日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

season3.2開幕~。


このところ別ゲーの記事ばっかりでしたが、ddonは地味にプレイし続けておりました。



色々新システムが導入されていい感じ。
特に修練緩和は素直に歓迎したい。



割と好きな声優さんの早見沙織さんが来た!
と思ったのですが、意外にも今のメインポーン達の声に結構愛着がわいているのでとりあえずスルー。
クール声にあてると俺ガイルみたいになるのかなぁ。



【賢くなったぜ!メインポーンズ】



①たまに遅い。

1号「あの敵は、炎が弱点です!」

2号「炎の攻撃が有効」

3号「炎が効くみたいですよ!」





1号「・・・・」
2号「・・・・」
3号「・・・・」








炎の攻撃はせんのかーい!








②閃きも初期のうちは。


「流れを変えるなら、今だ!!」





ピキーン!









「柔化」










































!



!







まぁ、修練しつつIR 100の素材バザー待ち。

攻略のとっかかりの武器が出来るまでは、黒呪にでもいこうか。









スポンサーサイト
  1. 2018/04/13(金) 19:45:13|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょw



レンタヒーロー舞台化!?


一瞬、エイプリルフールネタかと思いましたが4月1日はまだ遠い。





一体どの層に向けてなのかと思いつつもぶっちゃけ俺得です。   


ただ日程と場所が全然ダメでした。

映像化でもいい。
オンデマンドかDVD化してくれ!


このゲームのキャッチフレーズ

「超一流のB級」

という言葉が凄い好き。



【最近のddon】



今のところのステータスは控えめに言ってまだザコ以下。

いずれ来る最前線バトルの為にも、まだまだ色々とこなしていかなくてはなりません。



とはいえ、毎度毎度進行が遅れたときにクラメンさんに

助けてクラエも~ん

と寄生ばかりさせて貰うのも考えもの。

うちのクラメンは皆優しいので手伝ってはくれるのですがそれに甘えてばかりというのもイタダケナイ。


で。



結論は【ソロベースの部分をもう少しいじってみる】

どちらにせよ深夜の民である自分にとってポーンのビルドは生命線。

少し詰めながらアビリティ構成を練り直していってます。
現在2人目まで終了。
現在3人目とスピリットランサー修練中。

ちなみに装備も少しずつIR95に換装中。

物理防御2700くらいは欲しいところ。







★アビリティ考察。
(書きながら自分で考察。このゲームを知らない方向けの解説をいれる為、現覚者の皆様にはクドイ内容です。すみません。

【ソーサラー】

まずは相棒ことソーサラーのmimi。



ベタといえばベタの構成。

魔増、泰然で魔力を上げる。
攻○で各属性の攻撃力を上げる。
重歩と穿歩、続詠での詠唱回数安定化。

ここに【戦徒】の効果で破壊力の上乗せが加わるので現在の時点では十分戦えます。
ブリアロが1発入ればそれで戦闘が終わるレベル。戦徒はほんとに公式チートです。


あとはやっぱりダークネスミストを剛にしていきたいところ。

ハイオーブは廃オーブですよ。全く。





【シールドセージ】

鉄壁の守護神(にしたい)シールドセージyamato。






加護(総ダメージカット)
抗意(ガード不能ダメージカット)
防属(属性系ダメージカット)
壮防(ガード時のスタミナ消費減)
硬視(タンク用防御力増)
堅牢(盾ガード力増)
気鋭(防御力増)

のアビリティと、装備品で追加した

高堪(耐久力増)
緩刃(斬属性ダメージカット)
強靭(打撃属性ダメージカット)
英気(スタミナ増=ガード回数増)
壮健(防御力増)



とりあえずエンチャントとヘイト取り以外の部分をほぼ防御力アップにぶっこんだ壊れ構成。
プレイヤーがシールドセージだとこんな構成は出来ません。
また、プレイヤーが赤職(攻撃担当)でないとキツイ内容だと思います。


これを踏まえてスピリットランサーのアビリティを構成しています。
多少攻撃を犠牲にしてもコア関連をメインに。あとは独自のスピリット蓄積系かなぁ。

そのへんはまた次回考えよう。

内容はさておき、今回はスクショか使えて満足の黒猫でした!
  1. 2018/01/23(火) 02:44:53|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戯れ言気分で。


さて。

さらっとddonを再開しております。

現在はメインシナリオを少しだけ進めてから、エピタフロードの開拓→修練→ハイオーブ集めetc。

装備素材も欲しいところですが、ここはもう一踏ん張りしてポーン達の修練を詰めておきたい。

メインシナリオも楽しいけれど、まずは足元をしっかり固めてから。

最近はメインポーンたちの育ち具合もなかなか気に入っているので、次のシナリオボスは是非ともソロ撃破を狙いたい。




【追記】

実はずっと使わないで貯めていた「シーズン3リミテッド版」のサポートコースの保管期限がギリギリ(たしか180日だったはず)だったことに気がついて、ここで一気にトリプル発動してレベリングしました。


そのまま勢いでメインシナリオをクリア。
例の「骸の将」と戦ってみたのですが、多分前回の「獣の将」でバランスに批判でもあったのか、ソロでもクリア可能ないつものメインシナリオ程度のボスの強さになっていました。

「このオーク、モゴックよりも強い」

と鳴り物入りのボスでしたが、個人的にはモゴックの方がスピードと手数、動きの読みにくさにおいて勝っていた気がします。
他のジョブの皆さんはどう感じたんだろう。

獣の将、骸の将も「途中で雑魚をちょいちょい呼ぶのが嫌らしい」ですが本体そのものの動きは割と大振り。

シールドセージがアビリティフル稼働で攻撃を止め、88大杖を装備したソーサラーがブリアロを連打。
事前の行動指示が効いたせいか、増援はスピリットランサーが即撃破と、奇しくも読み通りの展開に。


それもあってか、今seasonはチャリオットムーブ+刀牙「技」のペアがいい感じです。

相手から届かない距離を高速移動して斬り刻むスタイル。 
ただ、大型相手の破壊力ではやはり「剛」なので、運営さんへの希望として使い分けできるようにして欲しいなぁ。


「ワールドミッションをクリアしてから言え」と言われればそれまでなんですがw

そのあたりは後日ら頑張ってチャレンジしてみたいかと。



【2017の振り返り】

ざーっと2017年のブログを眺めてみたのですが、

正月からのddon復帰→映画アニメドラマの視聴→PC新調→スマホ機種変→ddon→ホライゾン

という感じでしょうか。

多分今年も似たような感じだろうなぁと思いますが、さて何をプレイしたものか。


【あらためて思うこと】

さて昨年、スマホ&ゲーム周りをかなり思いきって改造してみたのですが。

①スマホはこれでいい。これが至高。

AXON7の性能もさることながら、Biglobe simのエンタメフリー。これです。

通勤や、一人で店に残って仕事している時にYouTubeをbgmがわりに使っていたのですが、どうしても通信量との兼ね合いになります。

今までは動画サイズを極小まで落として、通信をセーブしながらでしたが今は一切気にせず。

データサイズも10ギガだったのを6ギガまで落として使っていてもまだ少しデータ残量を翌月に繰越しています。

いかにYouTube率が高いか、ですよねえ。

群雄割拠の格安sim業界なので、いつまでこのサービスが維持されるか不安になりつつも今はかなり満足。

通話品質も特に問題はないようです。

仕事で使用しても誰も気がつかず。

テザリングでの使用も可能なので、タブレットでの視聴も楽しいです。

②ゲーミングPC

steamさんマジぱねえ

予想以上に活躍しています。
昨今のゲームが様々な本体で遊べるようなイメージで、PS4、xboxoneとは別のもう一つのゲーム機。





色々ありすぎてレビューに困りますが、目下の悩みはスクショの使い方だったりする。


  1. 2018/01/18(木) 03:12:05|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

逆襲のボンクラーズ。


ヒャッハー!



どうも。



「人生がデモンズソウル」、黒猫です。



ちとまた仕事でバタバタしてますが、密かに再開していたddon。


プレイ時間のスタイル的にどうしてもソロメインになるので、ボンクラーズことマイポーンたちの強化に勤しんでおりました。


①ルナリアの転職。

「アホの子プリースト」として通していた3番目のポーン、ルナリアをスピリットランサーに。

コア出しと雑魚処理、ヒールスポット技の登場でスタミナ管理を。
緑職をこなしつつ、ソーサラーの援護に回復と多忙です。
コア特化のためあえて「コル・ミーティア」は入れず、CPUの異常な命中率を頼みに「コル・スパイク」を入れています。

「語らいのベル」で思考処理の優先順位を小型敵撃破に変更しているので、他のメンバーが大型とやりあっている間にコツコツ雑魚処理をしてくれています。感心感心。


②全体のアビリティ

これまでは個々のポーン毎の能力が万能になるようなアビリティの付け方を目指していましたが、方針を変更。

Rainを含めた覚者とポーン3人、4人で252ポイントをどう使うかでアビリティを敷き直しました。


【mimi】

とにかく大火力しか考えない。
魔力強化系アビリティに、重歩穿歩の動作安定系アビリティのみの構成。
いつ何処からでも大火力攻撃を行おうとするメタルギアみたいなソーサラーに。

【yamato】

防御系及びエンチャント系アビリティに特化。
とりあえず「盾持って立ってろ」という形に特化。

実際、今の彼女にクリーンヒットを当てるためには

何らかの形で攻撃力を130%に上げ、yamatoに気づかれない位置から、無属性の打撃系攻撃を当てるしかない、という訳の解らない状態。


とにかくyamatoが盾を持って粘る。
この盾を破るのに手こずっているうちに大魔法が飛んでくる。

雑魚を差し向けようにも槍を持った護衛がウロウロ。

風圧でも地震でも魔法を中断出来ない。

ソーサラーに気を取られているとアースクエイクの一撃で状態異常に落とされる


と、「敵から見たら嫌なことこの上ない」

3人を目指してみました。

【極めつけ】

発表から随分時間がたってしまいましたが、クラメンに勧めていただいた

「至高ジュエリー【戦徒】」

をやっと入手しました~。


もともと楽装&飛翔の腕輪とクエスト報酬で3つ分の下駄を履いていたとはいえ、とんでもなく時間がかかりました。

苦労して入手しただけあってその効果は絶大。
これでソロタイムの攻略も捗るってもんです。

と感慨にふけっていた直後に戦功勲章の販売。どういうことなの・・・





本編やアイテム探しもいいけれど、こういう




「自分なりのビルド」

をコツコツ組み立てていく攻略が好きです。


装備はまだまだ貧弱だし、クランのメインメンバー達と比べるとレベルはあんまりですが、「独自視点でのファイター道」はこれからも追及していきたい。



【今季アニメ】

最近はあんまりがっつり視聴していませんでしたが、今季は「ネト充のススメ」が良かった。




ネトゲのプレイヤーあるあると、「ネナベのヒロイン」に「ネカマの男性」。
人間関係の描写が毎度毎度楽しめました。




あとは、「妹さえいればいい」

が何か妙に好きでした。




「はがない」の作者の方の作品で、ぶっちゃけ毎回話があんまり進まないし、作家裏話だし、無闇にアレなシーンをぶっこんでいるので「どこがどう面白いの?」と聞かれたら「いや、わからん」としか答えようがないのですが、なんか雰囲気が好きでした。
ただBGMは凄く好き。edテーマも落ち着いた曲調で最高。




【更新について】

例によって例のごとく、繁忙期はただでさえ少ないブログの更新がさらにまちまちになります。

食べ物屋の宿命とかそんな感じですが、何か思い付いたらまた更新致します。

場合によっては今年ラスト更新かもしれませんので先に言っておきますね。

今年もこのヘンテコブログをご覧いただき、ありがとうございました!

皆様、よいお年を!








  1. 2017/12/22(金) 00:49:13|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アッカーシェラン、ファイター異聞。


season3をしばらく進めてみた上で、(変な)ファイター視点でのお話。




【戦甲、おさらい】

今回のseasonから登場した「戦甲種」

早くも賛否が別れています。
硬いし強いし厄介だし、というのが個人的な感想です。

公式にも書かれている内容ですが、改めて確認しましょう。






①戦甲をパーツ毎に破壊する必要がある。

②戦甲には自己修復機能と魔物を強化する機能がある。

③戦甲には「吹き飛ばし力」が有効。

④戦甲の状態は無傷→赤ヒビ→白ヒビ→破壊の段階がある。
与えるダメージについては無傷から白ヒビまでは吹き飛ばし力(紫の数字)、白ヒビから破壊までは通常の攻撃力(オレンジの数字)に依存する。
パーツを全て破壊すればダウンを奪うことが出来る。

⑤ヒーラー職には、戦甲の修復を止める能力がある。またその力が働くと戦甲部分が緑色に光る。
緑に光っている部位は与ダメにもボーナスが入る模様。

⑥続けて同じ部位の戦甲を攻撃するとダメージにボーナスが加わる。


⑦一部スキルには戦甲破壊に特化したものがあり、カウンターで当てることにより一撃で無傷から白ヒビ状態に持っていける。


⑧戦甲の自己修復能力は赤ヒビまで。
白ヒビまで持ち込むと回復不能。
ただし戦甲による能力強化などは残っている。





うーん。

まぁファイター的に要約すると、

「吹き飛ばし」を上げて物理で殴れ

ということですねわかります。



【黒猫的ポイント】

①チャンスタイムは来ない。期待してはいけない!

これまでの大型モンスターだと、スタミナを奪うなり侵食核を破壊するなりしてダウンを奪う→フルボッコタイムでdpsが高い技を叩きこむというスタイルが基本でした。

ただ戦甲種は戦ってみた感じ、戦甲破壊時のダメージが重なって最後の一部位を破壊しダウンを奪ったときには大体の体力を奪い去った後になり、いわゆる「フルボッコタイム」のウェイトがそんなに高くありません。


そういう意味ではゴーレム系と戦う感じに近いのかもしれません。



②ファイター的にはどうするよ。

今のところはセオリー通り、一部パーツを執拗なまでに集中攻撃、というのが理想かと。


余裕があれば武器2本持ちで、1本には脆弱クレ×4をセットして軟化(吹き飛ばし効果アップ)を狙うのがいいかもしれませんね。


③補助を大切に。

出来れば緑職は帯同したいところ。
やはりヒーラーの弱体化によるダメージ上昇と回復ストップの効果は大きい。



【現在のスキル構成】
 
また変更はするかもですが、今はこんな感じ。

メイン(道中)

①刀牙昇斬
②円月斬り
③直下突き
④流剣閃

サブ(大型)

①弐段突き
②天蓋斬り
③チャリオットムーブ
④豪溜斬り


まさかのブレイブスレイドレギュラー落ち。


いや、強いしいいんですがどうも戦甲には向かない気がします。

全体の傾向としては動いている相手との立ち合いでダメージを重ねるラン&ガンなスタイルが必要なので、こういう形になりました。

メインパレットも円月以外全面改修。

★基本的に大振りの物理攻撃が主力の中型敵が多い

★新seasonで性能に恩恵あり

の刀牙と、アビ構成を変更したことで下がったガード値の補助のために入れた流剣閃が主力。
直下はカウンター練習と吹き飛ばした雑魚の追い討ちを兼ねて。

流剣ではオークの背後まで回れないので、流しながら側面に立ち密着状態から削り上げるように刀牙を放つのが基本戦法。
オーク種は複数ヒットを繰り返し当てるとのけぞり→ダウンとなるので上手く立ち回れば一方的に攻撃可能。


サブパレットはまだ悩みどころですが、やはりチャリオットムーブ。
今seasonこそまさに主力となるスキルと思います。
大型の属性不明の全体攻撃、状態異常ブレス、さらにファンタジー世界に似つかわしくない砲撃など、有用な場面は多く存在。

弐段はブレイブスレイドと並ぶファイター屈指のダメージブロー。
また多段攻撃を活かしてデバフにも良い。

他ジョブの邪魔をせず、かつ今回特に使える軟化攻撃もこちらで。
強化されたセンチュリオンを乗せてもいいけど、今のところこちらの方がダメージと蓄積のバランスがいい感じ。


豪溜は相も変わらずのファイターの欠点、

「高い位置の攻撃が苦手」

を補うために必要。

緑職の指定した部位にも攻撃しやすく、今seasonも外せない。

天蓋は一応、というところ。
戦甲以外のメデューサなどに対処するために入れています。


【4人で倒す】

意識しているのは、プレイヤーのみで戦うのではなくパーティで倒すという点。

メインポーンはまだまだですが、season2クリアレベルには来たのではないかと。
アドタラは直行5分で沈めました。
あと少しで最前線レベルにはなりそうです。

ファイターとプリで戦甲を削り、ソーサラーが白ヒビを破壊。

そういう戦い方を中心に奮闘しています。

細かいことはまた次に~。



  1. 2017/09/01(金) 17:35:39|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ