FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

海辺を歩いて。【追記あり】


旅の軌跡シリーズ第二弾。



今回はブリア海岸。



もう幾度となくファストトラベルしたせいで、そもそもハイデル平原に隣接した土地だったことを忘れていた。



道中、木がだんだん南国風に変化していくんですよね。



で、すぐにローテスの村に着く。


新人覚者のときは新しい土地を探り探り歩くものだから、新しいロケーションに入ってすぐ村だったのは有り難い。


ここを拠点にあたりを探索するんだけと、そういや隠し浜の盗賊が最初やたら強かった気がする。




あと、ほとんど挨拶に近い頻度でここのハーピーと何故か戦う。

よく考えたら無理して戦わなくてもいいのにね。

ここを通るファイターはペンライトを持たせたいくらいの勢いで天蓋斬りで手を振ってるという。






浜辺にはいつもフリーダムに巨人が歩いていた。
進撃の巨人コラボもあったっけ。




陸上戦が多いddonにしては割と広大なロケーション。





難破船なんかもあり、しかも船の中も探れた。








そしてやはりブリア海岸といえば灯台。




シールドセージのジョブマスターであるルドルフォ爺さんがいるんだけれども。




初期のころはここに転移できなかったという地獄。


故にローテスの婆さんから爺さんの無事を確認するだけの謎のクエストがあった。


またジョブ修練の報告の為だけに海岸を横切り崖と洞窟を駆け抜けるという亀仙流の修行をさせられているような覚者が多発した。




そういえば、なんとなくだけどうちのクランマスターをはじめ、各クランのマスターってセージ率が高かったような気がする。

印象だけかもしれませんが。




で。



同じ浜辺なのに南側に回ると急に酷い難易度に変わる。



こんな奴が平気で壊滅した村をノシノシ歩いてる。嫌がらせか。


こう見ると、初期のワクワク感を思い出す。
プレイの度に新しいロケーションが増えるというのはモチベに繋がりますね!



さて。

次回は森でも歩いてみようかな。



【8月28日追記】

どうするよお前たち。




さて森でもスクショとるかなー、あ、黄金石あるしポーンの防具のために11連ガチャやるかー。


【この引きが現役時代に欲しかった】

→至高アッカーシェラン女戦士の鎧
→失われし古代装束

同時入手。

ここで引くか……そうか……


アッカーシェラン女戦士の鎧は大竜晶破壊戦のボーナス獲得装備。

失われし古代装束は最後のボックスロット





「廻天の流民」の装備(IR150)



ホント最後の最後に………。



もしかしたら、これを最後の啓示と受け取り伝説に挑戦するかもしれません。




さしあたりレベル上げも必要だし、どうしよっかなー、やるかやらないか悩ましいところです。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/28(水) 02:27:57|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

その旅の行く末。


ドラゴンズドグマオンライン、ついにクリアしました!

良かった。
ガチ勢でも最前線でもなかったけど、それでもメインシナリオは最後まで進められた。

それだけでも満足です。

あとはサービス終了までのんびりあちらこちらを歩いて、思い出をスクショに残そうかなと。


【持ってる】

色々と偶然の面白さはこのゲームで経験しましたが、最後の戦いでアツい展開。

黒騎士戦で、回復アイテムも底をつき諦めかけた時にポーンの「蘇生」が2連発で発動し勝利したこと。

レオ戦でのラスト、レオとrainのブレイブスレイドが全く同時に発動して二人の演舞のようになり最後の一撃で決着がついたこと。
(本来なら多分途中で止まるはず。攻撃軸が微妙にブレた?)

この2つは忘れられないなぁ。
ある意味ご褒美なバトルでした。



途中引退もしたし、あまり偉そうなことは言えませんが、終わってみてやはり面白かった。

ジョブもオープニングからラストバトルまで、意地でファイターを貫き通せたのも良かった。
途中目移りもしたし、色々と他のジョブも遊びたいとも思いましたがファイターで良かった。
遊んでいて楽しいキャラクターでした。


【戦徒たち】

ラストバトルもメインポーンで戦えるまで育てていて良かった。

やっぱり4年近く遊んだキャラクターだと思い入れもひとしおなんですよね。

それだけにサービス終了は惜しい。



シナリオ自体もまぁ、「そうだよなぁ」という感じがしました。
例によってネタバレはしませんがそんな印象。



【ラストバトル】

ぶっちゃけキツかったす。

いや、反則でしょあれ。
とりあえずアビに竜狙、竜護、人狙を軸にあとはいつもの構成でいきましたがそれでも終盤は介護地獄。

攻略パターンがわからなかった時は「何やっても体力が減らねえ。こんなに差があんの!?」と焦ってました。



【さあ、世界を歩いてしまおうか】


次からは別ゲーム(多分ニーア)をはさみつつ、サービス終了までの間にマイポーンたちとレスタニア各地をゆっくり散策し、旅の軌跡をなぞっていくつもりです。

どこかでお会いしたら、その時はよろしくお願いします。

  1. 2019/08/22(木) 17:59:02|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

竜力をもとめて。


どうも。

ある意味今もっともddonをエンジョイしている系覚者の黒猫です。



【なんじゃこりゃああああ】

噂には聞いていたエクストリームミッション




に挑戦。


メインクエストの流れで予備情報なしで挑戦。

新兵器もあるしなんとかなるだろ、と。


結果「命からがら」クリア。


んー、つまり。

①アイテムの持ち込み禁止空間
②小さなミッション多発
③成功すると「チェイン」が貯まる
④プレイヤーが死ぬと「チェイン」が減る
⑤5チェインでボス部屋チャレンジ可
⑥一定個数の「チェイン」を稼ぐと報酬増える
⑦報酬はIR130の竜防具。竜力の内容は運次第

ってことですかね。

宝箱が増えたらチェインが減っても維持されるみたいか。

すんごい大縄跳びじゃないですか。


報酬かかってる場面で死んだらすげえギスりそうだ。

【竜防具】

部位系の防具なので、ガチャで出た一式装備が不要に。

ただ武器防具が直に報酬になるのはキライじゃない。








ふふん。







ミスターアンチェインと呼んでくれたまえ。
(意味から何から大違い)




と。いうことで。

現在は最強級のサポートポーンをレンタル。

頑張って6チェインまでつなぐ→ボス部屋直行→ずらかれ!

を繰り返して自身とポーンの装備を交換していってます。





攻略方法あってんのかこれ?


ではー!




  1. 2019/08/10(土) 23:04:15|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

限定版の果て。


と、いうことで。
悪しき竜を撃破しました。
一応、season3は限定版を買っていたのでこれで元はとったと思いたい。(関西人特有の思考)

購入当初は「正直season3限定版は若干損したなー」とちょっと思っていたのですが、サービス終了後もサントラが残るので今思えばこれはこれで良かったかも。



ddonのBGM自体は結構好きなんですよ。



さて。

再開してからはしばらくただひたすらに換装を繰り返していました。
たまたま一式の115装備が当たったので残りは素材をバザーで。

今までのガチャ外れ品の中から最後にちょっと着飾りたいなー、と思う装備以外をバッサリ売却。
それを元手にポーンたちの装備を一新。
その過程でシルチケガチャを引いたらポーンたちの130武器が連続で当たり、武器の換装は中止。

というか何故ポーンばっかり・・・。

一通りの装備を揃え、いざ悪しき竜のねぐらに。

なんというか、全体的に画面が赤い。





マグマ地帯だから仕方がないけど、目に悪いなぁ。



で、悪しき竜。






ゴメン。


















ブッっっさいくやな自分!


















失礼。

ドラゴン種ってもうちょっとほら、ね?
こう。

ありますやん。


敵ながら絵になるといいますか。





ところが最初の印象で思ったのは



「鼻の穴でかいな君」


ごめんよ顔悪しき竜。あとネド王子のおかん。(言いたい放題)








気をとりなおして総力戦。



ジリアンと武田信玄、リズ、ガルドリンとなんか弓使ってたやつ。
誰だっけ?エリ・・・エリなんとかさん。

そこにネドを含めこれまで戦ってきたメンバーが勢揃い。

内容自体は第3シーズンのラストに相応しいなかなか熱いバトルでした。


攻撃パターンも多彩で、即死に近い攻撃もあり。
唸るほど残ってたウェハースやケーキを連打するという大変申し訳無いのですが明らかに力押しをさせていただきなんとかKO。

あ、申しおくれましたが。

黒猫はRPGだとエリクサーなどを最後までとっておくタイプです。
サービス終了が確定している以上もう何の遠慮もしねえと回復薬にものをいわせてタコ殴りにするというあまり勇者っぽくない方法でしたが。



【そして】



次はいよいよ最終節。
season3.4にあたる部分ですよね。



途中で引退したので結局やらず仕舞でしたが、ひとつだけやりたかったこと。
この際だからやってしまおうと。

これまでddonではseason毎にキャラクターの外見を変更していました。

「ddonはseason5で区切り」とネットの噂などを聞いていたので引退しなければそこでやるつもりでしたが。





最終節はやはりあのキャラクターと対峙する話みたいで。




ならば。
物語の締めくくりとして、この格好で臨むべきかなと。


























































次回、引退覚者の延長戦。
どうなることやら。
  1. 2019/07/23(火) 23:28:35|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

2020年のきみへ。


さあ、最後の旅をはじめようか。



今年の12月をもってサービスを終了するddon。

やっと冒パスの購入と発動が終わったのでいよいよ最後の冒険に出ます。

ついでに、ざっくり思い出とスクショなどを。





①きっかけ。

前作のダークアリズンが凄く楽しくて。
擬似オンラインゲームのddonが本当にオンラインになった。
世界観を保ったソロも良かったけど、なにより「ウルドラが終わってあらたな旅を始められる」のが嬉しかった。






②新人覚者だな?




グリッテン砦。

この坂からすべての冒険が始まった。

まさか後々この砦が無数に攻めこまれるとはこの時はつゆ知らず。




③神殿







毎回の始まり。
何回ここに降り立ったんだろう?


クラン酒場。



ここで申し込んだことで後の遊び方が大きく変わった。

クランは色々とあったけれど、ネーミングセンスの良さに笑って申し込んだ。
クランの皆様には感謝している。






④ハイデル平原。

神殿を一歩出たところ。
すべての冒険の始まり。
音楽とフィールドの壮大さに感動したっけ。




一番基本的なフィールドで、草原が綺麗な舞台。





テル村。




最初はこの村に行くのさえスタミナが不足した。

テルサイ。
おそらく一番多く戦った大型敵。




何度も何度も戦った。
初めてで右往左往しているときにクラメンに色々と教えて貰った。
一番初期の限界レベルまで助けてもらったっけ。


アーク



一番最初のマップに忽然と現れた謎の建造物。
新たな展開にワクワクと。



(つづく)
  1. 2019/07/16(火) 03:30:29|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ