日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

【超どうでもいい話】ももたろう


さて。


家に帰るとおじいさん、同じく何の躊躇もなく桃をカットします。

きっとさっさと解体してご近所さんに配ってしまわないと腐ると思ったのでしょう。


サクッ。


すると


「おぎゃあ!」


珠のような赤ん坊が桃から飛び出てきたそうな。














…ん?














仮におばあさんが両手を広げた程度の大きさの桃だったとして、果肉部分を均等割するようにナタを入れたのなら中にいる桃太郎は想像を絶するピンチ。
文字通り真っ二つです。













これはもう間違いありません。

「おじいさん」と「ももたろう」は互いの「殺気」を読む能力に極端に長けているのです。














爺「行くぞオラァ!」
桃「甘いわコラァ!」














そう。まさしく阿吽の呼吸で桃太郎は生涯のピンチを乗りきったのです。






(続く)
スポンサーサイト
  1. 2009/06/16(火) 03:04:32|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【超どうでもいい話】うろ憶え「ももたろう」


桃太郎。

日本人なら誰もが知っている、有名なお伽噺ですよね。

あれって、そもそもどういう話でしたか。

とりあえず印象に残る順番でいけば…冒頭から。

「おじいさんは山へ芝刈りに。
おばあさんは川へ洗濯に」出かける。

もう百年繰り返されたフレーズですね。

おじいさんとおばあさんは例えどんな職を持っていたとしても、とりあえず芝刈りと洗濯の印象しかありません。

シバ・カッターおじいさんと、クリーニングマスターおばあさんです。


さて。

おばあさんが川で洗濯しているところに、遂に主役が登場。

「おおきな、おおきな桃がドンブラコ、ドンブラコ」と流れてきました。




想像してみましょうか。

自分が仮に川で洗濯していたら、川上から異様にでっかい

「桃」

こいつが

「ドンブラコォ!ドンブラコォ!」

と奇怪な音を鳴らしながら流れてくる、と。
















怖ぇ!











逃げるのが先やろ!普通!
現代で見たらグレイあたりが出てくると想像するに違いありません。



…しかしおばあさん。
こいつを何の躊躇もなく家に持ち帰るのです。














…え?














相手は浮力にまかせて水面を漂流する巨大桃。
おまけに後で分かるのですが、中には小さいながらも赤ん坊が。

ということは、おばあさんは川にプカプカ浮かぶ数キロもある桃を強引に持ち去った計算になります。

非力だし、俊敏でもないおばあさんが一体どうやって。











「うぉらあああああッッ!」







ズボォ!









スタープラチナばりの高速パンチで桃の実に自分の腕をブチこんだ、ということにしましょうか。


こうして、桃は無事おじいさんとおばあさんの家に持ち帰られた、と。


(続く)
  1. 2009/06/16(火) 02:53:35|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【リレーSS】参加者様へのご依頼


黒猫です。
リレーSS、晴れて開催確定となりました。
ありがとうございます!

さて。
今回参加表明頂いた方に、いくつかの準備に協力を頂きたいと思います。




①編集の方法

A:黒猫から皆様に管理用パスワードを配布する。

メリットは、後の推敲や修正が容易になる点と、自分の思うタイミングと機材(PCか携帯)で入力が可能。

デメリット:クチコミの編集が出来ない方はちとめんどい。


B:黒猫の携帯メールで全て回収、後に黒猫が編集を実施。

メリット:操作がメールだけなので楽かも知れません。

デメリット:後の修正が煩雑。
また、PCメインの方はイメージの違う文面になるかも。


②世界観

キャラ設定をするにあたっての舞台設定
(多数決予定)

【時代】
古代・近現代・未来

【舞台】
国内・国外・ファンタジー

【非日常的表現】
あり・なし

※例えば、超能力や背中から羽が生えてる、など


これらについて、参加者の皆様に選んで頂きたいと思います。

お手数ですが、こちらのブログのコメント欄に返信を。


※物語にある程度枠組みがあるほうがシナリオやアーカイブスを描きやすいかと思い、このような形にしました。

また、今から参加して頂ける方の参加表明もこちらでお待ちしております!
  1. 2009/06/02(火) 00:20:21|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10