FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

そんなに違和感がないという違和感。


STEAMにログインしたらオススメゲームのトップに「ぎゃるがん2」が上がる黒猫です。

悪かったよ。
ぎゃるがんVRは楽しめたよ。

STGとして。

いや、マジですよ?






さて。


デイズゴーンはスタッフロールのあと、消耗したアイテム補充にあっちこっち走っていたらエピローグのような話が追加されて、ようやく真エンドらしきものを見ました。

あれをどう解釈するかですよね。

続編への布石なのか、それとも余韻を残すためのイベントなのか。

もしどなたかクリア済の方がいらっしゃったら解釈をお伺いしたいですね。



【キムタクが如く、始めました】

とりあえずデイズゴーンを離れ、次なるゲームを開始しました。

「JUDGE EYES~死神の遺言~」

通称キムタクが如く。

龍が如くチームが開発し、俳優の木村拓哉氏を主人公に据えた作品。
龍が如くと同じ神室町を舞台としており、見た目もよく似ているが龍シリーズとは全く別の作品。





【第一印象】

キムタクじゃん!



まず思ったのはこれ。

黒猫はオタなので、キムタク=リア充の権化の印象ですが、実はそんなに嫌いではありません。

むしろ隠れオタ時代に木村拓哉氏が出演しているドラマなんかは結構見てました。
周囲の友達との話題合わせのつもりがいつの間にか先が気になったりして。
もちろんSMAPも全盛期でしたし。

さて、そういう印象を持っているためかAmazonレビューなどで言われている

「主人公が棒読み過ぎて萎える」

といった印象は受けませんでした。

これは人それぞれだとは思いますが、
「俳優キムタクの演技」感がよく出てるなー、くらいの印象です。
むしろシェンムーの棒読み舐めんなよと


【骨格】



さて、パッと見た全体的な枠組みはやはり龍が如くの印象が濃いです。
龍シリーズを遊んでいれば神室町はもうミニマップが不要で目的地に行けるくらい馴染み深いマップ。
登場人物の肩書にも東城会などよく知った名前が出てきます。
(ある地点の状態と人々の会話から、時系列としては龍が如く6の後のようです)



おまけに三人称視点でケンカアクションとくればこれはもう主人公を木村拓哉に変えただけの続編でしょと思いました。





【しかし】

進行していくにつれ、確かに龍シリーズとは違う感覚を受けるようになります。



殺人事件の被害者、証拠、アリバイ。
聞き込みに裁判。



更に主人公「八神隆之」の過去と現在。

舞台や人物こそよく似ていますが、間違いなく推理アドベンチャーのイメージに切り替わっていきます。




要所要所で入る調査パートと、対象となる人物に証拠をつきつける逆転裁判ばりの追及。
ドローンによる偵察など探偵物としての楽しさも。



【最初からグイグイ来る】

ゲームでも魅力ある推理モノ。

初代龍が如くも「誰でもカッコいいケンカアクション」と銘打ってありましたが、一方で空白の10年で裏切る親友や100億の少女といった謎が散りばめられており、「先が気になる物語」となっていました。

黒猫も今第1章を終えたところですが。




いやコレ、滅茶苦茶面白いんですけど。


先が気になる気になる。
木村拓哉がどうのとか言うのは最初の1時間くらいで慣れました。
それよりもどんどん物語に引き込まれてます。

これぞ大人のエンターテイメントですね。

「龍が如く」とよく似た手触り。
しかしながら中身は全く違う。

各レビューの評価が高いのも納得です。

推理モノゆえにネタバレは控えますが、遊ぶ価値ありですよと早くも言いたくなる作品です!
スポンサーサイト



  1. 2020/03/25(水) 06:13:12|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

流れ者のバイカー。





更新をうっちゃってデイズゴーンを遊んでおりました。

こういうゲーム、終盤に書く記事の途中で先が気になって一気にクリアしちゃうんですよねえ。


と、いう訳で「デイズゴーン」クリアしました。




【終盤に書いていた記事】

スキル取得やらサブクエをガツガツ進めすぎてちょっとわかりませんが、シナリオ自体はそろそろ終わりに向かっているのかな、という印象です。

相棒ブーザーと旅を続ける前半戦と、そこから少し事情が変わる後半戦。



終末世界のなか、何を信じ何を糧に生きるのかをじっくり描く作品で、どちらかというと海外のドラマ、それも映画ではなくテレビシリーズのような雰囲気です。

オープニングから追ってきた、妻サラの消息を追うディーコンの葛藤と彼の親友ブーザーとの旅は北部にあるアイアンマイクの集落で終わりを告げ、新たな展開とともに南部ウィザード島へ舞台が移動します。

ドラマでいえば丁度シーズン2へというイメージ。


敵も多彩になり、熊やカラス、狼などの感染種とも戦闘になります。
ショットガンでも怯まない熊、一撃で3割近い体力を削るカラス、バイクに追いつく狼などなかなか酷い戦いが待ち受けています。



【そしてついに】

来た。

ストーリー中の強制戦闘「チェモーの大群」

様々なPVで見たデイズゴーンならではの「群れとの戦い」です。


ゲーム内で受けるアドバイスとして、

①狭い路地に入り群れを分断する
②あたりのものを活用して大量に敵を倒す
③それを少しずつ繰り返して倒す


とあるのですが。



初見殺し感が半端ない。



うん。



あれッスよ。





多勢に無勢の意味が心底分かります。



色々ホラーゲーを遊びましたが、こういう恐怖はなかなか無いですね。

サイレンもある種似た恐怖がありますが、このゲームの場合全力疾走してくる200体くらいのゾンビです。
なんというか、「圧」が酷いです。

とにかく異様な数のゾンビに追われます。

接近戦は無理。
あっと言う間に取り囲まれ餌食にされます。

逃げながら銃を撃ったりギミックを使うのですが、とにかく怖くてなかなか狙いが定まらない。
普段からシューティングの上手い某ブラザー実況者のようには全くいかず、何度もゲームオーバーに。


うーむ。
やむを得ん。

何かしらの手立てはないものかと、攻略情報を求めてネットを検索。


そこである情報を目にします。


「敷地内にある喫茶店が、一回限定で安全地帯になる」

室内に入った瞬間に瓦礫が崩れて外に出られない仕様になる廃墟があり、二階から飛び降りずにいれば大群の攻撃は受けないと。
で、上から爆弾ポイポイで楽勝と。






あーね。




そういえば近くにそんな喫茶店あったよね。











前に暴徒に襲われて飛び込んだっけ。
何だコレと思って二階から飛び出したけど。






















「1回だけ」













しまったあああああああ!









【詰んだか?】

という訳で安全地帯は使えない。

練習しまくって何とかするしかないのか。

他に方法はないのか。


考えろ、考えるんだ。



で、結局カッコいい戦い方を捨てることに。





【チキン以外の何物でもない】



①近くの草むらに隠れる。

②アトラクター(音でゾンビの気を引く道具)投げる。

③ゾンビが集まったら火炎瓶か手榴弾を放り投げて即隠れる。

①~③を繰り返し。






勝てました。


厳密にはその方法で8割がた倒し、あとは逃げながらマシンガンで殲滅。



正攻法で勝つには黒猫の腕がまだ足りないようです。




【その後】


野良大群の連戦と、サブクエの大群を相手に練習を積んでいよいよ来ました。

PVなどで有名な「製材所の大群」です。

当然、初見で5回ゲームオーバーになりました。

これまでの大群はせいぜい200体くらいが相手でしたが製材所はざっくり500体くらい居ます。

また、地形での有利なポイント、活用できるギミックが少ないのも特徴です。

つまり持ち込んだアイテムで何とかするしかない。

結局、少数のゾンビをおびき出してはちまちま削り、元の数の半分くらいにした後製材所に飛び込み押しきりました。


残りのシナリオは通常の戦闘でしたのでそこまで苦戦することなくサクっと。



【総評】

85点。


バイクを使用して広大なフィールドを移動するオープンワールドゲーム。
しかしながらメインシナリオはドラマを見ているように色濃く描かれて観ている者を飽きさせない。

中盤以降に襲い掛かってくるゾンビの大群は(少なくとも初見の状態では)ゴリ押しでは対抗出来ず、必然的に地形や手持ちの武器と相談しながら考えて戦うことになるがそれが本作ならではの味を出している。
(処理のせいかPS4がやたら唸っていたのが気になりましたが)

物語はホラーというよりもポストアポカリプスの状況下での人間関係やサバイバルに重点が置かれている。
その意味では「ラストオブアス」や「ウォーキングデッド」に印象が近い。
このドラマ性こそがこのゲームを遊んで良かったポイント。

欠点らしい欠点が見当たらないとても優秀なゲームと思いました。
それ故に独自要素が少ない凡作と言われる可能性はあるかもしれませんが、少なくとも黒猫は好きです。

ラストシーンのメインキャラ、いやあえてメインキャストと呼びたい。
の絡みは凄く良かった。

「シェンムー」はファンなら満点だがそれ以外にはオススメ出来ないと評しましたが「デイズゴーン」は良かったです。
今ならとても安く手に入るゲームなので未 プレイなら遊ぶ価値ありです!


まだ各地に処理していない大群がいたりとっていない隠し武器なんかもありますが、いったんここで次のゲームに移行しようかな。

デイズゴーン、良かった!!
  1. 2020/03/14(土) 02:01:46|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今ふたたび勧めよう!


ちょっと最近、一周回って飲食店の社員ってコロナウィルス関係に強い気がしてきた。

まあ不特定多数の方が来店する以上、リスキーな部分は間違いなくあるのですが大きいのは


①満員電車に乗ることがない

ほぼ自家用車で通勤なので、極端に他人と接近したりはしません。
接客中が一番人と接近しますが、満員電車ほどの近さでもないためリスク的には幾分マシかなと。


②手洗いはいつものこと

一緒に働く従業員含め、業務用手洗い洗剤で手を洗うのが日常業務のため、自分や周囲の人間が必ず「業務としての手洗い」を実施しています。
サボるサボらないという次元の話はないですね。日常の挨拶感覚で手洗いをするというか。
つまり、毎日決まったタイミングで自分や従業員の手は必ず消毒されます。
一般洗剤ではなく、逆性石鹸など業務用の洗剤というのもよく考えれば頼もしいかも。

なので、外部から菌が入る確率はそれなりに低いのかなと。
もちろん従業員やお客様に保菌者が出たらアウトかもしれませんが。

ただこの2点、意外に重要なことではと思います。








さて。

色々と人が集まるところに行くことに抵抗がある昨今。

黒猫としては改めて「VRデバイス」を勧めたい。
もっと言えば、「オキュラスGO」を勧めたい。



【理由】

VR体験はもちろんですが、持ち歩く映画館と言ってお釣りがくるほど贅沢なデバイスだからです。
というか、オンデマンドアプリのおかげで「映画館の代替品とは違う」新しいエンタメかなと。

そして、最大のメリットは自宅から出ずにこのエンタメを非日常的クオリティで楽しめるという点。

不特定多数の集団に近寄らなくてもリッチな動画体験が出来るというのが最近の事情と照らしてもオススメだと思います。


「VRなのに動画だけじゃちょっと勿体ないなー」

と思うかもしれませんが、オキュラスGOのアプリは試す価値アリです。

特に日本人の多くが利用しているであろうAmazonプライムビデオが最近オキュラスに対応しました。

アカウントがあれば誰でも無料で大画面視聴が出来ます。
画質もかなり綺麗で、長時間の視聴でもそれほど疲れません。

以前オキュラスGOといえばネットフリックスがこのVR視聴の先駆者でしたが、Amazonプライムビデオを導入後黒猫はネトフリを解約してしまいました。
それほどの完成度と思います。





【YOUTUBEも】

YOUTUBE VRも登場しています。
画面と薄暗い背景だけのシンプルな構成ですが、両手を広げても届かないほどの大画面でYOUTUBEを視聴できます。

口で言うのは簡単ですが、想像以上に大きな画面です。
また、画面の位置を自由に変更出来るので仰向けになりながら動画を見るといったことも。

Vtuberなどに興味があればなおのことオススメ。「歌ってみた」系動画はちょっと感動するレベルで楽しめます。


【ついでに】

好きな動画をいくつか。

サントリー公式Vtuber、燦鳥ノムさんの歌ってみた動画「アスノヨゾラ哨戒班」

企業所属だけに光る豪華なPVと、それにひけをとらない歌唱力。




「PPH✕銀河アリス~泥沼の底でお互いの足を引っ張りあうような対決」

Vtuberが分からないとイマイチかもしれませんが、天然の答えを繰り出しながらボケとツッコミが冴える二人。
一本の漫才みたいなノリで笑いました。



もちろん、上位機種であるオキュラスクエストもあるけど、価格がちょっとなぁ、という方にも充分オススメできます。

他の特徴として、やはり頭にかぶるだけで即座に起動するスタンドアローンタイプであること。

黒猫はHTC viveも所持していますが起動率はオキュラスGOの方が圧倒的に高いです。
というかオダメが無かったら最早viveは起動してない説もアリ



【他の使い方として】

寝る前にアクアリウムや星座アプリを使用して癒やされる使い方も最高です。

現代ではなかなか出来ない、地平線の彼方まで見える大地に寝そべり夜空を眺める使い方、実際には不可能な青い海底に寝そべり泳ぐ魚をただただ眺める使い方も。


ちょっと色々外に出にくくなりましたが、こんなデバイスで楽しむのもアリかもしれませんね。
  1. 2020/02/26(水) 16:38:20|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

屍との鬼ごっこ。


【オレゴンの人々】

アウトブレイク後に生き残った人々。
それぞれがそれぞれの生き方を選ぶ中、衝突や和解、葛藤などが描かれます。












デイズゴーンはそういう人間関係の物語がメインとなっていますね。

なのでメインシナリオは海外ドラマを見ている様で非常に楽しめます。





【ゾンビ】

フリーカーと呼ばれるゾンビです。
他のゲームでの慣れもあるのか単体だとそこまで怖くない印象。
そもそも主人公のディーコンが結構強いので一対一ならゴリ押しも出来ます。



ただ、フリーカーの恐怖は別のところにあります。
仲間を呼びながら全力疾走や段差越え、飛び掛かりなどを駆使する「運動性全振り系ゾンビ」なのです。

ぶっちゃけ生前より運動能力上がってんだろお前、というパターンも。

走り方は丁度「進撃の巨人」の奇行種みたいな感じ。

とりあえずバイク以外では引き離せないため、3体以下にならない限り正面から挑まない方が今のところ無難。


【いよいよ】

まだ直接の激突はありませんが、ゾンビの大群が物語に絡むように。





今の段階では見つかれば100%やられるため、非常に緊張感があります。

これはデイズゴーンならではですね。



これも、単なる難易度調整のためではなく

「奴らは一体なんのために、何故群れるのか。どこから来てどこへ行くのか。そして一向に数が減らないのはなぜか」

というシナリオ上の謎として配置されています。


【戦闘】

上に挙げた通り、ディーコンはそれなりに強いです。
相手が1体なら格闘戦でも充分戦えます。

戦闘に必要な物資はマップのあちこちで入手が可能です。



ただ、フリーカーは群れで現れることが多く、野盗やリッパー(狂信者的な集団)は銃火器を持っていることが多いのでやはり遠距離戦の強化が必要かなと。

こちらも銃を、と言いたいところですが序盤のせいか妙に銃の威力が低いんですよねえ。
フォーカス(tpsでお馴染みの相手がスローに見える能力。大抵時間制限がある)を駆使してヘッドショットを狙ってギリギリ倒せるケースが多く、また当然銃声が響くためこちらの位置がバレたりフリーカーを呼び寄せてしまうのが難点。

まあ野盗の拠点ではあえて銃撃戦に持ち込み、フリーカーが集まるのを見計らってどこかに隠れて壊滅するのを眺めるという戦略も有りですが。

また、サバイバルな世界なので銃弾を入手する機会も限られます。
乗り捨てられているパトカーや敵の拠点などで手に入りますが、気軽にぶっ放せるほど多くはありません。

ショップでの購入も手元のお金と相談するとイマイチ。


総合的にみてクロスボウが便利な気がします。
ステルスの遠距離攻撃なのでフリーカーにせよリッパーにせよ、少しずつ数を減らすのに向いています。

欠点はボルト(弾数)と、連射がきかないこと。

そのあたりはスキル取得でカバー。




【スキル】



最近ブログや他のゲームそっちのけでデイズゴーンを遊んでいた理由がまさにこれ。

スキル取得タイプのオープンワールドアクションって、「このスキルから劇的に面白くなった!」というスキルが必ず用意されている気がします。


たとえば「シャドウオブモルドール」シリーズならやっぱりブランドの能力、「ダイイングライト」ならワイヤーを使える、などでしょうね。

デイズゴーンの場合は結構地味ですが、



①健脚



持ち歩ける素材などの総数を倍加します。
特にスクラップや杉の木といったボウガンがらみの素材やビール瓶などの火炎瓶用の素材などがそのままサバイバリティの向上につながるため非常に重要な要素になります。


②ノックアップ

ボウガンの威力を飛躍的に向上させます。
先の健脚とあいまって、ステルス戦闘がとても楽になります。




【シナリオ】

今のところ、「凄くスロースタート」な印象です。

序盤に物語の中心人物であるディーコン、ブーザー、サラのシナリオがしっかり描かれているため、見方によっては地味に感じるかもしれませんね。




ただ物語自体が非常に丁寧に語られること、オープンワールドの舞台装置が非常に美しく仕上がっていること、ギターを基調としたサウンドがしっかり盛り上げることもあって作品としての完成度は高いと思います。



今はこの湖が美しいロストレイクで過ごす毎日です。

ゲームとしても、レベリングをわざわざしなくてもメインシナリオやサブイベントをガンガンこなすことでレベルがサクサク上がるので、色々気にせずやりたいことをやれる印象。

ここしばらくのゲームの中ではなかなかキラリと光るゲームかも知れません。
  1. 2020/02/21(金) 01:52:03|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

拳で語る神話集。


デイズゴーンの合間に、先日の福袋で購入した「聖闘士星矢」をちょいちょい挟んでいきたいと思います。

福袋開封のときに「最後」といっていたのですが前言撤回するのはいつもの通りとはいえ

①デイズゴーンが想像していた以上に面白くて長期戦になりそう。

②他の2作もハマりそうかつ長期になりそう

③聖闘士星矢はステージクリア型の格闘ゲームなので区切りやすい


という理由です。



【聖闘士星矢】

ちょっと復習。



原作は車田正美。

週間少年ジャンプにて1985年~1990年連載。
ゲームの下敷きとなっているアニメ版は1986年~1989年に放映された。
確か原作の進行とアニメ、ゲームなどのマルチ展開の連動が上手くいかず、無かったことになっている設定が多数存在する。
スチールセイントだけは許さない

当時女の子の星占い程度の知識しかなかった男子たちに星座を強く知らしめた作品。
なお本人たちには何の責任もないが聖闘士星矢のせいで謎の星座カーストが生まれ、全国の蟹座の少年が虐げられ、ドヤ顔で乙女座は目を閉じ、双子座は悪人にされた。(黒猫主観)




【ストーリー】

うろ覚えなので原作をブックオフあたりで買おうかな。

神話の時代から世界の危機の度に現れる女神アテナの化身とそれを守護する少年達の物語。

彼らは聖闘士(セイント)と呼ばれ、聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏い、身体の中の小宇宙(コスモ)を爆発させて人間離れした能力を発揮するという族顔負けの謎単語が多発する力を持つ。

単語がアレだが、当時の少年たちの中二心をくすぐるには充分なパワーワードだった。
なお、現在グーグル検索で「せいんとせいや」を変換すると「聖闘士星矢」が出てくる。すげえ。


原作は確か

プロローグ
→銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)編
→暗黒(ブラック)聖闘士編
→白銀(シルバー)聖闘士編
→聖域(サンクチュアリ)十二宮編
→ポセイドン編
→ハーデス編


の順で進行する。

それにしても難読単語の多さが凄いですな。





コレを思い出した。



このゲームではプロローグから白銀聖闘士編までは大胆にカットし、

十二宮編
→アスガルド編
→ポセイドン編
→ハーデス編


の構成。
完全におっさんをターゲットにしているので「設定は知ってるでしょ?」的な話

アスガルド編はアニメ版オリジナルストーリーで、原作には1ミリも登場しない人物が多数出てくる。

なおPVを見る限り、ハーデス編のスピンオフ的な形で黄金聖闘士の後日譚のような話がある模様。


【ファーストインプレッション】

色々書きましたが意外にもゲームは良くできています。

様々な都合で声優は何人か変更されているが、結構いい変更だと個人的には思います。

スクショだと凄くチープに見えますが、動きが加わるとなかなかどうしていい感じ。



【聖域十二宮編】

多分聖闘士星矢のなかでも最も人気があり、一番有名なエピソード。

色々あって、

①城戸沙織という少女が戦いの女神アテナの化身ということが発覚。
星矢たち5人の青銅聖闘士は様々な敵から沙織を守ってきた。

②聖闘士の総本山、聖域を守護する12人の黄金聖闘士たちは、女神を語る偽の少女を守るため他の聖闘士たちと私闘を繰り広げる青銅聖闘士の抹殺を教皇から命じられる。

③一方でこの戦いの中、現教皇はいつからか偽物になったのでは、と疑う黄金聖闘士も出始める。


アテナと教皇、本物と偽物をめぐりギリシャの聖域にやってきたアテナと青銅聖闘士たち。




そこに現れた白銀聖闘士。
矢座のトレミーが放った黄金の矢が沙織の胸を貫いてしまう。



矢が心臓に達するまで12時間。
矢は教皇しか抜くことが出来ないのだという。




火時計の12の火が消えるまでに教皇を連れてこなければ女神は死ぬというタイムリミット付きの戦いの火蓋がきって落とされるのだった。


と、いう始まり。


このまま今回の攻略へ。


【白羊宮】



第一の宮、白羊宮。

守護者は牡羊座の黄金聖闘士、ムウ。

普段はジャミールの奥地で聖衣の修復師をしている。


初手から教皇裏切り



いきなり青銅聖闘士たちの聖衣を修理をするというムウ。

黄金聖闘士はそのまま戦ってどうにかなる相手じゃないと伝え、とりあえずいいから聖衣をよこせとばかりに修復を始めます。



時間がなくなり焦る星矢。



ようやく修復が完了。



蘇った聖衣に喜ぶ星矢たちに、ムウがおもむろに伝えます。

聖闘士の優劣は身につけた聖衣では決まらない、より小宇宙を燃やした方が勝つ

さっきと言ってることが違う気もするが

ムウは小宇宙の究極である「第七感」(セブンセンシズ)を星矢たちに伝えます。





【初バトル】

第二の宮、金牛宮。










★褒めたところで手加減はしてくれない。



いきなり吹っ飛ばされ倒れた星矢に三途の川から語りかけてくるお嬢。

ちなみに負けた時は連打しないと起き上がれないという鬼仕様。しかも連打量が結構必要なので大変。



★星矢の周りの女性はドSしかいない。



薄れる意識の中、星矢は修行時代に師匠の魔鈴がおしえてくれた「居合」の話を思い出す。

アルデバランの腕組は実は居合の構えだと直感する星矢。



★沙織さんと時間はいいのか



何を血迷ったか、

そのツノをへし折ってやる!

と叫ぶ。





★ごもっとも。



だからどうしたと自信満々のアルデバラン。


だが。





星矢は第七感、セブンセンシズに目覚めアルデバランを押しはじめる。


【初車田飛び】



必殺技を決めると格闘シーンでもこういった構図になる。

漫画を見てたらニヤリとする構図。


【ついに】

予告通りアルデバランの角を折った星矢。




★大男にありがちだよね。







なんで少しずつズームした。

豪快に笑い星矢を認めて金牛宮を通すアルデバラン。



黄金聖闘士の強大さを知り、次の宮へ向かう星矢でした。


というのがここまで。


次回は第三の宮、第四の宮について攻略していこうと思います。

ちょっといつになるかは分かりませんが、何とか早めにやりたいと思います。
  1. 2020/02/06(木) 22:40:33|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

終わらない悪夢の中で。


「デイズゴーン」大分慣れてきました。



【DAYS GONE】

メニュー画面を開くと、こんな感じになります。



ゲームを進行するとこの数字がどんどん増えていくことから、おそらく妻と離れ離れになったエピソードからの日数を示しているのかな、と思います。


【触り】

印象としてはゾンビの恐怖よりもそこで生きる人々の人間ドラマのイメージが強いです。






派手な戦闘より重厚な人間ドラマがいいですね。


【束ねる者】

すでに合衆国が崩壊してしまった中で、人々は身を寄せ合って生きています。

いまのところ確認しているのは2つの集落。

①コープランドの集落

集落名は分かりませんが、コープランドという人物を中心に成り立っている集落。



森林の中の集落で、そこに住む人々は疲れ果てていました。





集落内を歩くと、元々教師だった人が教室内での悲劇を話したりしています。

長のコープランド。
非常に高圧的で、政治的発言も多い癖のある人物に見えましたがゲームを進行しているうちに彼なりの正義があっての態度だと思うようになりました。




特徴としてはメカニックがいることからバイク関連の整備に向いた村です。




②ホットスプリングスのキャンプ





タッカーという女性が長をしています。

森林の多いコープランドとは対象的に、荒野の平地にあるキャンプです。



ここのキャンプでも同じく心に傷を負った人々が身を寄せ合って生きています。





コープランドと比較するとバイクのカスタマイズは出来ませんが、銃器はこちらのほうが充実しています。


バイクのコープランド、銃のホットスプリングスといったところでしょうか。


【それでも、生きる人々は】

コープランド、タッカーはそれぞれ集落の人々を働かせて報酬を渡し生活する小さなコミニュティを作っています。
ただ法律がない分各々のルールには厳しく当たることで集落の規律を守っています。

例えば、旅先で少女を救助したディーコン。



両親を亡くし辛い目にあった彼女は働かせるべきではないと言うディーコンをタッカーは一蹴。


「甘えたこと言ってんじゃないよ!」

と一瞥。

どんな辛い目にあったとしてもルールはルール。

厳しいように思えますが、終末世界では仕方がないことなのかも知れません。



地図を見る限りまだまだ序盤だと思いますが、この先どうなるか楽しみです。

  1. 2020/02/04(火) 23:56:26|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

それでも、生きろ。


定期的にゾンビと戦いたくなる黒猫です。



「デイズゴーン」プレイ開始しました。

このゲーム、PVでは不可解なほどにウジャウジャ追いかけてくるゾンビのシーンが印象的ですが、ゲームを始めてみるといまのところ全くそういう感じではありません。




【ファーストインプレッション】

既に文明が崩壊してしまった後の世界。
そこに残された人間たちがどう生きるかというパターンみたいですね。

主人公ディーコンは文明崩壊直前にかなり重い出来事を背負っています。

暴徒?の子供に腹部を刺され重症の妻サラ。
ここまで助け合いながら戦ってきた瀕死の親友ブーザー。

どうにか救助ヘリに辿り着いた三人。

しかし、救助のヘリに乗ることが出来るのはあと二人。

親友は当然、「妻に寄り添ってやれ」とその場に残ることを伝えてきます。
ただ状況を考えればそこに友人を残せば彼は確実に死にます。

ディーコンはサラに指輪を渡すと、

「後で必ず返してくれ」

と再会を約束し妻だけをヘリに乗せて見送ります。

呆れる親友と飛び立つヘリ。



物語はその2年後から始まります。



【物語重視?】



展開から見る限り、主人公ディーコンを中心にポストアポカリプス的世界観を描く物語重視の世界に見えます。
想像していた「ゾンビ無双」的なゲームというより、「ラストオブアス」寄りのストーリー。




超黒猫好みです。




【骨格】


おおむね「よくあるオープンワールドゲーム」「よくあるゾンビゲーム」の美味しいとこ取り、といった感じでしょうか。

近接武器には耐久力、遠距離武器には当然弾数があるため無制限に戦う事はできません。

必然、事前に準備したものや現地にあるものを駆使してゾンビ(フリーカー?と呼ばれているみたい)に立ち向かう訳です。

アクションも接近、銃撃、ステルスと押さえるところはしっかり押さえています。


【シンボル的なもの】

パッケージ絵にもなっているバイク。
慣れれば山道や川沿いの悪路なども軽快に走ることが出来ますが、これにも制限があります。




走れば燃料は減り、悪路でジャンプすれば車体が傷みます。

ひたすら気ままに走ることは出来ません。

常に車体のダメージや往復の燃料に気を配らなくてはなりません。


煩わしいといえば煩わしいですが、「ウォーキング・デッド」のようなサバイバル感が出ているので個人的にはかなり好きな要素です。


【今は】

とりあえず目先のクエストをこつこつこなしつつゲームに慣れていっているところです。



クエストをクリアするごとにその土地のコミニュティの友好度が上がるため、まずは文字通り足固めから。




いやー、いいですね!
こういうゲームは本当に好き。
続きが楽しみです。



【番外】

前回引いた福袋のゲームのPVです。
どうしてなかなかどのゲームも面白そう。








これはこれで楽しみになりました。
  1. 2020/01/31(金) 02:58:19|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今更。


【命と引換えで物欲シリーズ】

はい。
毎度修羅場ごとに入る臨時収入で物欲を満たすシリーズ、2020年第一弾。


以前書いたかもしれませんが黒猫の家の近所には昔懐かしい古本屋みたいなゲームショップがあります。

超ローカル店のため名前で検索すると家バレするのでそこは割愛。

個人経営でほそぼそ営業しており、昔からお世話になっているのと結構レア物が見つかることがあるお気に入りのお店です。

面白いものを見つけたのと、個人的にお店を続けて欲しいのでお布施がてらちょっと買い物をしましたのでご紹介。

なおシェンムーのおかげでPS4は現役復帰。


①ジャッジアイズ



ご存知「キムタクが如く」です。
龍が如くスタジオの作った作品。
元々遊んでみたかったゲーム。

お値段3880円。
価格はそれなりながら、重要なのは

ピエール瀧が登場している旧盤。

なんですよ。

いつか価値上がらないかなと(笑)



②売れ残っていた怪しい福袋。

店主曰く、正月なので結構数作ったけどそもそも客数があんまりなので売れ残ったとのこと。

黒猫的には漫画50冊2000円の福袋も気になったのですが、今回は

「PS4ゲーム3本入り福袋3000円(税別)」

を購入。

(税別)ってところが妙にイラっとするがなかなか楽しみです。

積みゲー増えるのはどうかというのと、お店の売上に貢献したいという気分の両方がありましたが、最近youtubeの福袋開封動画ばっかり見てたので自分でも開けたいととりあえず購入しました。

1月も終わろうかというこの次期に福袋の話題を持ってくるあたりが自分っぽい。








【お詫び】

福袋なので外袋もお見せしたかったのですが、ガッツリ店名が入っているので断念しました。








3本3000円。

単価考えたら微妙そう。






ではサクッと開封。













一本目













「ペルソナ5(無印)」



Amazon最低価格
1860円

星評価4.5






おー。

全くスルーしてたけど面白そうかも。

確かこれってddonとコラボしてたやつでしたっけ。
ペルソナシリーズって、確かPS1の頃からやってなかったけどね。
デビルサマナーとPS2の真女神転生3とかは遊んだ。

評価も高いしちょっと楽しみです。
RPGなのは解りますが箱裏を見る限りどんなストーリーなのか想像はつかず。

学園物っぽい女神転生といえば黒猫にとっては真女神転生ifですなぁ(古過ぎる)

















二本目













「進撃の巨人2」



Amazon最低価格
1690円

星評価4.0



















これは熱い!めっちゃ嬉しい!

前作が良かったからいつか遊んでみたいと思ってた!
なんかあれでしたっけ、兵長みたいな腕の周りをグルグル斬りながら動く攻撃が出来たんでしたっけ?(うろ覚え)

あえて2を入れた理由はなんとなく分かるけど、1じゃなかったのはお店に拍手!
わかってるぜ店主!














三本目

















聖闘士星矢~ソルジャーズソウル~















お、おう⋯⋯。













Amazo最低価格
3680円

星評価3.5









高ッッッ!









一番微妙なのにえらい価格で驚く。キャラ物って強いのかと思ったけど進撃もキャラものだよね。





市場合計金額7230円でした。

購入価格のほぼダブルスコアですよ(星矢のおかげで)!


流石売れ残りとはいえ正月福袋。
かなりいい結果だったんじゃないかなと。

価格もさることながら、三本とも持ってないゲームだし内容も悪くない。
明らかに続編が出て値崩れしたゲームをぶっ混んで来てますが割とお得でした。

バランスもRPG、アクション、格闘?といういい感じの構成。


次のゲームはデイズゴーンと決めていますが、合間に遊んでみようか。


大本命はやっぱり進撃の巨人。
P5も評価すごい高いし独特な画面構成が気になる。
星矢はまぁ、その後かな。
  1. 2020/01/27(月) 08:23:19|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

了。


シェンムー3、クリアしました。

【総評】



65/100



これが、本作に対する黒猫の評価です。

18年の歳月を経て再び現れた作品は、紛れもなくシェンムーでした。

あの日、溜息とともにドリームキャストの電源を落としたプレイヤー達には大いに満足のいくものだと思います。

それくらい本作は旧作に対する愛情に溢れていました。

黒猫としては原作者鈴木裕氏のシェンムーに対する執念にも似た情熱に感謝したいと思います。

その上でもし続編があるのなら、静かにそれを待ちたいと思いますし、そう思うに足る出来でした。


本作を「シェンムー2の続きを待ち続けたファンに向けた作品」と位置づけるならば間違いなく120点の出来だと思います。



【しかし】

シェンムーファン以外の、初めてプレイする層への作品と位置づけた場合、非常に厳しいものと考えざるをえません。



【物語】

かなり中途半端な印象になると思います。
例えるなら、序盤の粗筋を誰かに教えてもらって3話くらいから見るドラマ。しかも完結しません。

このゲームを「涼の成長物語」として受け取ることができなければかなりの消化不良作品となるでしょう。




【野暮ったいアクション】

移動や戦闘、会話など普段の行動の大半が近年のゲームと比較し洗練されていないと感じるかも知れません。


モタモタしたアクション。
ただただ単調な修練など、最近のゲームと比較するとかなり泥臭い部分が目立つと思います。

ゲーム内ミニゲームも、龍が如くなどと比較すれば非常にチープに感じるかも知れません。




【初見殺し】

シェンムーの特徴の一つであるQTEですが、入力受付時間がかなり短く感じます。
初見ではほぼクリア不可能ではないでしょうか。
結果、映像シーンの緊張感というより繰り返しムービーを見せられながらボタンを連打する覚えゲー、という感想になると思います。



【展開】

一番印象深い部分は、本作はどちらかというとシェンムー1寄りの展開だったと言う事でしょうか。

ラストこそ盛り上がりを見せますが、全体としては非常にゆったりとした時間が流れていきます。

序盤の白鹿村、中盤~後半の鳥舞のどちらも良くいえばまったり、悪くいえばメリハリのないストーリーが続きます。


【これがシェンムーなんだよ】

厳しい意見を多く書きましたが、シェンムーファンにとってはそれがそっくり「シェンムーらしさ=長所」となります。

黒猫も今述べた諸々は

「これがシェンムーの味なんだよ、分かってないなぁ」

と思う側の人間です。

じっくり、ゆっくり主人公「涼」とともに雄大な中国の雰囲気に浸る「雰囲気ゲー」であり、細部まで作り込まれた箱庭を楽しむゲームでもあります。

しかし、「既存ファンが望むもの=新規顧客の満足」にはならないのがシェンムー3の難しい命題でもあります。

続編の「4」を作るために最近のゲームに「寄せて」しまえば逆にシリーズのファンにとっては満足のいかない結果となったと思います。

どうすれば正解だったのか、黒猫にも見当はつきません。



【涼の成長】

本作でも描かれている涼の成長。

前作で八極拳の師である桃李少から指導を受け、九龍城の地下格闘技のトップを叩きのめした実力を身につけた涼。

しかし武術のさかんな白鹿村や鳥舞ではまるで歯が立たず。

そんな時に彼の目の前に必ず新たな師となる人物が現れてはその実力を上げるよう導きます。

少しずつ、確実に拳法家として実力を上げていく描写はやはり漫画「拳児」を彷彿とさせますね。


【それでも】

個人的にはとても良かった。
間違いなく「あの日」の続きが楽しめたことに満足しています。

あとは、頼むから4でてくれ!
  1. 2020/01/25(土) 08:05:40|
  2. シェンムー3|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まさかの展開。


シェンムー3、モタモタしてたらdlcが。

何バトルラリーって。




どうも白鹿村を敵と戦いながら駆け抜けるレース風ゲームのようですが、涼とレンは分かるけどメインビジュアルの女の子は韋珍じゃねーか!


いや、確かに拳法一筋の脳筋少女として序盤のNPCとしてはかなり可愛いけどさ。

このビジュアルだとアレかもしれませんが、「私より強い男しか認めない」というタイプの子で、しかもどちらかというと今は恋よりも懸命に拳法を極めるため日夜努力する、といった子。
涼のことは日本の拳法家として尊敬するがある事件で急に涼を意識する、といったシナリオ持ち。


全くノーマークだったよ!



全くよくわからないdlcつくりやがってシェンムー制作陣め(課金ポチー)




【旅は続く】

こういう風景はなんかほのぼのする。



一方、涼の修行。


やっと十段まできた。



地味な修行に明け暮れついにここまで。
長かった。

これでシナリオ上の敵に負けることもないでしょう。多分。


【シェンファの闇】

シェンファヤンデレ疑惑。



結構涼への嫉妬が激しい気が。
二人は恋人ではないのですが、日本の思い出を話したときに原崎の話題にやたら喰いついたり。

鳥舞でもそれっぽい展開も。
魅力のある人物も多いし。





プレイヤーとして見る限り、あくまでも涼の行動理念は武徳の「義」(正しいことのために躊躇うことなく行動する)に沿っています。

例えば寺の巫女、詩鈴という女の子がいる寺がゴロツキに滅茶苦茶に破壊されたので、涼はシェンファとの会話で

「寺の巫女が困っていてな、何とか助けてやらないと」

というのですがシェンファの反応が

「へえー、巫女さん、巫女さん、
ね」

と穏やかではなく。

さらに涼が

「確か詩鈴という子だった」

と言えば





何!?何が分かったの!?


怖えよ。




まあ涼もラノベかというくらいモテるのが悪いという話も。



【今日の鳥舞】

さすが中国だなぁ、という場所発見。






北京ダック専門レストランの裏山に

「アヒル天国」という養鴨場。

アヒル的には地獄でしかない。

  1. 2020/01/23(木) 20:09:45|
  2. シェンムー3|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ