日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

精霊竜の王。




ずっと放置していたメインシナリオを終了。

レスタニアに流れ着いたフィンダムの覚者セシリーから始まったseason2の物語ですが、覚者rainもようやく追いつきました。

レベル77のポンコツファイターですが、まだまだ頑張ろう。




【振り返ってみると】

結構、いやかなり良かった。

物語としても面白かったように思います。

重要な人物達が色々大変なことになっていきますが、それはそれで。

盛り上がるところはきちんと盛り上がっていたし、ラストバトルはラストバトルで楽しめました。

ゲームシステムもseason1から2になり好評でしたしね。これからにも期待したいところ。



【黒騎士】

強いことは強いんですが、なんというか

「ワケがわからない攻撃」

が参りました。

自分や他の近接系のプレイヤーって、敵の攻撃モーションを起点に闘ってると思うんですよ。

物理攻撃なら肘まで振り上げたらガードしたり、魔法の詠唱のそぶりをみせたら圏外に逃げたり妨害したり。

黒騎士はそのあたりがどうも素直じゃないなぁ、と。
(何かそれっぽいモーションを見落としているだけなのかもしれませんが)

黄金竜も初見は理不尽だと思ったので、まぁそんな感じと今後のために考えて努力しようと思います。


黄金竜とアレの打倒に協力していただいたクラメンの皆様、本当に助かりました。ありがとう!


【銀と金】




Amazonのプライム会員にいつのまにかなっていました。

そういや以前お試しでお急ぎ便入れたっけか・・・。

サービスを使ってなければ年会費の変換も出来るみたいですが、プライムビデオのラインナップをさらっと調べて変換要請をしないことに決定。
season3くらいからずって見ていなかったウォーキングデッドの続きや、ドラマ版「銀と金」もあり、なかなか内容も悪くない。
これから部屋の模様替えも考えているのでお急ぎ便も踏まえるとこのままサービスを受けたほうが得と判断。

ちなみに銀と金の名セリフ

「一国を買えるほどの金」

を聞いて、うちのクラメンさんを思い出したのは内緒の話。




スポンサーサイト
  1. 2017/04/04(火) 12:34:19|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

下拵えは続く。


以前、「キャンペーンが来たらガチる」
と宣言した途端に経験値アップが来たという罠。

予告した通り、ただ今「season3に向けた強化」に没頭しております。

season2.3もまだまだ始まったばかりで、来週あたりには黒騎士がらみのGMやら何やらも来るとは思いますが今回は我慢。

真夜中にさ迷う民にとってはやはりメイポたちの強化が大切です。

ソーサラーMimiには「ロックビート」「ブリザードアロー」の修練を行い、サンダーレイン意外に攻撃の幅を増やすように。

シールドセージyamatoにはちょっと難易度が高いですが、アルケミストアビの「硬視」を。
間に合うかどうかは怪しいですが、出来ればストーンライトも何とかしたい。

プリーストLunariaには加護の修練に加えてスピリットランサーのアビから使えるものを模索して移植予定。

自身は勿論スピリットランサーのレベリングを。

並行して、メイポ3人の装備を75弱に張り替えも。(未だに真白竜装備だった)


ファイターのレベルも重要ではあるのですが、後々のために今は地味な頑張りを続けている感じです。

先は長いですが。

  1. 2017/03/29(水) 10:04:59|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

現状と報告。



昨日ようやくシーズン更新が終わり、軽く触ってみた次第。

season2最終だけあって色々展開が気になるところではあるのですが、当分はまったりとプレイしていきたいと思います。
年始に色々ゲームを購入しているので、そちらの紹介もしないと。

特にXbox作品はもっと紹介していきたい。
番犬2もサワりだけプレイしましたが凄く良いんですよ。
ありえない程綺麗な画面と膨大な世界。
シャドウオブモルドールの続編までにクリアできるか。


サラッと触った感想としては、やはりパレットチェンジのスピードアップが有り難い。

道中と大型、結構な頻度でスキルを切り替えるので割とストレスだったんですよ。
season3ではさらに今の半分の時間で、とかはムリですよねえw

season2.3は期間まるまる使ってシナリオをクリアしながら、自身とポーンとを鍛え直していきたい。
ファイターとランサーの二本立てが成立するのはいつの日か。

今seasonもどこかで賞金首や経験者値ボーナスが入ると思うのですが、そこでガチろうかと。ネカフェとかで。



【携帯】

まだそれなりにタフなのですが、やはり購入時と比較すると愛機ゼンフォン2のバッテリーが弱くなってきましたねえ。
1日きっちりくらいの電力。
ヘビーユーザーのスマホは2年限界説かもしれない。
とりあえずスペアバッテリーを購入しましたが、ゆくゆくは機種変更も考えるか。

ゼンフォン2のスペックを考えるともうこれを上回るのがゼンフォン3deluxeか、ファーウェイのmate9しかない気がします。



そんなこんなでまったりプレイですが、クラン関連の貢献が全く出来てないのが皆様には申し訳ないなぁ。



  1. 2017/03/22(水) 22:42:49|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

足取りは重く軽く。




シーズン終盤。
スピリットランサーの育成を皆様に手伝って頂いたお陰で55レベル分を稼ぎ、500レベル達成で以前取り逃していた念願の「重歩 軽」を入手。


ログイン後報酬のコイン70枚を受け取り、そのまますぐにイニアスの怪物をひっぱたき90枚達成。



いやー、ありがとうございます!

以前登場したときに取り逃していながら羨ましいとは思っておりまして。

残りのメダルはー。
竜彫りも欲しいっちゃ欲しいのですが、ぶっちゃけると今のアクセサリーを外してまで欲しいものが無いといいますか。


ファイター用は敏動、狂刺、受崩、受倒、受得のどれか。

敏動は正直言って6以外は使い物にならない。

狂刺以下の4つはあると嬉しいものの、

現状の重当(気絶アップ)、猛攻(筋力アップ)、壮防(守備力と魔法守備力アップ)、加護(物理ダメージと魔法ダメージカット)の4種か楽装を外してまで入れたいかというと・・・。

スピリットランサー用を取って重当を外して、というのも有りかもしれませんが、大人しくブラッドオーブと交換して戦技を継承したほうがいいかもなぁ、というのが今の感想です。


さて。


他にはシルバーチケットの使い道が気になるところではあるのですが。








黒猫としては旅支度セットに全弾をぶちこむつもりです。


今までの経験上、最終的に一番役に立つのが薬品系の体力確保。

最近はそこまででもありませんが、強敵が相手だと一回の冒険で数万ゴールド相当の薬が消えることもあるのがアタッカーの難点で。(下手なだけ?)

後は体力とスタミナもそうなのですが、何気に大切な万能薬。


要所要所で持ち込みが必要なアタックブースト用アイテムもあり、ある意味「愛用」しているガチャですが、流石に消耗品相手にリアルマネーはNG。

なので今回もこれにしようかなー、と。

シーズン最初に実装される武器ガチャがある可能性もありますが、season2.3はメインシナリオを一通り遊んだら「スピリットランサーを実戦レベルに」を目標に頑張ってみたいなと思ってますので、最前線はちょっとオアズケ。

と、上手くいけばいいなぁ。



  1. 2017/02/25(土) 09:32:50|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今日の槍使いさん。


昨日、クラメンにレベリングしていただいたお陰でやっと55に。

武器レベル46の次が55て。
サブジョブで育てるときにこのレベル帯が一番きついのに、もっと小刻みに武器を用意して欲しかった。


なおこのレベルで【高難度】はおそろしくきつかった(笑)ですが、色々勉強になりました。

「一撃で死ぬ」みたいな状況の立ち回りを経験したおかげで何となくアビリティとスキルの見直しをしようかなと。




【一歩の差が埋められない】

先日、「跳避より壮堪」やなー、とブログに書いていましたが、今回はそれを撤回します。

キャラクター特性として、「ヒット&アウェイ」が主体となる立ち回りのような気がしてきました。

ガチで殴り合いをするならそもそもファイターになっていますので。
そのため今後の課題はシーカーアビリティーの「跳避」ですね。

ボクシングのアウェーよろしくバックステップしても、あと1歩離しきれない。
攻めに転じても完全に背後に回るにはあと少し足りない。

これが解決すればなかなか希望も出てきそうな雰囲気です。



【緑は被らないことを前提に】

スピリットランサーの特技「ヒールブースト」を発動中にスポットを作成した場合、攻撃力と守備力に10%が加算されます。

難点は「プリーストのアタックライザーやディフェンスライザーへの上書き効果」(アタックライザーなどの方が効果は高い)ことが上げられますが、

そもそもプリーストがいるなら赤職をやってるので考える必要はないかと。

せいぜいグランドミッションでの立ち回りのときに気を使えばいいかなと。


ゆくゆくは「強附」をからめた構成にしますが、基本的には凍結ベースで考えるのがいい気がしてきました。

プリーストと同じ理由でエレメントアーチャーと被らなければいいし、色々なミッションでの立ち回りを見ている限り(持ちキャラではないので詳しくは分かりませんが)シールドセージは石化、アルケミストは黄金化での拘束を軸にしているように見えます。

おそらくエレメントアーチャーとの「凍結コントロールの被り」を防ぐためだと思われますが。



【今の立ち回り】

ファイターの時の初期も色々やってましたが、スカームーヴでの移動を繰り返して敵の攻撃を誘い、空振りに合わせてコンボを積み重ねていくスタイルになっています。

怒りモードでは基本的にはモールでのコア出しを軸に。
スポットとモールの使い分けはその時その時の判断でしょうか。

モール直付けなら全コアが出るため戦い易く、しかも効果時間が長いので、攻撃を捌ききれるならモール。

立ち回りが苦手な相手や味方の近接ジョブが多ければスポットというのもありかと。

あとはブーストを出し入れしながら自分も攻撃に転じる感じですね。

コア出し後は変な色気を出さずにスパイクでコア狙いに専念。
ムーヴで立ち位置を調整しつつ狙撃ラッシュ。
エンチャントを受けてきっちり正面からコアを撃ち抜けばなかなかの減りなので今後もこれは研究したい。

ダウン後は前回紹介した爆弾コンボ。
最近やっと慣れてきたので不発弾を出さずに決められるように(笑)


通常の立ち回りはまだ迷ってますが。
大体、側面に回ってスラスト2段止め→スカームーヴで真逆に回ると敵が空振り→更に反転してスラスト一セット。
がベースになっています。

対空砲はファングからのアラムスレイでかなり高いところまで斬りつけられるので、ファイターの時みたいに天蓋一辺倒にならずにすみそうで。


槍も追求すると派手さの裏腹な高難易度に驚かされますが、なかなかどうして楽しい。

例によって注釈。

あくまで「変なスキル構成が好きなファイター」がサブジョブとして「スピリットランサー」を選んで育てている試行錯誤の工程を記した記事です。

多分もっとちゃんと育てている人は他にいますので、あまり参考にならないことはご理解下さい


【ここまでまとめの一言】

何となく、「普段からまんべんなく強い」よりも「ある状況で異様にパワーアップ」を目指すべき気がする。





  1. 2017/02/21(火) 10:27:05|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ