FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

鳥の目で夜道を千鳥足。

いや、タイトルに特に意味はないのですが、ガールズ&パンツァーが想像していた以上に面白い。
最初から大量に登場してサッパリ理解不能だったキャラクターたちが3話あたりからぐんぐん魅力を増してきます。
あの絵柄ながら戦車というギャップもなかなか。

話は変わりますが、映画「逆転裁判」を借りて見ました。

感想としては

「お、おう・・・」という感じ。

原作ゲームの1をそのまま映画に持ってきているのですが、第1話と第3話はかなりざっくり削られています。

実写なのに原作のキャラクターの外見をそのまま踏襲しているのでもう「プロの役者で逆転裁判を演じてみた」と某動画板状態。

あくまで原作ファン向けと見るべきです。
単体の映画としては今二つ以下。
一応、主となる事件である原作1のラストエピソード「DL6号事件」についてはミステリー映画のお約束である、「ヒントと手掛かりは事前にフェアに提示」されているようですが、ミステリーとしても、少し弱い気もします。

ただ、さんざんこき下ろしましたが、原作をベースによくここまで再現した!と称賛を送りたいです。
ヒロイン綾里真宵のキャラクターには違和感がありますが、全体的にはよくまとまっていました。

劇場板龍が如くは真島さんだけが光ってましたが、本作品ではちゃんと逆転裁判のキャラクターを演じていました。

あとは原作と同じ突っ込みをしなければ楽しめます。(ゲームシステムのために仕方がないのですが、現場の刑事にしても凄腕の検事にしても、素人が3分考えれば分かる見落としをしてしまっている、など)

色々問題点はありますが、なんか逆転裁判だ!!的な映画として視聴するといいです。
原作は間違いなく名作ゲームなので、アプリでもいいから是非1をプレイしてからがオススメです。
レンタルでなら十分元はとれますので、よかったらどうぞ。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/10(土) 22:32:13|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2