出来ない分、システムとゲームそのもので勝負、という感じです。

さて、このゲームのジャンルはトラップアクションゲーム。
聞きなれないジャンルです。
続編も最近出ていないので分かり辛いですが、敵に対して直接攻撃するのではなく、罠を仕掛けて倒すゲームです。

罠は種類によって

・ダメージ
・拘束
・強制移動

などの効果を持ちます。

また仕掛けられるのは

・天井
・壁
・床

の三箇所。
それぞれ3種類ずつの罠を所持することが出来るので、計9種類のトラップと、地形ごとの特性(アイアンメイデンや断頭台など)で戦うことになります。

重要なのは、トラップの効果を組み合わせてコンビネーションを放つことが出来るということ。

簡単なものならベアトラップで敵を拘束し、壁からアロースリットを撃つ、といったもの。

序盤で不慣れだと2~3ヒットが限界ですが、慣れてくれば13~20ヒットまで引っ張ることが出来ます。
コンボを繋げたり、あまり意味の無さそうなもの(カビンやタライなど)でボーナス倍率を稼げばステージクリア後のArk(金のような役割をする魂の単位)が増えます。

なおトラップ発動には装備→チャージが必要な上、装備出来るのは天井、壁、床各一つ。
コンボを繋げるためには拘束時間とチャージ時間の兼ね合いが重要となります。この部分を詰め将棋のように構築していく面白さが肝となります。

初弾さえ当てればKO出来る、という腕になればますます楽しくなります。

なおシナリオはマルチエンディングでエンディング毎に違うレアトラップがもらえる上、所謂「強くてニューゲーム」が出来るので周回プレイもアリです。

イメージだけでいうならまどかマギカのほむら対ワルプルギスのような、相手に抵抗させずたたみかける感覚でしょうか。

ちなみに蒼魔灯はこのシステムでブレイクした前作「影牢」の続編に当たります。


【第1話】

馬車に乗せられ揺られているところで目を覚ます主人公レイナ。
母と弟と共に何者かに誘拐されていく最中の目覚め。
連れていかれたのは隣国の王の前。

先代の王が戦争に敗れた報復に国民を誘拐、過酷な労働を強いるという陰湿な王はレイナに目をつけ、身体を差し出すよう要求する。

「それでも国王ですか!」

激しく非難する母親。

「よくない、実によくない」

国王は誘拐の実行犯ミゲルに指示。
ミゲルは容赦なく母にナイフを突き刺す。

失神するレイナ。
意識が遠退く際、弟が刺される音が聞こえる。

地下牢で目を覚ますと、空気穴から少年の声が。

「このままだと殺される、これを使って逃げて!」

穴から投げ込まれた宝石を手に取ると、レイナは紫の霧につつまれトラップが使用出来るように。

見回りに来た地下牢の番人を、少年の声に従い葬り去る。
あまりの破壊力に恐怖するレイナだったが追っ手を振り切るためやむなく応戦することになるのだった。

というのが一話の内容。
この後、国王側、人さらいの集団、トラップを使う人間たちの人間関係が複雑に入り乱れて戦いに巻き込まれます。
けっこうよく練られたシナリオと、一話一ステージのテンポの良さが魅力です。

とりあえず思い出しながら続きをやりたいと思います。
  1. 2013/07/10(水) 06:30:03|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

黒髪のヒロイン。

某掲示板で「黒髪のヒロイン」と書かれてパッと思い付いたキャラクター。

1、黒猫
2、千反田える
3、三日月夜空
4、雪ノ下雪乃
5、ト部美琴

五人挙げてみて解ったのが意外と思い付かないこと。
挙がったキャラクターがほとんどメジャーリーガーばかり。

ゲームならまだまだ思い付くのですが、漫画やアニメ、ラノベとなるとまだまだにわかのようです。

さて、今期もいよいよ終盤ですね。
特に俺ガイル、魔王さまが終了したのは痛い。かなり楽しんでいた作品なので。

萌え枠も良いですが、熱血燃え枠の拡充も求めたいところです。

話は戻りますが、他に有名な黒髪のキャラクターっていましたっけ。
なんか頭の端にひっかかっていていそうな気がするのですが。
  1. 2013/07/06(土) 15:51:07|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ