日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

最終兵器、ここにあり!

「俺が死んだら、HDのフォーマットを頼む」

用意していた最期のセリフ。
それを使うことはもう無いでしょう。

今、手元にこんなものがあります。
















「完全抹消2009」














そう。PC内のデータを、OSごと官公庁規定レベルまで粉砕・復帰不可能にしてしまうというアレです。
これをクリックすること。
それは、オタ道との完全なる決別を意味します。


流石にこの決意は時間がかかりましたが、ついに使用することにしました。



さらば!オタな日々よ!


※「俺が死んだら携帯のデータを抹消してくれ」という台詞はまだ残っている訳ですが。



ふと思ったのですが。

色々お祝いメッセージを頂いたお礼に、何かしらのリクエストがあれば答えてみようかと。
むしろリクエストなど有るわけないから暴露爆弾。

①閉鎖覚悟で18禁系なお話

・プロの方がいるお店のお話。
・又は、素人のお話

②ファミレス黙示録(よっしーさん的なイメージで)

③行くぜ!脱オタ!
オタを脱する時期や、実際にやってみた手順のお話


などなど。

…何を書いているのか意味不明なんですが、今日はこの辺で!

(投げた)
スポンサーサイト
  1. 2009/09/24(木) 21:14:55|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

猫と泪とオタクと女。(意味なし)


いつか、こんな日が来るとは思っていたんですが…。

箱〇なんかの一部のコンシューマを除き、オタ道から撤退することにしました。色々なツテで、これまで購入したゲームなんかを処分してます。

理由なんですが、

ついに、当たりました。
順当にいけば1年足らずで、人の親になることに。
出来ちゃった、ではなくそのつもりだったので、後悔はありません。

本当、人生は分からないものです。


引退、という訳ではなく、ルート分岐みたいなイメージ(最早2次的思考が離れない)


でもやっぱり、年齢的についていけなくなってきます。

…下半身g(ry

あれエロゲの主人公って、少年みたいな顔だちのクセに中身は相当ゴリマッチョですよ。
とりわけハーレムルートを平然とこなす類の主人…

いや、話がメチャクチャですね。どんなブレ方してんだ(笑)

以前、結婚の話をブログに載せたときに「リア充」ですね、といった内容の意見を匿名で私書箱に頂いたのですが、そのへんは個人の価値観で「リア充」の定義はいくらでも変わると思います。

結局のところ、やっぱり時間的、金銭的な制約はかなり増えます。そのあたりも撤退理由の一つですね。もし、年収が億単位あったらオタをやめることは無かったでしょうし…。

色々な意味で余裕が出来たら、また何かしらプレイしてみたいですが。
今後2次分が足りなくなったら携帯で画像を探してさ迷うことでしょう。

ブログの更新は続けていきますが、話題のスタンスは幾分変わる、と思います。

昔みたいに、過去のゲームについて語るのも面白いかも、と勝手に思ったり。
  1. 2009/09/21(月) 16:18:09|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

さぁ、壁の向こうへ!(2次的な意味で)


ラブプラス、購入レビューです。
現在76日目。74日で愛花嬢からの告白を受けた(多分遅い方?)、という段階です。

感情移入するとおかしなレビューになりそうですので、あくまで「ゲーマーとしての」レビューをしようと思ってます。

冒頭で冷静に、とか言っておいて何ですが、それでも総合的に見て90点。

前半(というべきか?)の友達パートでは、3人の少女と知り合いになってから告白を受けるまでのストーリー。
システムはまさに「ときメモ」。主人公の1日の行動パターンを決め、ステータスが上下し、女の子とのイベントが起こる。これの繰り返しですが、テンポよく発生するイベントと、甘いストーリーで飽きが来るということはありません。

また、この友達パートの段階では音声入力がなく(終盤に若干発生)、ゆっくりゲームに慣れていくことが出来ます。

グラフィックは一枚絵とポリゴンに差がありますが、脳内補正は充分可能なレベルだと思います。
むしろ注目すべきはDSでここまでの造型をやってのけたことと、とりあえずテキスト以外全部女の子のモーションに容量をぶちこみました、と思える優秀なモーション。さらに音声はまさかのフルボイス。演技派声優の採用と、一体誰にリサーチしたのか名前呼びかけシステムが売り。

今の段階で不満な点はありません。ラブラブで激甘。コナミは超本気モードです。

ただ、難点は一つ。

「DSごしのキャラクターに話しかけられるか」

この壁が最も高くぶ厚い。そう思いました。(壁の向こう側から語っています)

今回はとりあえずここまでです。次回は恋人パートについて。

では!

  1. 2009/09/09(水) 14:26:07|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0