FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

今ふたたび勧めよう!


ちょっと最近、一周回って飲食店の社員ってコロナウィルス関係に強い気がしてきた。

まあ不特定多数の方が来店する以上、リスキーな部分は間違いなくあるのですが大きいのは


①満員電車に乗ることがない

ほぼ自家用車で通勤なので、極端に他人と接近したりはしません。
接客中が一番人と接近しますが、満員電車ほどの近さでもないためリスク的には幾分マシかなと。


②手洗いはいつものこと

一緒に働く従業員含め、業務用手洗い洗剤で手を洗うのが日常業務のため、自分や周囲の人間が必ず「業務としての手洗い」を実施しています。
サボるサボらないという次元の話はないですね。日常の挨拶感覚で手洗いをするというか。
つまり、毎日決まったタイミングで自分や従業員の手は必ず消毒されます。
一般洗剤ではなく、逆性石鹸など業務用の洗剤というのもよく考えれば頼もしいかも。

なので、外部から菌が入る確率はそれなりに低いのかなと。
もちろん従業員やお客様に保菌者が出たらアウトかもしれませんが。

ただこの2点、意外に重要なことではと思います。








さて。

色々と人が集まるところに行くことに抵抗がある昨今。

黒猫としては改めて「VRデバイス」を勧めたい。
もっと言えば、「オキュラスGO」を勧めたい。



【理由】

VR体験はもちろんですが、持ち歩く映画館と言ってお釣りがくるほど贅沢なデバイスだからです。
というか、オンデマンドアプリのおかげで「映画館の代替品とは違う」新しいエンタメかなと。

そして、最大のメリットは自宅から出ずにこのエンタメを非日常的クオリティで楽しめるという点。

不特定多数の集団に近寄らなくてもリッチな動画体験が出来るというのが最近の事情と照らしてもオススメだと思います。


「VRなのに動画だけじゃちょっと勿体ないなー」

と思うかもしれませんが、オキュラスGOのアプリは試す価値アリです。

特に日本人の多くが利用しているであろうAmazonプライムビデオが最近オキュラスに対応しました。

アカウントがあれば誰でも無料で大画面視聴が出来ます。
画質もかなり綺麗で、長時間の視聴でもそれほど疲れません。

以前オキュラスGOといえばネットフリックスがこのVR視聴の先駆者でしたが、Amazonプライムビデオを導入後黒猫はネトフリを解約してしまいました。
それほどの完成度と思います。





【YOUTUBEも】

YOUTUBE VRも登場しています。
画面と薄暗い背景だけのシンプルな構成ですが、両手を広げても届かないほどの大画面でYOUTUBEを視聴できます。

口で言うのは簡単ですが、想像以上に大きな画面です。
また、画面の位置を自由に変更出来るので仰向けになりながら動画を見るといったことも。

Vtuberなどに興味があればなおのことオススメ。「歌ってみた」系動画はちょっと感動するレベルで楽しめます。


【ついでに】

好きな動画をいくつか。

サントリー公式Vtuber、燦鳥ノムさんの歌ってみた動画「アスノヨゾラ哨戒班」

企業所属だけに光る豪華なPVと、それにひけをとらない歌唱力。




「PPH✕銀河アリス~泥沼の底でお互いの足を引っ張りあうような対決」

Vtuberが分からないとイマイチかもしれませんが、天然の答えを繰り出しながらボケとツッコミが冴える二人。
一本の漫才みたいなノリで笑いました。



もちろん、上位機種であるオキュラスクエストもあるけど、価格がちょっとなぁ、という方にも充分オススメできます。

他の特徴として、やはり頭にかぶるだけで即座に起動するスタンドアローンタイプであること。

黒猫はHTC viveも所持していますが起動率はオキュラスGOの方が圧倒的に高いです。
というかオダメが無かったら最早viveは起動してない説もアリ



【他の使い方として】

寝る前にアクアリウムや星座アプリを使用して癒やされる使い方も最高です。

現代ではなかなか出来ない、地平線の彼方まで見える大地に寝そべり夜空を眺める使い方、実際には不可能な青い海底に寝そべり泳ぐ魚をただただ眺める使い方も。


ちょっと色々外に出にくくなりましたが、こんなデバイスで楽しむのもアリかもしれませんね。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/26(水) 16:38:20|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あけましておめでとうございます。


皆様、新年あけましておめでとうございます。

仕事柄初日の出も呆れて物が言えないほど遅れてのご挨拶、黒猫です。


【神は死んだ】

新年早々なんてこと言うんだコイツという内容ですが。


えー、ネット環境が死にました。




昨年末から調子が悪かったのですが、驚きの下り0.9Mbpsです。
はい。GじゃなくMです。

ddon終了あたりまでは75Mくらい出てたのにいきなりですよいきなり。

で、年末年始の少ない休憩時間の合間に色々調べ原因を切り分け、一つずつ調査をしていった結論。

プロバイダ不調。

正しくはプロバイダのキャパシティオーバー。
同じマンション内でみんながNTTを使っているので割り当てが少ないと。

モバイル回線でも帯域制限クラスの速度。
流石に無理ゲーです。
ネトゲなんて夢のまた夢。
普段のゲームのアプデすらどうにもならないレベル。




【で】

結論からいうと、フレッツからauに変更する申請をしました。
集合住宅タイプなので最高速度は出にくい訳ですが、それなりに動画が見られれば満足なのでこっちに。

平たく言えばフレッツは皆が回線を使うがauは使用者がまだ少ないので渋滞が起きにくく、そのため回線不調が起きにくいと。

もちろん、申し込んだ結果そんなに変わらない可能性もありますが、今より悪くなることはないかと。




【身動きとれず】

あらためてネットに依存してたなと思い知りました。
オンラインゲームはもちろん、黒猫は結構STEAMでゲームを購入しているため起動すらままならないことが多いんですよ。

起動したらアプデが入ってそのままとか。

年末に購入したデイズゴーンすらダウンロード出来ません。


なのでアレですね。
とりあえず積みゲーをなんとかしろよという神のお告げですね。


まずはアプデなどが発生しない系のゲームを遊んでいこうかと。

さしあたりただいまシェンムーの鳥舞を観光中。詳細はいずれ。





【数少ない癒し】

色々動画視聴とかしてました。

東方は全く知らないですが、トムとジェリーのMMD。

動きだけで凄く懐かしくて楽しい感じが好きです。








▼委員長SIRENプレイしてた。

「どうあがいても絶望」のフレーズが有名な最恐ジャパニーズホラー。

3broの面々も投げた実況者泣かせの難ゲーを攻略する根気はお見事の一言。
さすがサブカル委員長。



願わくばラストまでシリーズが続かんことを。


こんなに楽しみなのは静凛のデッドライジング以来かも。


さてさて、こんなぐだぐだなブログですが今年ももよろしくお願い致します。
  1. 2020/01/09(木) 22:52:25|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ちょっとなぁ。



V界隈のお話。

興味がない場合はここでストップをお願いします。

あと、ちょっと界隈に厳しい感じの言動かもしれませんのでそのへんは「個人的に思うこと」ということで。



ホントにゴタゴタしすぎ、という印象です。
F1レースのスタートを切った直後の大クラッシュを見ているような。

アバターな分スキャンダル性は薄いため、いわゆる文春砲的な展開は無いと思っていたら別方向から火が出るという。

構図も様々で、運営が悪いもの、演者の成熟不足、ファンの暴走などキリがない。


運営の悪事が露呈する展開も多いしもちろんロクでもない仕打ちならその会社は何らかの報いを受けるべきだとは思うけれど、ツイッターなどで突然暴露する手段そのものについては黒猫としては「ちょっと、悪手かなぁ」と。

そのVtuberさんと引換に運営の印象が悪化して結局両方消えるようなバッドエンドを見せられて、これまで推してくれていたファンには何の得もないとしか思えない。

それが一件二件だけならともかく毎週当たり前のように誰かがいなくなり続ける展開で、



よく言う

「推せるときに推せ」

ということは裏をかえせばつまり

「私達はいつ消えるか分からないけど推して!」

とか言われましても。
かまいたちの夜じゃねんだから。



もちろん、これから先はファン次第。界隈に希望をもっていこうよ!という某Vtuberの気持ちは分かるけどこの風潮を外から見ると新規顧客獲得面では明らかなマイナスにしかならないと。

だってですよ。

例えばソシャゲで物凄く可愛いデザインのSSRだけど一定確率でロストしますというガチャに課金します?

当たり前ですが商売が成り立たないならスポンサーは逃げていく。
不安定な要素は投資で一番悪い印象に。

もしそれが、「ファンのための活動」なんだったとしたら

✩魅力を売る側の仕事であり、裏方の話は見せない
✩問題がおきても解決と着地は見えないところで行い問題はファンに気づかせない


そういうプロ的なスタンスを持つ演者がいないとオワコンと言われても仕方がないような気がする。

いや、そもそもプロアマの線引が難しいから起きている現象か。


その意味でも何気なくこなしている四天王こと初期勢は流石かと思います。
キズナアイはもちろんミライアカリも電脳少女シロも登録者数からすると再生数に大変な不安を抱えてるでしょうに。
それでも運営上のトラブルを感じさせない動画作りは流石。


ちなみに黒猫が好きなVtuberさんはいまのところそういう影はありませんが、結局のところ潤沢な資金をもちプロの演者をきちんと採用して運営する能力のあるグループが勝ち残る世界という構図になってしまうと、挑戦的な姿勢をもつ方が淘汰されてしまいそうでそれはそれで寂しいですね。
資本主義だなぁ。

というか詩子さんはそんなことよりも先にBANされそうな気もするがねえ。
  1. 2019/12/10(火) 23:59:21|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

それは熱血漫画のように。


どうも。

急に更新が途切れたのは「前任が職務放棄しアルバイトが社員不信になった店の立て直しをする羽目になった」というレアケースを踏んだためです。

前任がおよそ「やってはいけない行動」と「言っちゃいけない言葉」で数え役満です。


何このスクールウォーズ。
不良しかいない学校に赴任した先生の気分。まあ悪いのは前任ですけどね。


不信感全開で最初からアルバイトが攻撃的すぎるんですが。下手したらこっちが病みそうだわ。

経験上、こういう場合は熱血キャラクターを演じることで多少マシな滑り出しになるので現在全力投球中。

仕事柄何回かこういう経験はあるけど、人の悪意にさらされながら前向きに振る舞うと気力と体力の大半を削りとられるのでゲームする余力がありません。


ぶっちゃけ休みとれてないので休んでウィッチャーやりたいのになぁ。

という状況。

こちらも新入社員のころからボケっと暮らしてきたわけじゃないし、そこそこ手札を持っているつもりなので解決のためにしばらく間を空けます。

ddonも目標未達で終わるかも。ゴメンナサイ。

まあそこはこれから次第ということで。
  1. 2019/10/14(月) 00:13:20|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

たまの真面目な話シリーズ。


最近、人手不足倒産が相次いでいる。
最近、就職氷河期の頃に職にあぶれた方への支援が叫ばれている。

それでも、外食産業の人手不足は解決しない。

なぜならブラックだから。
なぜなら割に合わないから。

こういうイメージが世の中にはあると思います。
違ってたらゴメンナサイ。


さて、先日お客様の会話でこういう話題を耳にしたんですね。


「就職支援ったって、土方か飲食くらいしかないよなー」


聞いて思ったのは、「そんなに簡単でもない話だよなあ」と。
他の仕事が出来なかったから、体力まかせのブラック企業にいくしかない、といった文脈でしょうか。


外食産業と建築業、どちらも下積みはやはり重要な世界です。
たまに建築現場の横を通ったりすると気がつくと思いますが、建物が出来るスピードって素人が考える数倍の速度と精度で出来上がってますよね。
どうなってんだろあれ。
黒猫としてはあの技術は一朝一夕になんとかなるものではないと思います。

まあ、分からない業界のことはさておき。



外食産業の人手不足ですよ。
もちろん、先に挙げた内容は事実です。
決して楽ではないですし、休みは不安定だし。

それも深刻ではあるのですが、重要なのは40代からでは技術習得の時間が不足するということ。

基本的にファミレスのような作業の場合、一つ一つの内容は簡単です。
高校に入りたての新一年生にだって出来る内容。

これが複数積み重なること、また入店客数によって作業負荷が変化することにどれだけ対応出来るようになるかの「引き出し」を増やすことで上達していきます。


正社員の場合、さらに上乗せして管理業務が加わります。
店長級になると採用を中心としたリクルート技術、店舗の計画予算達成のための売上対策に経費管理など、一人で営業と人事、経理に総務を足したような立ち回りを要求されます。

もちろんそのこと自体に問題はありません。
それをするから管理職としての給与を頂いているのですから。

厄介なのはそのベースとなる「店内作業の力」の方です。
正社員はただ作業が出来るだけでは駄目です。
「その店にいるアルバイトの誰よりも」出来なくてはなりません。

そうでなくてはガバナンスが成り立たない。
厳しい言葉をガミガミ言うことよりも、実力を以てアルバイトを束ねなければなかなか人員不足が解決しないからです。

想像には固くないと思いますが最近はコンプライアンスが進み、理不尽に怒鳴るとあっという間に問題になります。
もちろんその方法は時代遅れです。

アルバイトの子はよく見ています。
自分より作業の出来ない正社員の言うことなど聞いてはくれません。
当然だと思います。
平時はもちろん、店が混乱した時に立て直せない社員の言うことなど誰が聞くのでしょうか。

また作業力がなければ事務に割ける時間がどんどん削られていきます。
結果その削られた時間の作業=帰れない時間にダイレクトに跳ね返ってくる訳で。

黒猫の体感的には労働時間が長い、と文句を言っている正社員の2割くらいは作業力に問題があるように思います。

事務作業と店内作業、従業員とのコミニュケーション能力が同時に要求されます。

「どれか」ではなく「すべて」必要であるため、一線級の正社員というのはなかなか育たないのが現実です。


ところが作業力というのは困ったもので、的確に自主勉強をしてもそう簡単に身につくものではありません。

成功体験と失敗を重ね、様々なパターンを経験する。
その積もった体験から状況を推測、先の展開を予測し適切に動く。
「こうしたら正解」のない世界でモアベターな選択を重ねていかなくてはなりません。

まとめると、体力のある若いうちに様々な体験をもってキャリアに繋がなければならない部分が多くを占める世界です。
もちろんセンスのある方ならこの期間はぐっと縮むのですが。
ちなみに黒猫の師匠は作業について体幹から視線の配りまできつく教える厳しい人でした。拳児かよ。

それは職業訓練所で身につく力ではなく、日々の現場で身につくものです。
未経験者が今からやるにはなかなかハードルの高い世界に思えます。

外食産業は、他の仕事で駄目だった方の受け皿にはなりえない、と黒猫が考える理由でした。
  1. 2019/09/20(金) 17:00:08|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ