FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

まとめて雑多なお話。



①デスマーチ
暑い。
台風でやや暇。
ただし鬼スケジュールは変わらず。


②DDON



シナリオ上のアバドーン撃破。
例によってスレスレの勝利。
NPCの加勢(リズ、ガルドリン、エリなんとかさん)あってギリギリなのでほんとにヤバかった。

まあ白竜の霊薬が580個あるのでメインクエは力技で最後まで押し切るつもりですけどね。

倒した後自然に出た言葉

「なんだコイツは」

あと久々にレオと対峙した時に、今の見た目に戻して良かったと思った。





③ニーアオートマタ



ddonのスタンプが一周するごとに挟むイメージで遊んでます。
爽快感もあるしアクションも楽しい。
ただなんだろう。

シナリオがちょっと厳しいなぁ。

いや、引き込まれるんですけどね?
素直に2B可愛いー、というゲームではありません。
心の奥底に墨汁をポタリ、ポタリと落とされるような感触。
全体から滲み出る狂気。
怖いなぁ。



④夏のセール関係

積みゲー増やしたくないしほぼスルーかなと思っていたけど「うたわれるものトリロジー」は気になるかも。



なかなか伝わらないものですが、うたわれるものは今まで遊んでいたゲームの中で屈指の内容なんですよね。

「散りゆく~」はもう何度もプレイしましたが以降未プレイの第三作までのセットらしいので気が向いたら。

こういう、初代の人気にあやかって後付けの3部構成にしたゲームってかなりリスキーというか評価を落としやすいんですが、この「うたわれ」は好評みたいで。

三部作のラスト、「二人の白皇」は見た目アニメアニメしていますがIGNジャパンの「PS4ゲームベスト20」にウィッチャー3やメタルギアと並んでランクインしているんですよ。
もちろんこの手のゲームで唯一のランクイン。

そういう意味でも気になります。


⑤PCエンジンミニの話。

現時点でも充分買いなのですが、なんとなく個人的にはもう1サプライズがありそうな気がします。

・なんで58本?中途半端な。
他のミニ本体みたいな「シークレット枠」が無いしなぁ。

・PCエンジン枠に「ファンタジーゾーン」
ターボグラフィックスに「スペースハリアー」

どちらかというとこの二本はPCエンジンよりも他のハードで有名なソフトですよね。
つーかぶっちゃけセガですよね。

何故この二本をいれた?
何かの暗示か?
(おや?スペース・・・ファンタジー・・・)

まさか・・・ね?

とか今のところの考察です。

発売間際、今年の末くらいに話題作りのためになにかぶっこんで来ることを期待しています。
スポンサーサイト
  1. 2019/08/17(土) 22:11:40|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

竜力をもとめて。


どうも。

ある意味今もっともddonをエンジョイしている系覚者の黒猫です。



【なんじゃこりゃああああ】

噂には聞いていたエクストリームミッション




に挑戦。


メインクエストの流れで予備情報なしで挑戦。

新兵器もあるしなんとかなるだろ、と。


結果「命からがら」クリア。


んー、つまり。

①アイテムの持ち込み禁止空間
②小さなミッション多発
③成功すると「チェイン」が貯まる
④プレイヤーが死ぬと「チェイン」が減る
⑤5チェインでボス部屋チャレンジ可
⑥一定個数の「チェイン」を稼ぐと報酬増える
⑦報酬はIR130の竜防具。竜力の内容は運次第

ってことですかね。

宝箱が増えたらチェインが減っても維持されるみたいか。

すんごい大縄跳びじゃないですか。


報酬かかってる場面で死んだらすげえギスりそうだ。

【竜防具】

部位系の防具なので、ガチャで出た一式装備が不要に。

ただ武器防具が直に報酬になるのはキライじゃない。








ふふん。







ミスターアンチェインと呼んでくれたまえ。
(意味から何から大違い)




と。いうことで。

現在は最強級のサポートポーンをレンタル。

頑張って6チェインまでつなぐ→ボス部屋直行→ずらかれ!

を繰り返して自身とポーンの装備を交換していってます。





攻略方法あってんのかこれ?


ではー!




  1. 2019/08/10(土) 23:04:15|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

50タイトルと言ったな。あれは嘘だ。

PCエンジンミニタイトル追加きたー!

凄いサプライズでした。


















今回はどのタイトルも「皆が欲しかった」ものがズラリ。
これは熱いと言わざるをえない。

個人的には、どのゲームも「今でも遊べる」「PCエンジンを代表する」ものばかりだと思います。
メディア的にも他のミニシリーズよりもかなり現代寄りのゲームが多いことも特徴的。
当時のアーケードゲームそのままに近いタイトルが多いので、アーケードゲームを遊びたい方にも向いているかも。

そしてやっぱり天外魔境ですよ。




【天外天外うるせーよ、と言われるかもしれませんが】

いくら当時のドラクエFFと並んだとはいえ、こんなに騒がれるものなのか?
単なる懐古厨でしょ?
と思われるかもしれませんが、このゲームは後にゲームやアニメの大御所となる様々なスタッフが関わっているという点でもゲーム史に残るタイトルです。

制作陣に

広井王子さん
枡田省治さん


音楽を担当するのはあの有名人

久石譲さん





声優スタッフにも

伊倉一恵さん
山口勝平さん
矢尾一樹さん
池田秀一さん
高山みなみさん
青野武さん
井上あずみさん
銀河万丈さん
小山茉美さん
永井一郎さん
千葉繁さん
SPゲストに岸田今日子さん。

なにこれやべえ。

書いてて自分でもビックリ。

今このメンバーを揃えたら(亡くなっておられる方もいるため不可能ではありますが)
制作費が天井知らずになってしまうのではないでしょうか。




と、みんな満足の8タイトル。
(一応補足ですがギャラガ88も結構な名作です)


もう、ないか流石に。


公式HPに「全」タイトルリストと出ているので流石に打ち止めかな?


最初から用意されていたサプライズなのか、ユーザーの反応を見ての追加タイトルなのか気になるところ。

ナムコ枠をガバっと追加したり、天外を差し込んでくるあたりは狙ってました感が否めない。

上げて落とすの逆のバージョンといいますか。

初回発表で「おっ!?」

二回目で「えぇ・・・」

最後に「おお!」

と上げて下げて忙しいですね。


注意しないといけないのは、「天外魔境2」が入っているのは初代デザインの本体だけ。


黒猫はコアグラを持っていたのでデザイン的にはコアグラが良かったのですが、ラインナップ的に初代にしました。


発売はかなり先ですが、今回はポチりました。
購入後にはまたレビューをあげてみたいと思います!


  1. 2019/08/10(土) 16:13:11|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

次から次へと。


さっきddonのガチャやったら、IR150武器のハイエンシェントソードを引いてビックリ。
ここでこの引き。
クリアまでの道のりが近づいたかも。


【ブラステクリア後】

なんか、軽快なアクションゲーム系RPGをもう少し遊んでみたいという気分だったので、以前の激安セール時に購入したきり忘れていた、好評と噂のゲーム「ニーアオートマタ」を起動してみた。





ファーストインプレッション

うん、キビキビ動く。

ジャンプも攻撃もスピード感が抜群。
これも触っていて楽しい系ですね。

主人公の2B(トゥービーと読むらしい)は剣をブンブン振り回して戦い、ポッドという補助マシンのようなキャラクターが射撃を担当するみたい。



あと、この画像みたいな飛行ユニットで戦うこともある。

開始して間もないけど、結構な割合でSTGに化ける。
敵の攻撃が凄く弾幕系っぽい。





世界観はかなり荒廃した文明と人類。
主人公の2Bや相棒の9Sはヨルハ部隊という人類のために戦うアンドロイド的な位置づけ?




ぶっちゃけまだ開始して間もないので世界観はまだ把握出来ていません。
ただ最初から結構斜に構えたような2Bの言葉遣いやちょっとぶっとんだ展開など一筋縄ではいかなさそうですね。

黒い目隠しが印象的なヨルハ部隊の物語。
少し進めてみたいと思います。

お盆はさむので時間はかかりますが。
  1. 2019/08/08(木) 03:54:57|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オーバーザレインボー。


久し振りに一気に。

【ブラッドステインド】

クリアしました!



二段ジャンプ以後、様々な移動手段を入手。
難しすぎず、簡単過ぎず。
丁度いい難易度で気持よく進行できます。
マップの開拓と並行して追加されていく移動手段が絶妙で、飽きが来ない仕組みと奥の深いシステム。

回復アイテムの「料理」は初回のみ基本ステータスが向上する(最大HPアップなど)システムになっており、単なる回復アイテム作成に終わらずモチベーションアップに繋がっています。

武器も多彩で、得意な戦い方で押し切ることも可能。
黒猫は鞭が中心で、敵に合わせて槍を使ったりするイメージ。

一通りプレイしてみて思うのは、アクションゲーム好きな方以外にも、かつてゲームが好きだったけど最近あんまり遊んでないなー、という方に特にオススメ。

「懐かしくも新しい、新しくも懐かしい」

そういう印象のゲームです。
PS4版もいよいよ10月発売決定になったとのこと。




前回以降様々なイベントを進行してみて、

「こりゃ面白いわ」

と。

「キャラクターを動かしていて楽しい」ゲームでしたね。



【シャード】

このゲームのアクションの核となるシャード。

敵の能力を手に入れてキャラクターを強化していくのが楽しくてどんどんゲームを進行していきたくなります。

シナリオ上重要なシャード、必ず必要になる移動系シャード、終盤に入手する隠し系シャードを除いたなかで、黒猫が重宝したもの。


①スイングテンタクル



序盤に手に入る中では最強の攻撃かも。
画面一杯にイカゲソの一撃。
困ったときに繰り出せばなんとかなる系の攻撃。


②グレイトフルアシスト





ミリアムの周囲に絵画モンスターのバリアを張り巡らせる。
中盤以降の攻略に便利。

初めて歩くエリアで敵の動きが読めない時や、キャッスルヴァニアシリーズでお馴染みの不安定な足場で浮遊する首に襲われるシーンで大活躍します。

終盤でも食材調達やマップ踏破での雑魚処理としても使える技です。


③デプス・サレンダ




追尾する稲妻。

小さく動きの速い敵に有利。
中盤から後半はボスもさることながら、雑魚との戦い方も考えないとすぐにダメージを受けるため重要。


④リィガ・ストレイマ




巨大な火柱。
広範囲攻撃の代表格。
これを放ちつつ、前述のデプス・サレンダで討ち漏らしを処理することが多かったです。




やー、遊べた遊べた。

久し振りにがっつり遊びこんだゲームかも。
  1. 2019/08/03(土) 02:01:58|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

限定版の果て。


と、いうことで。
悪しき竜を撃破しました。
一応、season3は限定版を買っていたのでこれで元はとったと思いたい。(関西人特有の思考)

購入当初は「正直season3限定版は若干損したなー」とちょっと思っていたのですが、サービス終了後もサントラが残るので今思えばこれはこれで良かったかも。



ddonのBGM自体は結構好きなんですよ。



さて。

再開してからはしばらくただひたすらに換装を繰り返していました。
たまたま一式の115装備が当たったので残りは素材をバザーで。

今までのガチャ外れ品の中から最後にちょっと着飾りたいなー、と思う装備以外をバッサリ売却。
それを元手にポーンたちの装備を一新。
その過程でシルチケガチャを引いたらポーンたちの130武器が連続で当たり、武器の換装は中止。

というか何故ポーンばっかり・・・。

一通りの装備を揃え、いざ悪しき竜のねぐらに。

なんというか、全体的に画面が赤い。





マグマ地帯だから仕方がないけど、目に悪いなぁ。



で、悪しき竜。






ゴメン。


















ブッっっさいくやな自分!


















失礼。

ドラゴン種ってもうちょっとほら、ね?
こう。

ありますやん。


敵ながら絵になるといいますか。





ところが最初の印象で思ったのは



「鼻の穴でかいな君」


ごめんよ顔悪しき竜。あとネド王子のおかん。(言いたい放題)








気をとりなおして総力戦。



ジリアンと武田信玄、リズ、ガルドリンとなんか弓使ってたやつ。
誰だっけ?エリ・・・エリなんとかさん。

そこにネドを含めこれまで戦ってきたメンバーが勢揃い。

内容自体は第3シーズンのラストに相応しいなかなか熱いバトルでした。


攻撃パターンも多彩で、即死に近い攻撃もあり。
唸るほど残ってたウェハースやケーキを連打するという大変申し訳無いのですが明らかに力押しをさせていただきなんとかKO。

あ、申しおくれましたが。

黒猫はRPGだとエリクサーなどを最後までとっておくタイプです。
サービス終了が確定している以上もう何の遠慮もしねえと回復薬にものをいわせてタコ殴りにするというあまり勇者っぽくない方法でしたが。



【そして】



次はいよいよ最終節。
season3.4にあたる部分ですよね。



途中で引退したので結局やらず仕舞でしたが、ひとつだけやりたかったこと。
この際だからやってしまおうと。

これまでddonではseason毎にキャラクターの外見を変更していました。

「ddonはseason5で区切り」とネットの噂などを聞いていたので引退しなければそこでやるつもりでしたが。





最終節はやはりあのキャラクターと対峙する話みたいで。




ならば。
物語の締めくくりとして、この格好で臨むべきかなと。


























































次回、引退覚者の延長戦。
どうなることやら。
  1. 2019/07/23(火) 23:28:35|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

2020年のきみへ。


さあ、最後の旅をはじめようか。



今年の12月をもってサービスを終了するddon。

やっと冒パスの購入と発動が終わったのでいよいよ最後の冒険に出ます。

ついでに、ざっくり思い出とスクショなどを。





①きっかけ。

前作のダークアリズンが凄く楽しくて。
擬似オンラインゲームのddonが本当にオンラインになった。
世界観を保ったソロも良かったけど、なにより「ウルドラが終わってあらたな旅を始められる」のが嬉しかった。






②新人覚者だな?




グリッテン砦。

この坂からすべての冒険が始まった。

まさか後々この砦が無数に攻めこまれるとはこの時はつゆ知らず。




③神殿







毎回の始まり。
何回ここに降り立ったんだろう?


クラン酒場。



ここで申し込んだことで後の遊び方が大きく変わった。

クランは色々とあったけれど、ネーミングセンスの良さに笑って申し込んだ。
クランの皆様には感謝している。






④ハイデル平原。

神殿を一歩出たところ。
すべての冒険の始まり。
音楽とフィールドの壮大さに感動したっけ。




一番基本的なフィールドで、草原が綺麗な舞台。





テル村。




最初はこの村に行くのさえスタミナが不足した。

テルサイ。
おそらく一番多く戦った大型敵。




何度も何度も戦った。
初めてで右往左往しているときにクラメンに色々と教えて貰った。
一番初期の限界レベルまで助けてもらったっけ。


アーク



一番最初のマップに忽然と現れた謎の建造物。
新たな展開にワクワクと。



(つづく)
  1. 2019/07/16(火) 03:30:29|
  2. ドラゴンズドグマオンライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

収録されて友達に噂とかされると恥ずかしいし・・・。


【ラインナップ】







【個人的には】

そう来たかぁ。


と。

国内版26本と海外版24本、計50本が収録されるみたいですね。

このなかで
「イース1&2」
「ニュートピア」
「ニュートピア2」
「ダンジョンエクスプローラー」
「ネクタリス」

の5タイトルが被り、海外版「R-TYPE」は1と2がまとめて遊べるゲームなので

50-5+1で実質は46タイトル?かな?
(間違ってたらすみません)

万人が望むタイトルや、版権調整が難しいタイトルは出さない代わりに「いま遊ぶのが難しい」タイトルを中心に「いまでも遊べるタイトル」を揃えてきた印象。

「STG帝国」だったPCエンジンの特性を出してきた感じ。

天外魔境は正直入れて欲しかったと思うものの、確かに超名作とはいえコマンド式RPGでクリアまで60~80時間かかる作品を今遊ぶかどうかと考えれば妥当な線か。

海外タイトルに変化した代わりにカトケンを入れてあるのはなかなか。
ただみんな「だいじょぶだー」が見たかったのでは。難しいけど。


空前の恋愛SLGブームを巻き起こした「ときメモ」(確か当時はまだ火種程度だった気も)や小島監督との確執がありつつも「スナッチャー」を収録したのはお見事。

モトローダーや最期の忍道、カダッシュなど「日本語でなくても分かる名作」もあり、そういう意味では手堅くまとまっている中、

まさかサファイアをぶっこんでくるとは。


PCエンジンのゲームの中でも末期に登場した超プレミアゲーム。

amazonでも今日現在中古で17万新品だと20万~30万というぶっ壊れ価格。
マニアにはたまらないのでは。
流石に自分もこのゲームは知りません。


ただ価格設定が1万500円(税別)とやや高め。
他機種と比較し時代的にも容量的にもかさばってしまった為かも。
よりによってニンテンドースイッチライトの情報が出たタイミングで比較対象的にいささか不利になってしまったか。

いいタイトルが揃っているし当時を知る人間からすればなかなかのタイトル群。
しかしバランスとしてはちょっとニッチかな。

【予約】

amazon専売で7月15日0時予約開始。

発売は2020年3月と長めのスパンをとっているのでそれなりに入手出来る可能性はあるかと。

転売屋が今回も暴れると思いますがメガドラミニも今の時点で供給が追いついたのかamazon、量販店とも定価で販売しています。

任天堂関連のハードで味をしめたものの、その後続いたPSミニ、メガドラミニの転売失敗で転売自体が成立しなくなっているのでスルーする可能性もありますが、初期に買い占めて飢餓感を煽り高値で売り抜けようとする悪党もいるかもしれません。

予約に失敗しても長い目で見ればおそらく今回も定価で購入出来ると思いますので気楽に構えましょう。

メガドラミニの転売屋、いまどんな気持ち?ねえどんな気持ち?


と煽りつつ。



  1. 2019/07/13(土) 07:23:41|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

かつて見た修羅たち。


DDONのスタンプボーナス、連続スタンプボーナスだったんだね。


大丈夫だろと寝過ごして失態。
とりあえずシルチケで過去装備ガチャやってみたらシールドセージ装備を手に入れてそれなりにラッキーだった。

ちまちまリワードメダルを集めて思い出の水晶を入手。
これで振り返りが捗る。

スタンプボーナス、こんどは忘れず取るよ。



【それにつけても】

久し振りに「仕事終わりにもプレイしたい」と思えるブラッドステインド。

古いゲームと新しいゲームのいいところが色々と入ってるからだろうか。




ピアノの前に座ったらいきなり使い魔が歌い出した。
意外なところに意外な仕掛けがある。




【物語を巡るキャラクター】










正直いって全員怪しい


誰が敵で誰が味方なのか。


【吸血鬼はメインじゃない】


が。

それにしてもこの狂気と強さは。







お気に入り。



なんか敵にしか見えないが右のキャラクターは使い魔のシルバーナイト。多分「普通こいつ使うよね」という位置付けのキャラクターっぽい。
敵の攻撃に割って入って防御したり、強化すると必殺技も使う。

武器は「炎の鞭」
他にも強力な武器は持ってるけど派手さと攻撃範囲がいい。



なお、今更ながら主人公ミリアム、斬月、アルフレッド、ジーベルの4人は事前発売していた8ビット風ゲームのブラッドステインド~カースオブザムーン~の主人公。

時折ミリアム達の会話のなかに「10年前の戦い」という台詞が出ているがこの時のことと思われる。

前作主人公が登場するという熱い設定なので、他機種版でもこの前作を先にプレイしたいところ。



うーむ。
ブラッドステインドはこのままエンディングまで突っ切りそう。
これだけカテゴリ作っても良かったかも。
  1. 2019/07/12(金) 08:55:41|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

虹色の跳躍。

やべーの拾ったぜ。





そしてついに!

二段ジャンプGET!







もう止まらないブラッドステインド。

思った以上に様々なロケーションが追加されていますがキャッスルヴァニアといえばやはりコレ。歯車の塔ですよね。



他にも側面から立体的に登る塔。




なんか勢いでネタバレしそうなので、ともかく攻撃手段から。

これもかなりの量があり、


【ちょっと解り辛いので拡大。隣のピンクの奴は使い魔です】

体術系



ナイフ



剣(刀)



大剣











銃器



などなど。

アクションの特性もさることながら、打撃や斬撃、攻撃範囲など敵に合わせて使い分けることが重要。

比較的序盤に提示されるのは、「鎧系の敵は斬撃より打撃、雷が有効」など。



個人的にはいまのところ雑魚戦は刀と鞭が使いやすい。
それぞれ斜め上と斜め下に判定が強い。

武器にはそれぞれ固有の「奥義」があり、自力で探し当てるか迷宮各地にある書物を読むことで操作方法を手に入れられる。




また、敵を倒すと一定確率で「シャード」が入手できる。
シャードはスキルや魔法、ステータスアップや使い魔の使役などの役割が得られる。








敵の特性にあったシャードが手に入るため、新規の敵のワクワク感が異常。


武器とあわせて一種のハクスラ感がある。




こんな妙にカワイイ敵からもシャードが得られるかも。


今回二段ジャンプを手に入れたために更に行動範囲が増えた。

マップ探索が捗るなぁ。
  1. 2019/07/10(水) 04:46:51|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ