FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

蝙蝠男と猫女。




【バットマッッ】

今はトロフィーやサブイベントなどを考えず、メインシナリオを追っています。

シナリオに応じてバットマンとキャットウーマン、プレイヤーキャラクターが代わるんですね。

ちょっと次から次へと「昔から知ってる怪人」っぽいのが出てきて困る。
調べながらプレイしてたりします。


【基本性能】

パワーと調査能力のバットマン、スピードとトラップのキャットウーマンというところでしょうか。

注意したいのは、二人とも超人的な身体能力なのに銃撃には脆く、例え雑魚でも銃を持った相手だと注意して戦わないとあっと言う間にやられます。

なので、今はレベルアップ報酬には対銃撃アーマーを入れています。

死角へ死角へと移動してサイレントテイクダウンを狙ったり、スモークペレットを使用して姿を隠したり。

なんとなーく、ではありますがめっちゃスピード感のある「天誅」をプレイしている感じ。


手裏剣みたいなバットラングといい、どこか忍者テイストを感じるバットマンです。

あとさすがというかなんというか。
海外版を日本語化しているので結構グロい。

日本ではなかなか出てこない、部位欠損が表現されている中ボスとかが普通に出てくる。

現在は謎の毒薬を盛られたバットマンが「自力で」解毒薬を捜索しているところw

アンタつええよw


【鉄拳7よ】

ヤバい。

この追加キャラクターが欲しすぎる。

格闘ゲームで世界の人々と戦うほどの腕はありませんし元々のキャラクターだけで充分かなと思っていましたが、この追加はちょっと卑怯だ。





ネタとしては古いけど、自分としては最近購入したもので。
他にも予約特典だった吸血鬼の女キャラクターもいいとは思いましたが、ギースはあかん。豪鬼もいるしもう何でもアリな世界だ。


そういえば、ギースって格闘ゲームに初めて「当て身投げ」を持ち込んだキャラクターのような気がする。

乱舞技や超必殺技など、今の格闘ゲームの基礎となる要素がSNKゲームにはたくさんありますね!





【最近の日常】

仕事がまたパタパタしているのでゲームもあまり出来ていませんが、そこそこ充実しとります。



実は最もヘビーローテーションはVRゴルフという罠。
スポンサーサイト



  1. 2018/10/09(火) 09:18:10|
  2. バットマン~アーカムシティ~|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コウモリ男への分岐。


【悲報】スカイリム、一旦中断

調子にのっていくつもmodを入れて遊んでいたらCTDやキャラクター外見崩壊などのバグが発生してしまい、modマネージャを使用し修正中。
ただあっちを改善したらこっちがバグるなどのもぐら叩き状態で復旧には時間がかかりそうです。
ちょっと疲れたのもあっていったん中断。
全リセットを含めていずれ再開予定。



【ddon~かげのきし~】

引退したとは一言も言っていないw

未明近い深夜にちまちまログインして、今回の白竜祭で「極・楽装の腕輪」は取ったぜ。
見た目が前の腕輪と変わらんじゃねーかとは思うけど
とりあえず満足。

なんか訳のわからん竜が登場して楽しそうとは思うけど、もうちょい積みゲーを。


【バットメーン!】

今スパイダーマンが話題をかっさらっているこのタイミングに、あえてバットマン。

以前「バットマンVR」で遊んだ時に「お、なかなか世界観が楽しそう」と思ってプレイを決断。

で、PS4でも出ていた「バットマン~アーカムナイト~」をsteamで探してみたら、どうもバットマンのストーリーが分からない。

続けて調べると、「バットマンの世界観を知りたいならバットマン~アーカムシティ~」からやるといいよという情報を発見。

古いゲームなので数百円と安かったのはいいが、またも海外版しかないじゃん。


そしてPC版必殺の「日本語化」をほどこし今にいたる。












【超ざっくり解釈】

とりあえず、ゴッサムシティという犯罪が多い街にアーカムシティという犯罪者(またはそれに近い者)を隔離する地区を作り、町の人達を保護しようと呼び掛けた若いお金持ちがいた。

それがブルースウェイン、と。

彼は演説中、アーカムシティの悪人と思われる集団にタコ殴りにされてシティ内の刑務所へ。

ところが信じがたい力で強行突破し、シティ内から執事?に連絡。
謎の「装備」を送ってもらう。

そう、彼こそがバットマンだったのだー、という流れでいいのかな?


【ゲーム的には】

まださわりしか遊んでいませんが基本はシャドウオブモルドールに手触りが似てる。
バッチンバッチン悪人をブン殴るのでちょっとベルスク系な爽快感もあります。

要所要所で「犯罪証拠の分析」といった探偵パートもあるみたいですね。

さてさて、どうなることやら。
  1. 2018/09/22(土) 00:18:37|
  2. バットマン~アーカムシティ~|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0