日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

紐とかれる伝説。


黒猫も前回の記事で書きましたが、「シェンムーリマスター」が登場します。



とはいえ、「なんか騒ぎになっているけどシェンムーて何じゃい」という方も多いと思います。



なので少しだけゲームとしての骨格を。


①ジャンル

基本は「アクションアドベンチャー/RPG」と考えていいと思います。
(ディープなファンはそうカテゴライズすると怒りますがw)

現在のオープンワールドゲームのように、主人公を3人称視点で操作し、人と話をしたり物を調べたりすることで物語が進行していきます。

登場人物たちは殆どが独自のアルゴリズムで行動しているため、特定の人物と会話しなければならない場面では意外と苦労します。(生活リズムを知る必要がある)

戦闘はあくまでもシナリオの進行上必要になれば発生するものです。
龍が如くのようなエンカウントバトルは発生しません。

故に、ゲーム序盤では誰とも戦う必然性が無いため、中盤まではほぼ会話のみでシナリオが進行します。
(序盤では見た目も強さもある意味ギリギリなツッパリとのバトルだけだったかも)

中盤以降は横須賀の水兵や黒幕が関わる組織の敵などとの戦闘が発生します。

街中にある空き地などでは独自に技の練習をすることが出来、使用した回数により技の威力が増したり技自体がクラスアップすることもあります。




②バトル

いわゆるバーチャファイター式の格闘です。
パンチ、キックと方向キーの組み合わせで敵と戦っていきます。

難易度はそこまで高くなかったかと。


他にも、ムービー中に指定されたボタンを押すQTEなどがあります。

ボタンはムービーにそったものが多い(右に曲がる時に→ボタンなど)ですが、基本は覚えゲーになります。




③派生

「シェンムーといえば」と称されるほどの派生ギミックが多いのも特徴です。

駄菓子屋の前でガチャガチャを遊ぶ(ソシャゲ的なガチャガチャではなく、ある意味真のガチャガチャ。フォークリフトの消しゴムやスーパーボールなどのコレクションを集める)ことや、ゲームセンターでアフターバーナーなどのゲーム内ゲームを遊んだり。龍が如くのようなものというか、龍が如くがこの流れを取り入れていますが、あくまでもおまけ程度です。
ゲーム内ゲームとしてはフォークリフトレースが凄く楽しかった覚えが。



④リアルタイム・リアルウェザー

時間は1分=現実の1秒に相当するリアルタイム制です。
また天候もランダムで変わる仕組みになっています。

イベントにはやたら時間指定のものが多く、取りこぼすと翌日まで待つ=24分後までイベントが発生しない、という仕様でした。
ただ、この点は「2」から改善され「待つ」コマンドでイベントを発生させるようになったため、リマスター版では「1」でも同じシステムが採用されると思います。

ゲームスタートから確か1ヵ月以内が「1」のタイムリミットだったと思います。
(かなり余裕があるのでわざとでもない限りタイムオーバーにはなりませんが)


⑤一章と2。

シリーズ第1作の時点では一章、二章と話が続く予定でしたが打ち切りが決定したため、二章をカットして三章~六章までをまとめたものを「2」として発売したとのこと。

二章は日本~ワンチャイまでの船上での話らしく、つながりとしては特に不自然にはなっていません。(船で移動しました、以上!で終わり)


⑥何が魅力?

ここまで書いただけでは一体何が面白いのかサッパリ分からないと思います。

ですが。

プレイすると何とも言えない「雰囲気」が伝わるとは思います。

ただ1は中盤まで地味な調査がひたすら続くため、この内容については何とも言えません。2までクリアした人間にとっては「あれはあれで魅力だよ」となりますが。

父を殺害した、藍帝(らんてい)という男が何者なのか。

藍帝によると、父は孟村という村で趙孫明(ちょうそんめい)という男を殺害したというが真実なのか。

また、藍帝が持ち去った「鏡」とは何か。


謎の多い物語ですが、スタートはあくまでも横須賀の住宅からです。
最初は「黒い車を見なかったか?」などの目撃情報を集めるところから始まります。


⑦「2」こそが。

当時の肌感覚ですが、シェンムー2になってようやく「シェンムー」というゲームの魅力に皆が気がついた、と思います。

ワンチャイから入り、香港を経由し中国は桂林へ。


アジア感あふれる世界で、魅力ある登場人物たちとともに主人公「涼」の成長物語が展開していきます。

復讐の二文字に燃える涼。
国内では様々な相手にケンカで勝利してきましたが、ここで全く歯が立たない相手に遭遇します。

八極拳の達人、「桃李少」(本当の名前は別にありますが、まさかリマスターが出るとは思わなかったのでここでは伏せます)

更に、ワンチャイを根城にするギャング「ヘヴンズ」の元締め「刃武鷹(レン ウーイン)」との戦いと共闘。


当時としてはかなり頑張っている香港の街並みと、単品でも通じるといってもいいバトルシステム。

2の真のラスト、といっても過言ではない香港編のラストシーンは今見ても(あのグラフィックでも)鳥肌がたちます。
単にカッコいいだけでなく、「あのシーンは伏線だったのか!」と驚きました。


⑧あくまでも

繰り返しますが、あくまでもレトロゲームにカテゴライズされるべきゲームです。

1の発売は1999年。
2は2001年発売です。

PS2が全盛期、ゲームキューブやゲームボーイアドバイスで最初の「逆転裁判」が出た頃のゲームです。


ただその時期にこれだけの完成度で、なおかつ現在まで語り継がれるシナリオの作品というのはある意味貴重ですが。



それでも「3」の前の予習として遊んでも損はないと断言できます。

どうも1&2合わせて4000円くらいらしいとのことで。

良かったら如何でしょうか。


なんか丁度いい感じのゲーム記事(YouTube)があったので貼っておきます。

凄い棒読みですが、言っていることには同意。



スポンサーサイト
  1. 2018/04/17(火) 20:03:43|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伝説は再び。


シェンムー1&2きたあああああああ!





今回のセガフェスにて、シェンムーの公式HDリマスターの発表がありました。
他にも何やらサクラ大戦の新作が出るとかなんとか。


17年という長い長い時を経て、シェンムーが再び日の目を見るのはとても嬉しい。


【ただ、それ故の注意】

黒猫は当時リアルタイムで同タイトルに出会い、感動し、ファンになっています。

ただ、当時はあくまでも「オープンワールド」というゲームの概念がなく、(というか確か「F・R・E・E」というシステムの名前がついていた気がする)

多くのオープンワールドゲームの礎となった作品ではあるのですが、現在のゲームと比較して「ゲームとして」面白いかという点では微妙と考えておいた方がいいと思います。

予防線とかいう話ではなく、「17年前のゲーム」ということです。

シェンムー2で物語は打ち切り。
似たシステムと話題になった「龍が如く」がセガの看板タイトルとして新しい遊びの形を沢山示してくれています。

そこから17年前の元祖の姿を見た時に、比較はちょっと出来ないなぁ、と。

最新のドラクエやFFを遊んだ後に、スーパーファミコン版の1~3のリメイクを遊ぶようなものかも。



【物語】

ただ、小説を1ページ目から読んでいくようなシェンムーの「雰囲気」は今でも楽しめるかもしれません。

あくまでも日常が描かれる横須賀編はじれったいかもしれませんが、父の仇を追い、港から船で香港へ。

今は消えてしまった香港「九龍城」(実在した香港のスラム街。取り壊されました)で、ちょっとクセのあるギャング、ヘヴンズとの戦いは今遊んでも燃えると思います。

あと、「ヤクザ」で有名になった龍が如く以外でアジアを舞台にした作品という意味でも結構珍しいかもしれません。


【17年の闇は深い】

当時からのファンとしては、期待と不安の半々です。

いつぞや「ミロのヴィーナス」に例えてお話をしたような気がしますが、シェンムーは「未完ゆえの伝説」になっている気もします。

17年という「ファン達の飢え」によるハードルは想像以上に高いと。

そのあたりが期待と不安を煽ります。

価格にもよりますが、「全く未プレイ」という方はオープンワールドの祖として遊んでもいいかもしれません。

ともあれ、発売はもう少し先のようなのでそれまで楽しみに待ちたいと思います。














  1. 2018/04/14(土) 14:20:28|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伝説の終わりに。


「龍が如く6~命の詩~」

クリアしました。


うーん、なんというかなぁ。

惜しい。ほんとに惜しい。

「ゲームとしては、面白かった。しかし・・・」

の一言。



よく作り込まれた風景、アクション。
ゲストの俳優陣の演技も個人的には好きですね。

宮迫さんや藤原さんもそうですが、やっぱりビートたけしさんの演技が良かった。

普段の飄々とした様子から、ラストあたりの緊迫した空気まで。

これ、もしまた維新のときみたいに「龍が如くキャラクター人気投票」とか出たら今回の南雲(宮迫さん)や広瀬の親分(ビートたけしさん)は人気出そうだけどどうすんだろ。

物語としてもなかなか良かったと思います。批判の的となった「ある設定」については諸々意見もあるでしょうが、Amazonの感想だけでなく全編を最初から最後まで遊ぶと、「まぁ、分からんでもないかなぁ」という感じです。



繰り返しますが、ゲームとしては悪くない、むしろいい感じだった。














【しかし・・・】




これが



「桐生一馬伝説、最終章」



と銘打たれることで、評価が変わると思います。

多くの方が口を揃える

①シリーズレギュラーとの絡み
②相変わらずのラスボスの小物感
③「多くの人間を傷つけてきた桐生の最期は幸せであってはいけない」という製作側のポリシーによるエンディング。

この三点がなぁ・・・、と。

例えばこれが最終章でなかったら、もっと評価が高くてもいいと思うんです。


やはりレギュラーキャラクターはもっと絡んできて欲しかったし、今回の広瀬一家と色々関わっても面白かったかもしれません。

特にきついのはラスボス。

5の時も微妙でしたが、特に今回の

お前誰だよ感。

十数年に及ぶ「龍が如く」シリーズの締めのボスが君じゃなぁ・・・。



個人的には大物感のあるボスは3の峯で止まっている気がします。



エンディングはあれはあれで良いのかもしれませんが、賛否両論あるのはやむなしかと。



この作品の場合「シリーズヒロイン」というべきかは迷いますが、あのシリーズ第1作の台詞



「私は遥、お前じゃない・・・」



から「遥のファン」だった方にはちょっとショックかもしれません。


黒猫としてはまぁいいんじゃない?という感じでしたが。



【個人的まとめ】

①細部の作り込み故にスケール感は減ったが、言うほどクソゲーじゃない。

②シナリオはそこそこ面白かった。
たけしさん最高。

③シリーズの締めとしては無念。



こんなところかなぁ、と。

ぶっちゃけ

シリーズの集大成は「5」で、「6」はその後日譚

として評価すべきかな?と思いました。






  1. 2018/04/06(金) 20:29:32|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

開幕ドン勝と最後の伝説。


ほんとに何となくなんですが、ネットで宣伝が激しいモバイル版PUBGこと「荒野行動」をプレイしてみました。

見た感じ完全にPUBGですね。
本家はプレイしたことがありませんが、チュートリアルもUIもしっかりしておりプレイしやすい印象でした。


とりあえず初心者なので激戦区っぽい地域は避け、ほとんど何もないような土地に降りてポツポツ建っている民家を物色したところ狙撃銃をGet。

途中、開けた道を移動している他プレイヤーを発見し、偶然にもヘッドショット成功。
サブマシンガンを奪い、安全地帯のど真ん中の草むらでひたすらステルス状態を維持。

あれよあれよの内に他のプレイヤーが減っていき気がつけば1対1。

こちらは丘の上、相手は家の中という微妙な位置からの銃撃戦になりましたがどうも相手の装備にスナイパーライフルが無かったのかまさかの初陣にしてドン勝。




といってもほとんど自滅待ちのチキンバトルでしたが・・・。



基本的にすごく面白かったです。
スマホゲームとは思えないくらい。

勿論、パクり具合が半端ないのは確かなのですが、それでも楽しめました。

気になった点は、「本当に全員人間?」

というポイント。

うーん、中盤あたりで戦った相手は確かに人がプレイしているっぽい動きでしたが、終盤見かけた数人と、最後に戦った一人は妙に棒立ちだったような気がするんですよねえ。

楽しかったのは事実なので、また時間があればプレイしたい。



【さて】

ddonは次seasonに向けてのキャンペーンノルマをこなしつつ、スピランの修練を終了。

ウィルミアやアルタード・ズールなど、ちょっと厄介な修練でしたがどうにかこうにか。ソロでやりきってやろうと半分意地になっていましたが折れました。

ただ、エクストリームミッションのお陰でスピラン固有の立ち回りについて学べた気がします。そのあたりはまた別の記事で。



【最終回、始めました】

積みゲーの一つで長い間置きっぱなしだった、「龍が如く6~命の詩~」を始めました。

このゲームを積んでいたのはどちらかというと、「悪評のため」という側面が強かったためで。 

シリーズのシナリオを台無しにするとかなんとか、かなり酷い評価が目だってまして。

現在第四章まで進行。

ここまでの感想ですが、そこまで悪くない。


色々クオリティが上がっているのはもちろん、新ロケーションの広島の風景は綺麗だし、雨上がり決死隊の宮迫さん、藤原竜也さん、ビートたけしさんなど有名人の演技も悪くない。





一番の問題はスクリーンショットが撮れないこと。


色々大人の事情があるみたいです。

カテゴリーを作って見せたかったのですがやむを得ず。


  1. 2018/03/28(水) 08:10:48|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

口笛とリボルバー。




只今ddonはちまちまログインしつつ、BO稼ぎに精を出しております。

ファイターとスピランの絶技頑張らなければいけないのですがら急遽ウォリアーの「豪握」が欲しいと。

ファイトスタイルに合わせてアビリティを組み換え出来るのがddonのいいところですが、いつも後から気がつくんですよねえ。


さて。


今回はクオンタムブレイクのときのように脇道に逸れるほどではないのですが、ddonの合間にちょくちょくプレイしているゲームをご紹介。



【コールオブファレス~ガンスリンガー】




ガンスリンガーといえば拳銃振り回すロリっ子を思いだしそうですが、本作品はガチガチのFPSです。


さてFPSといえば、バトルフィールドやコールオブデューティなどの近代戦や戦時中をテーマにしたものや、ヘイローのようなSFモノを連想しますが、このコールオブファレスは西部開拓時代、いわゆるマカロニウェスタンな世界が舞台になっています。



主人公はサイラス・グリーブズという伝説のガンマン。
彼がとある酒場に現れ、そこにいた若者とマスターに自分の武勇伝を話すというお話。
 


ゲームのステージはサイラスの話す「武勇伝」に添って構成されます。



ビリー・ザ・キッドなどの名だたる登場人物とときに戦い、時に共闘するお話を彼が話していくのですが、記憶や脚色で時々ステージ構成が変わるのが面白い。



カッコ良く話すサイラスが、敵のガンマンを倒す

→若者「あれ?その人って違う死に方じゃなかった?」

→「ああ、本当は・・・」

→ステージを戻され「本当の話」の内容のステージが始まる

といった感じ。




【固有のシステム】

なにしろガンマンの時代なので、赤外線センサーとかスコープなんかは使えません。

代わりに、いかに彼らが超人的な腕前だったかを表す能力を駆使して戦います。

敵がスローに見える「早撃ちモード」。
致命的な一撃を見切って回避する「死の予感」。




敵を一掃する爆弾は「ダイナマイト」なのがまた渋い。



【これぞ西部劇】

ステージボスとの戦いは、通常の戦闘とは違い「デュエルモード」で戦います。

西部劇でよくあるアレです。

一対一で対峙して、銃を早撃ちして戦うシーンです。




右スティックで敵の姿に集中(フォーカス)しつつ、左スティックで銃と自分の手の位置を決める。

相手が銃を抜く挙動を見たら右トリガーで撃つ、という仕組みになっています。

相手より早く銃を抜いてしまうとこの世界の流儀である「名誉ある勝利」にならず報酬が得られないため、いかに相手の挙動を見て狙うかがポイントになっています。


ただ、ゆらゆら動くフォーカスの視界を制御しつつ、最速で銃を抜く手の位置を決めるのは非常に難しいためとても緊張感のある戦いが楽しめます。


【これぞ雰囲気ゲー】


拳銃はもちろん回転式のリボルバー。
ちょっと間をあけるとクルクル銃を回すガンプレイや、銃口から出る煙を息で消すモーション。

主人公サイラスの語りもどこか格好つけた感じの渋い口調。

日焼けしたテンガロンハット、悪の保安官の薄汚れた星バッチ。




xbox one の後方互換で遊んでいますが、pc版やps3でも楽しめるようです。


剣と魔法の世界に疲れたら、たまにはこんな口笛とリボルバーの世界なんかは如何でしょうか。














  1. 2018/03/21(水) 14:18:40|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ