FC2ブログ

日向の縁側、眠る猫。

真夏の黒猫によるブログ。 ゲーム、漫画などを中心にしています。かなりディープな趣味の方向け。

800回にして。


今回は自分語り的な話なので興味ない方はそのままスルーして下さい。











たまたまですが、今回のブログで計800本になります。

本来ならもう少し楽しげな話題にしたいのですが。


まあぶっちゃけてもいいか。

今、政府の第二次補正予算が決まりましたが、もう全然遅いです。

予感ですが、黒猫の会社も秒読み段階でしょう。
うちだけではありません。

多分、早晩皆様がご存知のあの企業この企業がバタバタと倒れていくことになると思います。
それ程外食産業は今逼迫しています。

ギリギリ黒字で推移していた自店も、コロナが致命傷になりそうです。

「今回は◯◯を検討した」
「この予算は空前絶後だ」

という政府の壮大な言葉も、虚しく滑稽に聞こえます。

経済評論家の方も言っていましたが、企業が生きているうちに届かなければそれは支援ではなく香典です。


今回ばかりは何とも言えませんが、黒猫自体はなんとか生きることは出来るかもしれません。

ただ、この仕事を長く続けても従業員たちに閉店を告げるときのあの気分だけは慣れません。

お小遣い稼ぎの学生、家庭の収入を支えるお母さん、生活費を稼ぐフリーター全員を等しく絶望させるようなものです。
ましてその全員が長い時間一緒に働いてきた仲間です。
割り切ってサクっと伝えられる店長はそうそう居ないと思います。

筍みたいに次々新しく生えてくる外食産業の店舗でも、中で働く人々にはそれぞれの背景があります。

「経営の才覚がない」
「外食で働くのが悪い」
「利益を貯めていない」

ネットでよく書かれていますが、今回ばかりはどの企業もそこを責めるのは酷だと思います。

コロナでやむを得ない状況ではありましたが、支援が無い中経済を止めるというのは水の中に顔を沈められるようなものです。
この先体力の無い企業が順に息絶えていくでしょう。




【予兆だったのかなぁ】


とはいえ、以前書いたように前向きにトライしようとは思っています。

多分「後で勝手に頭の中で辻褄を合わせた」だけなのかも知れませんが、黒猫は人生のピンチ毎に何かしらの「名言」を漫画やゲーム、ドラマから受け取って頑張れる単純な人間性の持ち主です。

銃夢とか、企業戦士YAMAZAKIとか。

今回は多分アレですね。
オタ臭いアニメやゲームばかり視聴していた自分が急にドラマを視聴したJINの名台詞、

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」


というやつですかね。

とりあえず、自分のキャリア自体はそれなりに有効な手札たりえると思っているので頑張ってみます。


次からは、またゲームの話題に。


スポンサーサイト



  1. 2020/05/27(水) 22:50:02|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

視聴の果て。


ちょっと酒も入りつつ、このところのプロジェクター視聴で「防振り」と「JIN」のを見終わったので感想。

ぶっちゃけ「防振り」はうん、普通に面白かったという感想。
とりあえず心の趣くままに「俺TUEEE」を、明るく健康に風呂敷を広げまくって書いてみました的な作品。
無理にダークな要素を入れず、ただただ微笑ましく物語を進めていくのが逆に新鮮で
面白かったですね。
悪役らしい悪役もいないし。
2期決まったらしいのでまた続きを楽しみにしています。



さて、「JIN」ですが。
原作も多少読んだことがあるのですが、こんなにじっくり国産ドラマを観たのは久々です。
以前からドラマも評判だったのは知っていたのですが、ここまでとは。

極端なことを言えば、今なにかとSNSの誹謗中傷が話題になっていますが、とりあえず道徳の授業とかで一回流せばいいんじゃないですかね、と。
そう思えるほど心に来ました。
どうも涙腺にきますね、この作品。


【武田鉄矢氏】

なんだろう。
大沢たかおさん始めどの役者さんの演技も素晴らしいし、しっかり物語に入り込ませてくれるのですが、気になったのは武田鉄矢氏。

もちろんいい意味で。

テレビの露出も多いし有名人びいきなのかなー、と自分の感覚も振り返るのですが、なんというか、この方一人だけ桁が違うと勝手に思い込んでしまいました。
黒猫の主観であることは分かっていますが、一つ一つの演技に凄味があるというか。
こういうのが「レジェンド」なんだろうな、というのが個人的な感想です。


と、いうことで即「完結編」の視聴に移りました。

ホームシアターはいいですよ皆さん!

今日はそういう感想だけ。




  1. 2020/05/26(火) 22:19:23|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最適の選択。


前回以降、プロジェクターを最大限に使用して色々と楽しんでます。

動画アプリをキャストすることで、

スマホ→クロームキャスト→プロジェクター

で自前の動画や画像を壁に映したりも出来るんですね。
そういった使い方も楽しいかもしれません。


さて。
あたりを暗くして楽な姿勢で視聴する分、凄く没入感が高まるんですよね。


【JIN】

今1期の第6話まで視聴しました。
大沢たかおさんの演技がいいですよね。
現代の何らかの知識を持って過去にタイム・スリップ、という物語は様々なジャンルでありますが、人を救うという分野で一つ一つしっかり登場人物描いているのが印象的です。

完結編まで一気に観たい。






こんな感じで実写ドラマも綺麗に視聴出来ます。


【オーディンスフィア・レイヴスラシル】

実は今回のプロジェクター実験で一番良かったゲーム。
随分昔に積んだものを引っ張り出してきたのですが、幻想的な雰囲気と絵画のようなキャラクター、ヘッドホンで聞こえる音声が「劇場で役者が声を響かせているような立体的な聴こえ方」をするため、良質の演劇を観ているような気分になれます。





他のゲームもいい感じですが、今回特に光ったのはこのゲームでした。

2Dゲームなので酔うこともありませんし。

これから夜な夜なの楽しみが増えました。
  1. 2020/05/25(月) 03:24:43|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

5980円で手に入る幸せは。


いよいよ緊急事態宣言も明け、これからについて考えるとなかなかお悩みな黒猫です。頑張らねばなー。


さて。
そんな話はさておきまた物欲話。

誰もが夢見るホームシアターについて、オキュラスGOがいいよー、とか色々書いておりました。
事実その通りなのですが、いくつかの欠点もあります。

①熱問題

1時間そこそこなら問題はないのですが、その画質と処理能力ゆえに本体が大体1時間くらいでオーバーヒートしてしまいます。
放熱板がしっかりしているので5分くらい間を置いたらすぐ使えるのですが、映画の合間にこれが入るとちょっとねえ。

②充電切れ

同じく1時間半くらいの動画でやはり充電が底をつきます。
VRゴーグルは必ずしも目には優しくないので健康のためにはいいのですが。


といった悩みで色々ネットを探ったら、ある記事を発見。

最近、小型プロジェクターが安いとのこと。


半信半疑でamazonを探ったら確かに安い。

もちろん最近のamazonレビューは信用出来ないことを念頭に「お、これは」と思った品が。

Crosstour プロジェクター 小型

こちらがリンク先。

元々の価格は7980円ですが、時折2000円割引で5980円になっています。
(クーポンついてます、という表記)

レビューの内訳も悪くないし、5980円なら失敗してもブログのネタ的にギリギリ許せると思い購入。



【結果】


意外にも大成功だと思いました。


①外観

内容物は

本体
リモコン
HDMIコード
電源コード

説明書(多国語)


なお大きさはこんな感じ。





熱対策の排気機構は側面に。
HDMIポートが2つ、USBが1つ、SDカードスロットが1つ。

スピーカーは背面にありました。



【プロジェクターといえば】

映像を投射するためのスクリーンが必要と黒猫も思っていましたが、様々なサイトやYOUTUBEにて「必要ない」との話。
ある程度の面積の壁、無くても天井で視聴するという離れ業もあるとのこと。

ちなみに自室の壁はこんな材質。




結構デコボコしていますが、意外と大丈夫でした。

面積としては一畳くらいあればいい感じ。
オタの癖に部屋自体は飾りのない殺風景な部屋であることが幸いしました。



【配置】

高さは80センチ、壁から2m位離れて置きました。

棚の上に無造作に置いた感じです。

HDMIポートにはクロームキャストとPS4を接続。
amazonレビューにはFIREを繋いでいるケースが多くありましたが、今回はスマホで操作出来るクロームキャストの方が向いてるかなー、と古いクロームキャストを引っ張り出して接続。
メリットとしてはスマホで操作が出来るため信号受信範囲が広く、リモコンを手元に置く必要がないため扱い易いこと。



★以下使用感ですが、撮影に使っているスマホのカメラ性能があまり無いため、実際にはこれよりもっと綺麗に見えます。
(とりわけ輪郭。もっとくっきり発色しています)

大きさは100~120インチくらいのテレビ画面くらいのイメージ。

四隅が若干ボヤっと見えますが文字は読み取れるため視聴には充分耐えられます。

直接画面を見ない分目には優しそうな感じ。
これがことのほか便利で、長時間視聴しても疲れません。



【アマプラ】

天の配役いいよね。






アニメだと



かぐや様2期。
久々にアニメ見たなそういえば。



【YOUTUBE】

燦鳥ノムさんの「ナンセンス文学」
発色が難しそうなた動画をあえて選択してみました。




【PS4】

最近ペルソナ5始めました。
海外製のゲームとは異なる進化を遂げた、JRPGの進化系ですね。
ドラマチックな展開が面白いです。




一応デイズゴーンも。
一応、としたのは画質としてはプレイに支障は全くありませんが、画面が大きいため視点が目まぐるしく変わるFPSやTPSは正直かなり酔います。
※ちなみにもっとくっきりした画面になります。




ゲームはRPGやADVは向いてると思います。例えば映画を意識したヘビーレインやデトロイトあたりならかなり楽しめそうですね。


【長時間使用】

今回はアマプラの「シン・ゴジラ」を視聴してみました。
今更ですが、ゴジラというより危機管理体制の風刺がやたら効いた作品ですね。


さて、一番気になるのは本体の放熱音の大きさですが、負荷がかかっている時のゲーム機くらいの音量のため、本体から音が出ている状態(動画の音>排気音になる)か、イヤホンまたはヘッドホンをしていれば気になりませんでした。
おそらく集合住宅なんかで夜間使用してもファン音については許容範囲内ではないかと。エアコンなんかと大差ないと思います。


【難点】

①BT機器の接続機構がありませんので、ヘッドホンなどは有線接続の必要があります。

②本体に主電源のスイッチがないため、待機電力が勿体無い場合はスイッチ付きタップがあればいいかも。




もちろん画質でいけばオキュラス等のヘッドマウントディスプレイですが、それを補って余りあるメリットがあります。

ホームシアターという観点で見ればこちらの方がいいかも?

特にアマプラやネットフリックスとの組み合わせで、昔なら考えられなかった贅沢な空間をいとも簡単に安価で作ることが出来ます。

複数人で映画を視聴するのにもかなり向いていますので、一度試してみるのはかなりオススメです。

ゲーム目的でも断然アリだと思います。
(先述しましたが視点移動の多い作品には酔い耐性が求められます。試しに進撃の巨人をプレイしたらその後1時間立てませんでした)

画質や接続などの面で、おそらく本機は入門機くらいの位置づけかと思いますのでもう少し上の機種でも面白いかも知れませんね!


【追記】

結構「おうち映画館」にハマってしまいました。
今はドラマ「JIN」とアニメ「防振り」を視聴していますが快適極まりない。

ベッドなど配置を考えて自分なりに設定すれば、限りなく贅沢な体験になりますよ!
  1. 2020/05/21(木) 00:04:19|
  2. 日常(宇宙人)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

行動を起こせ。


ウォッチドッグス2、クリアしましたー!




【総評】

85/100


ウォッチドッグス「らしい」作品でした。
スタートした時に「とっつきが悪い」とした設定ですが、結局そのまま押し切った結果なんとか理解できた感じでしょうか。


【現代の「石川五右衛門」】



例えるならそんな感じかも知れませんね。
主人公であるマーカスとデッドセックのメンバーは、その方法はさておき現代の大切な資産である「情報」を「持たざる者」である市民に自分たちの力によって「ばら撒いて」いきます。

決して自分達の利益にはならない内容ながら、弱い市民たちや自分達を知らず知らずの内に搾取する世界が「ムカつく」という若者らしい理由で強烈なカウンターパンチを食らわせていきます。

一つのミッションが終了する毎に、デッドセックは人々に企業や政治家の悪事を暴きながら、必ず最後に一言告げます。

「行動を起こせ」


この一言一言が次第にムーブメントとなり、最後には巨悪を討つという内容。


とっつき悪いと思って最後まで遊んでみたら非常にシンプルな内容だった

というストーリー。



【ゲームとして】

とにかく、バカでかい世界が印象的でした。
しかもそんな巨大な世界でありながら、手抜きが一切無い。

「こんな所絶対立ち寄らないだろ」というフィールドに行ってもそこには必ず「しっかり作られた風景」があり、特に目的がなく歩いても景色を楽しめます。

この世界の広さは流石に「お見事」の一言です。

操作も直感的にまとめられているため特に混乱することなく遊べました。


【考える楽しさ】

新しいミッションが始まったらまず地形を確認する。
ドローンを飛ばして敵の数や武装をチェックする。
侵入するか戦うか。それともラジコンで掠め取ってしまうか。

攻略方法をネットなどで確認せず、自分で考えて遊んでみたのですがそれ‎が大正解でした。

逆にクリアしてからサイトを見たら自分が考えた方法よりもあっさりクリア出来る方法が書いてあって衝撃を受けたりするのがとても楽しかったですね。


【難易度】

結構高いとは思います。
ただ、ラスト周辺の難易度は単に敵の耐久力が酷いという問題な気も。
(アサルトライフルとはいえヘッドショット7発決めてダウンしない敵とか)

微妙っちゃ微妙だったのは、前作ラストみたいな「驚天動地のラストバトル」みたいな展開は無かったのがちょっと残念。
普通に難しい戦いだったなー、と。



いずれにせよ、次回作「ウォッチドッグスレギオン」の前にクリア出来て良かったと。


【ちょっと考えさせられることも】

先に書いた、「行動を起こせ」は常にゲーム内とはいえ、リアルに描かれた巨大企業や政治に対して人々が無関心であることへの警告として放たれている言葉なんですよね。

さて、我々の現実の社会においても無関心であってはいけないな、と。
その意味においてこのゲームから

「デッドセックは真実を示した。行動を起こせ」

というメッセージを受け取れるのでは、と。

(もちろん選挙への参加などそういう意味で)

さて。

行動を起こさねば。


  1. 2020/05/16(土) 12:34:27|
  2. ウォッチドッグス2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プレイスタイル。


【残っていたカテゴリ】

ゲーム系はまとめて記事にする方針に変更はありませんが、前に作っていたカテゴリが残っていたのでこちらに。


【しかし】

なんで洋ゲーってやたら高いところに登らせるのか問題。

作りがリアルなのでマジで怖いんですが。
ゴールデンゲートブリッジの一番天辺です。




【ミッションの間で】




ちょいちょい凄く絵になる景色が広がるのでついスクショをとってしまいますねー。




マップの広さが酷いので当然ハイウェイがある。
ファストトラベルをあえて使わずここから目的地に行くのも結構気持ちいい。




海外にありがちな謎の書体の日本語看板も。何故久留米ラーメン。





【さて】

今回はプレイスタイルの問題。

大きく分けると三種の攻略スタイルがあります。



銃火器をメインに正面からゴリゴリ戦う
「アグレッサー」

様々な機材を臨機応変に使い切り抜ける
「トリックスター」

ステルスを基本に痕跡を残さず目標に到達する「ゴースト」




スキルにはこの3つのどれかがタグ付けされており、自分のプレイスタイルに合わせたスキル取りが出来るようになっています。
(どれか一つ、という訳ではなくバランスを取ったり複数も可)



【黒猫は】

基本はトリックスターをベースにアグレッサーを少しプラスしています。




銃をバンバン撃ったりステルスに徹するのは他のゲームでも遊べるし、やっぱりウォッチドッグスは色々と情報を駆使しながら戦うゲームかなー、と。

本作では「ジャンパー」というラジコンカーと




ドローンの「クアッドコプター」



ジャンパーは物理アクセス、クアッドコプターは機動性に優れるという両者の特性を活かして目的地点に極力潜入せずに必要なものを頂く、という戦術です。



結構これでミッションはなんとかなったりするのですが、アグレッサーを足すのはメインシナリオ対策。

前作も要所要所で「どうしても敵と戦わないといけない場面」があったので本作でも多分あるんじゃないかなー、と。

シナリオの調子は相変わらずですが、ゲーム自体が楽しいので結構気に入ってきてます。
  1. 2020/05/12(火) 01:42:33|
  2. ウォッチドッグス2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本場アメリカン。


さて、龍シリーズの次に選んだゲーム。

「ウォッチドッグス2」

です。


いやー、

何本積んでるんだよお前


という話ですが。

まあ気長に崩していきたいかなと。



【印象】

良くも悪くもアメリカンなゲームだなと。

まずそのスケール感。



美しい街並みですが、これ全部背景画像じゃありません。


ここから見える全ての街並み一つ一つの建物に近付き調べることが出来ます。

更にこの馬鹿げたスケールですら全体の25%程度。

あまりの広さ故にナビとファストトラベルを駆使しない限り移動すらままならないサイズです。



【動くだけで楽しい】









主人公はハッカーなので、車やバイクなどをハッキングして操ることが出来るのですが、海辺ではボートやヨットなどを使うことも。








どこを切り取っても絵になる美麗すぎる作品です。


また、街中でも「生きた住民」が描かれており、主人公とは特に関係しない場面でも様々な事件が発生します。



高通事故や強盗、ギャングの抗争にそれを取り締まる警官。

そういったシーンに出くわすことも。

↓別のシナリオで立ち寄ったスラムで突然ギャング同士の抗争が始まり、さらに住民の通報を受けた警官が現場に強行介入してえらいことに。



黒猫も「え、何何!?」と戸惑いつつとりあえずスクショを撮影。
凄いのはこれ、プレイヤーが一切関わっていないのに起こった事件ということ。




【少し気になるのは】



これだけ凄いスケールですが、ちょっと気になるのは「取っ付きは悪いかなぁ」という点。

かなり乱暴な説明をすれば、日常の全てがネットのインフラで構成されている近未来。その便利な生活の裏で人々の情報が不当に管理されている。
主人公マーカスはハッカー集団デッドセックの仲間とともにそれを暴くことで人々の目を覚ますように動き始める

といった出だしなのですが

①「アメリカの若者がノリにまかせてジョーク混じりに話す」スタイルはなかなか感情移入しにくい点

②慣れないと各ミッションの難易度が高く感じる点

がやや難ありかと。

正直、序盤は「英語を直訳したのか?」と思うほど主人公たちの会話が意味不明で動機も見えてこないため困惑すると思います。


前作「ウォッチドッグス」のエイデンのように仇討ちからシナリオが開始される方が情緒的にまだ入り込めるのですが、マーカス達はほとんど愉快犯のようや位置づけのためなかなか理解しづらいところ。

要点として、

町を牛耳る悪のIT企業に立ち向かう陽気なハッカーたちの物語

とざっくりした理解で進行する方がいいと思います。



また、海外ゲームお得意の

「環境は用意したよ。後は自分で考えてね」



というゲーム性が序盤のハードルを高いものにしているかもしれません。

ミッションをどう攻略するのかはプレイヤーの手に委ねられているため、「こういう方法で攻略する」という決まり事がありません。

強行突破するか、ステルスで進行するか。
または別の手段か。

この「自分なりの攻略」がスパッと決まる快感こそがこのゲームの醍醐味だとは思うのですが、そこに辿り着くまでに「なんだこの難しいゲームは」という感想になるかも知れません。

難しく感じたら、「発想と視野を広げて別の手段を考えてみる」ことが出来るかどうかがポイントとなってきます。


海外ゲームならではのスケールですが、楽しんでみたいと思います。
  1. 2020/05/10(日) 03:55:46|
  2. ウォッチドッグス2|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

出かけられないからこその。


自粛期間をいいことに色々積みゲームをクリアしていく黒猫です。
そろそろまた仕事が始まるので、積み崩しも終盤に近づいてきているのですが。

そんな中クリアしたゲーム。

「Yakuza極2」

邦題は龍が如く極2。steamにて海外版が安く販売していたので購入しました。

正直、前作がちょっとアレだったしなー、と思いつつも遊んでみたら大正解!

かなり良い出来の傑作でした!


【総評】

90/100

積むだけじゃなく遊ばないと駄目ですねー。
本当名作です。素晴らしいゲーム。

語弊があるかも知れませんが、シリーズの中で「Yakuza」というタイトルがしっくりくる1本。

また、主人公桐生一馬と大阪府警の狭山薫との絡みが他のシリーズにない「大人のドラマ」を醸し出している作品でもあります。

というか、狭山薫ってあんなに可愛いキャラだったんですね。以降登場しないから印象薄かったけど。




【作り込まれた箱庭】







シリーズ第2作、「龍が如く2」のリメイクですが、本作にはシリーズ6作目で採用された物理エンジンを使用してありほとんどの場面がシームレスで繋がります。

あえてオープンワールドではなく、東京と大阪の二つの歓楽街を徹底的に作りこんであるため、何気なく撮影したスクリーンショットが実写のようなクオリティに。








【ミニゲーム、サブストーリー】

本作は主人公桐生一馬のメインストーリーの他に、追加要素として真島吾郎のサブストーリーが楽しめます。

ボリュームは少し物足りないような気もしますが、真島吾郎がプレイアブルで使用出来ることはなかなか新鮮です。

一つ注意があるとすれば、遊ぶ前に「龍が如く0」を事前にクリアしておいて欲しいという事かもしれません。
クリア後の余韻が全く違うものになると思います。


【サブシナリオ】



本作にはメインストーリーの他に、潰れかけたキャバクラを立て直す話と、真島建設が他の地上げ屋と抗争をする事になるサブシナリオが存在します。

どちらもかなりのボリュームで遊び切るのは大変ですが、独立したゲームとして遊べる一方でちゃんと本編にも見返りがあるようになっているためやめ時を見失います。



【お馴染みもちゃんと】

シリーズお約束の実名店舗や






実際に遊べるゲームセンターなども。





とりわけ個人的にはバーチャロンが遊べるというのが大きい。

今遊ぶのがなかなか難しい作品のため非常に貴重な気がします。



【とはいえ】

歓楽街の作り込みやゲーム内ゲームなどはずっとシリーズで取り組まれている内容なので静止画像ではあまり凄さが伝わらないのが残念です。



ケンカアクションも、相手との距離やボタンを押すタイミングなどで生々しく技が変化するなど、「独特の手触り」こそがこの「極2」の最大のポイントであるため、プレイする機会があれば是非遊んで欲しいと思います。





  1. 2020/05/09(土) 07:20:51|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無料10連結果。



前回の続き。
需要はありませんが無料ガチャ期間で書き溜めてたので追記。



【無料ガチャの結果】



GW期間中、無料ガチャを引いていた訳ですが以下の結果に。

今回はやはり表紙イラストにある4種が大当たり枠ですね。

①氷王の雪泉(左)

②夕焼(上)

③深淵の雅緋(右)

④大道寺先輩(下)

どれもランキング上位の高性能カード。
強いて言うなら氷王の雪泉が最高かなと。
様々なイベントで使えるレア能力「絶対零度」が良すぎる。

他は横並びですが個人的には①と③が無いので欲しいところ。

あとは通常のSSRにまぎれて過去爆乳祭のカードが入ってますね。




ちなみに確率は1枚あたり0.03%です。



低っ。


あと、SRから下はハズレ枠と言われてます。
(途中から自動売却を使っております)





【一日目】



菖蒲(爆乳祭)



初回からいい引き。
幸先のいいスタート。

前回書いたのですが、攻撃しつつ敵の防御力をダウンさせる能力が強いです。
あと、通常必殺技が全体攻撃なので周回素材集めにも向いています。



【二日目】



Wedding未来(2018)
Xmas美野里(2018)

SSR2枚で悪くはない。
引きとしては充分だけど、カテゴリー「閃」と「陰」のカードは層が厚めのためレギュラー入りはなさそう。




【三日目】



華毘(水着)

同じく「閃」カテゴリーに食い込むほどの戦力とはならず。
ただそもそも華毘のSSRは一枚も今まで無かったのでこれはこれで。




【四日目】



両備(ドリームス)

同じく。
SSRの初カードは素直に嬉しいけれど、使えるかどうかは別問題。
さらに「陰」カテゴリーもあいまって倉庫で眠るだけになりそう。


【五日目】



なし。
いわゆる爆死。まあコンスタントに当たりを出してたから仕方ないね。


【六日目】



閃光(水着2019)
これも初カード。
そこそこSSR出たし今回は悪くない、と自分の中で納得。



【七日目(ラスト)】



雅緋(蛇女忍制服)

マジで!?



最初に書いていた大当たり枠の一枚、「深淵の雅緋」のベースカードです。
強化することで進化します。
もちろんその場で最大強化しました。

そもそものステータスが高く、麻痺特攻や強敵の妖魔種特攻など独自デバフの効果、さらに現状限られたカードしか持たない限界突破「超シノビ覚醒」もある良いカードです。



【結果】

全70枚中

爆乳祭2
恒常(通常レアみたいなもの)SSR5

枚数自体は平凡ですが、内容的にはいい引きだったと思います。
特にラストに引いた深淵の雅緋は大きい。
直近のイベントでも充分戦力になるカードです。




【課金なしで食い込めるところ】

襲来バトルという全プレイヤーの腕試しに挑みました。





総合ダメージが1800位、一撃ダメージが3000位くらいをウロウロしてます。
今年の頭くらいでは1万8000位くらいだったことを考えるとなかなかの伸びです。

ガチャで特に当たりが続いたのもありますが、メンバー編成を「オススメ」にしていると5000位くらいから頭打ちになるため手動で編成するのが大事というのが今回得た収穫でした。




【次回は】

龍が如く極2をクリアしたのでそのへんについて少し。
  1. 2020/05/07(木) 06:23:47|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

凄いわしかし。


【注意】

今回はソシャゲ話の上に分からない人には分からない、あげくの果てには図柄がセンシティブ過ぎてなかなかアップ出来ない

「閃乱カグラ シノビマスター」

のお話です。
興味のない方はここでブラウザバックをお願いします。
どちらかといえば単なる自己満足だけをつらつら語る回です。


















【さて】



無課金ながらダラダラと続けているシノビマスター。
正確には過去に一回だけ2000円ほど課金して、有料でも無料でもガチャの確率に影響がないことを思い知り、以降全く課金せずに続けてます。


【ご新規さんチャンスですよ】

今GW期間中、毎日1回10連ガチャが無料なので今から始めたい方には丁度いいチャンスかも。
いわゆる「当たり枠」もちゃんと有り。
後々まで使えることを加味するなら「SSR奈楽」がくればベスト。
最前線でも活躍出来る強カードです。




【ここのところの引き】

今回記事にしようと思ったのは引き次第で無課金でも全然イケる、という内容。

特にこの直近三回のガチャと無料ガチャの引きが絶好調。

両備三姉妹の爆乳祭でPU天狗2枚引き。



更に一騎当千コラボで関羽に呂蒙各1。

直近のガチャでPU3種引きにSR奈楽で二凸目。







GW無料10連で菖蒲(陽善)引き。



無料とは思えない引きでした。

何を言ってるかさっぱり分からないとは思いますので補足。


①シーズン毎に定期的に新しいガチャが実装されます。

②ガチャは大きく分けて「シーズンガチャ」と「爆乳祭」と呼ばれる種類に別れます。

シーズンガチャは季節に応じた特別なイラストが描かれたもので、どちらかといえば観賞用または特殊な条件のあるイベントバトル用のカードですが、性能だけとればイマイチです。

爆乳祭はそのシーズンでトップクラスの性能となるカードが当たるガチャ。
有料無料どちらでも引くことが出来ます。
大抵は10連ガチャを3回引くと1回(10連)おまけでついてきます。

黒猫の場合は性能重視なのでシーズンはほぼスルーし、その間に無料石を貯めて爆乳祭で全弾投入する感じ。

ガチャには、通常の当たりの他にPU(ピックアップ)が設定され特に性能が高いキャラがエントリーされます。

当たりが出た時には特定の演出が発生するのですが、最近では虹色のマントを羽織った天狗が登場することで「ピックアップ確定」となり、通常の当たりよりもより期待が高くなります。


【さて】



そんな中でこの直近で立て続けに

両備(高攻撃力)



両奈(特殊能力「絶対零度」持ち)



コラボカード関羽(超高攻撃力)



コラボカード呂蒙(特殊能力「敵の防御50%ダウン」)



奈楽(すでに所持しているカードだが4枚まで限界突破の材料にできる。ちなみに特殊能力「確率追撃」持ち)



未来(超高攻撃力)



叢(高攻撃力、味方デバフ強)



紫(高攻撃力、味方デバフ、高い防御力)



菖蒲(通常必殺技で敵攻撃力ダウン)



蓮華(味方デバフ)



(最終進化URはキャラクターの格好がアレすぎるので、手前のSSRのスクショにしました)

といった、結構な上位層キャラが「全くの無課金で」手に入ったので、仮に今からスタートする方でも全然戦えます、と伝えたかった訳で。

もちろん、他のプレイヤーと比較して上位に食い込みたいとかの場合は話は別ですが、通常用意されている高難易度コンテンツでもそれなりに戦える、といった程度なら問題はないかと。


【今のところの編成】

総合戦力5万5千にあとちょっと。

秘伝玉(強化素材)があれば今回入手したカードで多分相当補強出来るのですが、そちらは不足(むしろ枯渇)してます。
長い目で強化するしかありません。



まあ、最前線クラスは既に6万オーバーなのでお察しといえばお察し。



【今回言いたかったこと】


単に「神引きしたぜヒャッハー!」

って言いたかっただけ。 [凄いわしかし。]の続きを読む
  1. 2020/05/04(月) 00:00:17|
  2. ゲーム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ