FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

再開の巡礼者。



SKSE64復活!


有難いけど、製作者の方早いよ・・・。
責任感強すぎだよ・・・。

ぶっちゃければ同人ゲームみたいなものなのに・・・。


ありがたやありがたや。



上書きしてからもeceや各種オーバーボール系modでトラブル修正がありましたが、どうにか元に戻りました。




【そして炎系魔術師へ】


とにかく空いた時間の分、戦闘方法を確立していきます。

レベルは勿論、装備、付呪などのカスタマイズを経て、

「まずは一種類、確固たる破壊力をつけてその後サブを身につける」ことに。


前回から「エクスプロージョン」が気に入りつつあったのでとりあえず「炎系」にしてみました。


原則、炎を基本に戦い分が悪い相手は弓に切り替える、という策の方が分かりやすいためです。


前回のロ○巨○たちを連れていってもいいのですが、とりあえずプレイヤーテクニックを先に何とかしたいので当面はソロ行動に。




【なんかないかな】

ソリチュード周辺をしらみつぶしに叩いていたのですが、ここらでちょっと大きめのイベントをこなしたい。

で、




手持ちにこんなものがあったことを思い出しました。



【ユニーク武器強奪へ】

片手剣がどうのというより、このクエストは探索~戦闘~ボス戦までが綺麗に1セットある流れ。
スキルアップにはもってこいです。

①メリディアの像へ。




道中、ストームクロークの野営地などを経由し




たどり着くとどこからともなく声が。







基本、女神ポジションのような口調のハズが要所要所で偉そうな感じ。
神というよりメリディアはデイドラだからでしょうか。




要約:「像の地下聖堂にいる悪い奴をぶっとばして来い。鍵はあけといてやる」

メリディアが導く光を使いながら、ダンジョン内の仕掛けを利用して奥へ奥へと進むクエストです。






囮として炎の精霊を召喚しつつ、背後でエクスプロージョンを溜めておき、精霊につられて飛びかかってくる敵にドカーン!というシンプルな作戦。


ちょっとボス部屋の場所を忘れていまして、扉をあけるなり戦闘になりスクショを撮る間もなくバトルになりました。




こんな感じで人々の死体を使って悪いことをしてた敵を叩きのめしました。
(ギリギリで全く余裕なし)





こうして、特に用のないユニーク武器ドーンブレイカーを無事入手したのでした。

ショートカット機能などを駆使出来るようになると、魔術師プレイもなかなか楽しいですね!
スポンサーサイト
  1. 2018/09/08(土) 08:55:40|
  2. スカイリムVR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソリチュードへ!!


スカイリム続きです。


ちと原作、スカイリムSEバージョンアップにより停滞しております。
skse64の更新待ちか、本体のバージョンを以前に戻すか。

有志の方が時間を割いて作られるものなので焦らず、積みゲーでも遊びながらゆるゆる待ってもいいかな?とも。



【その直前のお話】


さてさて、様々なNPCとの出会いと別れを経て。
今度は帝国軍の本拠地「ソリチュード」へ。


ちょっと遠出な旅ですが、そろそろ鍛えてきた魔法をNPCの力無しで試してみたい。



【追い剥ぎ峡谷】

道中、ある地点を通りすぎます。



そのまんまやないかーい!

という分かりやすい地名。

案の定、山賊たちに

「有り金全部おいてけや」

と絡まれます。

アレか。龍が如くか。





まあ凍ってもらいましたけどね?


ただ結構苦戦しました。

間合いを詰められるとやはり厳しいのでロールで回避しつつ距離を離して戦闘。

それでも上手く回避出来ず体力をごっそり削られました。


で、




有り金を全部いただくと。



【エクスプローージョン!!】

旅立ちの前に「エクスプロージョン」の魔法書を手にいれたことを思いだし使用。


スキル「二連の唱え」から発動させると正面で大爆発が起こります。



かなり魔力が必要ですが、威力とエフェクトがなかなか素晴らしい。



・・・ちょっとめぐみんの気持ちが判る気がする。





そこから森を抜け、



龍の橋があるドラゴンブリッジの側を通ります。




で、ついにソリチュードに到着。



港や城門など、スカイリムでも一際近代化した大きな都市です。






ところが一歩入ると衝撃の光景が。

どうもスカイリムの民族であるノルドの男性が公開処刑されているようです。





先の戦闘で、反乱軍の首謀者であるウルフリックを逃がす手伝いをしたのだとか。

彼曰く、逃がしたのはウルフリックが正々堂々と古の習いに従って帝国の上級王に挑み勝利したからだと。

帝国側から見れば単なるクーデターであり、彼から見れば「それが俺たちのやり方で、帝国は外から来た侵略者」という構図でしょうか。


スカイリムではこういった「帝国」と「ストームクローク」の対立について様々な土地で話を聞くことが出来ます。

スカイリム戦争にはまだ首を突っ込むつもりはないのと助けるだけの戦闘力(帝国の首都をまるごと落とすだけの戦力)が無いため「野蛮な」と思いつつスルー。


後味悪ィな。




さて、気を取り直して市内観光。

吟遊詩人の学校なんかもありますね。




詩人の学校とはまた文化的な。




【ロ○巨○の都市】

帝国の建造物であるブルーパレスで、modNPCであるク・ネル二ャ達を発見。









外見がなんか思ってたよりアッチ寄りだったw


しばらくはこのソリチュードを足掛かりに周囲を探索しようかなと。




思っていたところにバージョンアップです。

modを使用したプレイのためにはskse64というシステムが必要なのですが、本体であるスカイリムのバージョンとズレがあると起動出来ません。

今回、steam側でスカイリムの自動バージョンアップがあり(手動にも出来るらしいですが設定してませんでした)起動不能に。

というのがここまでのお話でした!
  1. 2018/09/04(火) 07:41:52|
  2. スカイリムVR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花舞う剣士と残念無双。


はい、ちと忙しかったのと進行が地味だったのですが、とりあえず次の区切りまで遊んだ様子。


今回は相手がドラゴンということもあり事前に色々準備しておりまして。

やっぱり装備の充実とスキル拡大を主な目的に、日々戦っていました。




剣が振り回せないのはなかなか辛いものがありますが、その分魔法スキルを充実させないといけません。


今回、modによりスキルツリーを倍化させています。
大変ではあるのですが、その分きめ細かく強力な魔法使いに育てることが出来るのがポイント。

画像にある「破壊マスタリ」はmodオリジナルの能力です。

また、スキルツリーが倍化した分ドラゴンを倒して手に入る宝物や、各都市の首長たちの願いに答えることでスキルポイントを入手することが出来るようにしています。



【金策や、金策】

バニラの定番である付呪武器売却でもいいのですが、とにかく戦闘慣れしたかったので各地の山賊を襲撃して回りました。



なるべく隠れて進み、影から飛び出し魔法を乱射。
勝てそうならそのまま続行。
ダメっぽいならさっさと撤退。

山賊からすれば最早テロリストですが、この方法でどうにか破壊魔法をレベル40に。

いよいよドラゴンとの決戦です。


【西の塔へ行く前に】

相手が相手なので、今回も護衛を連れて行くことにしました。

前回、リバーウッドでバイトしていたことを思いだし迎えに行ったサキ・ハガクレ。



彼女には花柄の軽装と、mod装備の大太刀を渡します。
本当は着物を渡したかったのですが、まだ鍛治スキルが足りてないのでとりあえずはこれで。


もう一人。
ホワイトランにいるソフィア。
Xbox one版の頃から気になっていたのですが、今回日本語化を果たしたのでやっと投入です。
果たして彼女は一体何者なのか。

ホワイトランの馬小屋で泥酔して真っ裸で寝ていた彼女をたたき起こし、ビジュアル的にブログに載せられないのでmod服(ウィッチャーをモチーフにした装備)を着せます。

すると



オッスオラソフィア。一緒に冒険すっか!

くらいの馴れ馴れしさで強引に仲間になりました。いや、仲間に割り込んできました。

武器は月夜の晩に強くなるという謎のメイスを与えました。

・・・今は昼間だけどね。


そんな二人との共闘です。



今回の二人の見た目はノエノエ姉妹とはまた違った魅力がありますね。

一人は性格がアレですがw




さて。


問題の西の塔ではイリレス達が調査をしていました。
舞台は壊滅。塔はボロボロ。






そして、そこにドラゴンが飛来します。






空中を飛び回るドラゴンに弓と魔法を浴びせ撃ちし、地面に降りたところにサキとソフィアが斬りかかります。



二人が予想以上に強かったこともあり、それを何度か繰り返して今回は勝利。

ドラゴンが倒れると、魂がRainに吸い込まれていきます。






「フォス!」

と叫ぶと、衝撃波が。



それを見た兵士が驚きます。




色々と謎の現象が起こりましたが、一連の出来事を首長に報告します。



で、ホワイトランの従士になりました。


活躍してくれた二人と今回はここでお別れ。



割とあっさりなサキ。






ちょっと何を言っているのかわからないソフィア。


そんな二人と別れます。

夜もふけてきたので今晩はホワイトランのバナードメアに。


そこでまた見慣れない顔が。



トレジャーハンターのアイリ。

しかし色々な人物に会うなぁ。

・・・導入しているのは自分ですが。


こうして、ドラゴンボーンとしての旅もスタートしました。


今回はこのあたりで。




【おまけ】

スカイリムとは全く関係ないのですが、サントリーの公式Vtuber「燦鳥(さんとり)ノム」が凄い。

企業の本気ってやつですね。
普段の動画はいわゆる「いつものVtuber」ですが、「歌ってみた」動画の完成度が半端ないです。

Vtuberに興味の無い方でも一度視聴してみて欲しい。「普通に格好いい」ですよ!


  1. 2018/08/28(火) 04:03:46|
  2. スカイリムVR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

竜の爪と竜の声。


【は~いはいはいはい】

今回modのConvenient Horsesを導入。



色々と馬を活用出来るようにしました。
遠方から馬を呼んだり、騎乗状態で素材を回収したりと出来ますが、荷物管理が出来るようになったのが一番大きい。



只今ウィンターホールド仕様の鞍を装備。
旅の大切な友となっています。



【さあ、出発だ】

前回の予告通り、ブリークフォール墓地に美人姉妹と墓荒らしに行ってきます。


そうそう。

ブリークフォール墓地といえばこのおっさんに会っておかねば。



雑貨屋ルーカン。
宝物の「黄金の竜の爪」を盗まれたとのこと。

また敵との遭遇率が上がりそうな宝物を・・・

同じ雑貨屋で、追加modキャラのサキ・ハガクレがバイトしてました。





和服買ってあげないと普通の村人みたいだな。


あとはホワイトランに一旦帰投。


こちらも追加した、簡易作業室で薬剤や装備の簡単な付呪を行います。



中はこんな感じ。



錬金術の作業台と、アルケイン付呪器がすぐ近くにあるのでとても作業がしやすいんですよ。

あと管理人なのか商人のおっさんが室内をウロウロしているので、不要品の整理にも役立ちます。



で、ついにたどり着いたブリークフォール墓地。



天候modのせいで猛吹雪です。
前が見えん。

強引にダッシュして室内へ。




ケロっとした顔でついてくる二人。
すげえな。


【ノエラとノエミ】

二人の装備。
こちらが構えないと二人も構えてくれないのでちょっと主観戦闘画面に。






ノエラはユニーク武器の大鎌。
振ると衝撃波が出る鬼仕様。
近距離~中距離での近接型です。
本人曰く、若干の回復魔法が使えるらしいのですがノエミの手前今回は遠慮したのか確認できず。

ノエミは弓。意外にも普通の弓。
「同胞団の方から教わって筋がいいと誉められたのですが、どうでしょうか?」
とか言ってるけど、あの脳筋集団が誉めるってことは、「山賊くらいなら余裕で射殺せるよ(ハート)」って意味だからね!?


という見た目の割に頼もしい二人を連れて洞窟の奥へ。

ちなみにフォロワーはmod効果で人間動物合わせて10名まで連れていけます。

・・・そんなに要らないですが。


で、ノエラは近接型なので前回身につけていた軽装を貸しました。
近接は強いけど、敵の攻撃を被弾する確率も高いですからね。守ってあげないと。

・・・貸すだけだからね!?



お。

ちょっとカッコいいな。



そんなノエラに感心しつつ、ダンジョン内で例の人を発見。




竜の爪を知ってると言ってますが、名前が韋駄天て。


逃げる気満々じゃねえか!


ということで抹殺。



無事黄金の爪を取り戻し、更に洞窟の奥へ。
今回の依頼人はあくまでファレンガーだからね。奥を調べるまで仕事は終わってないからね。


途中、仕掛け扉などもありましたが無事最奥まで到達。







で、ここでちょっと感動しました。



modで洞窟内をリテクスチャしたのですが、ここが一番その恩恵を感じました。


更に奥まで行くと、「ヴォッ・・・ヴォッ・・・」と壁からおっさんの声が聞こえます。

謎の波動がRainに吸い込まれていきます。




ここで守護者の敵が現れたのですが、位置関係が悪かったのか現れた瞬間にノエノエ姉妹にボコボコにされてました。

更にダンジョン恒例の大宝箱に「メリディアの灯」が。






ユニーク武器ドーンブレイカーの入手フラグですが、今回片手剣いらないからなぁ・・・

ともあれ今回のダンジョンはこれでお仕舞い。

出口にて記念撮影。
二人とも、お疲れさま!




カメラ目線には協力しようね?


ホワイトランに戻り、ファレンガーに目的のものを渡して二人とはお別れ。
この二人可愛いしもっと連れて冒険したいけど、とりあえずはまた一人で。
気が向いたらまた誘うかも。



後ろ髪を引いてくるノエラ。


で、ノエミの方を見ると





王宮の食卓にあるパンを勝手に食ってた。


凄いなこの子。



近衛隊長のイリレスが騒いでいるのでついていくと、西の監視塔にてドラゴンが目撃されたとのこと。






バルグルーフから再び依頼を受けました。


さて、西の塔のドラゴンといよいよ対戦です。

魔術師としては初対戦。どうなることやら。


今回はここまでです。


【おまけ】

ノエノエ姉妹のアップ画像。
使いどころがなかったけど可愛かったので。



  1. 2018/08/23(木) 15:52:43|
  2. スカイリムVR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スノーベリーと馬の旅。


「そうだ、ホワイトランへ行こう!」



どうも。
スカイリムにまた降り立ったRainです。





今回はこんなmod装備をしてみました。
例によって軽装×mod弓です。
もうゴッドイーターにしか見えないがこのへんの装備についてもまた。


さて。


件のウィンターホールド大学編をスタートした際に思ったこと。

火力が足りない。


火炎系を中心に魔法力を上げてはいますが相手の物量に押されて連敗、などということもしばしば。

この先、大なり小なりレベルや装備を整えておきたい。


そう思い、ウィンターホールドから南下してウィンドヘルムへ。

ストームクロークお膝元のこの街で、兵士からある噂を耳にします。



ヘルゲンが怪しいらしい。


そう、メインクエストラインです。
ここでホワイトランに行くのもありかな、と。


もちろんレベリングとしてもそうなのですが、

①魔術師ファレンガー
②武器屋アヴェニッチ
③上級鍛治エオルンド

の存在、更に

④前衛型のフォロワーが多い同胞団
⑤近所の村にある経験値ブーストに役立つ「大守護石」
⑥雑貨、薬剤師など多彩な金策用商店。


などなど、ホワイトランに向かうメリットはかなり多いです。

そこで今日の目的は、一気にホワイトランに旅をすることに。

低レベル帯ならまだ道中は安全ということもあります。


問題は移動手段。

徒歩は論外。
馬か、馬車か。






今回は途中の道程もどんな感じか見てみたいので大枚はたいて馬を購入。

以下旅路ひとくちメモ。



【今回のmodは水辺がほんとに絵になる】




【森林modもいい感じ】




【川、もう一枚】





【道中、争うストームクローク兵と帝国兵を発見。相討ちで両者全滅。・・・バカ野郎が・・】







そんなこんなでついにホワイトランに到着。



【撮影中、狼に襲われた】




【いつものシーンなのに姐さん綺麗】





【馬ッッッ】




で、一旦はホワイトランをスルー。

ロリクステッドからヘルゲンへ向かいます。


ただ、このあたりで日没。




しかもレアキャラ、ホラ吹きのムアイクに会いました。

色々なところにランダムで登場し、意味があるのかないのか色々言う謎キャラです。




ロリクステッドにて一旦宿泊。



更にそこの宿屋で、modNPCのセラを発見。

なんかタレ目だ。




翌日。


ヘルゲンに到着すると、凄い勢いでドラゴンが飛び去ります。



一部始終を見た兵士の手記を発見。

ドラゴンの脅威をロリクステッドの住民に警告、さらに首長であるホワイトランの王にそれを知らせに行くことになります。

これで物語が本線に繋がりましたね。

で、ホワイトランに到着。
首長のバルグルーフに報告してからファレンガーと話すいつもの流れに・・・







後ろになんかおるw




話しかけてみると彼女も追加NPC。



付呪師のノエラ。

ホワイトランの中央、キナレス聖堂には双子のノエミさんがいるとのこと。






【今回はここまで。次回は・・・】

折角なので、ファレンガーからの依頼はこのノエノエ姉妹を連れて戦ってみたいと思います。



ではまた!
  1. 2018/08/21(火) 11:49:29|
  2. スカイリムVR|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ