FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

振り返れば一番歌。


いや、龍が如く7が面白い。



オーディンスフィアもまもなく後半に差し掛かり、合間でちょっと遊び始めたらなんだかプレイ時間が逆転しつつあります。

ジャッジアイズの時も思ったんですが、桐生一馬とその関係者はシリーズの重要な要素でありつつも、飛躍と変化を妨げる要因になっていたのかも知れません。
桐生一馬や真島吾朗の出ない神室町なんて、と思ってましたがいやいや実に楽しい。
いい意味で予想を裏切ってくれました。


【濃い登場人物】




まだ多分中盤に差し掛かったところですが。

「伝説の龍」として我が道を行く桐生一馬と違い、本作の主人公春日一番は仲間たちとの「絆」を大切にして歩んでいく人物像です。

子供の頃に遊んだゲームの思い出から

「ドラクエみたいによ」

と口走るキャラクター性に遊ぶ前はちょっとあざといというか、わざとらしい印象を受けていたのですがプレイを開始してみるとイメージが変わります。

色々複雑なストーリーがある昨今のゲームでは見られなくなった、「仲間を大切にしながらも後先考えず突っ込む熱血漢」という昭和を彷彿とさせる人物となっています。



昔のジャンプのノリというか。


【仲間たち】





とはいえ、春日一番の仲間たちも曲者揃い。
懲戒免職となった元警官、元看護師のホームレス、キャバクラのチーママ。

「龍シリーズ」じゃなかったらどこに需要があるんだこのキャラクターと言いたくなるような面々。

一番も含めればオッサン(しかも決してイケメンではない)3人とキャバクラ嬢。





ところが、遊んでみるとこの4人の掛け合いが絶妙で見ていて実に飽きのこない作りとなっています。


【プレイフィール】

本作ではアクションではなく、コマンド式のRPGとなっています。

賛否両論あるとは思いますが爽快感もあり、この方法を取ることで多彩なキャラクターを一度に扱えるため過去作と違い「主人公たちのコンビネーション」を楽しむことが可能になっています。
黒猫としてはこの方法は有りかと。




また、RPGの手法を入れることでしっかりキャラクターを強化すればボスにも十分立ち向かうことが可能で、またアクション的な理不尽さが無いため色々な意味で納得して遊ぶことが出来るようになっています。


反面、シンボルエンカウントでの敵の索敵範囲が異常に広く背後から近寄っても必ず気づかれ、また地下などでは絶対に回避が出来無い配置に敵がいるため戦闘がやや鬱陶しく感じることも。



サブストーリーについても一つのシナリオが完結するまで結構長めのものが多い印象。
しかしシリーズ定番のサブストーリーもしっかり押さえられているので結構楽しめます。


【どん底から】

春日一番は色々あってホームレスからスタートするため、序盤は本当にお金に困ります。
ジャッジアイズの八神隆之を含め、龍シリーズでタクシーの料金に抵抗を覚える主人公は彼が初めてかと思います。


700円ちょっとの捻出を躊躇ってしまうほどお金がない。
なんなら自販機の足元に手を突っ込み10円単位でお金を探したり自転車で空き缶を拾い集める生活。


それがある事から「屋根のある家」に入れてもらい、ハローワークに通うようになり。
第5章ですがやっと所持金が15万円。



桐生一馬で5章まで進行したらそろそろ100万くらい持っててもおかしくないですよ。

サブストーリークリアで1万円入ったら「結構儲かった!」と思えるのが春日一番です。

そして毎回恒例の繁華街。
今回は横浜伊勢佐木町が舞台になっています。
そのアレンジ再現はもはやお家芸。






海辺の雰囲気からドブ側周辺までしっかりと作り込まれています。


【新規顧客】

シリーズの登場人物が一新しているため、今までの龍シリーズ未プレイでも楽しめる作品だと思います。

今の段階で早くもオススメです!







スポンサーサイト



  1. 2020/06/27(土) 03:37:31|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

実験開始。


人柱的な報告。


【危なかった前提条件】

まず、今回理解した楽天simの特性。

①simを購入すると、そのままでは使えない(=アクティベートされていない)simが届く。

契約成立によりsimの電話番号が解放され使用可能になる。(地味にここ重要)
楽天指定端末の場合はこの時点ですぐ使用可能になるが、指定端末以外ではAPN指定など自分で設定が必要となる。また、海外製スマホの場合はそこから更にスマホ本体の設定が必要となる。(確実に使える保証がないためネット等から情報収集が必要)

③無制限通話アプリ「楽天Link」は楽天simが使用可能になった状態で電話番号を入力すればパスコードが配布され使用可能になる。


【注意】

楽天市場でsimを注文すると、その場で契約情報の入力が発生する。

ただ、様々な契約に対応するためか後日登録したアドレスに「正式契約案内」メールが届く。が、購入時に契約をしていた場合ここで入力してしまうと「2回線目の契約」となるため注意。

身分証明書の提示を求められるなど「違和感」があったため踏みとどまれたがこれは頂けないしお粗末な対応だと思います。

また、simとスマホ本体の相性が単純にbandで確認出来ないため、楽天ホームページに記載されているスマホ以外については入念な下調べが必要です。

基本的に楽天回線であるband3およびパートナー回線のband18が使用出来ることが前提ですが、単純にその二つが対応しているからといって使えるかどうかは分かりません。





【今回の目的】

umidigi f1で登録し、通話用simに以前から使っているbiglobeを設定。
通信用に楽天simを設定するdsds運用。

一つのスマホに二つのsimを入れて電話番号を変えずに通信量を増加させる。


【接続結果】

成功。

範囲はパートナーエリア。

詳細については試行錯誤の結果なので「これが正確な方法」という確証がないため割愛。

ネットで「楽天 umidigif1」と検索し、記事に出て来る方法で何とか。
単純なAPN設定だけでなく、本体側の開発者モード設定が決め手になったとだけ。



【しかしながら】

苦戦しましたが、得られる効果は絶大でした。

sim1を楽天
sim2をbiglobe

で使用。用途は通話をbiglobe、通信を楽天に設定。



【速度】

下り回線です。

パートナーエリア屋内 8mbps
パートナーエリア屋外 21mbps

楽天回線エリア駅構内 31mbps
楽天回線エリア屋外 84mbps


まだ使用者が少ないためと思われますが、楽天回線エリアのスピードが驚異的で、しかも使い放題です。
ちょっとした固定回線レベルの速度で、都市部でのWiFiスポットを探す必要がなくなります。



また、パートナーエリアで5G使用後またはアプリで速度制限を行うことで通信速度が最大1mbpsに低下しますが、普段使いに困ることはありません。



ネットについては快適とはいかないまでもストレスなく。
Youtubeも360pまでは止まることなく見ることが可能です。
アマゾンプライムビデオについては、最初に10秒程度読み込みが入りますがそこからは止まることなく視聴出来ます。



【特性】

○長所

①楽天エリアでは爆速使い放題
②パートナーエリアは通常の格安simと同程度の速度。月間5G、ただし残量持ち越しなし。
③パートナーエリアの5G使い終わり、又はセルフ制限時は最大1Mbps。これには制限なし。普通に使える速度で全く困らない。



☓短所

①まだまだ楽天エリア狭い。
都市圏に限られる状況。

②対応バンドが少ない。
band3とband18が必須。
都市部を離れたらほぼau回線頼み。

③契約時の手続きと対応スマホがややこしい。(ショップでスマホと同時契約したり、完全対応スマホ購入なら別)




【総評】

なんだかんだでまだ発展途上、色々ハードルはあるが面白い試み

というのが率直な感想。
一応、今回の実験は大成功なのでいい感じ。

実際、この契約で向こう1年はほぼ使い放題。
もし1年後楽天の通信環境が改善されていればbiglobeを放棄すればいいし、行き詰まるようなら楽天を破棄すればいい。


なんにしても1年に渡り通信費が0円になるというのが大きすぎる。
もし自宅がパートナー回線エリアにあるなら多少無茶してでも実験してみる価値あり。


念をおしておきますが、本来の楽天端末ならもっとサクっといきます。

割と、いやかなりオススメですよ!
  1. 2020/06/25(木) 20:14:52|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オタク特有の早口。


多分しばらく忙しくなるので、とりあえず今回の空き時間に出来る最後の物欲系。

その前に仕事用&色々資産運用を始めたのでipad mini(第5世代)を購入。

最近は中華スマホの性能がやたらいいんで楽しんでいるんですが、職場のことやら自分の預金のことやら扱うのでセキュリティ的に念のため。微妙に高かったがここはケチらず。
これについてはくっそ真面目なアプリしか入れてないので割愛。
しっかし噂には聞いてたけどipad本当に性能ヤバいっすね。
普段使いにしたいけど、今回はちゃんとした使い道のため我慢我慢。

突然こんなブッ飛んだ買い物する自分にビックリしておりますが。

今回のことでなんかね、思ったんです。
仕事して満足してるだけじゃダメだわと。
自分から積極的に運用して頑張らなきゃと。


あと、アナログ環境じゃなくデジタル環境を身の回りに置いて、とりあえず形からでもなんでもデジタルに変わっていかないととも思いました。
紙のやりとりに慣れすぎた自分を変えなきゃいけない。

そんな意味もあります。
有効かどうかはさておき、大切なのはこのご時世、自分から変わっていきながら新しい形を身につけることかなと。









さて。









ここからは趣味のお話。

楽天モバイルの話です。

定期的に通信費用を見直しているのですが、例の楽天アンリミテッドがエリア内無制限で2980円だとか。

ただし、無制限とはいえ正確には10G/1日、オーバーすると3Mに速度制限となります。

また、この条件はあくまで楽天エリア内だけで、2020年6月現在は都市部を除き殆どのエリアがau回線となるパートナーエリアです。パートナーエリアでは高速通信が5Gのみ、以降は最大1M通信に制限されます。

まあ1M出れば普段使いならば全く問題ありませんけどね。


その代償の為か、なんと今契約すると基本手数料が1年間無料なのです。

おそらく1年かけて基地局増やすしちょっと待っててね的な話かと。

そこにもってきて解約違約金が無い為ぶっちゃけ契約しない理由がない。


黒猫はいまbiglobeを契約しているのですが、通信のためにポケットwifiを借りているので総合的な金額では楽天の方が安い。



が。



今このスマホは仕事で使っている事もあり、解約して移行する度胸がありません。


で。



無料なんですよ。




今から1年後ならbiglobeを解約しても問題ないので、どちらを使用するか吟味してやろうと。


で。



こちらの無料期間が300万人先着なのですが間に合いました。

逆にまだ300万人集まってないということはちと厳しいのか?という疑問も

BIGLOBEモバイルは割といいmvnoなのですが、就活中に通信が途切れて困った側面もあるので出来ればmnoである楽天に乗り換えたい。

ただ今の通信網では信用できないんだよなぁ。



【まとめ】

①噂の無料sim「楽天モバイル」
の速度を試す。
楽天エリア(多分梅田あたり)と、パートナーエリア(残念ながら自宅)での速度を試す

②制限速度中の速度を試す
(制限モードでの計測)

③通話を試す
(電話アプリと楽天linkなる専用アプリ)
体感での評価

④総評


という順で試したいと思います。



  1. 2020/06/24(水) 14:40:37|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日常コンテニュー。


今回は失業話をダラダラ長くくっちゃべる内容で、ゲームも物欲もないお話です。






いやー。
今回は本当に焦った。
強気な発言はしていたものの、
正直今回ばかりは人生終わった感が半端なかった。
黒猫は飲食業としては間違いなくミドルキャリアです。
転職市場では新人とは違い「伸びしろ」ではなく「実績」が問われます。

つまり、ここで今までの仕事の価値を、社外の第三者から問われると言えます。

もちろん人余り、人不足により採用率は変わるでしょうけれど別の意味での恐怖はありました。





【例外はなかった】


実は正直たかをくくっていた部分もありました。
黒猫の会社は大丈夫だろうと。
なんだかんだでコロナの影響を耐えてくれるだろうと思ってました。

が。

一度波に飲まれれば後は一瞬でした。


【予告はない】

実際、「それ」が伝えられるのって当日まで分からないんですよ。
本部の財務諸表とか管理する部門なら予想していたかも知れませんが、本当に唐突に伝えられます。
ガンキャノンで出撃して後ろ振り返ったらホワイトベースが堕ちてた的な。

え?

みたいな感じ。
昨日まで普通に存在してたじゃん?
対外公表情報でもある程度想定通りに推移とかほざいてたじゃん?
自分の店もある程度利益叩いてたじゃん?
唖然とします。

今でも「何を突然」という感想しかありません。

流石に黒猫も血の気が引いたのを覚えてます。
マンガの表現みたいに、「サーっ」と血が身体の中で薄くなる感じですね。




【咄嗟に考えたこと】

ぶっちゃけ生活サイクルでした。

すぐスマホを取り出して、失業保険はいくら、月の生活費はいくら。
貯金の残高から考えてどの程度耐えられるか、と現実的な数字に置き換えて計算。

計算する限り、大丈夫、数年は耐えられるという結論に。
ここで少し落ち着きます。



【動き】

落ち着いてはみたものの、結局考えたことは

「ゆっくりしている時間はない」

という結論。


同業他社の社員も会社規模縮小、大量閉店などのニュースから外食産業の正社員枠が一時的に飽和状態になると読みを固めます。


外食産業の資金ぐり悪化はおそらく6月末から7月末あたり。

例外はあるかもしれませんが、全体的に見て消費増税で売上が下がり、コロナで追い打ちにあったため正月→GWの繁忙期を立て続けに落としています。

諸々の施策を試みて、資金がショート。
固定費の削減に踏み切るため店舗閉店から希望退職へ、が最悪のシナリオとして考え、解雇→退職した社員が一通り手続きを終えて転職活動を始めるとして7月から8月。

というロジックを自分で勝手に組み立て、動くなら今しかないという結論に。




【2つに1つ】

今は様子見して、しばらくゆっくりするか。
それともすぐに動き、転職市場の動向をチェックするか。

考えるまでもありません。
市場が飽和するまでに椅子取りゲームに勝つしかありませんでした。





【転職ナニソレオイシイの?】

まず困ったのは、履歴書です。
今まで膨大な数のアルバイトの面接をこなしてきた自分でしたが、いざ自分で書こうとするとペンが動きません。

本当にお恥ずかしい話です。
偉そうに人の履歴書を評価しておきながら、自分の番になると全く駄目でした。

人様の履歴書にあーだこーだ言っておきながら自分はこのザマか、とこれについては本当に自己嫌悪に陥りました。


結局ネットを参考に何とか形にしたものの、続いて襲いかかってきたもの。





【職務経歴書?】

転職時に先方に対して自分の経歴を書きつつ、自分のアピールポイントを表現する紙です。

そこそこ頑張って来たのでこれはいける!
と意気込んで書いてみた結果。


んー。


なにこれ。年表?

あれだよね。歴史の教科書とかに載ってるやつ。


とりあえず自分の経歴を羅列しただけ。
無味無臭の文字列が並んでいるだけでした。



今度は自分のエピソードを追加し、しっかり仕事のアピールが出来るよう修正。















⋯厨二臭い⋯















今度は自分の活躍をクローズアップするあまり客観性が失われ、なろう小説のような仕上がりに。

なんだ、ただの能力者か。


結局あれを増やしこれを削りしている内に、たかだかA4用紙2枚に20時間くらい費やす始末。




【いざ戦場へ】

諸々ネットを駆使していざ面接へ、と意気込んでみたものの、驚くほど書類選考が通らない。

誇張抜きに、20社以上送ったのに面接までこぎつけたのは6社。

コロナ禍だし採用人数が減っていることは分かってますし、よく聞くニュース等から考えればまだ通っている方だというのは分かりますが、さすがに14社からお祈りされたら心が折れそうになります。



【一徹の報酬】

結末としては、その黒猫の転職活動を知ったとある飲食業の方から待遇アップを約束のポストを頂いたのですが、それも経歴を見てのお誘いでした。

驚くほどの天才という訳でもない黒猫をヘッドハントしたのは、ただただクソ真面目に業界に従事していたことが決定打になったようでした。

パッシブスキル「根性」もたまには役に立つもので。

どんな凡人でも「続けること」は武器になりうる、という事ですね。



【浦島太郎の自覚】

今回の就活で気がついたのですが、自分を含めた前社の社員のIT環境の弱さ。

面接内容を紙に書いてる面接官が皆無。
そもそも本社のテーブルにある紙の少なさ。

全然違う業界、例えばIT系なら分かりますが。
考えたら、退職説明会でも膨大な資料と401kの書類説明で怒号が起きていました。
自分の年金運用を、紙で配布されてしかも誰も理解していない。
それは他の誰でもなく自分のせいです。


そう思うと何か急に気恥ずかしくなりました。



【考動しよう】

転職活動を通じ得られたものはとにかく考動(こうどう。ビジネス現場でたまに聞く造語)すること。

情報を集めて考えて動く。
これが重要だと身に沁みて分かりました。

今までの職場は過酷な環境ではありましたが、会社の大きさ故に外からの情報に疎くなり、いつの間にか知識的にはぬるま湯に浸かっていたのかもしれません。
井の中の蛙、とはよく言ったもの。

今までいた会社より資本の小さい企業の本社の方が、明らかに情報面では優れていました。



【とりあえずやってみようかなと】

今までなんとなくやってきた積立や資産形成も、一度自分の手元に端末単位で集めて考えてみよう、とか。

紙ベースでやって来たことも一度ゼロにして、割と理由もなく避けてきた電子マネーも使うようにしてみようかなと。




【役者の方に感謝を】

コロナ禍の中、俳優さんの報酬問題が取り沙汰されたりしましたが。
個人的には役者の方に何らかの手助けはいるよな、と思うようになりました。


就活中、例のプロジェクターで

「沈まぬ太陽」
「空飛ぶタイヤ」
「しんがり~山一證券最後の聖戦~」
「下町ロケット」

と、毎日を戦うビジネスマンの物語を視聴し続けたおかげでメンタルを折らずに済んだような気がします。

心の栄養素、とはよく言ったものです。


【さて】

今回無事に済んだことで少しだけまとまったお金が入ったので、次回はちょっと装備品周りを変えてみるつもりです。

まあ、退職にともなっていくらかは入りますので。
額は言えませんが、ddonプレイ全盛期なら毎日全ブーストをかけて目当てのガチャは毎回コンプリートして鼻歌が歌える程度のお金です。(貧相な贅沢妄想)


長文失礼致しました。
  1. 2020/06/19(金) 21:55:36|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

つよつよ面接。


次職決まったぜオラァ!

と、いうことで。
具体的な社名は出せませんが、待遇アップで次職を決めた黒猫です。


正直生きた心地がしませんでしたが。

まぎれもなく黒猫の外食マン人生最大のピンチでした。

ただ、一つだけ分かったことがあります。

継続は力なり、とはよく言ったもの。


どんな凡人でも、一つ一つ積み重ねていけば大きな力になります。

新人のころから積んできた背景が今回の転職に繋がったかと。

あとはしばらく空いたブランクを、どれだけの速さで埋められるかが勝負です。

とりあえず残りの期間でオーディンスフィアだけクリアしておこう。(台無し)




  1. 2020/06/15(月) 17:12:02|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アンブレイカブル。


さて。

外食で仕事をして得た一番のスキルは、

パニック耐性

のような気がします。
想像以上にコロナが会社を蝕んでいたことにも驚きだけど、噂以上の影響です。

自店の営業利益ばかり鬼追求しすぎて、母屋の方のキャッシュフローをあまり気にしていなかったよ。

こうして晴れて無職に。

こう書くと失意のどん底っぽく見えますが、実は結構エンジョイしてたりします。
今まで自由な時間なかったからね。少しくらいは仕方ないね。

こちらの業界専門の転職サイトに登録して早くも数社面接予定。
あんまり書くと身バレするので控えますが、「アレもありか」「コレは受かるかな」と深刻になり過ぎず楽しんでおります。

既に面接と面談ラッシュでスケジュールに余裕がないとは言えない、てか自由な時間そんなに出来ないかもしれんマジで。

少なくとも1年は失業保険で食いつなげますしね。


【それより深刻なのは】

自粛期間で結構増えた体重ですよ。
今筋トレだけではなく、外食マンの意地にかけて日々の接種カロリーのコントロールを心掛けてます。

アレね。サラダチキンと春雨結構美味しいのね。


「太るから仕方なく食べ始めた」食材ですが意外に旨くてビックリですわ。



【ゲームはやる】

基本詰みゲー消化で余計な金を使わず遊んでいくつもりですが、今回のPSセールのデトロイトだけは買っておきたい。


現状そんな感じですが、なんだかんだポジティブに暮らしていくつもりです。

転職活動がうまくいったらまたその内容を少しまとめるつもりです。

たまに生存報告がてらブログを更新するのでまた。



  1. 2020/06/04(木) 21:52:58|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

こういうのでいいんだよ。


先日からプロジェクター視聴を続けているのですが、今回視聴した

「殿、利息でござる」

が意外に感動したのでちょっとブログを。


政治に苦しめられているある宿場町の町人たちが、知恵を出し合って

「殿様に1000両を貸して、その利息を町に還元して苦境から脱出しよう」

という話。

もちろん現在の価値で3億近い大金を一介の町人が持っている筈もなく。
しかも利息は自分たちのためでなく町の人々を助けるため利益はゼロ。

そんな中、心意気にうたれ一人また一人とお金を工面する者が現れる。

町一番の守銭奴と言われた男も手を貸して、ついにお金が用意出来たがしかし⋯


と物語が語られます。

結末は語りませんが、日本ならではの人情味溢れる物語で語られます。

何が凄いって、「全部実話」なんですよこれ。

地方の話ながら、庶民と政治がリンクする時代でもあったんですよぬえ。


アマプラで配信しているので観ていただきたいかなと。




  1. 2020/06/02(火) 21:13:29|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

800回にして。


今回は自分語り的な話なので興味ない方はそのままスルーして下さい。











たまたまですが、今回のブログで計800本になります。

本来ならもう少し楽しげな話題にしたいのですが。


まあぶっちゃけてもいいか。

今、政府の第二次補正予算が決まりましたが、もう全然遅いです。

予感ですが、黒猫の会社も秒読み段階でしょう。
うちだけではありません。

多分、早晩皆様がご存知のあの企業この企業がバタバタと倒れていくことになると思います。
それ程外食産業は今逼迫しています。

ギリギリ黒字で推移していた自店も、コロナが致命傷になりそうです。

「今回は◯◯を検討した」
「この予算は空前絶後だ」

という政府の壮大な言葉も、虚しく滑稽に聞こえます。

経済評論家の方も言っていましたが、企業が生きているうちに届かなければそれは支援ではなく香典です。


今回ばかりは何とも言えませんが、黒猫自体はなんとか生きることは出来るかもしれません。

ただ、この仕事を長く続けても従業員たちに閉店を告げるときのあの気分だけは慣れません。

お小遣い稼ぎの学生、家庭の収入を支えるお母さん、生活費を稼ぐフリーター全員を等しく絶望させるようなものです。
ましてその全員が長い時間一緒に働いてきた仲間です。
割り切ってサクっと伝えられる店長はそうそう居ないと思います。

筍みたいに次々新しく生えてくる外食産業の店舗でも、中で働く人々にはそれぞれの背景があります。

「経営の才覚がない」
「外食で働くのが悪い」
「利益を貯めていない」

ネットでよく書かれていますが、今回ばかりはどの企業もそこを責めるのは酷だと思います。

コロナでやむを得ない状況ではありましたが、支援が無い中経済を止めるというのは水の中に顔を沈められるようなものです。
この先体力の無い企業が順に息絶えていくでしょう。




【予兆だったのかなぁ】


とはいえ、以前書いたように前向きにトライしようとは思っています。

多分「後で勝手に頭の中で辻褄を合わせた」だけなのかも知れませんが、黒猫は人生のピンチ毎に何かしらの「名言」を漫画やゲーム、ドラマから受け取って頑張れる単純な人間性の持ち主です。

銃夢とか、企業戦士YAMAZAKIとか。

今回は多分アレですね。
オタ臭いアニメやゲームばかり視聴していた自分が急にドラマを視聴したJINの名台詞、

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」


というやつですかね。

とりあえず、自分のキャリア自体はそれなりに有効な手札たりえると思っているので頑張ってみます。


次からは、またゲームの話題に。


  1. 2020/05/27(水) 22:50:02|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

視聴の果て。


ちょっと酒も入りつつ、このところのプロジェクター視聴で「防振り」と「JIN」のを見終わったので感想。

ぶっちゃけ「防振り」はうん、普通に面白かったという感想。
とりあえず心の趣くままに「俺TUEEE」を、明るく健康に風呂敷を広げまくって書いてみました的な作品。
無理にダークな要素を入れず、ただただ微笑ましく物語を進めていくのが逆に新鮮で
面白かったですね。
悪役らしい悪役もいないし。
2期決まったらしいのでまた続きを楽しみにしています。



さて、「JIN」ですが。
原作も多少読んだことがあるのですが、こんなにじっくり国産ドラマを観たのは久々です。
以前からドラマも評判だったのは知っていたのですが、ここまでとは。

極端なことを言えば、今なにかとSNSの誹謗中傷が話題になっていますが、とりあえず道徳の授業とかで一回流せばいいんじゃないですかね、と。
そう思えるほど心に来ました。
どうも涙腺にきますね、この作品。


【武田鉄矢氏】

なんだろう。
大沢たかおさん始めどの役者さんの演技も素晴らしいし、しっかり物語に入り込ませてくれるのですが、気になったのは武田鉄矢氏。

もちろんいい意味で。

テレビの露出も多いし有名人びいきなのかなー、と自分の感覚も振り返るのですが、なんというか、この方一人だけ桁が違うと勝手に思い込んでしまいました。
黒猫の主観であることは分かっていますが、一つ一つの演技に凄味があるというか。
こういうのが「レジェンド」なんだろうな、というのが個人的な感想です。


と、いうことで即「完結編」の視聴に移りました。

ホームシアターはいいですよ皆さん!

今日はそういう感想だけ。




  1. 2020/05/26(火) 22:19:23|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最適の選択。


前回以降、プロジェクターを最大限に使用して色々と楽しんでます。

動画アプリをキャストすることで、

スマホ→クロームキャスト→プロジェクター

で自前の動画や画像を壁に映したりも出来るんですね。
そういった使い方も楽しいかもしれません。


さて。
あたりを暗くして楽な姿勢で視聴する分、凄く没入感が高まるんですよね。


【JIN】

今1期の第6話まで視聴しました。
大沢たかおさんの演技がいいですよね。
現代の何らかの知識を持って過去にタイム・スリップ、という物語は様々なジャンルでありますが、人を救うという分野で一つ一つしっかり登場人物描いているのが印象的です。

完結編まで一気に観たい。






こんな感じで実写ドラマも綺麗に視聴出来ます。


【オーディンスフィア・レイヴスラシル】

実は今回のプロジェクター実験で一番良かったゲーム。
随分昔に積んだものを引っ張り出してきたのですが、幻想的な雰囲気と絵画のようなキャラクター、ヘッドホンで聞こえる音声が「劇場で役者が声を響かせているような立体的な聴こえ方」をするため、良質の演劇を観ているような気分になれます。





他のゲームもいい感じですが、今回特に光ったのはこのゲームでした。

2Dゲームなので酔うこともありませんし。

これから夜な夜なの楽しみが増えました。
  1. 2020/05/25(月) 03:24:43|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ